坂本三十次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
坂本 三十次
さかもと みそじ
生年月日 1923年1月22日
出生地 石川県鳳至郡穴水町
没年月日 (2006-03-19) 2006年3月19日(満83歳没)
出身校 東北帝国大学
所属政党 自由民主党
称号 正三位
勲一等旭日大綬章
親族 長男:坂本明(元穴水町長)

内閣 第2次海部内閣
第2次海部内閣改造内閣
在任期間 1990年2月28日 - 1991年11月5日

日本の旗 第46代 労働大臣
内閣 第2次中曽根内閣
在任期間 1983年12月27日 - 1984年11月1日

選挙区 石川県第2区→)
比例北陸信越ブロック
当選回数 11回
在任期間 1967年1月29日 - 2000年6月2日
テンプレートを表示

坂本 三十次(さかもと みそじ、1923年(大正12年)1月22日 - 2006年(平成18年)3月19日)は、日本政治家

衆議院議員(11期)。内閣官房長官第53代)、労働大臣第46代)を歴任。位階勲等正三位勲一等旭日大綬章

来歴・人物[編集]

石川県鳳至郡(現鳳珠郡穴水町出身。金沢一中四高東北帝国大学卒。1948年に石川県教育委員となる。

1967年第31回衆議院議員総選挙に初当選(当選同期に山下元利増岡博之加藤六月塩川正十郎河野洋平中尾栄一藤波孝生武藤嘉文塩谷一夫山口敏夫水野清など)。以来連続当選11回。自民党内では傍流と呼ばれた三木→河本派に所属。三木武夫直系の硬骨漢、河本敏夫の側近として派内で重きをなす。

環境庁政務次官、衆議院文教委員長などを経て、1983年第2次中曽根内閣労働大臣として初入閣。

1989年宇野内閣総辞職後の自民党総裁選では竹下派主導による海部俊樹の擁立に反対し、河本派内で三木直系として知られる鯨岡兵輔とともに最後まで領袖の河本擁立を主張した。そのため河本の後押しで第2次海部内閣内閣官房長官に就任した際は、「坂本官房長官は海部首相とそりが合わないのでは?」という声もあがったが、「竹下派による傀儡政権」との疑念もあった海部政権に「三木精神」を注ぎ込むことに尽力し名声を得た。

1996年に勲一等旭日大綬章を受章。2000年に政界を引退。趣味は剣道七段の腕前であった。石川県剣道連盟会長を務めた。全日本剣道連盟から剣道功労賞を受賞。

2006年3月19日、胃癌のため石川県穴水町の病院で死去。83歳。同日附を以って正三位に叙される。

親族[編集]

  • 坂本明(さかもと・あきら)元・穴水町長(2006年引退)は長男。
  • 坂本次郎(さかもと・じろう)現・医師(1985年生)は孫。

関連項目[編集]


議会
先代:
菅波茂
日本の旗 衆議院文教委員長
1978年 - 1979年
次代:
谷川和穂
公職
先代:
森山眞弓
日本の旗 内閣官房長官
第53代:1990年 - 1991年
次代:
加藤紘一
先代:
大野明
日本の旗 労働大臣
第46代:1983年 - 1984年
次代:
山口敏夫