ギャートルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ギャートルズ
ジャンル ギャグ漫画
漫画:ギャートルズ
作者 園山俊二
出版社 実業之日本社
掲載誌 週刊漫画サンデー
発表期間 1965年 - 1975年
漫画:はじめ人間ゴン
作者 園山俊二
出版社 学習研究社
掲載誌 科学と学習
発表期間 1966年 - 1969年
漫画:はじめ人間ギャートルズ
作者 園山俊二
出版社 小学館
掲載誌 小学館の学年別学習雑誌
発表期間 1974年 -
漫画:くたばれギャートルズ
作者 園山俊二
出版社 小学館
掲載誌 ビッグコミックオリジナル
発表期間 1980年 - 1984年
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメテレビドラマ
ポータル 漫画アニメドラマ

ギャートルズ』は、園山俊二による日本漫画作品。

概要[編集]

ギャートルズに登場するマンモス肉のイメージ

架空の原始時代に繰り広げられる、原始人たちの大らかかつ突飛な日常を描いたギャグ漫画である。テレビアニメテレビドラマにもなり、その独特のユーモアや世界観で大人気を博した。

この作品により定型化した代表的なギャグやネタに、「大声が文字の形の石になって飛んでいく」「輪切りの肉」「マンモスの群れの突進やその結果、人間が踏みつぶされてペラペラになる」「テッコンキンクリート」などがある。

作中では原始時代にもかかわらずなぜか貨幣経済が浸透しており、巨大な石の貨幣を用いている描写が見られるが、もちろんフィクションであり、このように使われる巨大な石の貨幣は歴史上存在しない。ヤップ島にこのような巨大な石の貨幣は実在するものの、人間が持ち運ぶものではなく所有権だけが移るという性質のものである。

単純で印象深いアニメのオープニングや、原作者の園山俊二が作詞し、かまやつひろしが作曲したエンディングテーマ「やつらの足音のバラード」も長く親しまれている。なお、地球の始まりから人類の誕生までをシンプルかつ奥行きある形で描いた「やつらの足音のバラード」は、後にかまやつ自身や小泉今日子スガシカオ中村あゆみ平井堅遠藤正明デーモン閣下らによってカバーされ、その都度オリジナルも注目を浴びている。

主な登場人物は、「ギャートルズ平原(架空の地名)」に暮らすクロマニョン人の少年ゴンと、ゴンの父ちゃんをはじめとする彼の家族、そして相棒であるゴリラのドテチンである。彼らの日々の生活は波瀾万丈でエピソードに富み、個性的な隣人や生き物たちが絡んで騒動を繰り広げる。

ゴンが登場しない青年誌掲載作品においては、性的にきわどい内容ブラックジョークも含まれる。読み切りで掲載された最初の作品においては、神様が酔っぱらいながら作ったのが人間であり、原始時代に戦争略奪強姦が繰り返されているという描写であり、結果、神様が目を離している隙に文明を発達させた人類は滅びてしまった。

  • 英語圏では「Hajime Ningen Gon (GON, THE STONE-AGE BOY)」として紹介されている。

シリーズ作品[編集]

ギャートルズ
1作目。1965年から1975年まで実業之日本社の『週刊漫画サンデー』に連載された。本作にはゴンは登場しない。
はじめ人間ゴン
2作目。1966年から1969年まで学習研究社科学と学習に連載[1][2][3]。読者層に合わせ、本作より主人公として少年ゴンが登場する。
はじめ人間ギャートルズ
3作目。アニメの放送に合わせ、1974年から小学館の学年別学習雑誌に連載。
くたばれギャートルズ
4作目。1980年から1984年まで小学館の『ビッグコミックオリジナル』に連載。主人公は父ちゃんで、野球が話のモチーフとなる。

はじめ人間ギャートルズ(テレビアニメ)[編集]

朝日放送東京ムービーの共同製作。1974年10月5日から1975年3月29日までTBS系列で、1975年4月5日から1976年3月27日までNET系列で放送。全77話。

東京ムービー文芸部に所属した山崎敬之によると、東京ムービー社長の藤岡豊と園山俊二が隣家であり、夫人同士の仲が良かったためにアニメ化が実現したとある[4]

2005年8月26日にはバンダイビジュアルから全話を収録したDVD-BOXが、2016年9月28日にはワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメントからBlu-ray BOXが発売された[5][6]

2008年1月7日からCSアニマックスで放送。

登場人物[編集]

ゴン
- 丸山裕子
推定年齢10歳の男の子。将来は立派な狩人になるのが夢。臆病な性格だが、友情に篤く、硬い石頭が自慢である。
外出時は、いつも石斧を肩に担いでいる。
著しいダメージを受けると「テッコンキンクリート」と言って目を回す癖がある。
ガールフレンドのピー子ちゃんのことが大好きで、彼女のためなら危険なことでも引き受ける。家族は両親と、弟3人、妹1人(弟達よりは大きく、ゴンよりは下。ピー子ちゃんより小さいと思われる)そしてタヌキが1匹。
はじめ人間というだけあって本当に初期の人類らしく、呼び出しばーさんに先祖を召喚してもらった際は10代足らず前の先祖が類人猿であった。
父ちゃん
声 - 肝付兼太
40歳。一家の大黒柱で、家族のために毎日獲物を狩っている狩人である。
猿酒[注 1]が好物。外国人の言葉が分かる。腕っ節は強く、1人でマンモスを仕留める時もあれば、母ちゃんの援護を受けて死神と互角以上に渡り合う時もあるが、イノシシ1頭に負けることもある。
美人に弱いが、本心は母ちゃん一筋。時折、精神的に落ち込んでしまうメンタルの弱さを持っている。
母ちゃん
声 - 花形恵子
しっかり者のゴンの母親。男勝りな一面を持ち、獲物を持って帰らないとものすごく怖い。片方の乳房の出ている(これは母ちゃんに限ったことではないが)皮のワンピース風の着物を着用。
背中にはいつも3人の赤ん坊(ゴンの弟たち)と、タヌキを1匹背負っている。ゴンが死神に連れ去られそうになった時、戦いを挑んだ父ちゃんを圧倒する死神を一撃でバラバラにして形勢を逆転させた。
ドテチン
声 - 立壁和也
ゴンの相棒ゴリラ。顔は怖いが、おとなしく、ゴンに対しては優しい。かなりの馬鹿力の持ち主だが、彼も父ちゃん同様、強さが全く一定していない。メスゴリラのガールフレンドがいる。
他の動物の言葉も解するため、ゴンのために通訳をすることがある。ヒネモグラが苦手という設定もある。
ピー子ちゃん
声 - 吉田理保子
推定年齢8歳。ゴンのガールフレンドでお花が大好きな女の子。結構気が強く、些細なことでゴンに「大嫌い」と言い放ったり、他の男に見惚れてゴンを相手にしなかったりすることも多い。しかし、本心ではゴンが好きで、「ゴンのためなら何だってする」と言い切ったり、ゴンが危機に陥ると涙を流して心配する。また、ゴンとの会話では「結婚」という言葉まで出て来ることがある。かなりのおませさん。おじいさんと2人暮らし。一緒に食事をする、一緒に遠足に行く、一晩泊まるなど、ゴンの一家と行動を共にすることもしばしばで、父ちゃんから「ゴンの将来の花嫁」と言われたり、ゴンの一家にも、すっかり将来の家族として認められているようである。
類人猿の言葉を通訳したことがある。
天邪鬼
声 - 三浦理江
1本ヅノ関西弁の鬼族。52話で初登場。いつも森で一人ぼっちで遊んでいたが、ゴン達と出会い、彼やその両親に優しくされたことで、一人ぼっちでなくなったと大喜び。ゴン達の家が見える高い木の上に引っ越す。そしてゴンと仲良しになり、準レギュラー化。ピー子ちゃんより出番が多いキャラとなる。
ゴンが会話できないなどの言葉を解する能力を持っている。
天邪鬼族ゆえに、1000年に1つしか年をとらない。両親と他の一族は、かつて地球から切り離されたに住んでいる。1度、ゴン達と月に行き、月の酸素が尽きかけたため、両親や他の天邪鬼族と共に、地球に帰ろうとしたが惜しくも失敗。再び離れ離れになり、天邪鬼以外の全員が行方知れずになってしまった。
普段は、自分の感情と反対のことしか言わないため、会話がめんどくさいが、時には普通に話すこともある。また、ひねくれ者のうえ、イタズラ好きで、困ったところがあるが、自分が原因で何かあると、その責任を認めて行動を起こす、潔いところがある。
初めて自分を受け入れてくれた人間であるゴンに対しては、彼が勇気を失った時には、勇気を取り戻させるために最後まで協力したり、アリジゴクに落ちた時は死ぬのは自分1人でいいと言ってゴンとドテチンを庇うなど、友情に厚い一面を見せ、決してゴンを裏切ったり見捨てたりはしない。
死神
声 - 増岡弘
神様の使いで、死んだ者や死にかけた者の魂に死亡許可証を授け、天国あるいは地獄にへ連れていく。連れていく者は人間だけでなく、マンモーやイノシシなどの動物も含まれる。
骸骨の姿で、ガイコツに乗り、骨のを持っている。ゴン、ドテチン、父ちゃんを連れていこうとして、それを阻止せんとするゴン一家と交戦したこともある。実力は非常に高く、しかもバラバラになってもすぐ復元できるため、戦って彼に勝てる人間は存在しない。ただし、死神は1人ではなく、死神同士では縄張りや実力差があるらしい。
他の死神に負けてガイコツ馬と縄張りを奪われた際、父ちゃんに泣きついたり、ゴンが勇気を失った時、彼を旅に行かせるため、父ちゃんに頼まれて、サル酒と引き換えに旅人に扮した父ちゃんと決闘してわざと負ける芝居をするなど、人間臭いことをすることがある。恐竜などの本来絶滅した生物が生き残っていた際には、一時的に肉食竜を復活させて生態系を元に戻す役割も担う。
リウマチ持ち。また、同じ骨の女房がいる。終盤の話では、息子が1人いることも判明した。
ヒネモグラ
声 - 立壁和也
眼鏡をかけたモグラ。地面からひょっこり現れ、笑ったり、人間をからかったりする。
ヒネモグラの声は声優の声をボイスチェンジャーで加工し、甲高い声になっているが、音程を下げると声の主はドテチン役の立壁和也であることがわかる。
マンモー
マンモス。原始人にとっては食糧であり、宿敵でもある。
父ちゃんからは「(「マンモス」の呼び方が)面倒だから『マンモー』と呼べ」とゴンに語ったためにこの名が定着した。
サーベルタイガー
恐ろしい勢いで襲ってくる原始時代のトラ。原始人たちは食用ではなく、皮を加工して衣服や毛皮にして使用している。
その他
声 - 作間功恵比寿まさ子野本礼三滝口順平千々松幸子キートン山田松金よね子鈴木清信加藤治杉山佳寿子高田竜二山下啓介根本好章水鳥鉄夫沢りつお永井一郎雨森雅司矢田稔千田光男北川智絵井上真樹夫徳丸完、畠山洋子、藤本譲森功至島田彰北村弘一曽我部和行野沢雅子上田敏也峰恵研、新島慶子、富山敬緒方賢一高坂真琴中谷ゆみ池水通洋飯塚昭三細井重之山本圭子浅井淑子白川澄子田の中勇

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

※発売元はCBS・ソニー(後のソニー・ミュージックレーベルズ ソニー・ミュージックレコーズ

オープニングテーマ - 「はじめ人間ギャートルズ」
作詞 - 園山俊二 / 作曲 - かまやつひろし / 編曲 - あかのたちお / 唄 - ザ・ギャートルズ
仮歌は作曲したかまやつが歌った[7]
エンディングテーマ - 「やつらの足音のバラード」
作詞 - 園山俊二 / 作曲 - かまやつひろし / 編曲 - あかのたちお / 唄 - ちのはじめ
後にかまやつがセルフカバーし、宝酒造・レジェンド」CMソングに起用された(1994年、CDシングルとして発売)。
その他小泉今日子スガシカオなどがカバーしている。

各話リスト[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 演出
1 1974年
10月5日
ハジメンカリーンの巻 金子裕 吉田茂承
マンモギャーの巻 山崎晴哉 岡部英二
2 10月12日 ピカピカイシンの巻 城山昇 御厨恭輔
キビキビシラーの巻 伊東恒久 坂本竜
3 10月19日 ロングロングアゴンデーの巻 波多正美
ツキビジョンウィーの巻 山崎晴哉 吉田茂承
4 10月26日 ネツンアッチクタバリーンの巻 金子裕 岡部英二
マンモペットカウーンの巻 九十英夫 さきまくら
5 11月2日 マッリーンソワソワンの巻 金子裕 御厨恭輔
イレバーンジジの巻 城山昇 坂本竜
6 11月9日 ギギガップの巻 金子裕 御厨恭輔
ハルカーンドンドンの巻 山崎晴哉 岡部英二
7 11月16日 ニキニキビーンの巻 吉田茂承
ジゴクラクーンの巻 城山昇 坂本竜
8 11月23日 トリカエッコンの巻 波多正美
コモリーンコリゴリの巻 九十英夫 岡部英二
9 11月30日 カカッターンの巻 伊東恒久 吉田茂承
スキスキフラレタンの巻 川石光 さきまくら
10 12月7日 ウシロスガタイイの巻 伊東恒久 御厨恭輔
オーギャーティフルの巻 坂本竜
11 12月14日 ブーメランルーの巻 福富博
サムサムンクションの巻 城山昇 御厨恭輔
12 12月21日 オオカミーンの巻 井上知士 吉田茂承
クタビレモウケーンの巻 九十英夫 波多正美
13 12月28日 バラバランチズの巻 川石光 福富博
バイバイワニーンの巻 井上知士 今沢哲男
14 1975年
1月4日
アケボノーの巻 金子裕 御厨恭輔
ポンポコカヌシヤマの巻 井上知士 さきまくら
15 1月11日 ホカホカマンモケーの巻 松岡清治 竹内啓雄
トンデッタコタコンの巻 井上知士 岡部英二
16 1月18日 ネンネコロリーンの巻 城山昇
イシーの巻 金子裕 福富博
17 1月25日 エンヤコラハチンの巻 井上知士 御厨恭輔
オンギャハーンの巻 山崎晴哉
18 2月1日 ハルンイッチバンの巻 岡部英二
ビンボーカミーンの巻 九十英夫 福富博
19 2月8日 キラララドーンの巻 伊東恒久
ハルカゼナーの巻 城山昇 吉田茂承
20 2月15日 ネムネムハルーンの巻 山崎晴哉
ピカーリルンペの巻 金子裕 波多正美
21 2月22日 ネボケーンクマンの巻 山本優 岡崎稔
ウラナナラーンの巻 山崎晴哉 さきまくら
22 3月1日 ピカリロデドーンの巻 金子裕 岡部英二
エンギギカッグーンの巻 川石光 御厨恭輔
23 3月8日 クルクルマワールラー!の巻 松岡清治 さきまくら
マケルモカチーンの巻 井上知士 吉田茂承
24 3月15日 ヘンテコテコムシンの巻 山崎晴哉 岡部英二
モテモテンキザーの巻 伊東恒久 福富博
25 3月22日 ナミジハルバルーンの巻 山本優 御厨恭輔
ラブラブレターンの巻 井上知士 吉田茂承
26 3月29日 スキライダーメ!の巻 伊東恒久 岡部英二
カエルーンテンテンの巻 城山昇 吉田茂承
27 4月5日 マンモスゴーンの巻 金子裕 福富博
イソガシガリーンの巻 御厨恭輔
28 4月12日 ナクナクンゴリラッペの巻 山崎晴哉 吉田茂承
ポンポコムーンの巻 さきまくら
29 4月19日 オボロンヅキブハーの巻 金子裕 岡部英二
イキカエッタドーンの巻 九十英夫 今沢哲男
30 4月26日 タイガーギャーの巻 城山昇 福富博
ウホウホヤッホーの巻 伊東恒久 御厨恭輔
31 5月3日 ピーコピーコピーコロリンの巻 山崎晴哉 吉田茂承
ラララーコイビトの巻 川石光 岡部英二
32 5月10日 アタッターンの巻 城山昇 福富博
シニガミーンダメダメの巻 九十英夫 さきまくら
33 5月17日 ココーンポンポコの巻 松岡清治 吉田茂承
チヤホヤモテモテンの巻 山崎晴哉 御厨恭輔
34 5月24日 オトコハキビシインラーの巻 松岡清治 岡部英二
カビカビカビラの巻 金子裕 岡崎稔
35 5月31日 エレキーンシビラの巻 城山昇 吉田茂承
ハルバルーンケモノミチの巻 井上知士 御厨恭輔
36 6月7日 星にのった王子さまの巻 松岡清治 福富博
ハラペコファミリーの巻 九十英夫 岡崎稔
37 6月14日 腹がペコペコペコペコだの巻 城山昇 福富博
とりとりかえっこの巻 岡部英二
38 6月21日 ガマー見ろ!の巻 井上知士
あたまをつかえゴンの巻 荒木芳久 岡崎稔
39 6月28日 ミエミエケシキーンの巻 山崎晴哉 福富博
ドラゴンの玉をうばえの巻 山本優 岡部英二
40 7月5日 だまされたゴンの巻 福富博
いかがなされた旅の人の巻 竹内啓雄 岡部英二
41 7月12日 イテテテムシバーンの巻 高屋敷英夫
ゴンと父ちゃん狩の旅の巻 山崎晴哉 福富博
42 7月26日 すばらしいおじいさんの巻 竹内啓雄 岡崎稔
父ちゃんの過去の巻 伊東恒久 福富博
43 8月2日 類人猿のガキ大将の巻
山崎晴哉 岡部英二
出た!しょぼくれドラゴンの巻 山本優 福富博
44 8月9日 カッパにねらわれた父ちゃんの巻 山崎晴哉 岡部英二
ジャイアンツ山の大巨人の巻 高屋敷英夫 福富博
45 8月16日 大当り!星うらないの巻 安藤豊弘 岡部英二
やって来た子連れカミナリの巻 山本優 福富博
46 8月23日 死ね死ねにっくきガイコツの巻 鶴見和一 岡崎稔
あっ透明マンモス!? の巻 城山昇 岡部英二
47 8月30日 原始人のテーブルマナーの巻 福富博
追い出された父ちゃんの巻 松岡清治 岡部英二
48 9月6日 はらはらナマズの大地震の巻 伊東恒久
さっそう!風仙人の巻 山本優 岡崎稔
49 9月13日 対決!!死神とゴンの巻 荒木芳久 福富博
人間と動物は友達なんだの巻 山本優 岡部英二
50 9月20日 なまいきオウムケータくんの巻 福富博
突撃!キバキバ戦車の巻 今沢哲男
51 9月27日 母ちゃんの原始美容体操の巻 城山昇 岡崎稔
巨人国からの侵入者!? の巻 山本優 岡部英二
52 10月4日 ジャジャーン!天邪鬼登場の巻 城山昇 福富博
生きかえった吸血鬼の巻 金子裕 岡部英二
53 10月11日 ゴンの地底大冒険の巻 山本優 永丘昭典
女ごころとピー子ちゃんの巻 井上知士 福富博
54 10月18日 森のポンポコ死神の巻 高屋敷英夫 岡部英二
天邪鬼の親さがし月旅行の巻 金子裕 福富博
55 10月25日 魔法使いマホバばあさんの巻 伊東恒久 岡部英二
大戦争!ゴリラ対類人猿の巻 永丘昭典
56 11月1日 腹立ちハゲワシの復しゅうの巻 城山昇 岡崎稔
大天狗のプレゼントの巻 山本優 岡部英二
57 11月8日 雪女につかまったゴンの巻 山崎晴哉
巨人の泣きどころの巻 鶴見和一 福富博
58 11月15日 生きかえった冷凍恐竜の巻 金子裕 岡崎稔
59 11月22日 ゴンの天国地獄大旅行の巻 城山昇 岡部英二
60 11月29日 孤独のカタキバオレの巻 荒木芳久 福富博
61 12月6日 白馬争奪猛レースの巻 伊東恒久 岡部英二
62 12月13日 おく病風を吹きとばせ!の巻 松崎行雄 永丘昭典
63 12月20日 大平原の水が消えたの巻 高屋敷英夫 岡部英二
64 12月27日 ガラガラオロチをさがせ!の巻 安藤豊弘 福富博
65 1976年
1月3日
父ちゃんのおへそが消えた?の巻 今村文人 岡部英二
66 1月10日 死神にとりつかれたの巻 金子裕 福富博
67 1月17日 バラバーラの大来襲の巻 山崎晴哉 岡部英二
68 1月24日 母ちゃんに弱いマグマ大王の巻 山本優
69 1月31日 オヨヨ・白魔大王だーっの巻 山崎晴哉 岡崎稔
70 2月7日 さる酒のんでウッホッホ!の巻 松岡清治 福富博
71 2月14日 ご先祖さまが現われたの巻 城山昇 岡部英二
72 2月21日 ゴム風船で天国旅行の巻 伊東恒久 永丘昭典
73 2月28日 死神の息子が恋をしたの巻 荒木芳久 御厨恭輔
74 3月6日 父ちゃんがぬけがらになったの巻 山本優 福富博
75 3月13日 モグリドラゴン現わる!の巻 鶴見和一 岡部英二
76 3月20日 星からの訪問者の巻 竹内啓雄 岡崎稔
77 3月27日 やつらの足音が聞こえた!の巻 福富博

放送局[編集]

ネットチェンジの影響[編集]

1975年3月31日に近畿地方で朝日放送と毎日放送のネットチェンジが行われたことから、前述のとおり本作は第26話/第27話を境にしてTBS系列からNET系列での放送へと移行した。

系列変更後にも本作は引き続き土曜19時台に放送されたが、それまでのTBS系列ではこの時間帯に毎日放送製作の『仮面ライダーストロンガー』が放送されることになったことから、NET系列局のない、あるいは他系列とのクロスネット局が編成の都合のつかなかった地域においては、第26話をもって打ち切りもしくは時差ネットという措置が取られた。

ただし、第27話から最終話が未放送の一部地域(岩手県福井県鹿児島県など)では、放送終了から数年後にまとめて放送されている。

劇場版[編集]

1975年3月15日、『東宝チャンピオンまつり』内で第2回のBパート「マンモギャーの巻」のブローアップ版が上映された。

併映は『メカゴジラの逆襲』『新八犬伝』『アルプスの少女ハイジ』『サザエさん』『アグネスからの贈りもの』の5本。

ネット配信[編集]

東京ムービーの作品群を管理しているトムス・エンタテインメントYouTubeに開設された「TMSアニメ55周年公式チャンネル」で、2019年5月10日から第3話までが、同年5月22日から初期バージョンのオープニング映像とエンディング映像が配信されている。これらの映像にある制作クレジットはいずれも本放送当時のものでなく、「製作・著作 トムス・エンタテインメント」という表記に差し替えられている。

朝日放送 土曜 19:00 - 19:30
前番組 番組名 次番組
ど根性ガエル
(1972年10月7日 - 1974年9月28日)
はじめ人間ギャートルズ
(1974年10月5日 - 1976年3月27日)
三枝の大マジメ!?結婚ゲーム
(1976年4月3日 - 1977年4月2日)
TBS系列 土曜 19:00 - 19:30
ど根性ガエル
(1972年10月7日 - 1974年9月28日)
はじめ人間ギャートルズ
(1974年10月5日 - 1975年3月29日)
【本番組まで朝日放送製作】
仮面ライダーストロンガー
(1975年4月5日 - 1975年12月27日)
【同番組から毎日放送製作】
NET系列 土曜 19:00 - 19:30
ちびっこアベック歌合戦
(1974年10月5日 - 1975年3月29日)
【同番組まで毎日放送製作】
【TBS系列へ移行、金曜19:00枠へ移動】
はじめ人間ギャートルズ
(1975年4月5日 - 1976年3月27日)
【本番組から朝日放送製作】
三枝の大マジメ!?結婚ゲーム
(1976年4月3日 - 1977年4月2日)

はじめ人間ゴン(テレビアニメ)[編集]

1996年、NHK衛星第2テレビジョン (NHK BS2) の『衛星アニメ劇場』枠でリメイク版となる『はじめ人間ゴン』を放送。1990年代に学習研究社の学習雑誌『4年の学習』でリメイクされた『はじめ人間ゴン』(作画 - しのだひでお)が原作である。全39回。本放送では1回につき3話放送であったが、後にNHK教育テレビで再放送された際に10分枠になり、1回につき1話ずつの放送となる。

当時としてはまだ普及間もないデジタル彩色が導入されており、セル画回と混合で放送されていた。

2005年4月27日、日本コロムビアから全話を収録したDVD-BOXが発売された。

2015年時点においても、CMに登場するキャラクターの声はこのキャストが起用されている(ゴン、ドテチン、とうちゃん、かあちゃん)。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • シリーズ構成 - 浦沢義雄
  • アニメーションキャラクターデザイン - 岸義之
  • オープニングアニメーション - 古瀬登
  • 美術監督 - 池田祐二スタジオワイエス
  • 色彩設計 - いわみみか。
  • 音響監督 - 清水勝則、鈴木祐子
  • 音楽 - 本間勇輔
  • 音楽プロデューサー - 大川正義 (MEDIA.REMORAS.INC)
  • 監督 - 香川豊
  • アニメーションプロデューサー - 朴谷直治(スタジオぴえろ)
  • プロデューサー - 布川ゆうじ(スタジオぴえろ)、木村京太郎(読売広告社)、末川研
  • 動画チェック - 豊島光子
  • 撮影 - 池上元秋、白井久男(不定期)
  • ビデオ編集 - 森田清次
  • 編集オペレーター - 井上由起子
  • 音響制作 - ザックプロモーション
  • 効果 - 依田安文(わいわいサウンド
  • 調整 - 西澤規夫、冷水かおり
  • スタジオ - 整音スタジオ
  • 文芸進行 - 水越保
  • 製作協力 - 国際メディア・コーポレーション、丸紅、学習研究社
  • 制作 - スタジオぴえろ

主題歌[編集]

オープニングテーマ - 「バビブベビンビン」
作詞 - ドリアン助川 / 作曲・編曲 - HIROKI[要曖昧さ回避] / 唄 - ドリアン助川
エンディングテーマ - 「楽してゴンゴン」
作詞 - 秋元康 / 作曲 - 松浦祥隆 / 編曲 - 古田智隆 / 唄 - ペティブーカ

各話リスト[編集]

放送日 サブタイトル 脚本 コンテ 演出 作画監督
1 1996年
4月3日
荒野のドテチン 浦沢義雄 香川豊 岩根雅明
とうちゃんはつらい‥‥ 敷島博英
ゲッ!? 死神だ!! 室井ふみえ
2 4月10日 ぴーコのおねがい 小柴純弥 池端隆史 松下佳弘
嵐ピューピュー大洪水 鴫野彰 山田浩之
イノシシはキョーレツ!! 岡田敏靖
3 4月17日 夢……!? デッカイ恐竜 杉原めぐみ 岩鷹明 山崎たかし 桜井美智代
初めてのおつかい 浦沢義雄 山崎たかし 林一哉
泥棒にはご用心 杉原めぐみ 宮川治雄
4 4月24日 カラカラ天気のナゾ 阪口和久 鴫野彰 池上和誉 早川淳一
とうちゃんの獲物? 池上和誉 岸義之
真珠採り 鴫野彰 岩根雅明
5 5月1日 一人前の原始人 浦沢義雄 横山広行 佐久間しげ子
ノコギリザメの使い方 敷島博英
落ちてきた王子様 山田浩之
6 5月8日 え?ゴンがいっぱい?? 杉原めぐみ 岩崎良明 岩根雅明
ギャー!! 大きな人間!! 浦沢義雄 岡田敏靖
あの鳥をつかまえろー!! ドラゴンプロダクション
7 5月15日 人質になっちゃった 池端隆史 臼田美夫
ナゾのお風呂ぎらい 杉原めぐみ 増谷三郎
勇者トホホホ大迷惑 宮川治雄
8 5月22日 だまされたー 阪口和久 山崎たかし 早川淳一
コチコチ・マンモス 二宮常雄
笛の音でギャー!! 古瀬登
9 6月5日 潮干狩りでさあ大変!! 浦沢義雄 岩鷹明 横山広行 山本哲也
ハラペコのお星様 杉原めぐみ 都留稔幸 井坂純子
悪人トリオの家来 阪口和久 横山広行 桜井美智代
10 6月12日 ひえー、くっついた 杉原めぐみ 岩崎良明 岩崎良明 松下佳弘
無敵のマンモス 阪口和久 岩鷹明 林一哉
ペテン師だあー 浦沢義雄 都留稔幸 岩根雅明
11 6月19日 馬に乗るぞぉー!! 杉原めぐみ 鴫野彰 池端隆史 岡田敏靖
類人猿がやってきた 阪口和久 横山広行 山本哲也
ひゃー、カミナリ怖い〜 浦沢義雄 池端隆史 増谷三郎
12 6月26日 み、みず欲しいよお〜 山崎たかし 山崎たかし 山田浩之
渡り鳥の季節 杉原めぐみ 岩鷹明 佐久間しげ子
光る石をさがせ!! 浦沢義雄 都留稔幸 敷島博英
13 7月3日 宝の地図で大騒動 横山広行 横山広行 山本哲也
キミョーな木の実 阪口和久 池上和誉 宮川治雄
楽しい農業 浦沢義雄 神谷純 臼田美夫
14 7月10日 光の合図でSOS 岩鷹明 大畑清隆 井坂純子
落ちた・迷った・大冒険 杉原めぐみ 岩崎良明 松下佳弘
ねらわれたドテチン 高田耕一 岩根雅明
15 7月17日 ゴン、決死の家出 池端隆史 岩崎良明 増谷三郎
この世の終わりが来た!! 岩鷹明 二宮常雄
とうちゃんの変装 阪口和久 神谷純 井上栄作
16 7月24日 大地のヘソ 山崎たかし 山田浩之
かあちゃん狩りへ行く 杉原めぐみ 高田耕一 池端隆史 林一哉
森のヒーロー・ドテチン 浦沢義雄 都留稔幸 岩崎良明 新田靖成
17 7月31日 キャンプに行こう!! 岩鷹明 山崎たかし 飯飼一幸
とらわれのぴーコ 杉原めぐみ 神谷純 山本哲也
本当にあった怖い話 山崎たかし 敷島博英
18 8月7日 おじいちゃんの別荘 都留稔幸 横山広行 宮川治雄
たからを守れ!! 高田耕一 林千博
海の向こうは何だろう? 浦沢義雄 横山広行 増谷三郎
19 8月14日 ドテチンの初恋 杉原めぐみ 大畑清隆 松下佳弘
とうちゃんの恩返し 阪口和久 大畑清隆 臼田美夫
迷子の子マンモ 浦沢義雄 鴫野彰 早川淳一
20 8月21日 とうちゃん、ゴメーン 小林孝志 井坂純子
本物はどっちだ? 阪口和久 小林孝志 山本哲也
一番強いのは、だれ!? 杉原めぐみ 山崎たかし 新田靖成
21 8月28日 べんりな雨雲 鴫野彰 池端隆史 山田浩之
キノコ騒動 阪口和久 高田耕一 岩根雅明
からだがない!? 浦沢義雄 横山広行 井上栄作
22 9月4日 満月の夜の不思議 杉原めぐみ 鴫野彰 山崎たかし 井坂純子
人魚姫を助けろ!! 浦沢義雄 山崎たかし 林千博
大食らいのヒナ騒動 杉原めぐみ 都留稔幸 香川浩
23 9月11日 ぴーコのひとめぼれ 浦沢義雄 横山広行 横山広行 松下佳弘
子育ての季節 杉原めぐみ 原征太郎 増谷三郎
早起き大作戦 阪口和久 都留稔幸 敷島博英
24 9月25日 かあちゃんの願い 浦沢義雄 高田耕一 わだへいさく 山田浩之
お引っ越し 杉原めぐみ 鴫野彰 山本哲也
死神危機一髪!! 浦沢義雄 山崎たかし 岩根雅明
25 10月2日 貧乏神ひっついた 杉原めぐみ 林一哉 大畑清隆 新田靖成
ぴーコと木の実ひろい 浦沢義雄 都留稔幸 臼田美夫
狩り名人のヘルメット 阪口和久 わだへいさく 林一哉
26 10月9日 かくれんぼの天才 浦沢義雄 香川豊 池端隆史 林千博
でっかい愛 杉原めぐみ 池端隆史 井坂純子
おつかいはタイヘン わだへいさく 宮川治雄
27 10月16日 広い大地は誰のモノ? 杉原めぐみ 鴫野彰 山崎たかし 香川浩
汚れた三日月 浦沢義雄 山崎たかし 井上栄作
太陽のかなしみ わだへいさく 松下佳弘
28 10月23日 かあちゃんが大変だー 杉原めぐみ 大畑清隆 村田雅彦 山本哲也
大イビキで大ゲンカ 浦沢義雄 鴫野彰 岩根雅明
じいちゃんが来た たかやしまさき 増谷三郎
29 10月30日 冬眠したい 都留稔幸 横山広行 敷島博英
石文字の秘密 阪口和久 横山広行 林一哉
3つのお願い 水越保 わだへいさく 山田浩之
30 11月6日 冬のサカナ釣り 杉原めぐみ わだへいさく 志村隆行
ぴーコの秘密 阪口和久 織田美浩 香川浩
フネで大洪水!! 池端たかし 新田靖成
31 11月13日 ぴーコ・わがまま大爆発!! 杉原めぐみ たかやしまさき 織田美浩 林千博
暖かい暮らし わだへいさく 臼田美夫
UFOのかあちゃん 浦沢義雄 横山広行 宮川治雄
32 11月27日 この川を渡れ!! 杉原めぐみ 池端隆史 案納正美 早川淳一
星の女王 浦沢義雄 都留稔幸 増谷三郎
おしゃべり鳥で大ピンチ 杉原めぐみ 池端隆史 松下佳弘
33 12月4日 迷い込んだクジラ 浦沢義雄 都留稔幸 村田雅彦 新井豊
お留守番バトル! 杉原めぐみ たかやしまさき 岩根雅明
こおり姫の恋 浦沢義雄 池端たかし 新井豊
34 12月11日 虫歯パニック!! 杉原めぐみ 都留稔幸 横山広行 香川浩
原始時代の龍宮城 横山広行 井坂純子
えー!? 春がこない?? 浦沢義雄 敷島博英
35 12月18日 「強くなろう」大計画 阪口和久 大畑清隆 わだへいさく 新田靖成
晩ゴハン食べたーい 浦沢義雄 池端隆史 宮川治雄
大変だ!! 星がぶつかる わだへいさく 林千博
36 12月25日 稲妻とうちゃん 阪口和久 たかやしまさき 織田美浩 山本哲也
ドテチンが王様? 杉原めぐみ わだへいさく 増谷三郎
あの世・この世・どんなトコ 都留稔幸 松下佳弘
37 1997年
1月8日
クマの家族 浦沢義雄 たかやしまさき 池端隆史 早川淳一
とうちゃんの狩り道場 阪口和久 池端隆史 案納正美 岩根雅明
狙われたマンモス肉 浦沢義雄 池端隆史 臼田美夫
38 1月15日 チンの冬眠 都留稔幸 村田雅彦 井坂純子
ぴーコ・一日女神サマ 杉原めぐみ たかやしまさき 山本哲也
目印の法則 阪口和久 わだへいさく 香川浩
39 1月22日 流れてきたオットセイ 浦沢義雄 横山広行 横山広行 新田靖成
浮いちゃった 杉原めぐみ 都留稔幸 宮川治雄
王者のおたけび 浦沢義雄 池端隆史 林千博
NHK BS2 水曜 18:02 - 18:27
衛星アニメ劇場水曜前半枠】
前番組 番組名 次番組
ヤンボウ ニンボウ トンボウ
(1995年4月5日 - 1996年1月24日)

再放送
(1996年1月31日 - 1996年3月27日)
はじめ人間ゴン
(1996年4月3日 - 1997年1月22日)

再放送
(1997年1月29日 - 1997年3月19日)

はじめ人間ゴン スペシャル
(1997年3月26日)
タンタンの冒険
(1997年4月2日 - 1998年4月1日)
※18:02 - 18:25

テレビドラマ[編集]

1993年4月18日にNHK衛星第2テレビジョン (NHK BS2) で『バック・トゥ・ザ・ギャートルズ・デイズ』のタイトルで放送[16]。「これは、漫画ギャートルズの子孫の物語を創作したものです。」と但書が付く。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

その他[編集]

  • 1980年代、神楽酒造の麦焼酎「ひむかのくろうま」のCMキャラクターに採用。しばらくの間途絶えていたが、2008年(平成20年)から再登場した。「とっつぁんはえらい!」がキャッチフレーズ。
  • サイサンガスブランド「GasOne」のCMキャラクターに採用された[17]
  • 2005年(平成17年)秋、大一商会からパチンコ機化され、「CRギャートルズ」として登場。声優などはリメイク版の「はじめ人間ゴン」に基づいているが、ラウンド中のBGM曲は1作目の「はじめ人間ギャートルズ」であった。
  • 第1期の第7話「ジゴクラクーン」では、死んでしまったとうちゃんが天国へ上っていくシーンで当時のヒット曲である「帰って来たヨッパライ」(ザ・フォーク・クルセダーズ)が流れた。
  • 学習研究社の学習雑誌に連載中、「未来人間ゴン」というタイトルのスピンオフ作品が掲載された。
  • 2008年(平成20年)11月、エスケー食品は作中に登場するマンガ肉を再現した「ギャートルズ肉」を初回限定生産本数1300本で発売した。瞬く間に完売となり、翌年2月に再発売をするもすぐに完売となった[18][19]。「ギャートルズ肉」はもちろんマンモスの肉ではなく、牛肉の薄切りを長めの骨に何重にも巻きつけ、下味をつけて加熱した食品である。
  • さらにエスケー食品は、2010年(平成22年)12月、作中に登場する「マンモの輪切り肉」を発売した[20]。これは、豚ばら肉を手作業で何枚も巻き、肉の外周をパセリでまぶして焼きあげたもので、何重にも巻いたバラ肉が樹木の年輪のような断面を、焼きあげたパセリが外周の獣の皮をそれぞれ再現している[21]。輪切り肉の直径は、約17センチメートルである[21]。商品の試作には、肉を合計50キログラム(様々な部位を使って試行錯誤)、パセリを「スーパーで買い占めるほど」費やしたという[21]
  • 2010年(平成22年)、クラシエホームプロダクツナイーブのCMで初期のオープニング「はじめ人間ギャートルズ」の替え歌を辻希美が歌った。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ サルに果実を食わせて吐き戻させる作り方のため、リンク先項目のものよりは口噛み酒に近い。
  2. ^ クレジットが差し替えられたオープニング映像とエンディング映像においては、朝日放送のクレジットは表示されない。
  3. ^ 当時の放送対象地域は両局とも岡山県のみ。
  4. ^ 当時の放送対象地域は香川県のみ。
  5. ^ ネットチェンジ後には月曜 18:00 - 18:30 に放送された。前番組は、ネットチェンジ後の枠確保ができなかったために8話で打ち切られた『仮面ライダーアマゾン』。後番組は、同局のニュース番組『RKKワイド6』。熊本日日新聞テレビ欄より。

出典[編集]

  1. ^ 1年の科学. 8(6)”. 国立国会図書館 (1966年). 2019年5月24日閲覧。
  2. ^ 1年の学習. 20(6)”. 国立国会図書館 (1966年). 2019年5月24日閲覧。
  3. ^ 6年の学習. 23(12)”. 国立国会図書館 (1969年). 2019年5月24日閲覧。
  4. ^ 山崎敬之『テレビアニメ魂』p.134より
  5. ^ 「はじめ人間 ギャートルズ」がDVD-BOX化”. AV Watch(運営:インプレス) (2005年6月21日). 2019年5月24日閲覧。
  6. ^ '74年放送開始のアニメ「はじめ人間ギャートルズ Blu-ray BOX」など”. AV Watch(運営:インプレス) (2016年9月1日). 2019年5月24日閲覧。
  7. ^ ムッシュかまやつ『ムッシュ!』日経BP社、2002年、144-145頁。ISBN 4-8222-4269-2
  8. ^ 福島民報』1974年10月5日 - 1975年3月26日付朝刊、テレビ欄。
  9. ^ 『福島民報』1975年4月7日 - 9月29日付朝刊、テレビ欄。
  10. ^ 『福島民報』1975年10月18日 - 1976年3月27日付朝刊、テレビ欄。
  11. ^ 『福島民報』1975年4月6日 - 9月30日付朝刊、テレビ欄。
  12. ^ 『福島民報』1974年10月5日 - 1975年9月24日付朝刊、テレビ欄。
  13. ^ a b 『北國新聞』1975年3月1日付朝刊テレビ欄より。
  14. ^ 『北國新聞』1975年10月1日付朝刊、テレビ欄。
  15. ^ 山口県での本放送は、当時TBS系列・NET系列・フジテレビ系列のクロスネット局であったテレビ山口ではなく、日本テレビ系列山口放送で行われた。その後、1983年にテレビ山口でも放送されている。
  16. ^ NHKテレビドラマカタログ―ドラマ番組放送記録+カテゴリー小史 1953〜2011”. 日本放送協会. 2012年5月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月24日閲覧。
  17. ^ ガスワンCMを見る”. ガスワンオフィシャルサイト(運営 - 株式会社サイサン). 2005年11月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月24日閲覧。
  18. ^ あの独特な形の「ギャートルズ肉」がエスケー食品からついに登場GIGAZINE 2008年11月7日付、2012年6月12日閲覧.
  19. ^ アニメの骨付き肉を再現したギャートルズ肉、試食レビュー」 GIGAZINE 2009年03月12日付、2012年6月12日閲覧.
  20. ^ ギャートルズ肉から2年、ついに「マンモの輪切り肉」が12月に初回限定1000枚で新発売」 GIGAZINE 2010年11月29日付、2012年6月12日閲覧.
  21. ^ a b c タカギヒロノ 「-アニメから映画まで、あの名シーンを再現!- 食べてみたい“名作”料理13」 『週刊アスキー』2011年1月4日-11日号、アスキー・メディアワークス、2010年、p.150.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]