希望山脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
希望山脈
渡り廊下走り隊7シングル
初出アルバム『渡り廊下をゆっくり歩きたい
B面 犬語を話せる男の子(初回盤A・B・C)
猿のシンバル(初回盤A)
思い出は遠いほど…(初回盤B)
㊙どっきりで行こう(初回盤C)
恋は心配性(通常盤)
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POPアニメソング
時間
レーベル ポニーキャニオン
作詞・作曲 秋元康(作詞)
ray.m(作曲)
プロデュース 秋元康
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間3位オリコン
  • 2011年度年間73位(オリコン)
  • 登場回数14回(オリコン)
  • 渡り廊下走り隊7 シングル 年表
    へたっぴウィンク
    (2011年)
    希望山脈
    (2011年)
    少年よ 嘘をつけ!
    2012年
    テンプレートを表示

    希望山脈」(きぼうさんみゃく)は、日本の女性アイドルグループAKB48の派生ユニット・渡り廊下走り隊7の楽曲。楽曲は秋元康により作詞、ray.mにより作曲されている。2011年11月30日にユニットの9作目[注 1]のシングルとしてポニーキャニオンから発売された。

    楽曲は昭和歌謡風の楽曲で、ミュージック・ビデオでも歌声喫茶が再現されている。ユニットのリーダーであった平嶋夏海が2012年2月5日付で渡り廊下走り隊から脱退したため、これまでの7人でのシングル曲はこの作品が最後となった。ミュージック・ビデオの監督は福居英晃。

    楽曲のシングルCDは3種の初回盤(それぞれA、B、Cと区別されている)、通常盤の計4種類がリリースされた。3種の初回盤にはそれぞれ収録内容の異なるDVDが付属している。CDの収録曲およびジャケットは4種類それぞれで異なっている。特典として、4種すべてに全国握手会参加券が封入されているほか、初回盤AおよびBには「オリジナルトレカ」ソロショット全身バージョン(全7種のうちランダムで1種)、初回盤Cには「チェンジングジャケット」ソロショット(全7種のうちランダムで1種)、通常盤には「オリジナルトレカ」全員集合ショットバージョン(全3種のうちランダムで1種)が封入されている。振付は西田一生(西田プロジェクト)が担当。

    キャッチコピーは、「うたごえで、日本を明るくしよう。」。

    楽曲はテレビ朝日系アニメ『クレヨンしんちゃん』の14代目オープニングテーマに起用された[3]

    批評[編集]

    hotexpressの杉岡祐樹は「覚えやすいメロの中毒性が高いので、子供向けの1曲としても機能していて、本編との接点皆無なアニソンより好感が持てる。」と評した[4]

    シングル収録トラック[編集]

    初回盤A[編集]

    CD
    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.「希望山脈」秋元康ray.m増田武史
    2.「犬語を話せる男の子」秋元康入江徹生田真心
    3.「猿のシンバル」(小森美果仲川遥香渡辺麻友)秋元康江崎マサルハマサキユウジ
    4.「希望山脈 (Instrumental)」    
    5.「犬語を話せる男の子 (Instrumental)」    
    6.「猿のシンバル (Instrumental)」    
    DVD
    #タイトル作詞作曲・編曲
    1.「希望山脈 Music Video」  
    2.「特典映像 お兄ちゃんの部屋に来るまゆゆ」  
    3.「特典映像 まゆゆのベトナムひとり旅 ショッピング篇」  

    初回盤B[編集]

    CD
    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.「希望山脈」秋元康ray.m増田武史 
    2.「犬語を話せる男の子」秋元康入江徹生田真心 
    3.「思い出は遠いほど…」(多田愛佳菊地あやか、渡辺麻友)秋元康宮島律子佐久間誠
    4.「希望山脈 (Instrumental)」    
    5.「犬語を話せる男の子 (Instrumental)」    
    6.「思い出は遠いほど… (Instrumental)」    
    DVD
    #タイトル作詞作曲・編曲
    1.「希望山脈 Music Video」  
    2.「特典映像 隣の部屋に住むまゆゆ」  
    3.「特典映像 まゆゆのベトナムひとり旅 お散歩篇」  
    4.「希望山脈 Dance Shot Version」  

    初回盤C[編集]

    CD
    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.「希望山脈」秋元康ray.m増田武史 
    2.「犬語を話せる男の子」秋元康入江徹生田真心 
    3.「㊙どっきりで行こう」(岩佐美咲平嶋夏海、渡辺麻友)秋元康つじたかひろ鈴木啓、木下浩二
    4.「希望山脈 (Instrumental)」    
    5.「犬語を話せる男の子 (Instrumental)」    
    6.「㊙どっきりで行こう (Instrumental)」    
    DVD
    #タイトル作詞作曲・編曲
    1.「希望山脈 Music Video」  
    2.「特典映像 彼氏の部屋に来るまゆゆ」  
    3.「特典映像 まゆゆのベトナムひとり旅 マッサージ篇」  

    通常盤[編集]

    CD
    #タイトル作詞作曲編曲
    1.「希望山脈」秋元康ray.m増田武史
    2.「恋は心配性」(渡辺麻友)秋元康川浦正大増田武史
    3.「希望山脈 (Instrumental)」   
    4.「恋は心配性 (Instrumental)」   

    脚注[編集]

    [ヘルプ]

    注釈[編集]

    1. ^ 渡り廊下走り隊からの通算。渡り廊下走り隊7としては3作目。

    出典[編集]

    1. ^ 一般社団法人 日本レコード協会|各種統計”. RIAJ. 2012年8月28日閲覧。
    2. ^ 日本レコード協会調べ 2015年2月度有料音楽配信認定作品”. RIAJ. 2015年3月20日閲覧。
    3. ^ AKB48が『クレヨンしんちゃん』の主題歌を担当するのは、2007年の「クレヨンフレンズ」での「ユルユルでDE-O!」以来4年半ぶり。
    4. ^ この中毒性は買える! ワロタの「クレしん」主題歌が良い”. hotexpress (2011年11月29日). 2011年11月30日12:48閲覧。

    外部リンク[編集]