加藤正夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

加藤 正夫(かとう まさお 1947年3月15日 - 2004年12月30日)は日本囲碁棋士は「劔正」。同じ木谷實門下の石田芳夫武宮正樹とともに「木谷三羽烏」「黄金トリオ」と呼ばれ、名人2期、本因坊4期、王座11期など数々のタイトルを獲得し、名誉王座の称号を持つ。

若い頃は力ずくで大石を仕留める豪腕から「殺し屋」のニックネームがあったが、棋風とは裏腹に穏和で面倒見の良い人柄で人望が厚かった。2004年には日本棋院理事長に就任、日本棋院の改革に取り組むが、2004年暮れに脳梗塞に倒れ、死去した。享年57。門下に大森泰志岡田伸一郎鈴木伊佐男梅沢由香里小山栄美ら。

2005年2月8日、その功績により旭日小綬章追贈。

経歴[編集]

  • 1947年 福岡県朝倉郡朝倉町(現朝倉市)にて誕生。
  • 1952年 福岡市中央区六本松に転居。1階は店舗、2階は碁会所を父がはじめる。
  • 1956年 このころ碁を覚える。この頃岡光雄(後にプロ)・上月武志(第1回学生本因坊)・廣畑富雄(九州学生選手権、後に九州大学教授)らの手ほどきを受け上達する。
  • 1959年 木谷實に入門。兄弟弟子たちと切磋琢磨し、徹底的に戦う棋風を身につける。
  • 1964年 17歳で入段。同年、二段に昇段。
  • 1967年 20歳7ヶ月(四段)で本因坊リーグ入り(当時最年少記録)。一次予選(現在の予選Cに相当)からの勝ち抜きでリーグ入りしたのは、この時の加藤と名人リーグでの三村智保のみ。また入段から3年5ヶ月でのリーグ入りは史上最短記録。
  • 1968年 本因坊リーグから陥落するも即復帰、5勝2敗で勝ち抜いて林海峰本因坊への挑戦権を獲得。22歳、五段での挑戦は初めてのことで注目を集めたが、2-4で敗れる。
  • この後各種棋戦で挑戦者あるいはトーナメント決勝まで進むが、タイトル戦で8連敗。「挑戦王」「万年二位」「常敗将軍」と呼ばれるトンネルの時代が続く。
  • 1976年 第一期碁聖戦で兄弟子大竹英雄を降して初タイトルを獲得。林海峰から十段位を奪取、以後4連覇。
  • 1977年 武宮正樹を4-1で破って第32期本因坊位を奪取し加藤劔正を名乗る。以後3連覇。この年結婚。
  • 1978年 棋聖戦藤沢秀行に挑戦するが3-4で惜敗。天元戦で優勝し、以後4連覇。
  • 1979年 本因坊、十段、天元王座鶴聖の五冠王に輝く。
  • 1981年 趙治勲名人に挑戦。
  • 1982年 橋本昌二から王座を奪取し、以後8連覇。
  • 1983年 趙治勲から十段位を奪取。勝った3局は全て半目勝ちで、「殺し屋加藤」から「ヨセの加藤」へとモデルチェンジに成功したといわれた。
  • 1986年 小林光一名人をから名人位を奪取
  • 1987年 名人、十段、王座、碁聖の四冠を達成。
  • 1988年 小林光一棋聖に挑戦。
  • 1990年 羽根泰正に敗れ王座を失う。これにより、七大タイトルの連続保持記録が途絶える。
  • 1993年 藤沢秀行から王座を奪取。
  • 1995年 趙治勲本因坊に挑戦。
  • 1997年 依田紀基から十段位を奪取。趙治勲本因坊に挑戦。
  • 2002年 王銘琬を破り、55歳3か月で23年ぶりに本因坊位に復位、史上最年長の本因坊となった。

通算では本因坊4期(1977~79、2002)、名人2期(1986、87)、十段7期(1976~79、83、87、97)、王座11期(1979、80、82~89、93)、天元4期(78~81)、碁聖3期(1976、77、87)などタイトル獲得数47。1976年〜1990年まで14年6ヶ月にわたってタイトルを保持し、これは日本囲碁界最長記録。七大タイトルのうち、棋聖を除くすべてのタイトルを獲得した。

生涯戦績1254勝663敗2持碁1無勝負(勝数史上4位)。

その他[編集]

  • 1970年の本因坊リーグで、大家・高川秀格の大石を一直線に取りかけに行き、93手で撲殺。高川を「この石が取られるかねえ」と嘆かせ、ここに「殺し屋」のニックネームが定着した。下図、白の高川が△にツケてサバキに行ったところを黒1から猛然と攻め立て、白の抵抗を粉砕して勝利した。
Go ul.svg Go u.svg Go u.svg Go u.svg Go u.svg Go u.svg Go u.svg Go u.svg Go u.svg Go u.svg Go u.svg Go u.svg Go u.svg Go u.svg Go u.svg Go u.svg Go u.svg Go u.svg Go ur.svg
Go l.svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go w.svg Go .svg Go r.svg
Go l.svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go w.svg Go .svg Go .svg Go .svg Go r.svg
Go l.svg Go .svg Go .svg Go w.svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go -.svg Go .svg Go b.svg Go .svg Go w.svg Go .svg Go -.svg Go b.svg Go .svg Go r.svg
Go l.svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go r.svg
Go l.svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go r.svg
Go l.svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go b.svg Go .svg Go .svg Go r.svg
Go l.svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go r.svg
Go l.svg Go w.svg Go w.svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go r.svg
Go l.svg Go .svg Go b.svg Go w.svg Go w.svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go -.svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go -.svg Go .svg Go .svg Go r.svg
Go l.svg Go .svg Go b.svg Go b.svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go r.svg
Go l.svg Go .svg Go .svg Go w.svg Go b.svg Go .svg Go w.svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go r.svg
Go l.svg Go .svg Go .svg Go .svg Go b.svg Go .svg Go .svg Go .svg Go b.svg Go .svg Go .svg Go b.svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go r.svg
Go l.svg Go .svg Go .svg Go b.svg Go .svg Go .svg Go w.svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go b3.svg Go .svg Go b.svg Go .svg Go r.svg
Go l.svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go w6.svg Go b5.svg Go b.svg Go .svg Go .svg Go w.svg Go .svg Go wT.svg Go b.svg Go .svg Go .svg Go .svg Go r.svg
Go l.svg Go .svg Go b.svg Go -.svg Go w.svg Go .svg Go w.svg Go .svg Go .svg Go -.svg Go .svg Go b7.svg Go b1.svg Go .svg Go w4.svg Go w.svg Go .svg Go .svg Go r.svg
Go l.svg Go b.svg Go w.svg Go w.svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go b.svg Go .svg Go w.svg Go .svg Go w2.svg Go w.svg Go w.svg Go b.svg Go b.svg Go .svg Go r.svg
Go l.svg Go b.svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go w.svg Go b.svg Go b.svg Go w.svg Go b.svg Go .svg Go r.svg
Go dl.svg Go d.svg Go d.svg Go d.svg Go d.svg Go d.svg Go d.svg Go d.svg Go d.svg Go d.svg Go d.svg Go d.svg Go d.svg Go d.svg Go d.svg Go d.svg Go d.svg Go d.svg Go dr.svg


  • 橋本宇太郎との公式戦で、加藤は形勢を悪くしながらも投げずに打ったところ、橋本に失着が生じ逆転勝ちとなった。感想戦で「早く投げなくてすみません」という若い加藤に、橋本は「ええのや、ええのや」と明るく答えたという。加藤は後年「橋本宇太郎先生のように、70を過ぎても一線で打ちたい」と語っていた。
  • 本因坊在位時の雅号「劔正」は、同郷の参議院議員で後援会長であった剱木亨弘の一字と、自らの名前の「正」を合わせたものである。
  • 趙治勲は来日直後、林海峰に五子局で勝利してのち、木谷道場で兄弟子の加藤に、星目どころか風鈴まで打ち込まれ、悔し涙を流した体験を持つ。加藤没後に放送されたNHKの特別番組では、同様の体験をした小林光一とともにこのことを回顧しつつ、手を緩めずに鍛えてくれた加藤への感謝の言葉を述べた。
  • 2004年の天元戦における、結城聡との対局が絶局となった(加藤の中国流の布石で、結城に勝利)。年少のころ加藤の棋風に影響を受けた結城は、対局後「私は、(加藤に)負けて強くなった」と加藤の人柄と実力に敬意を表した。

棋院改革[編集]

2002年7月からは日本棋院副理事長に就任。多忙な日本棋院の理事職に加藤のような一流棋士が就任したことは周りを驚かせた。その背景には1994年から赤字を続ける日本棋院の体質、また若い世代の囲碁離れに対する危機感があったといわれる。連日の激務の中、棋士との二足のわらじを続け、本因坊を奪取した事は大いに称揚された。

2004年6月、利光松男前理事長の退任を受けて理事長に就任。財政赤字の改善、大手合の廃止、予選・昇段制度の改革などに取り組んだが、12月7日脳梗塞で入院、同月30日の午後0時33分に57歳で死去した。共に改革に当たり、加藤の後を継いで理事長代行に就任した工藤紀夫はその死を「殉職でした」と表現している。その生涯は有水泰道著『精魂の譜』(誠文堂新光社刊)に詳しい。

打碁集[編集]

  • 『現代花形棋士名局選〈4〉加藤正夫』日本棋院 1976年
  • 『加藤正夫(上)(下)』(現代囲碁大系39,40)講談社 1980年
  • 『加藤正夫 (現代囲碁名勝負シリーズ)』講談社 1986年
  • 『加藤正夫 名局細解』(全六巻)誠文堂新光社 1988年
  • 『名局細解 加藤正夫』誠文堂新光社 2004年
  • 『怒涛の譜―加藤正夫精局集』日本棋院 2005年

著作[編集]

  • 『察元・烈元・因淑』(日本囲碁大系)筑摩書房
  • 『加藤囲碁道場』(全三巻)日本棋院 1982年
  • 『加藤正夫の闘いの極意 (NHK囲碁シリーズ) 』1993年

ほか多数

外部リンク[編集]