永野護 (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
永野 護
ながの まもる
Mamoru Nagano (politician) 01.jpg
1956年頃撮影
生年月日 1890年9月5日
出生地 島根県浜田市
没年月日 (1970-01-03) 1970年1月3日(79歳没)
出身校 東京帝国大学
所属政党 (無所属→)
自由党→)
自由民主党
親族 永野鎮雄(弟)

日本の旗 第26代運輸大臣
内閣 第2次岸内閣
在任期間 1958年6月12日 - 1959年4月24日

選挙区 広島県第2区 (中選挙区)
当選回数 2回
在任期間 1942年4月30日 - 1946年4月9日
在任期間 1952年10月1日 - 1953年4月18日

選挙区 広島県選挙区
当選回数 1回
在任期間 1956年7月8日 - 1962年7月7日
テンプレートを表示

永野 護(ながの まもる、1890年9月5日 - 1970年1月3日)は、日本実業家政治家衆議院議員参議院議員島根県濱田市生まれ。戦後揃って政経財界で活躍した「永野六兄弟」の長兄。

来歴・人物[編集]

瀬戸内海広島県下蒲刈島三之瀬浄土真宗本願寺派の弘願寺が本家に当たる。父・法城は寺を継ぐことを嫌い、裁判官となって中国地方裁判所を転々とするが、最初の赴任地・濱田で生まれたのが護である。その後島根県松江市で生まれたのが永野重雄(のち新日本製鐵会長、日本商工会議所会頭)、山口県岩国市で生まれたのが永野俊雄(のち五洋建設会長)、山口市で生まれたのが伍堂輝雄(のち日本航空会長)。父・法城が判事を辞め、広島市弁護士事務所を開業した時生まれたのが永野鎮雄(のち参議院議員)と末弟永野治(のち石川島播磨重工会長)である。父の転勤に伴い転校を繰り返し中学卒業後上京、第一高等学校では柔道部主将を務めた。その後永野家が一家で広島に帰った時には、護は東京帝国大学法科大学在学中だった。

まもなく父親が病没。護の東大の親友が渋澤榮一の子息だったため、渋澤は護の苦境を知り、息子の勉強相手という名目で月額50円の謝礼を出した(2010年代前半の貨幣価値では約40 - 50万円に相当)。護はそれを郷里に仕送りし、弟妹の養育費に充てた。弟5人は全員大学に進学している。東大法学部を、後に最高裁判所長官を務める田中耕太郎に次ぐ二番で卒業。就職先には事欠かない立場であったが、渋澤の秘書・顧問弁護士となり、後半生を渋澤の番頭格として尽くした。

東洋製油取締役、山叶証券専務、丸宏証券会長、東京米穀取引所常務理事、帝人など40余の役員を務め、やがて「政商」的な存在となっていった。1923年正力松太郎中島久万吉河合良成後藤圀彦伊藤忠兵衛[要曖昧さ回避]小林中らと「番町会」を結成し中心メンバーとして政界の橋渡し役として活躍。「番町会」は当時巨大な力を持っていた。1927年、「虚構の事件」といわれた「帝人事件」で逮捕されるも無罪。この一件で台湾銀行から帝人の株式を引き出すというアイデアを考えたのは永野といわれている。1942年から戦中、戦後と衆議院議員を2期務めた。

戦後、公職追放となり[1]、出所後の岸信介を会長、社長を足立正、取締役に永野、藤山愛一郎津島寿一三好英之監査役瀬越憲作とする東洋パルプを設立[2]広島銀行をバックに広島県呉市に工場を建設するが、うまくいかず王子製紙に売却した。1956年広島県選挙区から参議院議員に当選。同年、対フィリピン賠償交渉の全権委員を務めた[3]。政治家としては戦前は翼賛政治会翼壮議員同志会に、戦後は自由党自由民主党に所属した。岸信介の指南役ともいわれ1958年第2次岸内閣運輸大臣に就任した。大臣就任早々、日本社会党から不信任案を突き付けられたという逸話も残る。小沢一郎の盟友だった佐藤守良は永野の秘書を長く務めた。1970年1月3日死去。享年79。亡くなる3日前に 『南無阿弥陀仏、音もせで散る、柿紅葉』という一句を残した。

護の子、永野厳雄はのち広島県知事永野健はのち三菱マテリアル会長及び日経連会長になった。

太平洋戦争敗戦直後の1945年9月原子爆弾により焦土と化した広島市でおこなわれた講演録を元に、『敗戦真相記―予告されていた平成日本の没落』と題して2002年に出版し、2012年8月には重版された。

脚注[編集]

  1. ^ 『朝日新聞』1946年2月10日一面。
  2. ^ 岸信介、矢次一夫伊藤隆『岸信介の回想』文藝春秋、1981年、97頁
  3. ^ 『追悼 小林中』小林中追悼録編集委員会、1982年、156頁

参考文献[編集]

  • 『敗戦真相記』バジリコ、2002年
  • 『私と映画・海軍・仏さま』 松林宗恵(1985年3月、大蔵出版)