江藤智 (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

江藤 智(えとう あきら、1907年明治40年)1月19日[1][2][3] - 1982年昭和57年)6月26日[3][4])は、昭和期の鉄道官僚政治家工学博士

経歴[編集]

山口県下関市[5]貴船町[1]陸軍将校江藤鋪の二男として生まれた[1]。文関尋常小学校(現下関市立文関小学校)、豊浦中学校(現山口県立豊浦高等学校)、旧制第三高等学校を経て[1][2]、1929年(昭和4年)3月、京都帝国大学工学部土木工学科を卒業[1][2][3][4]。同年4月、鉄道省に入省した[1][2][3]

函館保線事務所長、大臣官房幹線調査課勤務、広島鉄道局施設部長、本省施設局停車場課長、同施設局次長、札幌鉄道局長、兼北海道営業支配人、本省施設局長、日本国有鉄道理事などを歴任[1]

1952年(昭和27年)7月30日、『重力操車場の設計について』により京都大学から工学博士の学位を授与された[6]。1953年(昭和28年)11月、関西総支配人、1954年(昭和29年)2月、兼大阪鉄道管理局長を務め、1955年(昭和30年)12月に国鉄を退職した[1]

1956年(昭和31年)に第4回参議院議員通常選挙全国区に出馬し初当選[2][3][7]。以後、5期26年務めた[2][3][4]。この間、鉄道建設審議会委員、第2次池田内閣経済企画政務次官、参議院運輸委員長、参議院自由民主党国会対策委員長、同議員副会長、自民党総務副会長などを務めた[4]

第2次田中角榮内閣第2次改造内閣で運輸大臣として入閣[1][2][3][4]。しかし、この内閣は田中金脈問題で28日後に総辞職をし、閣僚在任わずか29日に留まった上、その後再入閣することはなかった。

1980年(昭和55年)第12回通常選挙の直後に脳溢血で倒れ[2]、1982年6月26日、心不全で死去した[2]。75歳没。

国政選挙歴[編集]

著作[編集]

  • 『鉄道操車場の設計と保線』鉄道現業社、1956年。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i 『防長人物百年史』481頁。
  2. ^ a b c d e f g h i 『昭和山口県人物誌』78頁。
  3. ^ a b c d e f g 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』96頁。
  4. ^ a b c d e 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』260頁。
  5. ^ 第96回国会 参議院 本会議 第22号 昭和57年7月9日 | テキスト表示 | 国会会議録検索システム
  6. ^ 江藤智 『重力操車場の設計について』、1952年https://ci.nii.ac.jp/naid/500000488881 
  7. ^ a b 『国政選挙総覧 1947-2016』546頁。
  8. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』548頁。
  9. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』551頁。
  10. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』552頁。
  11. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』555頁。

参考文献[編集]

  • 末弘錦江『防長人物百年史』山口県人会、1966年。
  • 中西輝磨『昭和山口県人物誌』マツノ書店、1990年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。
  • 『国政選挙総覧:1947-2016』日外アソシエーツ、2017年。


公職
先代:
徳永正利
日本の旗 運輸大臣
第44代:1974年
次代:
木村睦男
議会
先代:
春日正一
日本の旗 参議院懲罰委員長
197?年 - 1977年
次代:
河田賢治
先代:
松平勇雄
日本の旗 参議院運輸委員長
1966年 - 1967年
次代:
天坊裕彦