藤本捨助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
藤本捨助
生年月日 1894年12月12日
出生地 香川県大川郡引田町
没年月日 (1963-09-11) 1963年9月11日(68歳没)
死没地 香川県高松市
出身校 東北帝国大学法学部
前職 高松高等商業学校教授
所属政党中立倶楽部→)
翼賛政治体制協議会推薦→)
改進党→)
日本民主党→)
自由民主党
親族 藤本孝雄(子)
テンプレートを表示

藤本 捨助(ふじもと すてすけ、1894年12月12日 - 1963年9月11日)は、日本の政治家教育者衆議院議員を5期つとめた。

経歴[編集]

1894年(明治27年)12月香川県大川郡引田町生まれ。1917年大正6年)香川師範学校卒業、1922年(大正11年)東京高等師範学校卒業、1928年(昭和3年)東北帝国大学法学部卒業後、高松高等商業学校教授。

1936年(昭和11年)に第19回衆議院議員総選挙に立候補するが落選。1937年(昭和12年)第20回衆議院議員総選挙で香川1区から初当選、1942年(昭和17年)に第21回衆議院議員総選挙翼賛選挙)で再選を果たす(翼賛政治体制協議会推薦)。1945年(昭和20年)5月には鈴木貫太郎内閣農商参与官に就任。

1946年(昭和21年)、他の翼賛選挙推薦議員同様公職追放[1]1951年(昭和26年)追放解除[2]。戦後は改進党から衆議院に立候補したが、1952年第25回衆議院議員総選挙・1953年第26回衆議院議員総選挙と落選が続き、改進党が日本民主党に合同した1955年第27回衆議院議員総選挙で国政復帰。保守合同後は自由民主党に所属し、1958年第28回衆議院議員総選挙、1960年(昭和35年)第29回衆議院議員総選挙でいずれも当選。1963年(昭和38年)1月には第3代全国療術師協会会長に就任している。1963年9月11日、衆議院議員在職中に死去。

家族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『朝日新聞』1946年2月10日一面。
  2. ^ 『朝日新聞』1951年8月7日朝刊二面。

参考文献[編集]

  • 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』(衆議院、1990年11月)
議会
先代:
佐々木秀世
日本の旗 衆議院社会労働委員長
1957年
次代:
森山欽司