フィズサウンドクリエイション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
株式会社フィズサウンドクリエイション
Fizz sound creation co.,ltd.
種類 株式会社
本社所在地 116-0033
東京都杉並区高円寺南2-53-4
コニカミノルタ高円寺ビル
設立 1971年4月7日
業種 情報・通信業
事業内容 アニメーションの音響効果音の制作・販売
代表者 代表取締役 庄司 雅弘
資本金 10,000,000円
従業員数 4人
関係する人物 石田秀憲
外部リンク http://www.fizz-sound.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社フィズサウンドクリエイション: Fizz Sound Creation co.,ltd.)は、テレビ映画ラジオビデオCDカセットコンピュータゲーム等のアニメーション音響効果制作を主な事業内容とする日本の企業である。

沿革[編集]

  • 1971年(昭和46年4月7日):石田秀憲によって石田(イシダ)サウンドプロダクション設立。
  • 1980年:石田サウンドプロが、株式会社フィズサウンドクリエイションに社名変更。

概要[編集]

フィズサウンドは、サンライズ日本アニメーション東映アニメーションタツノコプロシンエイ動画ぴえろグループ・タックXEBECGoHandsが制作するアニメ作品の音響効果制作を数多く担当している業界では老舗の会社。

設立者の石田秀憲が1960年代に担当した『光速エスパー』をきっかけに、1970年代には『スペクトルマン』 - 『電人ザボーガー』までのピープロ作品や『アイアンキング』 - 『少年探偵団』までの宣弘社日本現代企画作品、『秘密戦隊ゴレンジャー』・『仮面ライダーストロンガー』などの東映作品や『愛の戦士レインボーマン』・『ワイルド7』・『魔人ハンターミツルギ』などの実写ヒーロー物も数多く手がけていた。

「ガキーン」と言うロボットを象徴する金属合体音は、石田秀憲が祖。この音は、刀鍛冶の音と爆発音の合成によって生み出された。

また『無敵超人ザンボット3』・『無敵鋼人ダイターン3』・『機動戦士ガンダム』などのロボットアニメでは、アープ社製のアナログシンセサイザーARP 2600)を使用した効果音の音源を多数制作している。

サンオンキョー・クルーズ・AUDIO PLANNING Uドリーム・フォースダックスプロダクションなどが音響制作を担当するアニメ作品に数多く参加している。

所属スタッフ[編集]

元所属スタッフ[編集]

担当作品[編集]

放送中の作品[編集]

過去の担当作品[編集]

所属中[編集]

庄司 雅弘[編集]

音響監督の浦上靖夫大熊昭と組むことが多い。

鷲尾健太郎[編集]

北方将実[編集]

風間結花[編集]

元所属[編集]

石田秀憲[編集]

依田安文[編集]

石田サウンド/イシダサウンドプロ(現フィズサウンド)時代

わいわいサウンド設立時代

小林真二[編集]

高松孝宣[編集]

伊藤修[編集]

新井秀徳[編集]

東映アニメーション週刊少年ジャンプの作品を担当することが多い。

西村睦弘[編集]

音響監督の清水勝則と組むことが多い。

松田昭彦[編集]

1950年生まれ。サンライズ日本アニメーションシンエイ動画の作品を担当することが多い。
2017年3月時点で、フィズサウンドクリエイションの公式サイトから名前が抹消されているため、「元所属」とした。
但し、クレヨンしんちゃんでは未だに(フィズサウンド・クリエイション)と併記されているが、これは新井秀徳における新あたしンちでのクレジットと同様の措置か否か不明である。
フィズサウンドクリエイションの公式サイトでは「松田テスト」なるページが存在する。しかし、参加作品以外の内容の信憑性の低さから、これを当てにしないことをご留意願いたい。

蔭山満[編集]

2017年3月時点で、フィズサウンドクリエイションの公式サイトから名前が抹消されているため、「元所属」とした。

石田サウンド/フィズサウンド/イシダサウンドプロ 名義[編集]

外部リンク[編集]