クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クレヨンしんちゃん
嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ
監督 水島努
脚本 水島努
原作 臼井儀人
製作 プロデューサー
山川順市
和田泰
西口なおみ
すぎやまあつお
出演者 矢島晶子
真柴摩利
林玉緒
一龍斎貞友
佐藤智恵
齋藤彩夏
小林清志
NO PLAN
音楽 荒川敏行
宮崎慎二
主題歌 NO PLAN○(マル)あげよう
撮影 梅田俊之
編集 岡安肇
製作会社 シンエイ動画
ADK
テレビ朝日
配給 東宝
公開 2004年4月17日
上映時間 96分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 12.8億円
前作 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ栄光のヤキニクロード
次作 クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶブリブリ 3分ポッキリ大進撃
テンプレートを表示

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ! 夕陽のカスカベボーイズ』(クレヨンしんちゃん あらしをよぶ ゆうひのカスカベボーイズ)は、2004年4月17日に公開された『クレヨンしんちゃん』の劇場映画シリーズ12作目。上映時間は96分。興行収入は約12.8億円。

キャッチコピーは『しんのすけ、カムバ~ック!』。

概要[編集]

ギャグの比率が多く、コメディ色が強かった前作から一転しており、物語はシリアスな内容となっており、劇中のシーンも重い描写が目立つ。

例えば、オケガワ博士を引きずり回す場面やしんのすけやみさえに鞭を打ったりする場面など、非人道的な暴力描写が多く、どこか憎めない部分もある劇場版従来の悪役に対して、本作のものは極悪に徹している。他にも、しんのすけがジャスティスに立ち向かったり、彼の運動神経でかすかべ防衛隊の隊員を助ける場面もあり、アニメではあまり見られないしんのすけのモノローグなど、珍しい場面が多く描写されている。

ただし、クライマックスの戦闘シーンでは、マイクの呼んできたアンチ・ジャスティスの一派として初代『荒野の七人』を彷彿とさせるガンマンが顔を連ねており(また、声優も荒野の七人の吹替声優に準じている)、随所に西部劇のパロディが散見され、コメディ色が排除されているわけではない。

また、物語の舞台がしんのすけ達が住む現実世界以外(タイムスリップ作品は除く)なのは第1作『クレヨンしんちゃん アクション仮面VSハイグレ魔王』以来となる。

冒頭、終盤でのやり取りや映画の題名である「カスカベボーイズ」というテーマから、今までの劇場版で多く見られた野原一家の「家族の団結」よりも、春日部防衛隊の5人にスポットを当てた「友情の団結」をメインに作られている[1]。そのため、今作はシリーズ初のかすかべ防衛隊がメインの作品である。また野原一家の1匹であるシロは家で留守番していたため、ほとんど登場せずストーリーに関わっていない。 ラストシーンのひろしの行動については様々な憶測が飛び交った。

主題歌を担当しているNO PLANは本編にもわずかながら出演している(内村プロデュースにてNO PLAN6人のアフレコが放送された)。また、主要人物の一人であるマイクのモデルは映画評論家のマイク水野こと水野晴郎であるが、本人に無許可であったため、水野晴郎事務所が配給元の東宝に問い合わせたという椿事も起こった。またこの映画を監督した水島努本人に水野が電話をかけ、事実関係を確認したが、水野は好意的であり、『シベリア超特急5』の試写会にも招待されたほどである[2]

オープニングでは『オラはにんきもの』が9年ぶりに使用されたが、上映当時のTV版と異なるオープニングが使用されたのはこれが唯一である[3]

本作は、劇場版『クレヨンしんちゃん』シリーズとしては最後のVHSビデオ版発売作品となった。

つばきとしんのすけ[編集]

今作品では、しんのすけが初めて女子高生未満の女の子(明確ではないが14歳くらい)に恋をする。また、大原ななことリサ・グレースを除けば、しんのすけが本気で恋をするのは、これが唯一のことである。[要出典]

しんのすけは初め、つばきに対して特別な感情を抱いていなかったのだが、可憐で清楚、優しくて控えめなつばきに少しずつ惹かれていく。後半では愛の告白をする場面も見られる。基本的に一目惚れ(主に容姿に関して)で女性に声をかけるしんのすけにとって、これもまた極めて異例な事であった。

あらすじ[編集]

ある日、鬼ごっこをしていたかすかべ防衛隊の五人は、町中を駆け回っているうち、一軒の古びた廃映画館カスカベ座」を見つける。

誰もいないはずの劇場では、ひたすら荒野が映し出されているだけの映画が、ひとりでに、ひたすら無音で上映されていた。それを見つめるかすかべ防衛隊。だが、トイレに立ったしんのすけが劇場に戻ると、風間トオル達はどこかに姿を消してしまっていた。

夜になったが、しんのすけ以外の四人は、いまだにそれぞれの家に帰っていない様子。行方不明になったみんなを心配した野原一家(しんのすけ、ひまわり、みさえ、ひろし)はしんのすけ先導のもと再びカスカベ座を訪れるが、またも流れていた荒野の映像に目を奪われているうちに、気が付けば映画と同じ、何もない荒野に立っていた。

突然の状況に困惑する野原一家だったが、しかたなく荒野を歩きながら他の人間を探し始める。歩き始めてから数時間後、ようやく荒野を走る一本の線路を見つけることができた四人は、その線路に沿って進んでいき、そこで、西部劇に出てくるような古びた町を発見する。

春日部への帰り道を聞くため酒場に入る野原一家だが、そこで人相の悪い連中に因縁をつけられ、乱闘騒ぎになってしまう。ほどなくして保安隊が制止に現れるが、その隊長は、行方不明となっていた風間であった。保安隊の保安官(シェリフ)として仕事をしていたらしい風間に、いつも通り親しげに話しかけるしんのすけだったが、いきなり腹を殴られてしまう。風間はしんのすけ達のことをまったく覚えておらず、性格も粗暴になっていた。

風間の指示により保安隊から追われる身となってしまったしんのすけ達は、逃亡の途中、この町「ジャスティスシティ」の知事であるジャスティスに仕えている、つばきという少女に救われる。つばきもこの場所が何なのかはわからないが、「この世界に来た人間は、次第に元の世界にいた記憶を忘れていく」という事実と「帰りたいという気持ちが強いのなら、その気持ちを忘れずに持ち続けてください」という助言を野原一家に伝え、ジャスティスのもとに戻る。

つばきが去ったのち、保安隊に暴行を受けている男性を目撃した野原一家は保安隊の目を盗んでその男性を解放、事情説明を求める。「マイク」と名乗ったその男は野原一家と同じで、春日部の元住人らしく、〝どうやらここは映画の中の世界らしい〟ということと〝この世界は時間が止まっているらしい〟ということを野原一家に教えてくれた。マイクは、荒野に三ヶ所あるという、ジャスティス指定の「立入禁止区域」に、何か元の世界に帰るための手がかりがあるのではないかと思い侵入したが、何も見つからなかった上に、保安隊に見つかり厳しい体罰を受けたという。

しかもマイクはつばきの言うとおり、自分の職業や家族のことを忘却していた。そんなマイクを見た野原一家もまた、自分たちもいずれはそうなるかもしれないと危惧する。

しんのすけはジャスティスシティにて、行方不明だった佐藤マサオと桜田ネネを発見するが、夫婦となって暮らしていた二人は風間同様、しんのすけや春日部に関する記憶を失っており、その上、今の状況に満足しているからと、春日部への帰還を拒否する。町はずれで閑居していたボーちゃんだけは、いまだにしんのすけや春日部のことを憶えており、しんのすけと共に、全員で無事に春日部に帰還することを誓ってくれたのだが、しかし、そんなしんのすけとボーちゃんにもまた、少しずつ、忘却の波が迫りつつあった。

結局、春日部に帰る方法は見つからず思案に尽きる野原一家。それでもどうにか、春日部にいた頃の記憶を維持しつつ、元の世界に帰る方法を見つけようと決意する。

しかし、日が経つにつれ記憶は徐々に薄れていき、ひろしはマイクと共に強制労働を強いられ、みさえはこの世界の生活に馴染んでしまい帰ることをあきらめ、ひまわりはしんのすけのことを忘れ、更にしんのすけもぶりぶりざえもんの絵が描けなくなってしまっていた。

しかしそんなある日、しんのすけ達はとうとう春日部に帰る方法を思いつく。

それは、この世界における悪役・ジャスティス知事を倒し、この世界に平和を取り戻して映画をハッピーエンドにするというものだった。

そのためのヒーローとして選出されたのは、しんのすけ達かすかべ防衛隊の五人。しかし、完全に記憶が戻っていないかすかべ防衛隊の心はバラバラだった。

登場人物[編集]

つばき
ジャスティスシティに住んでいる謎の少女。1960〜70年頃の日本人の姿をしており、年齢は14歳程度。控えめで礼儀正しく清楚な性格で、可愛らしい女の子。ジャスティス知事に拾われたといい、彼に仕えているが、心優しくしんのすけを助ける。しんのすけもまた、つばきの優しさに少しずつ惹かれていく。
実は彼女は春日部から映画の世界に来た人物ではなく、映画の登場人物だった。最後にしんのすけたちが映画を終わらせたことで映画と共に消えてしまい、しんのすけと交わした「一緒に春日部に帰ろう」という約束を果たす事は出来なかった。つばき自身もそのことを知ってはいたものの、結局最後まで言い出す事はできなかった。その後、しんのすけは彼女が消えたことに深くショックを受けた。
裏設定で、彼女はジャスティス・ラブの前で失態をおかした為に劇中は裸足であるが、幸せな場面であるEDでは靴を履いている[4]
マイク水野
保安隊に暴行されていたところを野原一家に助けられた太った男。
野原一家同様カスカベ座から映画の世界に入り込んでしまった春日部の住人。作中では映画の世界に入って、625日(約1年8か月)経ったと話している。春日部に帰る方法を探しているが、自分の職業や家族の事を徐々に忘れていっている。物語後半では危機的状況の中呑気に解説などをするため、みさえや他人によく尻を蹴られている。
正体はレンタルビデオ屋の店長で映画オタクでもある独身男性。映画好きではあるのだが、映画館が好きなわけではなく、映画は専らビデオやDVDで観賞しているらしい。
第25作『襲来!!宇宙人シリリ』では、春日部駅前でインタビューされた人物として出演。本作では単に「マイク」と呼ばれていたが、この作品では「水野」という苗字が新たに付けられた。
オケガワ[5]
毎日馬に引き摺られる老人。知事を倒すヒーローのための道具を研究している。彼も映画の中の登場人物である。
クラウス[6]
ジャスティスの部下と思われる男で、常に彼の傍らにいるが、醜い顔つきをした男で本人自身も気にしており、しんのすけやみさえに「変な顔」と罵られると反発する。また、ジャスティスの屋敷に招待されたみさえを皆で笑い飛ばし、彼女の逆鱗に触れギターを叩きつけられてしまう。
目覚めた風間トオルをカズカベボーイズとなって変身したしんのすけ達もろとも自動車で轢こうとするが、逆に体当たりされ自動車ごと吹っ飛ばされてしまう。名前通りクラウス・キンスキーがモデル。
VHS・DVD・BDの表紙裏面ではオーツとベンと共にクリス一味の列に紛れ込んでいる。
オーツ[7]
保安隊の隊長を担うジャスティスの部下。弱い相手を容赦なく手なずけるほど乱暴な性格で子供をも非常に嫌っており、風間が保安官(シェリフ)の座に就かれても最初から気に入っていなかった。
ジャスティスと共に封印場所へ向かうしんのすけ達と最後まで戦うが、ジャスティスがカスカベボーイズに倒されたため、もはや敗北だと認め自分の弟であるベンと共に蒸気機関車から飛び降りる。
ベン[8]
保安隊の副隊長を担うジャスティスの部下。隊長と共に行動し、終盤では彼の弟であることが判明される。
クリス
しんのすけたちに協力するガンマン。つばき・オケガワなどと並んで映画の登場人物の中でアンチ・ジャスティスである数少ない人物。しんのすけたちの危機を救うために六人のガンマンを連れて助けに来た。
彼らは映画『荒野の七人』へのオマージュであり、クリスの容姿はユル・ブリンナーがモデルである。また、彼ら七人のガンマンの声はかつて『日曜洋画劇場』放映版『荒野の七人』において日本語吹き替えを担当していたキャスティングに準じている。
オライリー
クリスの仲間。チャールズ・ブロンソンがモデル。映画本編ではかなりデフォルメ化されているが、予告編ではブロンソンがモデルと思われる人物がリアル調の見た目で登場している(その際の声も大塚周夫マンダムのパロディも行っている)。
ヴィン
クリスの仲間。スティーブ・マックイーンがモデル。馬から汽車に乗り移ることに失敗してパニックに陥っていたひろしを助けた。
リー
クリスの仲間。ロバート・ヴォーンがモデル。特技の早撃ちを活かしてクリスたちと共にジャスティスの部下たちの撃退に貢献した。
ハリー・ラック
クリスの仲間。ブラッド・デクスターがモデル。クリスたちと共にジャスティスの部下たちの撃退に貢献した。
ブリット
クリスの仲間。ジェームズ・コバーンがモデル。特技のナイフ投げを活かしてクリスたちと共にジャスティスの部下たちの撃退に貢献した。
チコ
クリスの仲間。ホルスト・ブッフホルツがモデル。クリスたちと共に保安隊の撃退に貢献した。
ジャスティス・ラブ
ジャスティスシティの知事であり、「この映画の主人公」にして「この映画の悪役」である。非常に冷徹な性格で、法律に触れた者を毎日馬で引きずり回している。この世界そのものである映画を「終わらせない」ようにしており、映画を終わらせるための「おわり」の文字を封印している。
鞭の達人で、物語の中盤ではこの鞭でハリーとチコの銃を落とした。物語終盤でオケガワの発明した道具によりパワーアップしたしんのすけたちに追い詰められた際、奥の手として所持しているジャスティスロボというカウボーイ型の巨大ロボットを起動させる。一進一退の攻防の末完全に覚醒したかすかべ防衛隊に敗北したが、ジャスティスロボはボロボロになった状態で生存。悲鳴を上げながらも尚封印を解かせまいと奮闘するも結局封印は解かれてそれを押し戻そうとするもカスカベ防衛隊に押されてジャスティスロボが破壊されてしまう。封印されていた「おわり」の文字が空に輝く中、映画の終わりを嘆いて悲惨になっていた。
裏設定ではつばきが失態をおかしてしまったので、靴を履いて外に出るのを禁じていた。
声は『荒野の七人』でジェームズ・コバーン演ずるブリット役を吹き替え担当していた小林清志である。
NO PLAN
本作のエンディング主題歌を歌うグループ。本編でも本人役として登場しており、映画の中に迷い込んでいた。なお、この時しんのすけは記憶を忘れかけていたため、内村を相方の南原と間違えていた。

登場する地名・兵器等[編集]

カスカベ座
町中の人目に付かない場所に存在する古びた映画館。既に潰れている為に人気もなく、中は暗い。何故か西部劇の映画を一つだけ上映しているが、見ているとその人物を映画の中に取り込んでしまう(作中では映画自身が「終わりを迎える」ことを望んでいるからと説明された)。映画の中にいると少しずつ前の世界の記憶を失っていってしまう。
ジャスティスシティ
ジャスティスが治める小さな西部劇風の町。この他に町は何も無く、線路の先には何もない(実際には重要な拠点が存在している)。また太陽が全く動かないため、一日中ずっと昼間である。オケガワ博士が馬に引きずられるのを数えればこの世界に来て何日後かわかるという。
ジャスティスロボ
野原一家がこの世界に来てすぐに発見していたカウボーイ型の巨大ロボット。実はジャスティスが奥の手として所持しているロボットであった。ポスター版ではデザインが異なる。
カスカベボーイズ
かすかべ防衛隊がオケガワの開発したヒーローになれる赤いパンツ(正式名称不明)の力で変身した姿で、変身すると強力な能力を発揮する。普段のかすかべ防衛隊からは想像もつかないほどのその能力はジャスティスとの戦闘シーンにも描写される。
野原しんのすけ
襟つきのマントにスカーフが特徴。武器はカンチョー。パワーアップ後は赤い翼が生える。
風間トオル
青いステージ衣装に武器になる大きなシルクハットを被っている。パワーアップ後は青い翼が生える。
佐藤マサオ
イエローハットに電飾付きの服。カスカベボーイズの中では唯一武器を持たず、体術で戦う。パワーアップ後は緑色の翼が生える。
桜田ネネ
ウェーブがかったロングヘアーでドレス姿。体術や巨大なウサギの幻を出す強力なパンチで戦う。パワーアップ後は黄色い翼が生える。
ボーちゃん
パンクファッションに特徴的なモヒカンヘア。武器はブーメランとなるモヒカンと鼻水。パワーアップ後は紫色の翼が生える。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

原画[編集]

末吉裕一郎 高倉佳彦 佐藤雅弘 林静香 湯浅政明 松下浩美
和泉絹子 重本雅博 榎本結 尾鷲英俊 高橋博行 北之原孝将
浦田芳憲 坂本一也 門脇聡 古賀馨 三橋徹 紫藤晃由
吉岡忍 米田光良 池田和美 上野真理子 関口可奈味 石井百合子
宮脇千鶴 佐藤陽子 宮沢康紀 泉広代 茂木琢次 前田一雪
松浦仁美 長谷川哲也 加来哲郎 金子志津枝 鈴木大司 大武正枝
辻繁人 竹内哲也 浅野勝也 千葉崇洋 植村淳 東出太
板津匡覧 牧原亮太郎 さくましげこ 石川貴正 松井理和子 上乃つぐ美
山地万 石井智美 樋口善法 篠原真紀子 角張仁美 橋本とよ子
原勝徳 大森孝敏 針金屋英郎 間々田益男

主題歌[編集]

VHS・DVD[編集]

関連項目[編集]

下記の作品は、いずれも主人公達が映画(もしくはテレビドラマ)の中の世界に入り込んでしまう内容を題材とした作品。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 別作でも春日部防衛隊は活躍はしているがクライマックスは野原一家がメインになる事が多い。
  2. ^ 月夜の上機嫌(水島監督のブログ)
  3. ^ 本作上映当時のテレビ版では華原朋美の『PLEASURE』が使用されていた(曲自体は前作で使用されている)。なお、『モーレツ!オトナ帝国の逆襲』では『オラはにんきもの』のカバー曲『オラたちはにんきもの』(さっちゃん&しんちゃん(矢島晶子))が使用される予定だったが中止され、テレビ版同様『ダメダメのうた』(LADY Q、野原しんのすけ(矢島晶子)、野原みさえ(ならはしみき))が使用された。
  4. ^ 月夜の上機嫌(水島監督のブログ)
  5. ^ DVD、BD字幕では「桶川(おけがわ)」と表記されていた。
  6. ^ EDクレジットでは「変な顔の男」と表記。
  7. ^ EDクレジットでは「保安隊隊長」と表記。
  8. ^ EDクレジットでは「保安隊副隊長」と表記。
  9. ^ エンディング表記なし。

外部リンク[編集]