小川博司 (アニメーター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

小川 博司(おがわ ひろし、1950年もしくは1951年 - 2013年8月7日)は、日本男性アニメーター

来歴・人物[編集]

1976年東京デザイナー学院を卒業後、土田プロダクションに入社。1983年に同プロダクションが解散した後は、スタジオ501を設立した。その後、1987年から1988年までディズニージャパン(現:アンサー・スタジオ)に所属した後、1989年からはフリーランスシンエイ動画制作作品を中心に活動していた[1]2006年からは京都精華大学マンガ学部アニメーション学科の教授にも就任している。

クレヨンしんちゃん』では開始当初から作画監督(チーフ)を務めており、1995年のスペシャル「シロもけっこう大変だゾ」では脚本・絵コンテ・作画監督の三役を兼任した。その後も参加を続けたが2007年7月頃を以って降板し、同作はそれ以後作画監督(チーフ)が不在となる。なお小川本人は、2012年10月にキャラクターデザインとして再登板している。

ごくまれに、本名の平仮名名義での活動もあった。

2013年8月7日午前9時20分、胃がんのため死去。62歳没[2]。『クレヨンしんちゃん』では2015年現在でも、小川の名がクレジットされている。

参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

劇場アニメ[編集]

その他[編集]

  • みんなのうた 『それがボクのおとうさん』 (作画、1997年2月〜3月放送)
  • クレヨンしんちゃんカレンダー (イラスト) ※おがわひろし名義
  • 「となりのののちゃん」(東京創元社) ※(いしいひさいちと共著)おがわひろし名義

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 訃報 アニメーション学科教員 小川博司 死去 京都精華大学 2013年8月8日
  2. ^ 小川博司氏死去(アニメーター、京都精華大教授) 時事通信 2013年8月8日閲覧