クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クレヨンしんちゃん
嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ
監督 水島努
脚本 水島努
原作 臼井儀人
製作 プロデューサー
山川順市
和田泰
西口なおみ
すぎやまあつお
出演者 矢島晶子
真柴摩利
林玉緒
一龍斎貞友
佐藤智恵
齋藤彩夏
小林清志
NO PLAN
音楽 荒川敏行
宮崎慎二
主題歌 NO PLAN○(マル)あげよう
撮影 梅田俊之
編集 岡安肇
製作会社 シンエイ動画
ADK
テレビ朝日
配給 東宝
公開 2004年4月17日
上映時間 96分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 12.8億円
前作 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ栄光のヤキニクロード
次作 クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶブリブリ 3分ポッキリ大進撃
テンプレートを表示

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ! 夕陽のカスカベボーイズ』(クレヨンしんちゃん あらしをよぶ ゆうひのカスカベボーイズ)は、2004年4月17日に公開された『クレヨンしんちゃん』の劇場映画シリーズ12作目[1]。上映時間は96分。興行収入は約12.8億円。

キャッチコピーは『しんちゃん、カムバ~ック![2][注釈 1]

概要[編集]

風刺やパロディが多いシリーズの中で[3]、初めて西部劇を扱った作品[4]。 ギャグの比率が多く、コメディ色が強かった前作から一転しており、物語はシリアスも盛り込んだ内容となっており、劇中のシーンも重い描写が目立つ[5]

今作はシリーズ初のかすかべ防衛隊がメインの作品となっており、今までの劇場版で多く見られた野原一家の「家族の団結」よりも、かすかべ防衛隊の5人の「友情の団結」にスポットを当てて作られている[要出典][注釈 2]。また、今作では映画の世界を舞台にする関係上、野原一家とかすかべ防衛隊以外のレギュラーキャラクターは全く登場しない。シロも野原家で留守番していたため出番は僅少で、本作のストーリーには関与していない。

主題歌を担当しているNO PLANは本編にもわずかながら出演している(『内村プロデュース』にてNO PLAN6人のアフレコが放送された)。また、主要人物の一人であるマイクのモデルは映画評論家のマイク水野こと水野晴郎であるが、本人に無許可であったため、水野晴郎事務所が配給元の東宝に問い合わせたという珍事も起こった。この映画を監督した水島努本人に水野が電話をかけ、事実関係を確認したが、水野は好意的であり、『シベリア超特急5』の試写会にも招待されたほどである[6]

オープニングでは『オラはにんきもの』が9年ぶりに使用されたが、上映当時のTV版と異なるオープニングが使用されたのはこれが唯一である[要出典][注釈 3]

テレビ朝日開局45周年記念作品。

あらすじ[編集]

ある日、高鬼をしていたかすかべ防衛隊の5人は、町中を駆け回っているうち、一軒の古びた廃映画館カスカベ座」を見つける。

誰もいないはずの劇場では、ひたすら荒野が映し出されているだけの映画が、ひとりでに、ひたすら無音で上映されていた。それを見つめるかすかべ防衛隊。だが、トイレに立ったしんのすけが劇場に戻ると、風間達はどこかに姿を消してしまっていた。

夜になったが、しんのすけ以外の四人は、いまだにそれぞれの家に帰っていない様子。行方不明になったみんなを心配した野原一家(しんのすけ、ひまわり、みさえ、ひろし)はしんのすけ先導のもと再びカスカベ座を訪れるが、またも流れていた荒野の映像に目を奪われているうちに、気が付けば映画と同じ、何もない荒野に立っていた。

突然の状況に困惑する野原一家だったが、しかたなく荒野を歩きながら他の人間を探し始める。歩き始めてから数時間後、ようやく荒野を走る一本の線路を見つけることができた四人は、その線路に沿って進んでいき、そこで、西部劇に出てくるような古びた町を発見する。

春日部への帰り道を聞くため酒場に入る野原一家だが、そこで人相の悪い連中に因縁をつけられ、乱闘騒ぎになってしまう。ほどなくして保安隊が制止に現れるが、その隊長は、行方不明となっていた風間であった。保安隊の保安官(シェリフ)として仕事をしていたらしい風間に、いつも通り親しげに話しかけるしんのすけだったが、いきなり腹を殴られてしまう。風間はしんのすけ達のことをまったく覚えておらず、性格も粗暴になっていた[注釈 4]

風間の指示により保安隊から追われる身となってしまったしんのすけ達は、逃亡の途中、この町「ジャスティスシティ」の知事であるジャスティスに仕えている、つばきという少女に救われる。つばきもこの場所が何なのかはわからないが、「この世界に来た人間は、次第に元の世界にいた記憶を忘れていく」という事実と「帰りたいという気持ちが強いのなら、その気持ちを忘れずに持ち続けてください」という助言を野原一家に伝え、ジャスティスのもとに戻る。

つばきが去ったのち、保安隊に暴行を受けている男性を目撃した野原一家は保安隊の目を盗んでその男性を解放、事情説明を求める。「マイク」と名乗ったその男は野原一家と同じで、春日部の元住人らしく、〝どうやらここは映画の中の世界らしい〟ということと〝この世界は時間が止まっているらしい〟ということを野原一家に教えてくれた。マイクは、荒野に三ヶ所あるという、ジャスティス指定の「立入禁止区域」に、何か元の世界に帰るための手がかりがあるのではないかと思い侵入したが、何も見つからなかった上に、保安隊に見つかり厳しい体罰を受けたという。

しかもマイクはつばきの言うとおり、自分の職業や家族のことを忘却していた。そんなマイクを見た野原一家もまた、自分たちもいずれはそうなるかもしれないと危惧する。

しんのすけはジャスティスシティにて、行方不明だったマサオとネネを発見するが、夫婦となって暮らしていた二人は風間同様、しんのすけや春日部に関する記憶を失っており、その上、今の状況に満足しているからと、春日部への帰還を拒否する。町はずれで閑居していたボーちゃんだけは、いまだにしんのすけや春日部のことを憶えており、しんのすけと共に、全員で無事に春日部に帰還することを誓ってくれたのだが、しかし、そんなしんのすけとボーちゃんにもまた、少しずつ、忘却の波が迫りつつあった。

結局、春日部に帰る方法は見つからず思案に尽きる野原一家。それでもどうにか、春日部にいた頃の記憶を維持しつつ、元の世界に帰る方法を見つけようと決意する。

しかし、日が経つにつれ記憶は徐々に薄れていき、ひろしはマイクと共に強制労働を強いられ、みさえはこの世界の生活に馴染んでしまい帰ることをあきらめ、ひまわりはしんのすけのことを忘れ、更にしんのすけもぶりぶりざえもんの絵が描けなくなってしまっていた。

しかしそんなある日、しんのすけ達はとうとう春日部に帰る方法を思いつく。

それは、この世界における悪役・ジャスティス知事を倒し、この世界に平和を取り戻して映画をハッピーエンドにするというものだった。

そのためのヒーローとして選出されたのは、しんのすけ達かすかべ防衛隊の5人。しかし、完全に記憶が戻っていないかすかべ防衛隊の心はバラバラだった。しかし轢き殺されそうになった風間をしんのすけが助け、そこに他の3人も駆けつけたことで心がまとまり、(風間が保安官としての座を切り捨てられた事もあり)ジャスティスを倒す事に。

登場人物[編集]

つばき
ジャスティスシティに住んでいる謎の少女。1960〜70年頃の日本人の姿をしており、年齢は14歳程度。控えめで礼儀正しく清楚な性格。ジャスティスに拾われたといい、彼に仕えているが、心優しくしんのすけを助ける。しんのすけは当初特別な感情を持っていなかったが、可憐で清楚、優しくて控えめなつばきに少しずつ惹かれていく。
表向きはしんのすけ達と同じ春日部から映画の世界に来た人物となっているが、実は映画の登場人物である。そのため、最後にしんのすけたちが映画を終わらせたことで映画と共に消えてしまい、しんのすけと交わした「一緒に春日部に帰ろう」という約束を果たす事は出来なかった。つばき自身もそのことを知ってはいたものの、結局最後まで言い出す事はできず、しんのすけは彼女が消えたことに深くショックを受けた。
大原ななこ、リサ・グレースなどのような大人の女性を好むしんのすけが珍しく女子高生未満の女子に恋をした数少ない相手である。また、しんのすけは基本的に一目惚れ(主に容姿に関して)なのに対し、つばきの場合はそれに当てはまらない点でも異例である。
裏設定で、彼女はジャスティスの前で失態を犯した為に劇中は裸足であるが、幸せな場面であるEDでは靴を履いている[7]
マイク水野
保安隊に暴行されていたところを野原一家に助けられた太った男。
野原一家同様カスカベ座から映画の世界に入り込んでしまった春日部の住人。作中では映画の世界に入って、625日(約1年8か月)経ったと話している。春日部に帰る方法を探しているが、自分の職業や家族の事を徐々に忘れていっている。物語後半では危機的状況の中呑気に解説などをするため、みさえや他人によく尻を蹴られている。
正体はレンタルビデオ屋の店長で映画オタクでもある独身男性。映画好きだが、映画館が好きなわけではなく、映画は専らビデオやDVDで観賞している。
第25作『襲来!!宇宙人シリリ』では、春日部駅前でインタビューされた人物として出演[8]。本作では単に「マイク」と呼ばれていたが、この作品では「水野」という苗字が新たに付けられている[9]
オケガワ[注釈 5]
ジャスティスの部下達に毎日馬に引き摺られる老人。ジャスティスを倒すヒーローのための道具を研究しており、しんのすけ達と出会い、自身の使命を知ることとなる。つばきと同様に映画の中の登場人物でキーパーソンの一人。物語終盤、マイクに元の世界での幸せを願いながら握手し消えていく。
ジャスティス・ラブ
ジャスティスシティの知事であり、自身を「映画の世界の主人公」を称する「映画の世界の悪役」である。
性格は非常に冷徹で残忍非道。映画の世界に引き込まれた春日部の人々に強制労働をさせ、ヒーローのための道具を開発するオケガワを毎日馬で引き摺り回し、法に背いた者や逆らう者には誰彼構わずリンチや鞭打ちなどの暴行を加え、裏切り者は子供であろうと容赦なく殺害する。また、退屈しのぎの為に風間やみさえを散々利用した挙句切り捨てたり、部下達と共に嘲笑し侮辱した。この世界そのものである映画を「終わらせない」ために「おわり」の文字を封印している。
鞭の達人で、物語の中盤では暴動を起こした春日部市民3人との決闘で、彼らの拳銃を鞭ですばやく叩き落としたり、終盤ではハリー、チコ、ブリットの3人を機関車から落とした。物語終盤でオケガワの発明した道具によりパワーアップしたしんのすけたちに追い詰められた際、奥の手として所持しているジャスティスロボというカウボーイ型の巨大ロボットを起動させ、一進一退の攻防の末敗北。封印が解かれた後もなお悪あがきで抵抗するが、遂に「おわり」の文字が空に光り輝き、その場で映画の終わりを嘆いた。
裏設定ではつばきが失態を犯してしまったので、靴を履いて外に出るのを禁じていた。
オーツ[注釈 6]
保安隊の隊長を担うジャスティスの部下。弱い相手を容赦なく手なずけるほど乱暴な性格で子供をも非常に嫌っており、風間が保安官(シェリフ)の座に就かれても最初から気に入っていなかった。
ジャスティスと共に封印場所へ向かうしんのすけ達と最後まで戦うが、ジャスティスがカスカベボーイズに倒されたため、もはや敗北だと認め自分の弟であるベンと共に機関車から飛び降りる。
ベン[注釈 7]
保安隊の副隊長を担うジャスティスの部下。隊長のオーツと共に行動し、終盤では彼の弟であることが明かされる。
クラウス[注釈 8]
ジャスティスの部下と思われる男で[注釈 9]、常に彼の傍らにいるが、醜い顔つきをした男で本人自身も気にしており、しんのすけやみさえに「変な顔」と罵られると反発する。また、ジャスティスの屋敷に招待されたみさえを皆で笑い飛ばし、彼女の逆鱗に触れギターを叩きつけられた。
物語終盤ジャスティスと他の仲間達と共に車で機関車に迫った際、機関車から落ちた風間を轢き殺そうとするが、しんのすけに庇われ失敗。最後はカズカベボーイズとなって変身したしんのすけ達をまとめて轢き殺そうと再度突進するが、逆に体当たりされ車ごと吹っ飛ばされた。
クリス
しんのすけたちに協力するガンマン。つばき・オケガワなどと並んで映画の登場人物の中でアンチ・ジャスティスである数少ない人物。しんのすけ達の危機を救うために六人のガンマンを連れて助けに来た。
オライリー
クリスの仲間。パワーアップしたしんのすけに思う存分暴れるよう頼んだ。
ヴィン
クリスの仲間。馬から機関車に乗り移ることに失敗してパニックに陥っていたひろしを助けた。パワーアップしたしんのすけにつばきを託された際、彼を「相棒」と呼んだ。
リー
クリスの仲間。特技の早撃ちを活かしてクリス達と共にジャスティスの部下達の撃退に貢献する。最後は、車で迫り乗り込んだジャスティスの部下達の前に追い詰められ、機関車から落とされた。
ハリー・ラック
クリスの仲間。クリス達と共にジャスティスの部下達の撃退に貢献する。最後は、車を率いて迫って来たジャスティスの鞭により機関車から落とされた。
ブリット
クリスの仲間。特技のナイフ投げを活かしてクリス達と共にジャスティスの部下達の撃退に貢献する。最後は、車で迫ったジャスティスの部下達に乗り込まれ、尚も応戦するが、ジャスティスに鞭で腕を巻きつけられ機関車から落とされた。
チコ
クリスの仲間。クリス達と共にジャスティスの部下達の撃退に貢献する。最後は、車を率いて迫って来たジャスティスの鞭により機関車から落とされた。
NO PLAN
本作のエンディング主題歌を歌うグループ。本編でも本人役として登場しており、映画の中に迷い込んでいた。なお、この時しんのすけは記憶を忘れかけていたため、内村を相方の南原と間違えていた。またふかわりょうも登場しているがほとんど画面や他のメンバーに遮られ、影が薄い。

登場する地名・兵器等[編集]

カスカベ座
町中の人目に付かない場所に存在する古びた映画館。既に潰れている為に人気もなく、中は暗い。何故か西部劇の映画を一つだけ上映しているが、見ているとその人物を映画の中に取り込んでしまう(作中では映画自身が「終わりを迎える」ことを望んでいるからと説明された)。映画の中にいると少しずつ前の世界の記憶を失っていってしまう。
ジャスティスシティ
ジャスティスが治める小さな西部劇風の町。この他に町は何も無く、線路の先には何もない(実際には重要な拠点が存在している)。また太陽が全く動かないため、一日中ずっと昼間である。オケガワ博士が馬に引きずられるのを数えればこの世界に来て何日後かわかるという。
ジャスティスロボ
野原一家がこの世界に来てすぐに発見していたカウボーイ型の巨大ロボット。実はジャスティスが奥の手として所持しているロボットであった。テンガロンハットの頂上が操縦席になっている。木製だが、かなり俊敏に動き、肛門の部分にジェット推進器のような機能が備わっていて短時間の飛行が可能。両目にはガトリング砲、口部には巨大な鞭が収納されていて胸部からはダイナマイトを発射する。あと一歩パワーアップ手前のカスカベボーイズを圧倒し追い詰めたが、パワーアップしたカスカベボーイズにより終始圧倒され逃走を図るも敗北。それでもなおジャスティスの悪足掻きにより動き続けたが、最後は封印が解かれたおわりの文字のひとつに押し負け木っ端微塵になった。ポスター版ではデザインが異なる。
カスカベボーイズ
かすかべ防衛隊がオケガワの開発したヒーローになれる赤いパンツ(正式名称不明)の力で変身した姿で、変身すると強力な能力を発揮する。ジャスティス及びジャスティスの部下達との戦闘シーンにおいて、普段のかすかべ防衛隊からは想像もつかないほどの抜群の戦闘力を見せ、ジャスティスとの最終決戦でよりパワーアップし、飛行能力も身につけた。
  • 野原しんのすけ
襟付きジャケットに青いスカーフが特徴。武器はカンチョー。パワーアップ後は赤い翼が生える。
  • 風間トオル
青いステージ衣装に武器になる大きなシルクハットを被っている。パワーアップ後は青い翼が生える。
  • 佐藤マサオ
イエローハットに電飾付きの服。体術で戦う。パワーアップ後は緑色の翼が生える。
  • 桜田ネネ
ウェーブがかったロングヘアーでドレス姿。体術や巨大なウサギの幻を出す強力なパンチで戦う。パワーアップ後は黄色い翼が生える。
  • ボーちゃん
パンクファッションにブーメランにもなる大きなモヒカンヘアが特徴。鼻水による大きな強力なパンチで戦う。パワーアップ後は紫色の翼が生える。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

VHS・DVD[編集]

  • VHS - 2005年4月22日にバンダイビジュアルより発売。
  • DVD - 2005年10月28日にバンダイビジュアルより発売。なお、5年後の2010年に値段を下げたいわゆる廉価版が発売されている[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 映画のポスターより
  2. ^ 別作でもかすかべ防衛隊は活躍はしているがクライマックスは野原一家がメインになる事が多い。
  3. ^ 本作上映当時のテレビ版では華原朋美の『PLEASURE』が使用されていた(曲自体は前作で使用されている)。
  4. ^ 実は風間はしんのすけ達や春日部のことを覚えていたが、自身曰く「やりたいことを我慢しつつ、常に英才教育を受けることになる」春日部に帰りたくないという、大人達からの期待に応える為にプレッシャーを受け続けてきた故の本心から、わざと忘れたふりをしていた。
  5. ^ DVD、BD字幕では「桶川(おけがわ)」と表記されていた。
  6. ^ EDクレジットでは「保安隊隊長」と表記。
  7. ^ EDクレジットでは「保安隊副隊長」と表記。
  8. ^ EDクレジットでは「変な顔の男」と表記。
  9. ^ VHS・DVD・BDの表紙裏面ではオーツとベンと共にクリス一味の列に紛れ込んでいる。
  10. ^ エンディング表記なし。

出典[編集]

外部リンク[編集]