おぼっちゃまくん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おぼっちゃまくん
ジャンル ギャグコメディ
漫画
作者 小林よしのり
出版社 小学館
掲載誌 月刊コロコロコミック
レーベル てんとう虫コミックス
発表号 1986年5月号 - 1994年9月号
巻数 全24巻
その他 第34回小学館漫画賞(児童向け)
アニメ
監督 やすみ哲夫
脚本 桶谷顕桜井正明真保裕一ほか
キャラクターデザイン 藤田宗克
音楽 宮原恵太
アニメーション制作 シンエイ動画
製作 テレビ朝日・シンエイ動画
放送局 テレビ朝日系列
放送期間 1989年1月14日 - 1992年9月26日
話数 全164話
テンプレート - ノート

おぼっちゃまくん』は、小林よしのりによる日本漫画作品、及びそれを原作としたテレビアニメ。コミックスは全24巻。幻冬舎から文庫版全8巻が刊行されている。

概要[編集]

御坊財閥の跡取り(999代目)息子である御坊茶魔を主人公にしたギャグ漫画漫画雑誌月刊コロコロコミック』で1986年5月号から1994年9月号までの間に連載。人気絶頂期には特別読み切りとして『週刊少年サンデー』にも数回登場のほか『ちゃお』にも掲載。1989年に第34回小学館漫画賞児童向けを受賞。コミックスは約630万部を売り上げ[1]、『東大一直線』、『ゴーマニズム宣言』と並ぶ小林よしのりの代表的作品の一つである。1989年からアニメ放映もされ高い人気を博した(詳細情報は後述)。

主人公が喋る「茶魔語」(後述)は、当時の子供達の間で流行語になった。しかし、男性器大便(一応、蛍光色にして表現を和らげてはいる。しかし、放送開始当初はこういう配慮をしていなかったため茶色であった)が多く登場するなど下ネタギャグがたっぷり含まれていたため、アニメ版は日本PTA全国協議会の「子供に見せたくない番組」では、常に上位だった[2]

このように、現在では放送禁止になってしまったシーンなどが数多くあったため、地上波再放送された際は放送されない回も数話あった(詳細は後述)。

本作の生まれたきっかけ[編集]

小林は福岡県出身で、プロデビュー後何年かしてから上京したが、東京では地方出身者に対する差別が激しい事を体験し、見返してやる事を決心。収入が増えるたびに転居を繰り返し、1986年には日本有数の高級住宅街である世田谷区成城に住居と仕事場を構えた(詳細は「小林よしのり」参照)。

そして喫茶店でアイデアを練っている時、金持ちの若いカップルが後から店に入ってくると、男が「今度俺のクルーザーに乗せてやるよ」と女に自慢した。この嫌味な金持ち感覚に強い憤りを覚えた小林が、そのような上流階級がさらに呆れるような金持ちを創作してやろうと奮起して生まれたのが本作である。ちなみに小林の意図に反して、そういった上流階級からも人気は高かったという。

なお、このエピソードは漫画化されコミックに掲載されている。

茶魔語[編集]

本作の主人公「御坊茶魔」が発する特有の言語。初期の頃は、「でしゅ」「ぶぁい」のような博多弁を幼く崩した言葉遣いや、「ともだちんこ」「いいなけつ」「ぜっこうもん」のような下ネタダジャレを指していたが、連載していた雑誌『月刊コロコロコミック』で読者に新しい茶魔語を募集して選ばれた「おっ…おはヨーグルト」が作者・読者ともに評判が良く、その後、「こんにチワワ」「こんばんワイン」「そんなバナナ」「頭に北半球」「さいならっきょ」「ちが宇っ宙(うっちゅう)に」など、多彩な言葉遊びへと発展していった。このうち「ともだちんこ」は秋本治の『こちら葛飾区亀有公園前派出所[3][4]で、「なんて骨体」は沢田ユキオの『スーパーマリオくん』で、「すいま千円」は浜岡賢次の『浦安鉄筋家族』などでも使われたこともある。また「そんなバナナ」などは日常的に使う人もいる。

上記の言葉遊びとは異なり、「へぽーん」「むんな気持ち」「みんな感じ」など、自らの感情表現をボディランゲージ的に表す『おちゃま語』というのも存在する。

またこれまでの小林が描いた漫画からの流用も「すぺぺっ」「ぐぴぴっ」「パーペキ」「パープリン」(東大一直線)「うんにゃのっと」(世紀末研究所)「(どんどど)どぼちて?」(いろはにほう作)などが存在する。

エッセイスト江國滋が『日本語八ツ当り』でこき下ろし、小林とテレビ番組で対決する事態までになったこともある。もっとも出演時には江國の態度は豹変しており、小林は拍子抜けしたという。

登場人物[編集]

御坊家の所有物[編集]

御坊家はアメリカ合衆国大統領旧ソ連の指導者にも影響力が強く、世界でも有数の大財閥ということで、庶民には思いつかない多くの物を所有している。その一部をここに記す。

お召し列車
天皇家のお召し列車を模した、御坊家専用列車。御坊家敷地内に駅があり、そこから出発する。柿野や沙麻代を連れて、伊勢志摩等に出かけた。
チャマンスカー
箱根の茶魔温泉に旅行するのに利用する御坊家専用お召し列車。御坊家の地下にある駅を出発し、小田急線に乗り入れて箱根に向かう。元ネタは小田急電鉄特急ロマンスカー。なぜ小田急かと言うと、小林が田園調布の前に成城に住んでいたからである。
便ツ
たまに茶魔が通学に使用する小型の自家用車。座席が洋式便器型になっており、きばると前に進むようになっている。元ネタはドイツの高級車、ベンツ
巨大凧
ビル10階分の大きさがある遊覧飛行用の。一番下にあるゴンドラを利用する。ただ巨大が故に風の影響を受けて宇宙に飛ばされることがあるため、非常用ヘルメットを常備している。
底なし沼
御坊家の粗大ゴミはここに捨てられる。ボーイング747が丸ごと飲み込まれるほど大きい。袋小路や貧保っちゃまがここに落ちて溺れそうになったことがあった。
巨大洋式トイレ
通常の何十倍もの大きさがある洋式便器が設置されたトイレ。フタの裏には亡き母・和貴子の写真が飾られている。茶魔は百畳敷きの和式トイレとを気分に応じて使い分けている。巨大であるが故に流す水の量も絶大で、たまに時空間のゆがみが発生する。
チャファリパーク
御坊家の敷地内に存在する巨大サファリパーク
チャマーズランド
人工スキー場を有する遊園地。
御坊軍
御坊家の護衛を任務とする私設軍隊民兵組織)。陸・海・空の戦力に加え、「地底軍」という地中の部隊もある。戦車潜水艦戦闘機F/A-18)そして、地中を進むことができる戦車を保有しており、女性看護士から成る衛生隊もある。ただし、茶魔が誘拐された際は、亀光から通報を受けたアメリカ海兵隊帝国ホテルを強襲した。普段は御坊家及びそのコンツェルンの護衛任務に付いているが、父子喧嘩が勃発した際には亀光派と茶魔派に分裂して互いに激戦を繰り広げる事もあった。また、茶魔が不良グループに引き込まれた際には、対立する不良グループとの決闘に戦車を出動させて衛生隊ともども加勢している。
地下牢
成績不振など素行不良を起こした茶魔を懲らしめるための牢獄。
しかし実際の地下牢とはかなり異なり牢屋の中にテレビやフルーツなどがあるなどゴージャス。
茶魔の絶叫と鞭のような擬音、じいの怯え方から鞭打ちの刑と思われたがが実際はお父ちゃま(御坊亀光)からのペロペロの刑であった。

その他、茶魔の勉強部屋も、当然ながら通常の小学生とは異なり、水族館・ミニ動物園・ピンボールゲーム等が備え付けてある。ただし、真面目に勉強するには不向きであり、無意味に広い畳敷きの和式トイレでやるのが最適のようである。

アニメ[編集]

本作のアニメ版は1989年1月14日から1992年9月26日まで、テレビ朝日系列にて毎週土曜日19:30~20:00(1991年4月より19:58までに短縮)に放送された。全164話。平成で最初に放送されたアニメである。

なお、『ウンチ』には青い透過光がかけられていたり、金色に光らせたりしていた。『ちんこ』はほぼ修正なしで放送されている。

2013年4月5日(日付上4月6日)にはDVD発売記念におぼっちゃまくん傑作選が放送された。放送時間は1時間(4:10 - 5:10、関東ローカル)。

スタッフ[編集]

  • 原作:小林よしのり
  • 監督補:鳥羽厚
  • 美術監督:内田建彦
  • 音楽:宮原恵太
  • 録音監督:小林克良
  • 撮影監督:金子仁、小沢次雄→岡本英一郎
  • プロデューサー:木村純一テレビ朝日)、増子相二郎シンエイ動画
  • 監督:やすみ哲夫
  • 脚本:桶谷顕、安斉あゆ子、海老沼三郎、田中浩司、桜井正明、松島明子、高山広子、やすみ哲夫、真保裕一、大山歳郎、中島康雄、西村孝史、切通理作、久保田美智代、西園悟大地丙太郎
  • 文芸:真保裕一
  • 演出・絵コンテ:やすみ哲夫、鳥羽厚、聖慈魔、大関雅幸、木下ゆうき、鈴木幸雄、池野文雄、秦義人、佐藤真人、寒竹清隆、あにますお、石崎すすむ、康村諒、松島明子、藤原浩一、南波千浪、長岡耕一、山尾正、大地丙太郎、又野弘道、緒方静、ワタナベシンイチ、林啓、遠藤卓司、中野線路、松浦錠平、真保裕一、相田祥博、中野頼道、犬野内蔵、ムトウユージ、小林孝志、高柳哲司、成川武千嘉、鈴木貴一、矢吹勉、川島宏、鈴木吉男
  • キャラクターデザイン:藤田宗克
  • 作画監督:松本清、古川達也、清水明、木下ゆうき、山尾正、佐久間信計、佐藤真人、金沢勝眞、北衛人、藤田宗克、後藤聖一、河合静男、山本佐和子、大西克美、高木信一郎、武内啓、山崎勝彦、新井豊、音地正行、石井浩司、新井雪、陳清富、鳥羽厚、畑良子、小村井修、藤田麻貴、中村正、宍戸久美子、上條修、都丸保、大澤聡、河村明夫
  • タイトル:道川昭
  • 効果:横山正和
  • 整音:中戸川次男
  • 制作デスク:大地丙太郎→村竹保則→東道泰→神村篤
  • 制作:テレビ朝日シンエイ動画

主題歌[編集]

オープニングテーマ[編集]

「ぶぁいYaiYai-おぼっちゃまくんのテーマ-」
作詞 - 小林よしのり / 作曲 - 永島浩之 / 編曲 - 庄建治 / 歌 - いんぐりもんぐり
「茶魔さま」
作詞・作曲 - 吉幾三 / 編曲 - 入江純 / 歌 - 田中義剛[5]

エンディングテーマ[編集]

「一度だけI LOVE YOU-沙麻代ちゃんに捧げるうた-」
作詞 - 永島浩之 / 作曲 - 前島正義 / 編曲・歌 - いんぐりもんぐり[5]
「容赦なく愛して」
作詞 - 小林よしのり / 作曲・編曲 - 佐藤準 / 歌 - 本田理沙
当時本田のファンであった小林本人が熱望し、起用が決まった。
「EVERYBODY〜YOU ARE THE ONLY ONE」
作詞・作曲 - LU-NA / 編曲 - 浅田昌也 / 歌 - BABY'S
「Hello! Hello! Hello!」
作詞 - 白石浩介、野山昭雄 / 作曲 - 野山昭雄 / 編曲・歌 - THE BELL'S
エンディング映像では、レギュラーキャラの顔がその担当声優の顔写真に差し替えられるという演出があった。
む〜んな気持ちはおセンチ
作詞 - 川島だりあ / 作曲・編曲 - 織田哲郎 / 歌 - Mi-Ke
「GO! GO! ハマちゃま (COUNT IT OFF)」
作詞 - Hammer / 作曲 - Hammer and Felton C.PilateII / 歌 - Hammer(Featuring,The Home Boy Chair)
当時人気絶頂だったハマーが来日した際、主題歌に協力してもらえないかとダメモトで依頼したところ快諾、「COUNT IT OFF」(アルバム『Too Legit to Quit』に収録)に副題を付けてEDとしたもの。またハマー自身も『Hello! Hello! Hello!』と同じ演出の写真画で登場している。この起用により「COUNT IT OFF」と「DO NOT PASS ME BY(ハマーの誓い)」を収録した8cmシングルCDが発売され、1992年4月期の日本レコード協会洋楽シングルランキングで2位を記録した[6]
権利上の都合でDVDには収録されていない。

各話リスト[編集]

ネット局[編集]

放送対象地域 放送局 系列 ネット形態 備考
関東広域圏 テレビ朝日 テレビ朝日系列 制作局
北海道 北海道テレビ 同時ネット
青森県 青森朝日放送 1991年10月開局から[7]
岩手県 岩手放送 TBS系列 遅れネット
宮城県 東日本放送 テレビ朝日系列 同時ネット
秋田県 秋田放送 日本テレビ系列 遅れネット
山形県 山形放送
福島県 福島放送 テレビ朝日系列 同時ネット
新潟県 新潟テレビ21
長野県 テレビ信州 日本テレビ系列 遅れネット 1991年3月まで
長野朝日放送 テレビ朝日系列 同時ネット 1991年4月開局から
山梨県 テレビ山梨 TBS系列 遅れネット
富山県 富山テレビ フジテレビ系列 本放送終了後の1994年頃に、一部話数のみ放送された。[8]
石川県 北陸放送 TBS系列 遅れネット 1991年9月まで、一部話数のみ放送
北陸朝日放送 テレビ朝日系列 同時ネット 1991年10月開局から
福井県 福井テレビ フジテレビ系列 遅れネット
静岡県 静岡朝日テレビ テレビ朝日系列 同時ネット [9]
中京広域圏 名古屋テレビ
近畿広域圏 朝日放送 先行放送 [10]
島根県
鳥取県
山陰放送 TBS系列 遅れネット
香川県
岡山県
瀬戸内海放送 テレビ朝日系列 同時ネット
広島県 広島ホームテレビ [11]
山口県 山口放送 日本テレビ系列 遅れネット 一部話数のみ放送
愛媛県 南海放送
高知県 高知放送
福岡県 九州朝日放送 テレビ朝日系列 同時ネット
長崎県 長崎文化放送 1990年4月開局から
熊本県 熊本朝日放送 1989年10月開局から
大分県 テレビ大分 フジテレビ系列
日本テレビ系列
遅れネット 一部話数のみ放送
宮崎県 宮崎放送 TBS系列
鹿児島県 鹿児島放送 テレビ朝日系列 同時ネット

最終回[編集]

アニメについては、漫画の連載後期に何本か執筆されていた「前後編合計100頁シリーズ」の「地球王の秘宝」を前後編形式でオンエアし、締めくくっている。

漫画についてはいつも通りの一話完結だったものが、突如「第一部完」という、ほとんど打ち切りのような形で終了している。『ゴーマニズム宣言』が忙しくなったためとも、コロコロ編集部との間に軋轢が生じたためとも言われているが、真相は不明。後に小林が編集長を務める『わしズム』Vol13・14・18で新しい話が連載され、2016年7月15日発売の『コロコロアニキ』第6号(小学館)に読切形式で約22年振りとなる本作の書き下ろし新作が掲載された[12]

再放送[編集]

放送終了後、制作局であるテレビ朝日や地方局(東京MXテレビなど)を中心に再放送が行われたが、上述のように過激な性描写や現在では放送規制にかかってしまうシーンが数多くあったため、再放送されなかった放送回もあった[13]。一方、DVD版では現在では好ましくない表現が含まれている事を前置きした上で原版通りに収録されており、全話視聴が可能となっている。

2015年現在、CSデジタル放送テレ朝チャンネル1にて再放送が行われている。

映像ソフト化[編集]

DVD[編集]

2013年より第1回から第85回まで収録された「おはヨーグルトBOX」(全17巻)と第86回から第164回(最終回)まで収録された「こんばんワインBOX」(全16巻)の2種類のDVD-BOXがそれぞれポニーキャニオンから発売。同年10月16日より全巻のレンタルが開始(レンタルは1枚単位から可能)。

VHS[編集]

1990年に一部の話のみ収録したVHS全9巻が東宝から発売された。現在は全巻廃盤となっている。

備考[編集]

  • 小林が『宝島』に連載していたエッセイ漫画『おこっちゃまくん』によると、同じ小学館の『らんま1/2』とアニメ化の時間帯が同じになり、結局『らんま』が半年で撤退すると、小林の許に高橋ファンを名乗る者から剃刀が送られるなど、抗議の手紙が殺到したという。小林はそのような行動を取る高橋ファンを「高橋自身はまじめに漫画を考えているが、高橋ファンはマザコンでタチが悪い」と批判した。その後『週刊少年サンデー』で本作の特別読み切りが掲載された際、表紙で『らんま』の主人公と茶魔が共演を果たし、小林は『おこっちゃまくん』で「思う存分カッカしてね(笑)」と皮肉っている。
  • クイズ!いち2の三枝』では、神代知衣がナレーションを担当。明確に名乗ってはいないが、語尾に「ぶぁい」とつけていた。
  • トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜』では、神代知衣が御坊茶魔として影(副音声)のナレーターを担当。定期的に他の「影ナレ」と交代で出演している。しかし、2006年9月27日前半(最終回)では最後の副音声を務めるあしたのジョーの矢吹丈役のあおい輝彦と交代された。
  • 1988年に『クイズダービー』にて「歩く身代金と言われている、漫画・おぼっちゃまくんの主人公が鼻の穴の中に入れている宝石は何」という問題が出題されたことがある。当番組がアニメ化される前の話であり、アニメは奇しくも『クイズダービー』の裏番組として競合することとなった。
  • クイズ!年の差なんて』でも、ヤング問題として、茶魔語の1つである「シンクロナイズド睡眠不足」の「睡眠不足」を当てる穴埋め問題が出題されたことがある。
  • 小学館のパーティーで小林は晩年の藤子・F・不二雄と話をした際、「『おぼっちゃまくん』は何年続いてますか?」「8年です」「読者が入れ替わっているから、15年は続けられるね」と指摘され、衝撃を受けたと『ゴーマニズム宣言』で述べている。

ゲーム・パチンコ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ アニメ「おぼっちゃまくん」DVDボックスで復活ぶぁい! 2か月連続発売タワーレコードオンライン
  2. ^ 『おぼっちゃまくん』のDVDボックスが発売になったぶぁ~~~い!うれちんこ♪おたくま経済新聞公式サイト
  3. ^ ジャンプ・コミックス第188巻「平和サンタの巻」、第191巻「ハリウッドプロデューサーの巻」。後者では「ともだちんこ返し」も登場している。
  4. ^ 秋本と小林は長年の友人であり、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』第1巻の巻末コメントも小林が寄せている。
  5. ^ a b テレ朝チャンネルでの放送ではこの曲で統一している。
  6. ^ 「子供も踊りだすハマーのラップ TVアニメのテーマ曲人気」『日経流通新聞』1992年6月2日付、23頁。
  7. ^ その後、再放送扱いで全話放送された。
  8. ^ アニメージュ』1994年5月号(徳間書店)全国放送局別放映リスト(98頁)
  9. ^ 1993年9月までの社名は静岡県民放送(通称:静岡けんみんテレビ)で、同年10月に現社名に変更された。
  10. ^ 当該時間帯にドラマ『部長刑事』シリーズを放映していた関係上、同日夕方の先行放送であった。開始当初の放送時間は17:55~18:25だったが、その後全国ニュース(『ANNニュース&スポーツ』→『ザ・スクープ』→『ANN 530ステーション』)の時間枠変更に伴い、1989年10月より17:30 - 18:00、1990年10月より17:00 - 17:30にそれぞれ変更となった。
  11. ^ 時折プロ野球広島東洋カープ主催試合の中継を当該枠で放送していた。その際には、当該日の放送分は平日夕方枠での遅れネットとなっていた。
  12. ^ “20年ぶりにこんにチワワ!「おぼっちゃまくん」新作が次号コロコロアニキに”. ナタリー. (2016年3月15日). http://natalie.mu/comic/news/179907 2016年5月4日閲覧。 
  13. ^ 第72回は後半パート「へけけの毛」で男子児童の陰毛について取り上げたため、前半パート「保健室?なめとんのカイワレ!」も含めて地上波では再放送されなかった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

テレビ朝日 土曜19時台後半(1989年1月 - 1992年9月)
前番組 番組名 次番組
おぼっちゃまくん
テレビ朝日 土曜19:58 - 20:00枠(1989年1月 - 1991年3月)
鉄拳チンミ
(19:30 - 20:00)
おぼっちゃまくん
【2分縮小して継続】