田川誠一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
田川 誠一
たがわ せいいち
生年月日 1918年6月4日
出生地 神奈川県横須賀市
没年月日 (2009-08-07) 2009年8月7日(満91歳没)
出身校 慶應義塾大学
前職 朝日新聞社社員
所属政党 自由民主党→)
新自由クラブ→)
進歩党
称号 勲一等旭日大綬章
配偶者 妻・田川範子
親族 父・田川誠治神奈川県会議員
従弟・河野洋平
甥・河野太郎

内閣 第2次中曽根内閣
在任期間 1983年12月27日 - 1984年11月1日

在任期間 1987年1月22日 - 1993年8月2日

日本の旗 第2代 新自由クラブ代表
在任期間 1980年2月 - 1984年6月

選挙区 神奈川県第2区
当選回数 11回
在任期間 1960年11月21日 - 1993年6月18日
テンプレートを表示

田川 誠一(たがわ せいいち、1918年6月4日 - 2009年8月7日)は、日本政治家衆議院議員(11期)。元神奈川県会議員田川誠治の長男。

新自由クラブ代表(2代)、進歩党代表。

経歴[編集]

  • 自由民主党時代は「ハト派」議員として活動し、科学技術政務次官などを歴任。後に旧神奈川2区から小泉純一郎が当選したが、選挙区内の郵政関係各団体は田川支援していたため、小泉と郵政各団体との関係は悪化したとされる。
  • 1976年河野洋平(田川の従弟)、山口敏夫らと共に自民党を離党し、新自由クラブの結成に参加。西岡武夫が路線対立で離党した後、その後任として幹事長に就任。
    1979年、総選挙敗北で新自由クラブ代表を辞任した河野に代わりに第2代代表に就任。
    四十日抗争の後、当時首相であった大平正芳が、首班指名で新自由クラブの協力の見返りとして入閣させようとしたが、自民党内の反発で実現しなかった[1]1983年、総選挙で過半数割れとなった自民党と連立内閣を組み、第2次中曽根内閣自治大臣に就任。「張り切り外様大臣」「田川曽根内閣」と揶揄されたこともあった。
  • 1986年、自民党が衆参ダブル選挙に大勝し、新自由クラブとの連立を解消。選挙での退潮に歯止めがかからない新自由クラブで、河野、山口らは党を解散して自民党復党への道を選択するが、田川だけは「死んでも自民党には帰らない」と、ひとり自民党復党を拒否し、進歩党(1987年[2])を結成した。
  • 進歩党はクリーンな政治の実現を訴えたが、1989年、参院選比例区の名簿順位決定をめぐる党内問題が表面化し、金銭疑惑を追及する若手党員グループが政治団体「進歩党をまじめに考える会」を結成、機関紙「進歩維新」を発行するなど活発な活動を展開して田川ら党執行部と対立した。東京地裁や横浜地裁で訴訟沙汰に発展したことで、結果的に党勢拡大にブレーキがかかり、離党組は進歩自由連合を結党、完全に袂を分かった。
  • 1993年、総選挙に出馬せず議員引退を表明し、進歩党も解散[2]日本新党から出馬した永井英慈を事実上の後継として支援した。

人物[編集]

  • 親中派として知られ、日中国交回復前は古井喜実らと共に両国のパイプ役を果たした。また、日中記者交換協定の取り決めにも関わり、中国に関する自由な報道を阻害したのではないかとの意見もある。
  • 国会議員の歳費特権であるJR無料パスの受給を「税金の無駄遣い」と拒否し、交通費は自己負担していた。しかし、この行動は彼が東京近郊を選挙区としていたからこそ出来たパフォーマンスだという意見もある。
  • 漫画家の本宮ひろ志が、自身が主人公のキャラクターとなって、政治家を目指してさまざまな人に出会い、それらの出来事を漫画化した作品『やぶれかぶれ』を描いた。本宮から出された手紙に対して「自分宛の手紙には必ず返事を書く主義」である田川が真っ先に応じた。この信条が漫画で紹介されたために、田川に対して漫画雑誌の『少年ジャンプ』読者からの手紙が殺到し、後に集英社は読者の手紙と田川の返書を書籍として刊行している。

参考文献[編集]

家族 親族[編集]

系譜[編集]

  • 田川氏
 
 
 
 
杉田湛誓
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
石橋湛山
 
 
 
石橋藤左衛門
 
きん
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
石橋湛一
 
久美子
 
 
 
 
 
 
 
 
岩井尊記
 
うめ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
足立正
 
足立龍雄
 
 
足立正晃
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
山梨勝之進
 
泰子
 
 
啓子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
伊藤忠兵衛
 
伊藤恭一
 
 
伊藤勲
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
本郷房太郎
 
周子
 
 
武子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
河野謙三
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
河野治平
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
河野太郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
河野一郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
河野洋平
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
照子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
田川平三郎
 
 
 
 
 
 
 
田川誠一
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
田川誠治
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
田川秀雄
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
河野一郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
河野謙三
 
 
河野鉄雄
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
園子
 
 
河野剛雄
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
顕子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
岡本良平
 
岡本茂俊
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
岡本伝之助
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
岡本達彬
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
岡本経世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
田川誠一
 
伸子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
田川秀雄
 
 
 
 
 
和子
 
 
 
 
 
 

文献[編集]

著書[編集]

  • 『訪中一万五千キロ : 変貌する新中国の奥地を行く』青林書院、1960年
  • 『松村謙三と中国』読売新聞社、1972年
  • 『日中交渉秘録 : 田川日記~14年の証言』毎日新聞社、1973年
  • 『政治家以前』横須賀新風会、1977年11月
  • 『初陣前後』横須賀新風会、1980年11月
  • 『ドキュメント自民脱党 : 変節と脱落のなかで愚直に生きた男たち』徳間書店、1983年6月、ISBN 4191427466
  • 『日中交流と自民党領袖たち』読売新聞社、1983年2月
  • 『田川日記 : 自民党一党支配が崩れた激動の8日間』ごま書房、1984年12月、ISBN 4341080016
  • 『自民党よ驕るなかれ』講談社、1987年4月、ISBN 4062033518
  • 『やればできる痺せ我慢の道』行研、1995年5月、ISBN 4877320067
  • 『ふるさと浦郷 : 田川家の系譜』かなしん出版、1996年5月
  • 『田川誠一オーラルヒストリー』政策研究大学院大学編、2001年

共著[編集]

  • 『やったね!ボクたち、手紙の輪』 田川誠一と『少年ジャンプ』の仲間たち、集英社、1983年12月、ISBN 4087800571

関連文献[編集]

  • 『河野洋平・田川誠一保守新党への出発』国際商業出版編、国際商業出版、1976年10月
  • 『河野新党のすべて 新自由クラブ』萩原道彦監、地文社、1976年
  • 『新自由クラブ 保守野党の課題と展望』若宮啓文、教育社、1978年10月
  • 『政党の崩壊 新自由クラブ挫折の軌跡』河村譲、オーエス出版、1980年3月
  • 『小説新自由クラブ』牧太郎、角川書店、1986年9月、ISBN 404164402X
  • 『「新党」盛衰記 新自由クラブから国民新党まで』浅川博忠、講談社、2005年11月、ISBN 4062752581

関連項目[編集]

脚註[編集]

  1. ^ 第2次大平内閣発足時に文部大臣のポストが空いていたが、幻となった(文部大臣には自身と当選同期で大平派の谷垣専一が就任)。
  2. ^ a b 「元新自由ク代表田川誠一氏死去」『日本経済新聞』2009年8月8日、14版、39面。
  3. ^ 田川誠一氏死去 毎日新聞 2009年8月7日

外部リンク[編集]


公職
先代:
山本幸雄
日本の旗 自治大臣
第32代 : 1983年 - 1984年
次代:
古屋亨
党職
先代:
結成
進歩党代表
初代 : 1987年 - 1993年
次代:
解散
先代:
河野洋平
新自由クラブ代表
第2代 : 1980年 - 1984年
次代:
河野洋平