朝田静夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

朝田 静夫(あさだ しずお、1911年10月13日 - 1996年11月8日)は、元運輸事務次官および元日本航空社長。大阪府大阪市出身。

来歴・人物[編集]

生野中学旧制浪速高校を経て、東京大学法学部を卒業し、逓信省(総務省日本郵政の前身)に入省。戦後の省庁再編で運輸省に移り、官房長、海運局長を経て、事務方トップの事務次官に就任。海運業界再編などを手掛けた。

退官後、政府の特殊会社だった日本航空に天下り、専務、副社長を経て、1971年社長に就任。日航機のニューヨーク乗り入れ、日ソ、日中の路線開設交渉に手腕を発揮したが、1972年には日本航空ニューデリー墜落事故日本航空シェレメーチエヴォ墜落事故1973年にはドバイ事件1974年には羽田発那覇行きジャンボ機の乗っ取り事件、1977年にはダッカ日航機ハイジャック事件が起き、安全管理体制の再構築も迫られた。1981年社長を退任し、相談役となる。

日本航空協会会長、国際交通博覧会協会会長など多数の公職を歴任。趣味の囲碁は六段の腕前で、日本棋院の理事長、総裁を務めた。人当たりは良いが、芯は強く、頭の回転が早いことから「カミソリ」と呼ばれた。御巣鷹の尾根での日本航空123便墜落事故を主題にした山崎豊子の小説「沈まぬ太陽」に登場するワンマン経営者「小暮社長」のモデルともいわれる。

1996年11月8日死去。享年85。

丸紅社長の朝田照男は長男(第3子)。

演じた俳優[編集]

先代:
秋山龍
日本航空協会会長
第7代:1995年 - 1996年
次代:
若狭得治