ドラえもん のび太の日本誕生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドラえもん
のび太の日本誕生
監督 芝山努
脚本 藤子・F・不二雄
原作 藤子・F・不二雄
製作 シンエイ動画テレビ朝日小学館
製作総指揮 藤子・F・不二雄
出演者 レギュラー
大山のぶ代
小原乃梨子
野村道子
たてかべ和也
肝付兼太
ゲスト
松岡洋子
永井一郎
高島雅羅
音楽 菊池俊輔
主題歌 時の旅人/西田敏行
編集 岡安肇
配給 東宝
公開 日本の旗 1989年3月11日
上映時間 100分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 20億2000万円[1]
前作 ドラえもん のび太のパラレル西遊記
次作 ドラえもん のび太とアニマル惑星
テンプレートを表示

ドラえもん のび太の日本誕生』(ドラえもん のびたのにっぽんたんじょう)は、月刊コロコロコミック1988年10月号から1989年3月号に掲載された大長編ドラえもんシリーズの作品。および、この原作を元に1989年3月11日に公開された映画作品。大長編シリーズ第9作、映画シリーズ第10作。映画ドラえもん10周年記念作品。予告編は藤子不二雄Ⓕ名義。

同時上映は『ドラミちゃん ミニドラSOS!!!』。

また、2016年に本作のリメイク版である『ドラえもん 新・のび太の日本誕生』が公開された。

解説[編集]

7万年前の後期更新世日本および中国大陸を舞台に、精霊王ギガゾンビを擁するクラヤミ族とそれに相対するヒカリ族の側に着いたドラえもんとのび太達の戦いを描いた長編作品。 興業記録は、同シリーズでは原作者藤子・F・不二雄存命時には破られることはなかった。藤子Fの死後、配給収入は1998年公開の『のび太の南海大冒険』に破られるが、現在でも最大の観客動員数となっている。

公開直前の1989年3月4日には、ドラえもん映画公開記念スペシャルとして『ドラミちゃんと日本誕生!』も放映されているほか、公開後の1990年に、本作の続篇的内容のゲーム『ドラえもん ギガゾンビの逆襲』が発売されている。

原作冒頭では、『小学館BOOK』1974年3月号掲載の「山おく村の怪事件」(てんとう虫コミックス7巻収録)に登場した廃村、山奥村のその後が描写されている。また『小学四年生』1989年7月号掲載の「いつでもどこでもスケッチセット」(てんとう虫コミックス41巻収録)では、ドラえもんの道具により本作品の一部分が描かれている。これは通常の原作と大長編を結び付ける数少ないエピソードの一つであり、また映画の後日談に当たる話としては唯一のものである。

作中、ドラえもんが時空乱流によるものかもしれないとして話している神隠しのエピソードは、実際に伝えられている話に基づいているものの、その多くは誇張や創作を含んだ都市伝説である[2]

映画のアバンタイトルではククルの登場のみでのび太らが登場せず、ククルが時空乱流に吸い込まれた後、地球の全景が現れて、どこからともなく「ドラえも~ん!」の叫びが聞こえてオープニングに入る、という珍しい構成である。また、映画ドラえもんシリーズでは唯一オープニングアニメーション内で「連載」と「主題歌」がクレジットされている。本作より、音響にドルビーステレオ方式が採用された。

あらすじ[編集]

家でも学校でも叱られてばかりののび太は家出しようと思い立つが、どこもかしこも私有地か国有地でどこにも自分の思い通りになる土地がない。最初は「無駄なことだからやめておけ」とのび太をバカにしたドラえもん以下4人も各々の理由で家出するも行くところがなく途方に暮れていた。それならばいっそのことまだ人間が誰も住んでいない太古の日本へ行こうと思い立ち、史上最大の家出へと出発した。

誰にも邪魔されないユートピアが完成したが、一時帰宅したところ、本物の原始人と思しき少年ククルに出会う。ククルの一族であるヒカリ族は、凶暴なクラヤミ族と精霊王ギガゾンビの襲撃を受けたという。ドラえもんたちはヒカリ族を救うため、中国大陸へ向かうことにする。

声の出演[編集]

ゲストキャラクター[編集]

ククル
- 松岡洋子
ヒカリ族の少年。集落近くの川で川魚を獲っていたため辛くもただ1人、クラヤミ族の襲撃を免れた。その後、時空乱流(時空間の乱れ)に巻き込まれて現代の日本に転移してきた。仲間たちを救うべく、ドラゾンビ[3]ことドラえもんの力を借りてクラヤミ族に立ち向かう。一人称は2つであり、「僕」と「俺」両方を使っている。将来はウンバホ(「日の国の勇者」の意)と改名し、ヒカリ族の族長となる。
なお、『チンプイ』の春日エリは、彼の子孫である[4]
タジカラ
声 - 仲木隆司
ククルの父。クラヤミ族に立ち向かうなど勇敢である。祭りの際、野牛の蒸し焼きを石器の刃物で切断する描写が見られる[5]
タラネ
声 - 玉川紗己子
ククルの母。日本に移住し、新しい村を建設した。祭りの際には、しずかに木の実をあげる仕草が見られる[5]
長老
声 - 北村弘一
ヒカリ族の長老。かなりの高齢。
クラヤミ族に再び囚われてからは、トコヤミの宮の建設のために強制労働させられる。
その後はタイムパトロール隊によって保護された後、再び日本に移住した。
ウズメ
声 - 林玉緒
頭に花を乗せた女の子。ヒカリ族が日本に移住した直後の宴では舞いを披露した。原作には登場しない人物である。
ウタベ
声 - 二又一成
ヒカリ族の一員で、歌が得意な男(漫画では太目の中年、映画では痩身)。日本に案内された直後の宴で、ドラゾンビを称える歌を作った。ジャイアン曰く「石器時代の偉大なアーティスト」。
ヒカリ族
声 - 茶風林坂東尚樹梁田清之
7万年前、現在の中国上海市奉賢区付近に住んでいた原始人部族。ドラえもんたちの手助けにより、未開の地である日本に移住する。ドラえもんが変装したドラゾンビを神と敬い崇拝する。クラヤミ族に囚われ強制労働をさせられるが、タイムパトロール隊によって保護される。その後再び、日本に移住した。
劇場公開された当時は藤村新一による旧石器捏造事件や、牛川人の正確な調査結果(人骨ではなくナウマンゾウの骨の可能性が高い)が発覚する前で、原作漫画には「ヒカリ族以前にも絶滅した人類=原人がいた」との記述があったが、日本に人がいた確実な証拠は作中の通り3万年前までしか遡らないようである。
ギガゾンビ
声 - 永井一郎
本編における黒幕。
嵐と雷を操る不死身の精霊王。当初は典型的な呪い師と思われていたが、その正体は23世紀[6]から来た時間犯罪者。時空間の往来を遮断して過去の歴史への干渉を防いだ上で過去の時代を我が物にし、恒久的な歴史支配を達成しようと目論んでいた。その野望ゆえにタイムパトロールからマークされていたため、追跡を避けて地下にトコヤミの宮を建造していた。
トコヤミの宮に侵入してきたドラゾンビたちを根こそぎ捕らえて追い詰めたものの、遅れてやってきたのび太の手引きによって形勢逆転されタイムパトロール隊に居場所(トコヤミの宮)を突き止められてしまい、部下(ツチダマ)と手下(クラヤミ族)を見捨て、逃亡を図ろうとするも亜空間破壊罪(原作及び映画版(第二期)では歴史破壊未遂罪)で逮捕された。仮面をとった素顔はそれまでの言動からはかけ離れた貧弱な顔だった[7](原作では素顔を見せていない)。一人称は「ワシ」または「私」。
てんとう虫フィルムコミックスで逮捕の際に「山田博士」と呼ばれている。
ツチダマ
声 - 高島雅羅
ギガゾンビの部下で、言葉を話す遮光器土偶。クラヤミ族を操った張本人。形状記憶セラミック[8]で再生能力を持っており、粉砕されても復活する。ただし、この再生能力はバラバラになった破片を繋ぎ合わせるに留まり、破片そのものが損失した場合はその部位は再生(新構築)が出来ない。飛行能力を持ち、岩をも吹き飛ばす衝撃波を発生させることができる。時折「ギーガー」という奇怪な声をあげる。猛吹雪の中でも飛行が可能。ひみつ道具瞬間接着銃」により身動きが取れなくなり、最後はギガゾンビに捨て駒扱いされ落盤に巻き込まれる。
一人称は「ワシ」。ジャイアンやドラえもんから「粘土細工」や「粘土のバケモノ」と揶揄されたが、ドラえもんに対し「タヌキのバケモノ」と返している[9]。部下であるクラヤミ族がドラゾンビに倒されたときは「だらしないサルどもめ」と叱りつけた[10]
原作や映画のリメイク版では複数の個体が存在しているが、映画では一体のみの登場となった。
クラヤミ族
声 - 広瀬正志(リーダー)、岸野一彦郷里大輔
7万年前の中国に住む、猿人に近い種族でゴリラのような顔をしている。ヒカリ族に比べると身体能力は高く背丈も大柄だが知能が低いようで、ギガゾンビやツチダマの手下となっている。
タイムパトロール隊が来てからのその後は不明。
ドラゾンビ
- 大山のぶ代

クラヤミ族に拘束されてるヒカリ族を助けるため、ギガゾンビを意識し、変装したドラえもんの姿。手に持っているショックステッキでクラヤミ族を退治した。助けられたヒカリ族からは大変慕われた。

架空動物
のび太が動物の遺伝子アンプルとクローニングエッグで作り出した3匹の架空動物。また、電池切れが多く、長時間での使用ができないタケコプターの代わりのような存在にもなっており、ドラえもん達を乗せて、長距離での移動が可能となった。架空動物ゆえに現実世界に存在することは許されないため、事件解決後に三匹ともタイムパトロールに引き取られ、「空想動物サファリパーク」で育てられることになった。
ペガ
架空動物の一匹。白鳥のアンプルを同時に使って作られたペガサス。のび太はペガにしか乗らず(しずかを同乗させる事も、リメイク版ではククルを同乗させている)、名前を口にする機会もペガが最も多かった。
グリ
架空動物の一匹。ワシライオンのアンプルで作られたグリフィン。ドラえもんとククルが乗る(リメイク版ではドラえもんとしずか)。嗅覚が鋭いのか、猛吹雪直後の丘陵地帯からのび太の答案を発見する描写がある。
ドラコ
架空動物の一匹。ワニシカトカゲ(映画ではコウモリ)のアンプルで作られた。ジャイアンとスネ夫が乗る。その外見でワニやサーベルタイガーを威圧させている。しずかは「ドラちゃん」と呼び、ドラえもんから「紛らわしい名前付けないでよ」と突っ込まれた。
タイムマシン
声 - 三ツ矢雄二
言葉を発し、行き先は音声で認識する。なお、前作映画『ドラえもん のび太のパラレル西遊記』で音声機能が搭載されたが、前作は原作漫画が存在しなかったため、原作においてしゃべるのは本作が初である。
マンモス
声 - 大宮悌二
ドラえもん達とはぐれたのび太の前に現れるマンモス。猛吹雪で遭難したのび太に(ラーメンのスープに偽装した)栄養ドリンクを与え、小箱型発信機を託した。その正体はタイムパトロール隊が乗ったタイムスキッパーが偽装した姿。ギガゾンビのアジトを突き止めるために後期更新世にワープして張り込みをしていたが、ギガゾンビに警戒されないために隠密行動していた。
地主
声 - 田口昂
のび太たちがいつも遊んでいる空き地の地主。恰幅の良い体型ではげ頭。家出したのび太が空き地に住もうとしたところ、キャンピングカプセルをレンチでたたき止めた(原作では揺さぶった)。不動産会社から土地を3億円で売るように勧められていた(当時はバブル景気の真っ只中)。
タイムパトロール隊員
声 - 橋本晃一
のび太が小箱のボタンを押したことで、ギガゾンビの基地を見つけ出した後、基地を消滅させると言い、ドラえもんたちをタイムスキッパーの中に入るよう指示した。
少年
声 - 真柴摩利
のび太たちの仲間に入ろうとしたが、スネ夫が「ジャイアンのリサイタルの相談」の言葉を聞いて逃げ出した(その後、スネオはこの冗談が気に入らなかったジャイアンに殴られた)。
少女
声 - 林玉緒、前田雅恵
学校の外で縄跳びをして遊んでいた。
ハムスター
のび太のパパが、会社の部長から預けられたものであり、これを見たドラえもんは、これをネズミの仲間としてみなしたため、嫌がってしまった。そのため、ドラえもんは、家出を決意した。 

登場するひみつ道具[編集]

今作に登場する道具の数は旧作では最多。

  • キャンピングカプセル
  • どこでもドア
  • 万能クリーナー(映画のみ)
  • タイムマシン
  • トレアドール
  • 原始生活セット
  • タケコプター
  • らくらくシャベル
  • らくらくつるはし(原作のみ)
  • らくらくオノ(原作のみ)
  • らくらくノコギリ(原作のみ)
  • 花園ボンベ
  • 畑のレストラン
  • 動物の遺伝子アンプルとクローニングエッグ
  • ラジコン雨雲
  • ラジコン太陽
  • ノビール水道管
  • ノビールガス管
  • ノビール下水管
  • 万能ペットフード「グルメン」
  • ミニ家具
  • 時空震カウンター
  • 翻訳コンニャク
    • 映画ではお味噌味のものを使用。ククルはこれを食べてドラえもんたちと意思疎通ができるようになった。
  • 衛星写真
  • 訪ね人ステッキ
  • ひらりマント
  • オートマチック花火
  • レーザー検査機
  • リニアモーターカーごっこ
  • レスキューボトル
  • ウルトラストップウオッチ(映画での名称はウルトラタイムウォッチ)
  • 通りぬけフープ
  • 瞬間接着銃
このほかに原作のみセリフだけの登場として、グルメテーブルかけと着せ替えカメラの名前が登場している。

スタッフ[編集]

  • 制作総指揮・原作・脚本 - 藤子・F・不二雄
  • 作画監督 - 富永貞義
  • 監修 - 楠部大吉郎
  • 美術設定 - 川本征平
  • 美術監督 - 沼井信朗
  • 録音監督 - 浦上靖夫
  • 音楽 - 菊池俊輔
  • 効果 - 柏原満
  • 撮影監督 - 斎藤秋男 
  • 特殊撮影 - 三沢勝治
  • プロデューサー - 別紙壮一、山田俊秀、小泉美明、波多野正美
  • 監督 - 芝山努
  • 演出助手 - 安藤敏彦平井峰太郎
  • 動画チェック - 内藤真一、原鐵夫
  • 色設計 - 野中幸子 
  • 仕上監査 - 代田千秋、枝光敦子
  • 特殊効果 - 土井通明
  • コンピューターグラフィックス - 亀谷久、渡辺三千成、水端聡
  • エリ合成 - 酒井幸徳、、末弘孝史、渡辺由利夫
  • 編集 - 渡瀬祐子、林美都子 / 井上和夫
  • 文芸 - 滝原弥生
  • 制作事務 - 古井俊和、大神田富人
  • 制作進行 - 中村守、和田泰
  • 制作デスク - 市川芳彦
  • 制作協力 - 藤子プロ旭通信社
  • 制作 - シンエイ動画小学館テレビ朝日

主題歌[編集]

オープニングテーマ「ドラえもんのうた
作詞 - 楠部工 / 補作詞 - ばばすすむ / 編曲·作曲 - 菊池俊輔 / うた - 山野さと子 / セリフ - 大山のぶ代ドラえもん)(コロムビアレコード
この作品から、この曲が山野版になり[11]1998年のび太の南海大冒険』・2000年のび太の太陽王伝説』の2作除く2004年のび太のワンニャン時空伝』までの作品で使用された[12]
エンディングテーマ「時の旅人」
作詞 - 武田鉄矢 / 作曲 - 堀内孝雄 / 編曲 - 若草恵 / うた - 西田敏行CBS・ソニーレコード
この曲は後に作曲した堀内孝雄や作詞した武田鉄矢によってそれぞれカバーされ、堀内のバージョンは1996年のフジテレビ系作品『700年前の約束』のイメージソングとして使用された。

脚注[編集]

  1. ^ 1989年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  2. ^ Gil Pérez(1593年のマニラ兵士)、英外交官ベンジャミン・バサースト失踪事件アンブローズ・ビアス#失踪ノーフォーク連隊集団失踪事件ガリポリの戦い#損害)、中国兵士集団失踪事件
  3. ^ 原作では鼻に飾りをつけていたが、映画版(第一期)ではつけていない。
  4. ^ 『チンプイ』第5話「御先祖は日本王?」
  5. ^ a b 原作ではこの描写は存在しない。
  6. ^ 映画版(第1期)では、出自が23世紀だとは言及していない。
  7. ^ 「ドラえもんクラブ」第2巻に掲載された「ドラえもん映画アカデミー賞」では「史上最弱ライバル賞」を受賞している。
  8. ^ 原作及び映画版(第一期)では、現在へ戻ったドラえもんが形状記憶セラミックであることを突き止めたが、映画版(第二期)ではドラえもんが素材を見つけられず妹のドラミに調べさせている。
  9. ^ 原作では、ドラえもんがひらりマントでの攻撃時に「来い、粘土のバケモノ」と呼ばずツチダマも「いい度胸だタヌキのバケモノ、。」と呼応していない。ツチダマはドラえもんらが移動した後に「おのれ、タヌキのバケモノめ・・・」と恨み節を吐いている(原作・映画版(第一期)共通、映画版(第二期)では罵倒合戦は行っていない。)。映画版では、ツチダマが最初の衝撃波を放ったあとに反撃する際、ジャイアンが「生意気な泥人形が!」と言いながら襲いかかり、ツチダマに返り討ちにあった。
  10. ^ 原作および映画版第二期ではこのセリフは存在しない。
  11. ^ テレビシリーズ版では1992年10月9日放送分から山野版を使用。
  12. ^ テレビシリーズ版での使用は2002年9月20日放送分まで

関連項目[編集]

外部リンク[編集]