JT杯星座囲碁選手権戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

JT杯星座囲碁選手権戦(JTはいせいざいごせんしゅけんせん)は、日本囲碁棋戦。1995年(平成7年)開始、1999年第5期までで終了。棋士の誕生日の星座別に分けて予選を行い、本戦出場者を決めるというユニークな方式で行われた。

方式[編集]

  • 出場者は、日本棋院の棋士の星座別のトーナメントの優勝者12名、前期優勝者、棋聖名人本因坊十段天元王座タイトル者6名、関西棋院6名、残りは星座別トーナメント準優勝者から抽選で7名(第1期は8名)の、計32名。不足の場合は富士通杯碁聖、賞金ランキング順で選ぶ。
  • トーナメント方式で行う。
  • 決勝戦は一番勝負。後半部から公開対局で行われる。
  • コミは5目半。
  • 持時間は、予選は各1時間、本戦は各2時間。決勝は残り1分から秒読み。

歴代優勝者と決勝戦[編集]

(左が優勝者)

  1. 1995年 王立誠 - 趙治勲
  2. 1996年 趙治勲 - 中小野田智巳
  3. 1997年 依田紀基 - 柳時熏
  4. 1998年 加藤充志 - 趙治勲
  5. 1999年 大竹英雄 - 石田芳夫
各星座優勝者
回次 年度 牡牛座 牡羊座 双子座 蟹座 獅子座 乙女座 天秤座 蠍座 射手座 山羊座 水瓶座 魚座
1 1995 趙善津 西村慶二 青木紳一 石田篤司 羽根直樹 泉谷英雄 石井衛 日高敏之 宮沢吾朗 酒井猛 佐藤文俊 小杉清
2 1996
3 1997 大垣雄作 大竹英雄 久島国夫 羽根泰正 片岡聡 小林光一 杉内雅男 王銘琬 宮沢吾朗 金島忠 橋本雄二郎 彦坂直人
4 1998 趙善津 高梨聖健 春山勇 三村智保 加藤充志 蘇耀国 森田道博 高尾紳路 広江博之 武宮正樹 金秀俊 植木善大
5 1999 小林覚 大竹英雄 三王裕孝 石田篤司 石田芳夫 山下敬吾 後藤俊午 王銘琬 宮沢吾朗 張栩 金秀俊 小林健二

第1期は王立誠が、3度目の早碁棋戦優勝。第3期は十段・碁聖の依田と、天元・王座の柳時熏の二冠同士の決勝となった。

注目局[編集]

「加藤充志初タイトル」第4期決勝戦 加藤充志-趙治勲(先番) 1998年3月14日

Kato-cho-19980314-63-72.jpg

第4期は当時棋聖名人本因坊の大三冠の趙治勲と、趙と初対局となる新鋭加藤充志の決勝戦となった。先番趙が上辺で実利を稼いで優勢となり、白は中央の眼の無い大石に狙いを定める。黒は1(163手目)から5と切断して攻め合いに出たが、白6、8が好手で二眼活き、大石を仕留めて196手まで中押勝、加藤の棋戦初優勝となった。

外部リンク[編集]