ペエスケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ペエスケ
ジャンル 4コマ漫画
漫画
作者 園山俊二
出版社 朝日新聞社
掲載誌 朝日新聞夕刊
(統合版地域は朝刊)
発表期間 1979年1月4日 - 1992年6月27日
テンプレート - ノート

ペエスケ』は1979年1月4日から1992年6月27日まで朝日新聞の夕刊(統合版のみの配達地域及び国際衛星版は朝刊)で連載されていた4コマ漫画である。作者は園山俊二。朝日新聞夕刊に連載されていたサトウサンペイの「フジ三太郎」が、「サザエさん」休載後に四コマ漫画不在となっていた朝刊へ移動するのに伴い、新たに夕刊連載の四コマ漫画としてスタート。しかし、作者・園山の病状悪化に伴い、1992年6月27日、3,764回目の掲載を最後に休載、未完のまま半年後の園山の死により絶筆となった。

概要[編集]

「フジ三太郎」と同じサラリーマン漫画だが、新聞漫画には珍しいストーリー4コマで、連載が進むにつれ登場人物が年をとるのが特徴である。ちなみに主人公・ペエスケこと平野平助は、1979年1月の登場時は卒業間近の大学生で、最初の3ヶ月はキャンパスライフやバイトに精を出す貧乏学生としての姿も若干は描かれていた。その後同年4月に新入社員となったのを機に本格的サラリーマン漫画へ移行、やがて将来の妻・ヒロコや愛犬ガタピシ等の出会いにより徐々にファミリー漫画の形相へ、と時間を追うごとにスタイルも少しずつ変化していった。

園山は、当初は新聞の四コマ漫画という事で、先輩格のサトウサンペイフジ三太郎』を意識しすぎるあまり、政治や時事といった話題を織り込まねばならないのかと苦悩した時期もあったとの事だが、ガタピシの登場後、その愛らしい表情やほのぼのとした雰囲気が評判となったため、後に自身もガタピシにより救われたとコメントしている。こうした園山らしい平和でほのぼのした世界観が新聞漫画の範疇を超えた人気を集めたが、作者の急死により絶筆となったことは広く惜しまれた。

ちなみにサトウが病気で『三太郎』が休載した時、ペエスケが入院中の三太郎を見舞いに行く話を園山が描いた。ところがサトウは復帰すると『三太郎』で同じシチュエーションの続編を描き、園山もこれを受けて作品で応答したので、朝刊と夕刊のどっちに、どっちの作者がどっちの作品を描いているのか、混乱し兼ねない状況が暫く続いた事がある。これもコラボレーションの一種と言える。

平野家の主な登場人物[編集]

平野平助(ペエスケ)
愛称は「ペエスケ」。普通のサラリーマン。さえない役どころなるも、心優しき主人公。
平野ヒロ子
ペエスケの妻。元はペエスケが新入社員として入社した職場の同僚。つまり職場結婚。平太出産時にガタピシと一時的に引き離されたことを悲しむが、検査の結果同居を認められる。
平野平太
ペエスケ夫妻の長男(第一子)。ヒロミが生まれたときはジェラシーからひねくれていたが、よきお兄ちゃん。
平野ヒロミ
ペエスケ夫妻の長女(第二子)。
ガタピシ
ペットの犬。近所に住んでいた犬の生まれたての子供一匹をペエスケが預かり、以後欠かせぬペエスケの相棒、後には平野家の大切な一員に。後にファンクラブも結成され、ぬいぐるみも発売されるほど、この漫画のマスコット的存在として人気を呼んだ。名前の由来は、朝、ペエスケが立て付けの悪い雨戸を開ける音(「ガタッ、ピシ」)に敏感に反応、“お散歩だ、お散歩だ”と喜んで飛び跳ねる事から。

その他の登場人物[編集]

大家さん夫妻 
ペエスケが住むアパートの大家夫妻。ガタピシを飼うことを特別に認めてくれるだけでなく、ペエスケ夫妻の新婚旅行中にはガタピシを預かったり、平太やヒロミを実の孫のように可愛がったりする、優しい老夫婦。
駅員さん 
ペエスケが毎日利用する駅の係員。切符切りでペエスケのスーツやクツを切ってしまったことも。
職場の課長・同僚 
ペエスケとヒロコの職場の同僚。
ガンコちゃん 
平太の幼稚園の同級生。気が強くて男勝りな女の子。子ワニのワニンを飼っていたがアフリカに強制送還されてしまう。
サツキちゃん 
平太が思いを寄せる幼稚園の同級生。おしゃれが大好き。ガタピシとペパーミントの子供・ガペの飼い主。
ペパーミント 
ガタピシの妻。ヒロコの友人のピアニストの飼い犬。

エピソード[編集]

  • 園山の死後6年を経た1999年、彼の故郷・松江市宍道湖東岸、島根県立美術館脇の岸公園に、ガタピシと平太の銅像が湖面を見つめる形で建造され、園山の功績を称える形となっている。
  • また、松江市の市内観光バスを運行する一畑バスが、ガタピシとペパーミント(ガタピシのガールフレンドの犬)を車体にペイントした「ガタピシ号」「ペパーミント号」を走らせ話題を呼んだ。
  • 同時期に、朝日新聞日曜版に「ハーイあっこです」を連載していたみつはしちかこは、「ハーイあっこです」に平太とガタピシを特別出演させるという形で、園山俊二の死去と絶筆を悼んだ。

その他[編集]

1989年頃に、朝日新聞のCMがペエスケのアニメーションだった時がある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]