戸井田三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
戸井田 三郎
生年月日 (1918-06-12) 1918年6月12日
出生地 日本の旗 日本東京都
没年月日 (1996-10-13) 1996年10月13日(78歳没)
出身校 中央大学
前職 衆議院議員
所属政党 自由民主党
称号 法学士(中央大学)
従三位
勲一等瑞宝章
子女 長男:戸井田徹(元衆議院議員)

内閣 第1次海部内閣
在任期間 1989年8月10日 - 1990年2月28日

選挙区 旧兵庫4区
当選回数 2回
在任期間 1972年 - 1979年

選挙区 旧兵庫4区
当選回数 5回
在任期間 1980年 - 1993年
テンプレートを表示

戸井田 三郎(といだ さぶろう、1918年6月12日 - 1996年10月13日)は、日本の政治家。元衆議院議員。長男は元衆議院議員の戸井田徹東京都出身。従三位勲一等瑞宝章

来歴・人物[編集]

麻布中学校を経て中央大学法学部入学。1941年、中央大学法学部在学中に学徒出陣し、衛生兵として従軍。終戦後は八路軍に医療や衛生の知識がある者として徴用され帰国ならず、中国(旧満州)に残留する。妻も同じく中国残留者で、八路軍に看護婦として徴用されていた元従軍看護婦。中国で妻と結婚し、1951年には河南省で長男の戸井田徹が誕生。1953年に妻子とともに帰国した。戦前戦後を通じて12年間中国に身を置くことになった。帰国後は衆議院議員清瀬一郎の秘書となる。

1967年、清瀬が死去し、1969年第32回衆議院議員総選挙自由民主党公認で兵庫4区から立候補したが、清瀬系列の自民党兵庫県議会議員であった宗行源治も後継を目指して立候補し共倒れとなる。その後、宗行が政界を退き、1972年第33回衆議院議員総選挙に改めて清瀬の後継者として立候補し、初当選(当選同期に小泉純一郎加藤紘一山崎拓石原慎太郎村岡兼造保岡興治瓦力三塚博越智通雄野田毅深谷隆司など)。当選7回。自民党内では田中角栄竹下登小渕恵三派に属す。1977年福田改造内閣において厚生政務次官1982年第1次中曽根内閣において郵政政務次官、1989年第1次海部内閣において厚生大臣に就任。厚生・福祉の分野を中心に活動する。1995年、前任の中川秀直の辞任に伴い、村山内閣内閣総理大臣補佐に任じられるが、翌1996年内閣総辞職に伴い、退任する。

この年に行われた第41回衆議院議員総選挙の選挙期間中、心筋梗塞肺炎を併発し死去。78歳没。後継の候補者として急遽、長男の徹が補充立候補し、当選した。

関連項目[編集]