赤い鳥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
赤い鳥
Akai-Tori first issue.jpg
『赤い鳥』創刊号表紙
ジャンル 児童文学
読者対象 子供
刊行頻度 月刊
発売国 日本
言語 日本語
発行人 鈴木三重吉
刊行期間 1918年7月1日 - 1936年8月
原爆ドームそばの文学碑。左の文字は表紙の字型を用いている。

赤い鳥(あかいとり)は、鈴木三重吉が創刊した童話童謡の児童雑誌。1918年7月1日創刊、1936年8月廃刊。

概要[編集]

日本の近代児童文学・児童音楽の創世期に最も重要な影響を与えた。1923年の10月号を関東大震災により全焼、12月号を雑誌組合の協定により休刊、1929年2月から1931年1月までの間一時休刊するが鈴木三重吉の死(1936年)まで196冊刊行され続けた。

鈴木三重吉の目から見て低級で愚かな政府が主導する唱歌や説話に対し、子供の純性を育むための話・歌を創作し世に広める一大運動を宣言し『赤い鳥』を発刊した。創刊号には芥川龍之介有島武郎泉鏡花北原白秋高浜虚子徳田秋声らが賛同の意を表明した。表紙絵は清水良雄が描いた。

その後菊池寛西條八十谷崎潤一郎三木露風らが作品を寄稿した。

この様な運動は誌名から「赤い鳥運動」と呼ばれるようになった。また、『金の船』(1919年、代表者:斎藤佐次郎)、『童話』(1920年、代表者:千葉省三)といった類似の児童雑誌が創刊された。

北原白秋は『赤い鳥』において自作の童謡の発表を行いながら、寄せられる投稿作品の選者として重要な役割を果たした。

1918年11月号に西條八十の童謡詩として掲載された『かなりや』に、成田為三作曲した、楽譜の付いた童謡がはじめて翌1919年の5月号に掲載された。元々童謡は文学的運動としてはじまり、当初は鈴木三重吉も童謡担当の北原白秋も、童謡に旋律を付けることは考えていなかったが、この5月号の楽譜掲載は大きな反響を呼び、音楽運動としての様相を見せるようになった。それまでの唱歌と違い、芸術的な香気が高い詩、また音楽的にも従来の唱歌と違い、単純な有節形式でない唱歌と異なる音楽に人々は衝撃を受け大評判となった。以後、毎号、歌としての童謡を掲載。この後、多くの童謡雑誌が出版されたことで、大人の作った子供のための芸術的な歌としての童謡普及運動、あるいはこれを含んだ児童文学運動は一大潮流となっていった。また『赤い鳥』が刺激となって次々と子供向けの雑誌が出版された。

1984年日本童謡協会は『赤い鳥』が創刊された7月1日を「童謡の日」と定めた。

主な掲載作品[編集]

評価[編集]

一流の文学者による作品は、児童文学全体のレベルを高めるとともに、新美南吉をはじめとする次代の児童文学作家を発掘・育成した。一方「童心主義」と呼ばれる方針は、実際の子どもの姿から遊離していたという批判も後になされた[1]。また、寄稿を試みた宮沢賢治の作品を三重吉がまったく評価せず、掲載に至らなかった点も、本誌の限界と評されることがある。

漫画家やなせたかしは幼少時代、家に蓄音機があり、クラシックレコードのほか、「青い目の人形」や「かなりや」など「赤い鳥運動」の頃の童謡が揃っていて、小さな時からそうした音楽に親しんだと述べている。(出典:讀賣新聞、2007年6月12日)

テレビアニメ[編集]

1979年2月5日 - 7月30日テレビ朝日系、シンエイ動画制作で、毎週月曜19:00 - 19:30(JST)に、木下忠司の企画、音楽により、テレビ朝日開局20周年記念番組として『赤い鳥』に掲載された童話をアニメ化した『日本名作童話シリーズ 赤い鳥のこころ』(『まんが赤い鳥のこころ』)が放映された。第1回「天までとどけ」は1979年10月にミラノで開催された国際映画祭の短編アニメ部門の第1位に選ばれ、同年11月に国連から国際児童年英語版のテーマにかなう作品として主人公「YAICHI」のタイトルで表彰されると同時にニューヨークのIYC映画祭でも上映された。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

「ルンルンルーの歌」

  • 作詞:松山善三
  • 作曲・編曲:木下忠司
  • 歌:東京コンサーツ

各話リスト[編集]

放送日 タイトル 原作 脚本 演出 声の出演
1 1979年
2月5日
天までとどけ 吉田絃二郎 若杉光夫 椛島義夫 南風洋子(ナレーター)、安田正則小杉勇杉本孝次長慶子
2 2月12日 牛をつないだ椿の木 新美南吉 広瀬浜吉 小泉謙三 飯塚昭三はせさん治山田俊司田中崇永井一郎津田延代
3 2月19日 ふしぎな窓 西條八十 山田太一 芝山努 鈴木智(ナレーター)、田口精一肉倉正男松田史朗小牧ゆう
4 2月26日 泣いた赤おに 浜田広介 久木沢玲奈 楠部大吉郎 西尾徳伊武雅之加藤修、田中崇
5 3月5日 天にのぼる話 火野葦平 小林治 肝付兼太古川登志夫三ツ矢雄二八奈見乗児田の中勇井上和彦坪井章子
6 3月12日 牛女 小川未明 木下恵介 矢吹公郎 河内桃子(ナレーター)、富山敬水島裕北川国彦、山田俊司、矢田耕司峰恵研
7 3月19日 シャボン玉 豊島与志雄 広瀬浜吉 吉田しげつぐ 小原乃梨子増岡弘、山田俊司、永井一郎、津田延代、佐藤正治
8 3月26日 鬼の角 泉鏡花 かがみおさむ 西牧ひでお 永井一郎、丸山裕子、山田俊司、吉田理保子雨森雅司坂井志満、井上和彦、中野聖子、佐藤正治
9 4月2日 蜘蛛の糸 芥川龍之介 松山善三 鈴木智(ナレーター)
10 4月9日 お馬 坪田譲治 かがみおさむ
久木沢玲奈
浜村純、永井一郎、八奈見乗児、山田俊司
11 4月16日 赤いろうそくと人魚 小川未明 木下恵介 大関雅幸 南風洋子(ナレーター)、里居正美入江杏子水原英子白石珠江山本哲也早瀬昇
12 4月23日 春を告げる鳥 宇野浩二 広瀬浜吉 楠部大吉郎
13 4月30日 虎の子大発見 久留島武彦 わらびたく 荒木伸吾
14 5月7日 野ばら 小川未明 吉田一夫 大竹伸一 南風洋子(ナレーター)、鈴木智、矢野勇夫田口精一今野鶴三岡橋和彦佐々木研
15 5月14日 満潮の玉 干潮の玉 鈴木三重吉 久木沢玲奈 中村英一
16 5月21日 見捨てられた仔犬 下村千秋 若杉光夫 大関雅幸
17 5月28日 なくなり物語 西條八十 三田純市 向中野義雄
18 6月4日 ろうそくをつぐ話 大木惇夫 久木沢玲奈 小林治 肝付兼太古川登志夫三ツ矢雄二八奈見乗児田の中勇、井上和彦、坪井章子
19 6月11日 走れメロス 太宰治 吉田一夫 吉田しげつぐ 中西妙子(ナレーター)、市川治、山田俊司、田中崇緒方賢一
20 6月18日 北原白秋詩集より母子星 北原白秋 松山善三 野島進 鈴木智(ナレーター)、山本圭子加藤修、田の中勇、佐藤正治
21 6月25日 風の母子 石森延男 折戸伸弘 森脇真琴 坪井章子(ナレーター)、増山江威子藩恵子、矢田耕司、水島裕、政宗一成
22 7月2日 五右衛門風 千葉省三 かがみおさむ 福富博
23 7月9日 きつねの狐要信 佐藤春夫 九木沢玲奈 小泉謙三
24 7月16日 杜子春 芥川龍之介 折戸伸弘 蔡志忠 石原良、三ツ矢雄二、田の中勇、川島千代子飯塚昭三、加藤修、田中崇、戸谷公次、中野聖子
25 7月23日 ごんぎつね 新美南吉 かがみおさむ 出崎哲 藤田淑子(ナレーター)、三輪勝恵雨森雅司宮内幸平、坂井志満、佐藤正治
26 7月30日 名人伝 中島敦 吉田一夫 小林治

ネット局[編集]

参考文献[編集]

  • 『赤い鳥 複刻版』全18巻196冊 複刻版解説・執筆者索引共 日本近代文学館、1979年
  • 『名作アニメーションシリーズ 赤い鳥のこころ』旺文社・刊(ビデオ企画制作:シーズ、旺文社、K&S)1994年
  • 『CD-ROM版 赤い鳥』大空社、2008年、ISBN 978-4-283-00546-4
  • 千葉優子『ドレミを選んだ日本人』音楽之友社、2007年3月

脚注[編集]

  1. ^ 『赤い鳥』など大正時代の児童文学と「童心主義」の関わりについて述べた論文に古田足日の「童心主義の諸問題」(『児童文学の思想』(牧書店、1969年)に収録)がある[1]。これによると、子どもを「純真無垢」とする『赤い鳥』などに見られた児童観は戦前においてもプロレタリア文学の側から批判を受けていた。古田は「子どもを理想の人間像と見る」芥川龍之介や小川未明の児童観は「後世から批判を受けた」と記している。ただし、古田は「童心主義」という言葉には児童観と創作方法の両方の意味があったとし、古田自身は創作方法の側に当時の児童文学の問題があったとしている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

テレビ朝日 月曜19時台前半枠
【当番組までアニメ枠
前番組 番組名 次番組
まんが赤い鳥のこころ