映画ドラえもん のび太と空の理想郷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
映画ドラえもん
のび太と空の理想郷ユートピア
監督 堂山卓見
脚本 古沢良太
原作 藤子・F・不二雄
出演者 水田わさび
大原めぐみ
かかずゆみ
木村昴
関智一
制作会社 シンエイ動画
製作会社 「映画ドラえもん」製作委員会
配給 東宝
公開 日本の旗 2023年3月3日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争 2021
テンプレートを表示

映画ドラえもん のび太と空の理想郷』(えいがドラえもん のびたとそらのユートピア)は、2023年3月3日に公開予定の日本SFアニメーション映画藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん』を原作とした、「映画ドラえもん」シリーズ通算第42作目(アニメ第2作2期シリーズ第17作目)[1]

監督は堂山卓見、脚本は古沢良太[2]

キャッチコピーは「冒険は、空へ。

声の出演[編集]

スタッフ[編集]

制作[編集]

企画・スタッフィング[編集]

監督はテレビアニメ『ドラえもん』で絵コンテ・演出を務める堂山卓見が就任した。脚本は本作が『ドラえもん』初参加となる古沢良太が手掛ける。

発表[編集]

2022年7月6日に本作のタイトルを発表し、ビジュアル・ホームページ・30秒の特報映像が公開された。テレビアニメでは7月9日の放送内でタイトルと特報映像を公開した。9月15日には映画公開予定日(3月3日)と同時に「理想のネコ型ロボットイラストコンテスト」の開催が発表された。

関連・コラボ企画[編集]

理想のネコ型ロボットイラストコンテスト[編集]

映画公開を記念し、オリジナルのネコ型ロボットを募集したイラストコンテスト。最優秀賞は応募先共通で映画パンフレットに応募作品と名前が掲載されるほか、映画パンフレットと『大長編ドラえもん』1巻から24巻のセットが、優秀賞は応募先によって別々の商品がプレゼントされる。

応募先別優秀賞[編集]

その他イベント[編集]

テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION
2022年7月23日 - 8月28日の開催期間中、本作の世界観を体験できるアトラクション「ドラえもん理想郷ザ・フライト〜JUMP!JUMP!アトラクション〜」「ドラ・ラ・ラビリンス」を開設。また、ドラえもんのバルーンも登場する[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 『映画ドラえもん のび太と空の理想郷』公式サイト”. 2022年8月13日閲覧。
  2. ^ "『映画ドラえもん』脚本家・古沢良太氏が初参戦 空に浮かぶ理想郷が舞台". ORICON NEWS. 2022年7月6日. 2022年7月6日閲覧
  3. ^ ドラえもん:テレビ朝日サマステに「のび太と空の理想郷」アトラクション 巨大ドラバルーン、どこでもドアも”. MANTANWEB(まんたんウェブ) (2022年7月7日). 2022年7月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]