伍堂輝雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

伍堂 輝雄(ごどう てるお、1906年1月1日 - 1993年12月16日)は、山口県出身の実業家。元日本航空(JAL)会長。元弁護士

来歴[編集]

山口県山口市生まれ。広島県広島市南区出汐育ち。広島高等師範学校附属中学校第六高等学校東京帝国大学卒業。 卒業後、岩田寅造法律事務所に勤務。1933年、日本鋼管顧問弁護士。昭和鋼管勤務、鉄道大臣秘書官を経て1941年日本鋼管に入社。1949年取締役、1954年常務取締役鶴見製鉄所長などを歴任、1957年のジュネーヴILO総会では使用者代表顧問として出席。1963年に日本航空へ移り専務に就任。その後、副社長を経て1969年に日本航空会長に就任する。その他日経連理事などを務めた。

1993年、体調を崩し永眠した。享年87。

家族・親類[編集]

 永野小佐衛門
   (常浄) 弘願寺初代
    ┃
   (略)
    ┃
   法城 弘願寺11代(継いでいない)
 ┏━━╋━━┳━━━┳━━━┳━━┳━┓
   重雄 男(早世) 俊雄 輝雄 鎮雄 
 ┣━━━━┳━━━━━━┓
厳雄          
 ┣━━┓ ┣━━┓   ┣━━━┳━━┓
一郎 耕二   健二 今村雅樹 康之  

日本有数の閨閥地図を作り上げたともいわれた"永野六兄弟"の五男。弁護士だった永野法城が実父だが、海軍中将だった伍堂卓雄養子入りした。運輸大臣を務めた永野護新日本製鐵会長及び日本商工会議所会頭を務めた永野重雄五洋建設会長を務めた永野俊雄は実兄。参議院議員を務めた永野鎮雄と石川島播磨重工(現IHI)会長を務めた永野治は実弟である。また、広島県知事を務めた永野厳雄三菱マテリアル社長及び日経連会長を務めた永野健大同鋼板社長を務めた永野辰雄は甥となる。