斎藤昇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
斎藤昇

齋藤 昇(さいとう のぼる、1903年明治36年〉1月28日 - 1972年昭和47年〉9月8日[1])は、日本内務官僚政治家運輸大臣厚生大臣警察庁長官を務めた。参議院議長を務めた斎藤十朗は子息。

経歴[編集]

三重県阿山郡東柘植村(現在・伊賀市)出身。父・角蔵、母・のぶへの長男として生まれる。

上野中学八高を経て、東京帝国大学入学。

1925年(大正14年)に東京帝大農学部農学科を卒業し[1]、1926年(大正15年)高等試験に合格した[2]。1927年(昭和2年)、内務省に入省した[1]。1928年(昭和3年)に東京帝大法学部政治学科を卒業する[1]。地方局属[3]、地方局行政課長、大臣官房文書課長、防空総本部総務局長等を歴任した[4]

終戦間もない1946年(昭和21年)1月15日に山梨県知事に就任。1947年(昭和22年)2月には内務次官として本省へ戻る。その後、1947年(昭和22年)10月に警視総監警視庁 (内務省)としては最後の総監)、1948年(昭和23年)3月には旧警察法施行と同時に国家地方警察本部長官に就任、新警察法を作り、戦後警察の基礎を築く[1]1951年(昭和26年)、不正入出国に関する件で衆議院行政監察特別委員会に証人喚問された[5]

1954年(昭和29年)7月、新警察法施行・警察庁発足時に初代の警察庁長官に就任し、効率化・民主化・政治的中立性という柱を掲げて戦後警察制度の推移する中で現行制度を確立する[6]。昭和30年(1955年)7月に退官[1]

1955年(昭和30年)8月、三重県選挙区参議院補欠選挙で初当選。以後3期当選。自由民主党では佐藤栄作派に属し、1961年(昭和36年)7月に第2次池田第1次改造内閣運輸大臣として初入閣[1]。1968年(昭和43年)11月に第2次佐藤第2次改造内閣厚生大臣に就任。1970年(昭和45年)1月に退任するが、1971年(昭和46年)7月の第3次佐藤改造内閣発足で再び厚生大臣に就任した[1]

1972年(昭和47年)9月8日に死去。正三位勲一等旭日大綬章。1958年(昭和33年)7月から死去するまで三重県遺族会の会長も務めた。

人物像[編集]

趣味は剣道[2]宗教仏教[2]

家族・親族[編集]

斎藤家[編集]

三重県伊賀市東京市芝区白金猿町[2]東京都渋谷区[7]
  • 妻・美知子(三重、菅野四郎長女[7]
    明治41年(1908年)9月生[7] - 没
  • 子供

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j 斎藤 昇(サイトウ ノボル)とは”. コトバンク. 2019年12月29日閲覧。
  2. ^ a b c d 『人事興信録. 第13版』(昭和16年)上サ八〇
  3. ^ 『日本官僚制総合事典』東京大学出版会、2001年11月発行、260頁
  4. ^ 斎藤昇”. www.ndl.go.jp. 近代日本人の肖像. 国立国会図書館. 2019年12月29日閲覧。
  5. ^ 第10回国会 衆議院 行政監察特別委員会 第12号 昭和26年5月26日
  6. ^ 後藤田正晴 (1991). 支える動かす. 日本経済新聞. p. 74 
  7. ^ a b c d 第二十一版 人事興信録 』(昭和36年)さ七四
公職
先代
園田直
内田常雄
日本の旗 厚生大臣
第47代:1968年 - 1970年
第49代:1971年 - 1972年
次代
内田常雄
塩見俊二
先代
木暮武太夫
日本の旗 運輸大臣
第28代:1961年 - 1962年
次代
綾部健太郎
先代
谷川昇
山梨県の旗 山梨県知事
官選第41代:1946年 - 1947年
次代
吉江勝保
議会
先代
高橋進太郎
日本の旗 参議院議院運営委員長
1960年 - 1961年
次代
宮澤喜一
官職
先代
新設
日本の旗 警察庁長官
初代:1954年 - 1955年
次代
石井榮三
先代
(新設)
日本の旗 国家地方警察本部長官
初代: 1948年 - 1954年
次代
(廃止)
先代
門叶宗雄
日本の旗 警視総監
第60代:1946年 - 1947年
次代
田中栄一
先代
飯沼一省
日本の旗 内務次官
第55代:1947年
次代
鈴木幹雄
その他の役職
先代
淵田五郎
三重県遺族会会長
第5代:1958年 - 1972年
次代
田村元