吉野信次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
吉野 信次
よしの しんじ
YOSHINO Shinji.jpg
生年月日 1888年9月17日
出生地 宮城県志田郡大柿村(現・大崎市
没年月日 (1971-05-09) 1971年5月9日(満72歳没)
出身校 東京帝国大学独法科
前職 商工次官
党参議院議員会長
所属政党 自由党→)
自由民主党

日本の旗 第19代 運輸大臣
内閣 第3次鳩山一郎内閣
在任期間 1955年11月22日 - 1956年12月23日

日本の旗 第15代 商工大臣
内閣 第1次近衛内閣
在任期間 1937年6月4日 - 1938年5月26日

日本の旗 第33代 愛知県知事
在任期間 1943年7月1日 - 1945年4月21日

選挙区 宮城県選挙区
当選回数 1回
在任期間 1953年5月2日 - 1959年6月1日
テンプレートを表示

吉野 信次(よしの しんじ、1888年(明治21年)9月17日 - 1971年(昭和46年)5月9日)は、大正昭和期の日本商工官僚政治家第1次近衛内閣商工大臣貴族院議員を経て、戦後は、自由民主党参議院議員となり、第三次鳩山一郎内閣の運輸大臣を歴任した。大正デモクラシーを主導した政治学者吉野作造の弟に当たる。

生涯[編集]

宮城県志田郡大柿村(現・大崎市)に綿屋を営む吉野年蔵、こう夫妻の三男として生まれた。吉野作造は長兄である。

古川中学一高を経て、1913年(大正2年)東京帝国大学法科大学独法科を首席卒業し、農商務省に入省する。農商務大臣秘書官、農商務省が農林省商工省に分離後は商工省に移り、文書課長、工務局長を経て、1931年(昭和6年)商工次官。その後も特許局長官、東北興業総裁、東北振興電力社長を歴任する。後に商工次官・大臣となった岸信介は腹心の部下であり、重要産業統制法の起案にともに携わった[1]

革新官僚の出身として、1937年(昭和12年)第1次近衛内閣の商工大臣に就任する。1938年(昭和13年)貴族院議員に勅選される。同年満州重工業開発副総裁となる。また、翼賛政治会常任総務や愛知県知事(1943-45年)も務めた。

戦後は、上記の経歴により公職追放となる。追放解除後の1953年(昭和28年)第3回参議院議員通常選挙に参議院宮城地方区から立候補し当選する。1955年(昭和30年)第3次鳩山内閣の運輸大臣として入閣する。1956年(昭和31年)から1965年(昭和40年)まで武蔵大学学長も務めた。

岸を代表に旧商工省関係者の編で、追想録『吉野信次』(同追悼録刊行会編、1974年)が出された。

反国家側の吉野作蔵鈴木文治との対立でも話題となった。

選挙歴[編集]

当落 選挙 施行日 選挙区 政党 得票数 得票率 得票順位
/候補者数
比例区 比例順位
/候補者数
第3回参議院議員通常選挙 1953年4月24日 宮城県選挙区 自由党 194,909 38.8 1/4 - -
当選回数1回 (参議院議員1)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 岸信介矢吹一夫伊藤隆著、『岸信介の回想』 文藝春秋 1981年 p.13


議会
先代:
新設
日本の旗 参議院商工委員長
1955年
次代:
三輪貞治
公職
先代:
三木武夫
日本の旗 運輸大臣
第19代:1955年 - 1956年
次代:
石橋湛山(臨時代理)
先代:
伍堂卓雄
日本の旗 商工大臣
第15代:1937年 - 1938年
次代:
池田成彬
先代:
雪沢千代治
日本の旗 愛知県知事
官選第33代:1943年 - 1945年
次代:
小畑忠良
党職
先代:
野村吉三郎
自由民主党参議院議員会長
第3代:1957年 - 1959年
次代:
重宗雄三