ポルノグラフィティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
ポルノグラフィティ
Porno Graffitti at Anime Expo 2013.jpg
新藤晴一(左)と 岡野昭仁(右)
基本情報
出身地 日本の旗 日本広島県因島市(現・尾道市
ジャンル
活動期間 1994年 -
レーベル SME Records
事務所 アミューズ
公式サイト ポルノグラフィティ Official Site
メンバー
旧メンバー
ポルノグラフィティ
YouTube
チャンネル
活動期間 2012年1月10日 -
ジャンル 音楽
登録者数 43万人
総再生回数 225,602,053回
チャンネル登録者数、総再生回数は2021年11月13日時点。
テンプレートを表示

ポルノグラフィティ英語: Porno Graffitti [注 1])は、日本の2人組ロックバンド[4]。所属事務所はアミューズ。レーベルはSME Recordsソニー・ミュージックレーベルズ[注 2]。主な略称はポルノポルグラ。公式ファンクラブは「love up!」。

概要[編集]

広島県因島市出身の岡野昭仁(ボーカル)新藤晴一(ギター)からなるロックバンド。1999年9月8日に「アポロ」でメジャーデビュー。いきなりの大ヒットで一躍注目を集めると、その後も「ミュージック・アワー」「サウダージ 」「アゲハ蝶」「Mugen」「メリッサ」「ハネウマライダー」など次々にヒットシングルを放ち、国民的バンドとしての地位を不動のものとした。アニメやドラマのタイアップソングを手掛けることも多く、近年では「オー!リバル」「THE DAY」「キング&クイーン」「カメレオン・レンズ」「ブレス」「Zombies are standing out」といった楽曲が話題を呼び、JOYSOUNDが発表した『平成で最も歌われたアーティストランキング』では第12位にランクインするなど、年齢を問わず、常に新たなファン層を獲得している[5][6]

バンド名[編集]

ポルノグラフィティというバンド名はエクストリームオリジナルアルバムPORNOGRAFFITTIが由来であり、大阪時代に「周りのバンドに負けないインパクトのある名前がないとダメだ[注 3]」、「目立たないといけない」などの理由から新藤が名付けた[7][8]グラフィティの本来のつづりは「graffiti」であるが、由来となったアルバムタイトルに倣って彼らも「graffitti」としている。主な略称はポルノであるが、メンバーは「卑猥な言葉でもあるので、言うときは気をつけて」[9] としており、その他にもPGといった略称がある。

誤称[編集]

アポログラフィティ
デビューから半年以上間違って認識されていたバンド名。デビュー曲「アポロ」と「ポルノグラフィティ」を混同した誤称で、デビュー日当日にメンバーが有線キャンペーンの帰り道にあるCDショップに出向いたところ、その誤称からア行にCDが置かれていたと語っている[10]。この誤認は翌年の「ミュージック・アワー」「サウダージ」の大ヒットにより完全に払拭されたという。
2013年には明治を代表する看板菓子「アポロ」とのコラボレーショングッズ「アポログラフィティ」が販売された[11]
ポルノ
単純に「ポルノ」が正式なバンド名と誤解されたことがある。こちらはバンド総意としての一人称や観客・ファンからの呼び名としても公式的に使用されている略称であり、通称として認識・定着している。各種メディアによる番組表ラテ欄やネットニュースなどにも用いられる。
ポルノグラフティ
Googleの予測変換機能で上位に登場していた誤称。他にも「ポルノグラフティ」など、ポルノグラフティのを省略してしまうケースや語末に無用な長音符を付けてしまうケースがあり、これらはインターネットにおいて表記されることが多い。第58回NHK紅白歌合戦に出演した際には、司会の笑福亭鶴瓶がこの誤称をネタとして語り、「ポルノグラフィティ」と強調し、曲紹介を行った。
また、この誤称を逆手に取った「ワールド☆サタデーグラフティ」という楽曲があり、新藤はわざと「グラティ」にしたと語っている。

メンバー[編集]

現メンバー[編集]

人名 演奏担当 生年月日
岡野昭仁 ボーカル (1974-10-15) 1974年10月15日(47歳)
新藤晴一 ギター (1974-09-20) 1974年9月20日(47歳)

元メンバー[編集]

人名 演奏担当 在籍期間 備考
中尾天成なかおたかなり ドラムス 1994年 - 1995年
  • ポルノグラフィティ結成当初のドラマーで、Tamaが当時通っていた専門学校の同級生。
  • 脱退後はKOBAKOを結成し、リーダーを担当。近畿圏を中心に活動し、2006年に解散。
  • 現在はドラム講師やアーティストサポート、ドラムチューナーとして活動。
織畠英司おばたえいじ ドラムス 1995年 - 1997年
  • 中尾天成脱退後のドラマー。ポルノグラフィティ上京前の1997年に脱退。
  • 脱退後は打楽器奏者としてバンドのサポートをしながら、音響技師として活動。
  • 松岡昌宏TOKIO)にドラムスの指導をしていたことでも知られる。
Tama ベース 1994年 - 2004年
  • 因島時代からのメンバーで、インディーズ時代からメジャーデビュー後に至るまでのメインソングライター。
  • 更なる自身の追求の為、2004年7月のベストアルバム2作のリリースを以って脱退。以降、ソロ活動を展開。
  • 2010年以降は活動休止状態であったが、2019年より本名の白玉雅己名義で活動を再開。
    2021年に配信アルバムをリリースした際には、岡野・新藤がともにTwitterでコメントを寄せた。

プロデューサー[編集]

デビュー当初から2012年までは2人体制でプロデュースを手掛けていた[注 4]

人名 プロデュース期間 備考
田村充義 1999年 -
本間昭光 1999年 - 2012年
  • 1998年夏にプロデューサーに就き、2012年3月リリースの9thアルバム『PANORAMA PORNO』までトータルプロデュースを手掛けた。
  • ak.homma名義で「アポロ」「サウダージ」「アゲハ蝶」などの作曲、ほぼ全楽曲の編曲を手掛けていた(詳細は#制作活動を参照)。

サポートメンバー[編集]

サポートメンバーについて特に決まった呼称はないが、ポルノチームと称することがある。これはサポートメンバーだけでなく、ポルノグラフィティの活動に関わる全スタッフを含めた呼称である。

サポートメンバーの変遷[編集]

nang-changはデビュー後初の単独ライヴから現在に至るまでのほぼ全てのライヴでサポートを務めている。

Tamaが脱退し、2人体制での初ライヴとなった『MEET THE WORLD BEAT 2004』(同年7月)から『8thライヴサーキット "OPEN MUSIC CABINET"』(2007年6月)までは、小畑"PUMP"隆彦野崎森男ただすけNAOTO・nang-changの5人がほぼ全てのライヴでサポートを務め、定番の5人とも呼ばれた[注 5]

2007年11月から開催された『9thライヴサーキット "ポルノグラフィティがやってきた"』よりメンバーが大きく入れ替わり、7thアルバム『ポルノグラフィティ』の全楽曲の演奏に参加した松永俊弥根岸孝旨ak.hommaがサポートを務めるようになった[注 6]

2010年からはメンバーに世代が近い野崎真助・野崎森男・宗本康兵・nang-changを中心にメンバーが編成された[注 7]。この4人はセットで固定され、2018年4月までのほぼ全てのライヴでサポートを務めた[注 8]

2018年7月に野崎森男がサポートから離れることを発表。以降はメンバー編成が流動的になり、2019年9月までは野崎真助・tasuku・nang-changを中心にメンバーが編成された。

2020年12月に開催した『CYBERロマンスポルノ'20 〜REUNION〜』では玉田豊夢山口寛雄・tasuku・皆川真人・nang-changがサポートを務めた[12]

2019年9月時点のサポートメンバー[編集]

人名 担当 参加期間 備考
野崎真助 ドラムス 2007年 -
  • 2004年から2018年までベースのサポートを務めた野崎森男の実兄。
  • デビュー直後から音楽番組での演奏に参加。2003年頃よりレコーディング、「ラック」などのMV撮影にも参加。
  • 『オールナイトニッポン 40周年記念 8・25 オールナイトニッポン武道館』でライヴ初参加。
    同年の『9thライヴサーキット "ポルノグラフィティがやってきた"』一部公演より単独ライヴにも参加。
須長和広 ベース 2018年 -
  • 『16thライヴサーキット "UNFADED"』で初参加。
  • メンバーからは「カズ」と呼ばれている。
tasuku ギター 2017年 -
  • 2010年頃からアレンジャーとしてポルノグラフィティの活動に携わる。
  • 『PORNOGRAFFITTI 色情塗鴉 Special Live in Taiwan』で初めてライヴサポートを務め、以降の全てのライヴに参加。
  • 2020年よりバンドマスターを務める。また、岡野のソロ活動にもアレンジャー・ライヴサポートで参加。
皆川真人 キーボード 2018年 -
  • 『Amuse Fes in MAKUHARI 2018 –雨男晴女–』で初参加。同年の『16thライヴサーキット "UNFADED"』より単独ライヴにも参加。
  • メンバーからは「みなちん」と呼ばれている。新藤曰く「シンセサイザーの使い手」。
nang-chang マニピュレーター 1999年 -
  • 『東京ロマンスポルノ Vol.3』(1999年12月4日)で初参加。以降、現在に至るまでほぼ全てのライヴに参加。
  • 楽曲によってテルミン・タンバリン・シンセサイザー・パーカッションなども担当している。
  • ライヴでのメンバー紹介の際には観客からブーイングをされるお決まりがある。
  • 2001年頃までは"DJ SOUTH"名義で活動していた。

単独ライヴにおける歴代サポートメンバー[編集]

 太字は直近の単独ライヴのサポートメンバーを示す。

その他の演奏参加 [編集]

楽曲に関して[編集]

影響[編集]

岡野と新藤はバンドマンを志したきっかけについて「中学生のときにXを聴いたこと」と共に述べており、新藤が初めてコピーした曲は「」だという[13]

岡野は邦楽ではTHE YELLOW MONKEYユニコーンなど、洋楽ではボン・ジョヴィガンズ・アンド・ローゼズに影響を受けている。特にガンズ・アンド・ローゼズから受けた影響は大きく、高校3年の文化祭で演奏した際の衣装はアクセル・ローズへの憧れから、父親の釣り用のベストだったと語っている。また自身が詞曲を手掛けた「Let's go to the answer」や「東京ランドスケープ」の歌詞中にはガンズ・アンド・ローゼズの楽曲「Welcome to the Jungle」と「It's So Easy[注 9] がそれぞれ登場している[注 10]

新藤は邦楽ではBARBEE BOYSチェッカーズ中森明菜などに影響を受けている。特にBARBEE BOYSから受けた影響は大きく、新藤が初めて購入した楽器は高校1年の頃に買ったソプラノ・サックスで、KONTAのようにサックスを吹きながらボーカルをやりたかったと語っている。また高校2年の文化祭ではBARBEE BOYSのコピーバンドを組み演奏している[注 11]。洋楽ではガンズ・アンド・ローゼズエクストリームエリック・クラプトンなどに影響を受けており、エクストリームのギタリストであるヌーノ・ベッテンコートへの憧れは強く、シグネチャーモデルのギターも所有している[注 12]

制作活動[編集]

デビュー当初は「名前が覚えやすいように」という理由で、岡野昭仁アキヒト新藤晴一ハルイチTamaシラタマの名義で活動していた[注 13]

作詞[編集]

インディーズ時代から現在に至るまで、ほぼ全楽曲の作詞を岡野と新藤が担当している[注 14]

新藤は「アポロ」「サウダージ」「アゲハ蝶」「メリッサ」「ハネウマライダー」といった初期の代表曲や「オー!リバル」「THE DAY」といった近年の楽曲など、ポルノグラフィティの大半の楽曲の作詞を手掛けており、Buzy中森明菜坂本真綾など、他のミュージシャンへの詞の提供も積極的に行っている。

作曲[編集]

インディーズ時代から2004年までのメインソングライターはTamaであり、2004年7月の脱退まで「サボテン」「」「ラック」といった数多くの楽曲を作曲した。また、デビュー当初はプロデューサーの本間昭光(ak.homma[注 15])が作曲した楽曲も多く、2008年頃までにリリースしたシングル表題曲の多くは作詞:新藤晴一・作曲:ak.hommaの組み合わせによるものである[注 16]。デビュー当初も岡野と新藤が作曲した楽曲はあったが、そのほとんどはカップリング曲・アルバム曲として発表されていた[注 17]

Tamaの脱退を境にシングル表題曲を2人がそれぞれ作曲することが増えていき、2008年10月リリースのベストアルバム2作以降、全楽曲の作曲を2人が手掛けている[注 18]

編曲[編集]

デビュー当初からak.hommaが編曲を手掛け、8thシングル『幸せについて本気出して考えてみた』よりメンバーも編曲に参加[注 19]。以降、32ndシングル『EXIT』までのほぼ全楽曲の編曲をak.hommaとメンバーが手掛けた。

2011年5月頃、キャリアを重ねたメンバーの「未知なる化学反応を通じての新しい音の獲得」と「“ポルノグラフィティ”のさらなる進化への昇華」を目指したいという意向を受け、ミュージシャンやエンジニアといった制作チームのメンバーを一新。同年9月リリースの33rdシングル『ワンモアタイム』以降は、楽曲毎に異なるアレンジャーを迎える形を採っている。

現在の主なアレンジャー

篤志, 江口亮, 近藤隆史, tasuku, 立崎優介, 田中ユウスケ, トオミ ヨウ, 宗本康兵

地元との関係[編集]

出身地の広島県(特に地元の因島)への想いは強く、広島でのライヴ公演は彼らにとって特別な意味合いを持ち、東京や大阪と並ぶ活動拠点の一角となっている。

テレビやラジオでは広島弁備後弁によるトークが繰り広げられる。ライヴMCでも同様のトークが繰り広げられ、開演後最初のMCでは「わしらが、ポルノグラフィティじゃ」という岡野のセリフが定番となっている。テレビ番組では同じく広島出身の吉田拓郎の発案でデビュー曲の「アポロ」を広島弁で歌唱したことがあり、2009年には広島弁の楽曲「邪険にしないで」を発表。翌年には、毎年1月に広島県で開催される『天皇盃 全国都道府県対抗男子駅伝競走大会』のテーマソングとして「Rainbow」を書き下ろした[14]

因島[編集]

因島はポルノグラフィティの聖地とも言われており、楽曲の中には因島や因島に実在する地名を意識して書いたと思われる歌詞がいくつかある(「Jazz up」:土生港、「」:折古ノ浜海水浴場、「Aokage」:青影トンネル、「Let’s go to the answer」:因島)。

2005年11月には因島市の消滅(2006年1月に尾道市へ編入)に伴い、メンバーの「因島市のことを忘れないでほしい」という想いを伝えるため、市内在住の小中高生および市内の小中学校・高等学校在学生を無料で招待し、因島市民会館で『ポルノグラフィティ ライブ in 因島』を開催した。このとき会場全体で合唱した「愛が呼ぶほうへ」は現在でも地元の学校の合唱曲に採用されるなど、ポルノグラフィティと因島を結びつける大切な一曲となっている。

しまなみロマンスポルノ'18 〜Deep Breath〜[編集]

2018年3月1日、メジャーデビューを果たした1999年度に生まれた卒業生の門出を祝福するため、母校の因島高校の卒業式にサプライズ登場。アコースティックアレンジで2曲を披露した後、同年のメジャーデビュー記念日・20周年イヤーの始まりの日となる9月8日・9日に広島県立びんご運動公園尾道市)にて凱旋野外ライヴを開催することを発表した[15]

しかし、着々と準備を進めていた7月に西日本を中心とした豪雨災害が発生。因島や尾道も土砂崩れや断水といった甚大な被害を受け、そのような状況下でライヴを開催していいのかという葛藤がメンバーの中に生じる。ライヴ開催の可否について議論を重ねる中で「広島でライヴを開催することが、広島出身アーティストの運命や使命なんじゃないか」「ライヴを通じて広島の方々を少しでも元気づけたい」という想いに至り、『しまなみロマンスポルノ'18 〜Deep Breath〜』の予定通りの開催を決定。同公演および同公演のオリジナルグッズの収益全額を災害復興のための支援金として寄付することを発表した[16]

迎えたライヴ当日は会場に広島ならではのフードエリアや因島のお土産を購入できるエリアもあり[17]、広島県の企業とのコラボグッズも販売された。初日公演ではあいにくの雨の中、豊かな自然に囲まれた会場で代表曲から前述の因島を歌った楽曲まで21曲を披露した。公演2日目も開催に向け準備を進める中、尾道市に大雨・洪水警報が発令。開門後の午前10時頃には会場周辺地域に大雨による避難勧告・警報が発令されたため、公演中止を発表。公演中止を受け、数日間メンバー・スタッフで話し合いを重ね、ライブビューイング『しまなみロマンスポルノ'18 〜THE LIVE VIEWING〜』の開催を急遽発表。同ライブビューイングは10月20日に全国100ヶ所の映画館で実施され、初日公演のライヴ映像と、因島市民会館でのプレミアムライヴの模様を生中継で上映した。プレミアムライヴの1曲目では「愛が呼ぶほうへ」を因島高校の生徒と共に披露し[注 20]、因島市民会館の外に移動後は「Aokage」「邪険にしないで」を因島の海と夕景を背に披露した[18]

2019年4月1日に『しまなみロマンスポルノ’18〜Deep Breath〜』で会場に設置した樽募金、9月8日公演・ライブビューイングの収益及びグッズ販売の収益を、平成30年7月豪雨の被災三県(広島・愛媛・岡山)に、復興支援のため寄付したことを発表した[19]

広島東洋カープ[編集]

岡野・新藤共に大の広島東洋カープファンであり、テレビやラジオ、ライヴMCではかなりの頻度でカープの話題を口にする[20][21][22][23]

楽曲の中には非公式カープ応援歌の「みんなのカープ」があり、歌詞に衣笠祥雄山本浩二が登場している[注 21]。『横浜ロマンスポルノ'16 〜THE WAY〜』『しまなみロマンスポルノ'18 〜Deep Breath〜』では球団とのコラボグッズを発売した[24][25]。新藤は2015年・2016年にマツダスタジアムで始球式を行っており[26][27]、キャンプや選手会ゴルフの取材経験もある[28][29]

その他[編集]

略歴[編集]

因島時代

ポルノグラフィティの原点は因島高校在学時に新藤が中心となって結成したNO SCOREというバンドである[注 22]。結成時は新藤と彼の従兄弟らからなるバンドだったが、そこに同級生の岡野と、小・中学校の同級生で当時高専に通っていたTamaが新藤らの誘いで加わった[注 23][注 24]。当初は新藤がボーカルを担当していたが、コーラスとして加わった岡野の方が歌が上手かったことから、岡野にボーカルを譲り、新藤はギター担当となった[注 25]。その頃は「音楽(ロック)への憧れ」「かっこよさそう」「青春時代独特の勢い」という理由が大きく、実際に高校3年の文化祭で演奏した成果は「自分たちでも下手だと感じたほど」という出来映えであったが、演奏を聴いた同級生や後輩からの声援に夢を抱くようになったという(岡野曰く「長い長い勘違いの始まり」)。

1993年の春に岡野と新藤が高校を卒業し、岡野は大阪の予備校に入り寮生活を始める。新藤は福山で一人暮らしをしながら、Tamaと共に因島や福山でバンド活動を行うようになり、夏頃からは広島県内の複数のコンクールに出場し、尾道・三原地区で行われた楽器店主催コンクールで優勝するなどしている。ボーカルはオーディションを開催するなど、色々な人と模索しながら活動するもなかなかうまくいかず、次第に「やっぱり(岡野)昭仁とやりたい」という気持ちが固まっていったという。

上阪、ポルノグラフィティ結成

1994年に岡野が大阪の大学に入学。Tamaも京都の音楽専門学校に入学したことから、新藤と共に大阪へ移り住み、NO SCOREのメンバー5人全員が大阪で再会を果たした。その5人で再びバンドを結成したが、ほとんど活動しないまま2人が脱退する。同年夏頃より大阪で新たにバンド活動を始め、ポルノグラフィティを名乗るようになる。当時は岡野・新藤・Tamaに中尾天成(ドラムス)を加えた4人組であったが、中尾が1995年に脱退し、代わって織畠英司(ドラムス)がメンバーに加わった。その間、ライヴハウスでのライヴ活動をしつつ、レコード会社にデモテープを送るなどしていた[注 26]

大阪でのインディーズ活動

1995年秋頃から城天でのストリートライヴ、心斎橋筋2丁目劇場で若手芸人によるお笑いの合間にライヴを行うようになる[注 27]。その頃はイベント出演も合わせ月に10数本のライヴをこなし、徐々に人気が出始めているのを実感していたといい、12月には初の単独ライヴを開催した。

1996年は7月に開催した自身二度目の単独ライヴで手応えを感じ、夏にはアマチュアや若手バンドを対象とした複数のコンテストに出場。この頃には「東京へ行きたい」という気持ちを持ち始めており、その前に大阪で何か形を残したいと意気込み臨むも最高成績は2位であった。11月にはNHK主催『ニューBSヤングバトル』全国大会に出場するも「ポルノは"今が絶頂"だから」という理由で入賞はならず、バンドの方向性を見失ってしまう。そのため1997年に入った頃はモチベーションが最悪な状態で、解散すら考えていたという。

オーディション合格、上京

1997年3月にラストチャンスとして臨んだ『ソニー・ミュージック SDグループオーディション』に合格し、ソニー・ミュージックレーベルのSME Recordsアミューズとの契約を得る[注 28]。4月27日には心斎橋CLUB QUATTROで単独ライヴを開催、ソニーの力を一切借りずに550人を動員した。大阪での最後のライヴを成功させ、9月末に活動拠点を東京に移した(織畑は上京前に脱退)。

上京後はすぐにメジャーデビューとはならず、メジャーデビューに向けた長い修行期間が始まる。バイトは禁止されていたが、なんとか生きていけるくらいの月給を貰っており、最初の1年はほとんど放牧状態で音楽活動を行っていた[注 29]。1998年夏に本間昭光が音楽プロデューサーに就き、メジャーデビューに向け本格的に楽曲制作やレコーディングを開始した。

メジャーデビュー、大ブレイク

上京から2年、数回のデビュー延期を経て、1999年9月8日に「アポロ」でメジャーデビューを果たす。オリコンチャートは初登場84位[注 30] であったが、出演した音楽番組やテレビ番組のタイアップが話題を呼び、大ヒットを果たす。当時はレコード会社の予測を超えて売れたため一発屋ではないかと囁かれたが、翌2000年に「ヒトリノ夜」「ミュージック・アワー」「サウダージ」「サボテン」と立て続けにヒット曲をリリース。同年にNHK紅白歌合戦初出場を果たし[注 31]、人気バンドの地位を不動のものにした。

Tamaの脱退

その後もライヴを中心にテレビやラジオ、イベントへの出演など、精力的な活動で成長を遂げていた彼らであったが、デビュー5周年を迎える直前の2004年6月にTamaが「更なる自身の追及の為」に脱退を表明。同年7月28日にリリースしたベストアルバム2作を最後にポルノグラフィティを離れた。後のメンバーの発言によれば、その頃が2009年時点において唯一解散や活動休止を考えた時期であったという。

デビュー5周年、2人組としての再始動

2人体制となり、デビュー5周年を迎えた2004年9月8日に「シスター」をリリースし再スタート[注 32]。「新たな“ポルノグラフィティ”の確立」という目標を掲げ、既存またはそれまでのポルノグラフィティの姿に留まらず、常に進化し続けようと活動を重ねる。その後も「ネオメロドラマティック」「ジョバイロ」「ハネウマライダー」「今宵、月が見えずとも」といったヒット曲をリリースし、2008年にはシングル・アルバム出荷枚数が1200万枚を突破。ライヴの規模も拡大していき、2006年に横浜スタジアムで初のスタジアムライヴ、翌年に初のアリーナツアーを開催。デビュー10周年を迎えた2009年にはライヴ通算400公演[注 33]、通算観客動員数100万人[30] を達成し、11月に初の東京ドームライヴを成功させた。

デビュー10周年以降

2010年代に入ると様々な音楽イベント・フェスに出演するようになり、2014年に『MONSTER baSH』、2017年に『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』『SWEET LOVE SHOWER』にそれぞれ初出演を果たした。また、2013年からはメンバーが中心となり、アミューズ所属のアーティストと共に『Amuse Fes』を定期的に開催している。活動は国内に留まらず、2013年には初の海外ライヴとしてアメリカ韓国台湾の音楽イベントに出演した[31][32]。台湾では2016年に再び音楽イベントに出演し、2017年3月には単独ライヴを開催。

2018年9月8日にデビュー20周年イヤーに突入すると、同日に開催した凱旋野外ライヴ『しまなみロマンスポルノ'18 〜Deep Breath〜』を皮切りに、アリーナツアーの開催、音楽イベント・フェスへの出演、シングル3作品のリリースなど、制作・ライヴともに充実した1年を過ごす。2019年9月7日・8日には20周年イヤーの集大成として自身2度目の東京ドームライヴ『"NIPPONロマンスポルノ'19 〜神vs神〜"』を開催し、公演2日目の9月8日にデビュー20周年を迎えた。

新始動

20周年の華々しい祝祭となった東京ドームライヴ以降、ポルノグラフィティの次なる新展開に向けて、それぞれソロの制作活動に打ち込むようになる[33]。その間、表立ったポルノグラフィティとしての活動は2020年12月の配信ライヴのみであったが、2021年8月2日に『ポルノグラフィティ 2021年 “新始動”』と銘打ち、同年9月からの新始動として新シングル「テーマソング」のリリース、全国ホールツアー『17thライヴサーキット "続・ポルノグラフィティ"』の開催を発表した。

来歴[編集]

メジャーデビュー以前[編集]

1994年 - 1999年9月[編集]

メジャーデビュー以降[編集]

太字はディスコグラフィ、単独ライヴを示す。

1999年9月 - 2004年9月[編集]

2004年9月 - 2009年9月[編集]

2009年9月 - 2014年9月[編集]

2014年9月 - 2019年9月[編集]

2019年9月 -[編集]

ディスコグラフィ[編集]

  • 赤字は再発売作品のリリース日を示す。
  • CDは特記がない限りCD-DA形式の12cmCDを示す。
  • コピーコントロールCDの規格である「レーベルゲートCD」「レーベルゲートCD2」をそれぞれ「LGCD」「LGCD2」と略記。規格の打ち消し線は廃盤を示す。

シングル[編集]

リリース タイトル 規格 販売生産番号 オリコン最高位 初収録アルバム(表題曲のみ)
1st 1999年 9月8日 アポロ 8cmCD SRDL-4618 5位 ロマンチスト・エゴイスト
2006年 3月29日 CD SECL-363 29位
2nd 2000年 1月26日 ヒトリノ夜 8cmCD SRDL-4679 12位
2006年 3月29日 CD SECL-364 30位
3rd 2000年 7月12日 ミュージック・アワー CD SRCL-4861 5位 foo?
4th 9月13日 サウダージ CD SRCL-4901 1位
5th 12月6日 サボテン CD SRCL-4968 1位
6th 2001年 6月27日 アゲハ蝶 CD SRCL-5104 1位 雲をも摑む民
7th 10月17日 ヴォイス CD SRCL-5215 2位
8th 2002年 3月6日 幸せについて本気出して考えてみた CD SRCL-5306 4位
9th 5月15日 Mugen CD SRCL-5360 3位 WORLDILLIA
10th 2003年 2月5日 CD (LGCD) SRCL-5530 3位
2004年 7月7日 CD (LGCD2) SECL-104 -
2006年 1月25日 CD SECL-311
11th 2003年 8月6日 音のない森 CD (LGCD)+DVD SECL-16〜17 (初回生産限定盤) 5位 PORNO GRAFFITTI BEST BLUE'S
※オリジナルアルバム未収録
CD (LGCD) SECL-18
2004年 7月7日 CD (LGCD2) SECL-105 -
2006年 1月25日 CD SECL-312
12th 2003年 9月26日 メリッサ CD (LGCD) SECL-32 2位
2004年 6月21日 CD (LGCD2) SECL-94 -
2006年 1月25日 CD SECL-314
13th 2003年 11月6日 愛が呼ぶほうへ CD (LGCD2) SECL-38 3位 PORNO GRAFFITTI BEST RED'S
※オリジナルアルバム未収録
2005年 10月26日 CD SECL-293 -
14th 2003年 12月3日 ラック CD (LGCD2)+DVD SECL-53〜54 (完全限定生産盤) 1位
15th 2004年 9月8日 シスター CD (LGCD2) SECL-101 2位 THUMPχ
2006年 1月25日 CD SECL-328 -
16th 2004年 11月10日 黄昏ロマンス CD SECL-132 3位
17th 2005年 3月2日 ネオメロドラマティック/ROLL CD SECL-149 2位
18th 8月3日 NaNaNa サマーガール CD SECL-211 3位 m-CABI
19th 11月16日 ジョバイロ/DON'T CALL ME CRAZY CD SECL-263 3位
20th 2006年 6月28日 ハネウマライダー CD SECL-413 2位
21st 10月4日 Winding Road CD SECL-434 1位
22nd 2007年 7月18日 リンク CD SECL-522 2位 ポルノグラフィティ
23rd 2008年 2月13日 あなたがここにいたら CD SECL-587 1位 PORNO GRAFFITTI BEST ACE
※オリジナルアルバム未収録
24th 6月25日 痛い立ち位置 CD SECL-651 3位 PORNO GRAFFITTI BEST JOKER
※オリジナルアルバム未収録
25th 8月20日 ギフト CD+DVD SECL-677〜678 (初回生産限定盤) 2位 PORNO GRAFFITTI BEST ACE
※オリジナルアルバム未収録
CD SECL-679
26th 10月8日 Love,too Death,too CD SECL-707〜708 (初回生産限定盤) 2位 PORNO GRAFFITTI BEST JOKER
※オリジナルアルバム未収録
SECL-709
27th 12月10日 今宵、月が見えずとも CD SECL-743 (初回限定仕様) 2位 ∠TRIGGER
SECL-744
28th 2009年 9月9日 この胸を、愛を射よ CD SECL-999 2位
29th 11月25日 アニマロッサ CD SECL-832 3位
30th 2010年 2月10日 瞳の奥をのぞかせて CD SECL-847 4位
31st 10月27日 君は100% CD SECL-919 2位 PANORAMA PORNO
32nd 2011年 3月2日 EXIT CD+DVD SECL-959〜960 (初回生産限定盤) 5位
CD SECL-961
33rd 9月21日 ワンモアタイム CD SECL-1006 4位
34th 11月23日 ゆきのいろ CD+DVD SECL-1035〜1036 (初回生産限定盤) 8位
CD SECL-1037
35th 2012年 2月8日 2012Spark CD+DVD SECL-1061〜1062 (初回生産限定盤) 3位
CD SECL-1063
36th 9月19日 カゲボウシ CD+DVD SECL-1181〜1182 (初回生産限定盤) 3位 PORNOGRAFFITTI 15th Anniversary
"ALL TIME SINGLES"

※オリジナルアルバム未収録
CD SECL-1183
37th 2013年 3月6日 瞬く星の下で CD+DVD SECL-1292〜1293 (初回生産限定盤) 3位
CD SECL-1294
CD SECL-1295 (期間生産限定アニメ盤)
38th 9月11日 青春花道 CD+DVD SECL-1387〜1388 (初回生産限定盤) 4位
CD SECL-1389
39th 10月16日 東京デスティニー CD+DVD SECL-1396〜1397 (初回生産限定盤) 5位
CD SECL-1398
40th 2014年 9月3日 俺たちのセレブレーション CD+DVD SECL-1568〜1569 (初回生産限定盤) 4位 RHINOCEROS
CD SECL-1570
41st 11月5日 ワン・ウーマン・ショー 〜甘い幻〜 CD+DVD SECL-1603〜1604 (初回生産限定盤) 5位
CD SECL-1605
42nd 2015年 4月15日 オー!リバル CD+DVD SECL-1669〜1670 (初回生産限定盤) 5位
CD SECL-1671
43rd 2016年 5月25日 THE DAY CD+DVD SECL-1922〜1923 (初回生産限定盤) 4位 BUTTERFLY EFFECT
CD SECL-1924
CD SCEL-1925 (期間生産限定アニメ盤)
44th 11月9日 LiAR/真っ白な灰になるまで、燃やし尽くせ CD+DVD SECL-2071〜2072 (初回生産限定盤) 6位
CD SECL-2073
45th 2017年 9月6日 キング&クイーン/Montage CD+DVD SECL-2200〜2201 (初回生産限定盤) 5位
CD SECL-2202
46th 2018年 3月21日 カメレオン・レンズ CD+DVD SECL-2271〜2272 (初回生産限定盤) 6位 ※アルバム未収録
CD SECL-2273
47th 7月25日 ブレス CD+DVD SECL-2307〜2308 (初回生産限定盤) 5位
CD SECL-2309
CD+DVD SECL-2310〜2311 (期間生産限定盤)
48th 9月28日 Zombies are standing out デジタル・ダウンロード - -
49th 12月14日 フラワー デジタル・ダウンロード - -
50th 2019年 7月31日 VS CD+DVD SECL-2460〜2461 (初回生産限定盤) 8位
CD SECL-2462
51st 2021年 9月22日 テーマソング CD+Blu-ray SECL-2701〜2702 (初回生産限定盤) 2位
CD+DVD SECL-2703〜2704 (初回生産限定盤)
CD SECL-2705

配信シングル[編集]

リリース タイトル 備考
2007年 2月28日 m-FLOOD 初の配信限定楽曲。後にベストアルバム『PORNO GRAFFITTI BEST JOKER』にも収録された。
「Zombies are standing out」「フラワー」とは異なり、本作はポルノグラフィティのシングル作品としてはカウントされていない。
2018年 9月28日 Zombies are standing out
12月14日 フラワー
2021年 11月16日 サウダージ - From THE FIRST TAKE 『THE FIRST TAKE』でのパフォーマンスを音源化した作品で、THE FIRST TAKE MUSICよりリリース。
「m-FLOOD」同様、ポルノグラフィティのシングル作品としてはカウントされていない。
テーマソング - From THE FIRST TAKE

アルバム[編集]

オリジナルアルバム[編集]

リリース タイトル 規格 販売生産番号 オリコン最高位 収録シングル表題曲
1st 2000年3月8日 ロマンチスト・エゴイスト CD SRCL-4768 4位
2nd 2001年2月28日 foo? CD SRCL-5039 2位
3rd 2002年3月27日 雲をも摑む民 CD SRCL-5325 2位
4th 2003年2月26日 WORLDILLIA CD SRCL-5499 2位
5th 2005年4月20日 THUMPχ CD SECL-179 1位
6th 2006年11月22日 m-CABI 2CD SECL-456〜457 (初回生産限定盤) 2位
CD SECL-458
7th 2007年8月29日 ポルノグラフィティ CD+DVD SECL-529〜530 (初回生産限定盤) 2位
CD SECL-531
8th 2010年3月24日 ∠TRIGGER CD+DVD SECL-857〜858 (初回生産限定盤) 1位
CD SECL-859
9th 2012年3月28日 PANORAMA PORNO CD+DVD SECL-1107〜1108 (初回生産限定盤) 2位
CD SECL-1109
10th 2015年8月19日 RHINOCEROS CD+DVD SECL-1749〜1750 (初回生産限定盤) 1位
CD SECL-1751
11th 2017年10月25日 BUTTERFLY EFFECT 2CD+DVD SECL-2238〜2240 (初回生産限定盤) 3位
CD SECL-2241

ベストアルバム[編集]

リリース タイトル 規格 販売生産番号 オリコン最高位 収録シングル表題曲
2004年7月28日 PORNO GRAFFITTI BEST RED'S CD (LGCD2) SECL-87 2位
2005年7月27日 CD(CD-DA) SECL-237 -
2004年7月28日 PORNO GRAFFITTI BEST BLUE'S CD (LGCD2) SECL-88 1位
2005年7月27日 CD(CD-DA) SECL-238 -
2008年10月29日 PORNO GRAFFITTI BEST ACE CD SECL-710 1位
PORNO GRAFFITTI BEST JOKER CD SECL-711 2位
2013年11月20日 PORNOGRAFFITTI 15th Anniversary "ALL TIME SINGLES" 3CD+DVD SECL-1431〜1434 (初回生産限定盤) 1位
3CD SECL-1435〜1437

ライヴアルバム[編集]

リリース タイトル 規格 備考
2019年12月20日 “NIPPONロマンスポルノ‘19〜神vs神〜“DAY1 (LIVE) デジタル・ダウンロード 2019年9月7日・8日に開催された『20th Anniversary Special LIVE ”NIPPONロマンスポルノ‘19 〜神vs神〜”』のDAY1(7日公演)のライヴ音源。
“NIPPONロマンスポルノ‘19〜神vs神〜“DAY2 (LIVE) デジタル・ダウンロード 2019年9月7日・8日に開催された『20th Anniversary Special LIVE ”NIPPONロマンスポルノ‘19 〜神vs神〜”』のDAY2(8日公演)のライヴ音源。

映像作品[編集]

ライヴ映像[編集]

リリース タイトル 規格 販売生産番号
2000年 9月6日 Tour 08452 〜Welcome to my heart〜 VHS SRVM-5699
DVD SRBL-1084
2003年 3月26日 "BITTER SWEET MUSIC BIZ" LIVE IN BUDOKAN 2002 DVD SRBL-1188
2004年 3月24日 "74ers" LIVE IN OSAKA-JO HALL 2003 DVD SEBL-20
2005年 3月24日 5th Anniversary Special Live "PURPLE'S" IN TOKYO TAIIKUKAN 2004 DVD SEBL-37
2005年 9月7日 UMD SEUL-10006
2006年 3月29日 7th LIVE CIRCUIT "SWITCH" 2005 DVD SEBL-61
2007年 2月28日 横浜ロマンスポルノ'06 〜キャッチ ザ ハネウマ〜 IN YOKOHAMA STADIUM 2DVD SEBL-66〜67
2011年 12月21日 Blu-ray SEXL-6
2007年 10月31日 "OPEN MUSIC CABINET" LIVE IN SAITAMA SUPER ARENA 2007 2DVD SEBL-85〜86
2011年 12月21日 Blu-ray SEXL-7
2008年 5月21日 "ポルノグラフィティがやってきた" LIVE IN ZEPP TOKYO 2008 DVD SEBL-87
2011年 12月21日 Blu-ray SEXL-8
2009年 1月28日 横浜・淡路ロマンスポルノ'08 〜10イヤーズ ギフト〜 LIVE IN AWAJISHIMA 2DVD SEBL-98〜99
2011年 12月21日 Blu-ray SEXL-9
2009年 10月28日 "ロイヤル ストレート フラッシュ" LIVE IN YOYOGI DAIICHI TAIIKUKAN 2009 2DVD SEBL-116〜117
2011年 12月21日 Blu-ray SEXL-10
2011年 3月9日 "∠TARGET" LIVE IN JCB HALL 2010 2DVD SEBL-126〜128 (初回生産限定盤)
SEBL-129〜130
2011年 12月21日 Blu-ray SEXL-11
2011年 12月21日 つま恋ロマンスポルノ'11 〜ポルノ丸〜 2DVD SEBL-136〜137
Blu-ray SEXL-12
2012年 7月4日 幕張ロマンスポルノ'11 〜DAYS OF WONDER〜 2DVD SEBL-142〜143
Blu-ray SEXL-16
2013年 4月3日 12th LIVE CIRCUIT "PANORAMA×42" SPECIAL LIVE PACKAGE 2DVD+2CD SEBL-148〜151
Blu-ray+2CD SEXL-27〜29
2014年 8月6日 13thライヴサーキット “ラヴ・E・メール・フロム・1999”
Live in MARINE MESSE FUKUOKA
3DVD SEBL‐177~179 (初回生産限定盤)
2DVD SEBL-180〜181
2Blu-ray SEXL-49〜50 (初回生産限定盤)
Blu-ray SEXL-51
2015年 2月25日 神戸・横浜ロマンスポルノ'14 〜惑ワ不ノ森〜 Live at YOKOHAMA STADIUM 3DVD SEBL-185〜188 (初回生産限定盤)
2DVD SEBL-189〜190
2Blu-ray SEXL-56~58 (初回生産限定盤)
Blu-ray SEXL-59
2016年 4月13日 14thライヴサーキット "The dice are cast" Live in OSAKA-JO HALL 2015 3DVD SEBL-205〜207 (初回生産限定盤)
2DVD SEBL-208〜209
2Blu-ray SEXL-73〜74 (初回生産限定盤)
Blu-ray SEXL-75
10月26日 FANCLUB UNDERWORLD 5 Live in Zepp DiverCity 2016 2DVD SEB8-1 (love up! 限定盤)
DVD SEBL-211
Blu-ray SEXL-78
2017年 4月26日 横浜ロマンスポルノ'16 〜THE WAY〜 Live in YOKOHAMA STADIUM 3DVD SEBL-235〜238 (初回生産限定盤)
2DVD SEBL-239〜240
2Blu-ray SEXL-100〜102 (初回生産限定盤)
Blu-ray SEXL-103
12月20日 PORNOGRAFFITTI 色情塗鴉 Special Live in Taiwan 3DVD SEBL-241〜243 (初回生産限定盤)
2DVD SEBL-244~245
2Blu-ray SEXL-109~110 (初回生産限定盤)
Blu-ray SEXL-111
2018年 9月5日 15thライヴサーキット “BUTTERFLY EFFECT”
Live in KOBE KOKUSAI HALL 2018
2DVD SEBL-254〜256 (初回生産限定盤)
DVD SEBL-258
2Blu-ray SEXL-121〜123 (初回生産限定盤)
Blu-ray SEXL-124
2019年 12月25日 16thライヴサーキット“UNFADED” Live in YOKOHAMA ARENA 2019 2DVD SEBL-288〜289
Blu-ray SEXL-145
ポルノグラフィティ 20th Anniversary Special Live Box 7DVD SEBL-280~287 (完全生産限定盤)
4Blu-ray SEXL-140~144 (完全生産限定盤)

ビデオクリップ集[編集]

リリース タイトル 販売生産番号 備考
2001年3月14日 Porno Graffitti Visual Works OPENING LAP VHS SRVM-5715
DVD SRBL-1108
2009年9月9日 COMPLETE CLIPS 1999-2008 5DVD SEBL-100〜104 同日リリースのMV集4枚と特典DVD、ブックレットがセットになったDVD-BOX。
OPENING LAP DVD SEBL-105 Porno Graffitti Visual Works OPENING LAP』をトールケース化して再発売したもの。
PG CLIPS 2nd LAP SEBL-106
PG CLIPS 3rd LAP SEBL-107
PG CLIPS 4th LAP SEBL-108

ミュージックビデオ[編集]

  • 2021年9月より「痛い立ち位置」を除く全シングル表題曲のMV(フルサイズ)を公式YouTubeチャンネルで期間限定公開(51stシングル『テーマソング』リリース記念)。

その他の作品[編集]

インディーズ時代の作品[編集]

未音源化楽曲[編集]

デモ作品[編集]

カバー楽曲[編集]

書籍[編集]

受賞歴[編集]

受賞 受賞作品
1999年 第37回ゴールデンアロー賞 新人賞(音楽) アポロ
2000年 第33回日本有線大賞 有線音楽優秀賞(ポップス) サウダージ
2002年 第16回日本ゴールドディスク大賞 ソング・オブ・ザ・イヤー アゲハ蝶
ロック・アルバム・オブ・ザ・イヤー foo?
第35回日本有線大賞 有線音楽優秀賞(ポップス) Mugen
2004年 第18回日本ゴールドディスク大賞 ソング・オブ・ザ・イヤー メリッサ
2005年 第19回日本ゴールドディスク大賞 ロック&ポップ・アルバム・オブ・ザ・イヤー PORNO GRAFFITTI BEST RED'S
PORNO GRAFFITTI BEST BLUE'S

タイアップ一覧[編集]

起用楽曲(リリース順)
太字はシングル表題曲を示す
タイアップ
アポロ 1999年 ここがヘンだよ日本人』エンディングテーマ
ヒトリノ夜 2000年 テレビアニメ『GTO』オープニングテーマ・主題歌
ミュージック・アワー 2000年 大塚製薬ポカリスエット』2000年度CMソング
サウダージ 2000年 ワンダフル』 ミニドラマ主題歌
2000年 <自身出演> 大塚製薬『ポカリスエット』2000年度(ミュージックリーグver.)CMソング
2016年 UHFアニメ『ReLIFE』第7話エンディングテーマ
アゲハ蝶 2001年 <自身出演> エフティ資生堂『ティセラ・トコナッツココナッツ』CMソング
Mugen 2002年 2002 FIFAワールドカップNHK放送テーマソング
Go Steady Go! 2002年 『2002 FIFAワールドカップ』NHK放送イメージソング
2003年 テレビドラマ『スカイハイ』主題歌
ワールド☆サタデーグラフティ 2003年 ポップジャム』エンディングテーマ
メリッサ 2003年 テレビアニメ『鋼の錬金術師』第1クール オープニングテーマ
愛が呼ぶほうへ 2003年 テレビドラマ末っ子長男姉三人』主題歌
2019年 HTVテレビ派」×NHKお好みワイドひろしま」コラボレーション企画『がんばろう!広島を元気に! 』テーマミュージック
黄昏ロマンス 2004年 テレビドラマ一番大切な人は誰ですか?』主題歌
ネオメロドラマティック 2005年 ダイハツ工業ムーヴカスタム』CMソング (2005年1月 - 4月)
ROLL 2005年 <自身出演> 武田食品工業C1000タケダ ビタミンレモン』CMソング
ジョバイロ 2005年 テレビドラマ今夜ひとりのベッドで』主題歌
DON'T CALL ME CRAZY 2005年 ダイハツ工業ムーヴカスタム』CMソング(2005年9月 - 12月)
ハネウマライダー 2006年 大塚製薬『ポカリスエット』2006年度CMソング
Winding Road 2006年 テレビアニメ『天保異聞 妖奇士』第1クール エンディングテーマ
リンク 2007年 富士重工業スバル・インプレッサ』CMソング(2007年6月 - 2008年5月)
あなたがここにいたら 2008年 映画『奈緒子』主題歌
ギフト 2008年 映画『フライング☆ラビッツ』主題歌
A New Day 2008年 富士重工業『スバル・インプレッサ』CMソング(2008年10月 - 12月)
約束の朝 2008年 味の素クノール カップスープ』CMソング(2008年10月 - 12月)
今宵、月が見えずとも 2008年 映画『劇場版BLEACH Fade to Black 君の名を呼ぶ』主題歌
2009年 PSP専用ゲームソフト『BLEACH〜ヒート・ザ・ソウル6〜』オープニングテーマ
この胸を、愛を射よ 2009年 レコチョク』CMソング
アニマロッサ 2009年 テレビアニメ『BLEACH』第11期オープニングテーマ
瞳の奥をのぞかせて 2010年 テレビドラマ『宿命 1969-2010 -ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京-』主題歌
Rainbow 2010年 天皇杯 全国都道府県対抗男子駅伝競走大会』テーマソング(第15回 - 現在)
GET IT ON 2010年 <自身出演> ペプシコーラ『ペプシネックス』CMソング
EXIT 2011年 テレビドラマ大切なことはすべて君が教えてくれた』主題歌
ワンモアタイム 2011年 スッキリ!!』2011年9月度エンディングテーマ
2012Spark 2012年 映画『逆転裁判』主題歌
カゲボウシ 2012年 テレビドラマ『つるかめ助産院〜南の島から〜』主題歌[40]
瞬く星の下で 2013年 テレビアニメ『マギ The labyrinth of magic』第2クール オープニングテーマ

エピキュリアン

2013年 BMWMINI」CMソング[41]
東京デスティニー 2013年 COUNT DOWN TV』2013年10月・11月度オープニングテーマ
俺たちのセレブレーション 2014年 『スッキリ!!』2014年9月度エンディングテーマ
オー!リバル 2015年 映画『名探偵コナン 業火の向日葵』主題歌
THE DAY 2016年 テレビアニメ『僕のヒーローアカデミア』第1クール オープニングテーマ
LiAR 2016年 『スッキリ!!』2016年11月度エンディングテーマ
真っ白な灰になるまで、燃やし尽くせ 2016年 魁!ミュージック』11月度マンスリーアーティスト
キング&クイーン 2017年 2017年ワールドグランドチャンピオンズカップ』日本テレビ系列放送テーマソング
Montage 2017年 テレビアニメ『パズドラクロス』第3期オープニングテーマ
Working men blues 2017年 Amazonオリジナルドラマシリーズ『チェイス 第1章』主題歌
カメレオン・レンズ 2018年 テレビドラマホリデイラブ』主題歌
ブレス 2018年 映画 『劇場版ポケットモンスター みんなの物語』主題歌[42]
Zombies are standing out 2018年 <自身出演> ソニーウォークマン NW-A50シリーズ」Web CMソング[43]
フラワー 2018年 映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」主題歌[44]
VS 2019年 テレビアニメ『MIX』第2クールオープニングテーマ[45]
一雫 2020年 第37回全国都市緑化ひろしまフェア『ひろしまはなのわ2020』公式テーマソング[46]

ライヴ[編集]

特徴[編集]

ライヴバンドとして圧倒的な実力を誇り、パフォーマンスは勿論、会場全体を巻き込む力に非常に長けている[6][47][48]

  • ライヴの中では「Before Century」と呼ばれるコールアンドレスポンスが定番となっており[注 66]、岡野の「Everybody say?」という呼びかけに対して、観客が「Fu-! Fu-!」と合いの手を入れる[注 67]。その他、観客は踊り[注 68]・タオル回し[注 69]・手拍子[注 70]・合いの手やコーラス参加[注 71] などで盛り上がる。
  • ジレンマ」「ライラ」といった楽曲はアンコールでの披露が定着している。

単独ライヴ[編集]

  • 主なライヴは、日本全国のホールやアリーナを回るライヴツアー『ライヴサーキット』と単発のスペシャルライヴ『ロマンスポルノ[注 72]』である。その他にファンクラブ限定ライヴ『FANCLUB UNDERWORLD』や単発のスペシャルライヴなどを開催している。
  • 先述の通り広島県での公演は地元ということもあり特別な意味合いを持ち合わせている。
  • 2006年以降のロマンスポルノとアリーナツアー(ライヴサーキット)では、ライヴナビゲーターと呼ばれるライヴ毎のオリジナルキャラクターが登場している。

1999年 - 2003年[編集]

2004年 - 2009年[編集]

2010年 - 2014年[編集]

2015年 - 2019年[編集]

2020年 -[編集]

音楽イベント・フェス[編集]

  • 各地のライヴイベントや各音楽関係者主催のイベントにも精力的に参加している。
  • 2013年より、アミューズの所属アーティストが一堂に会する『Amuse Fes』をメンバーが中心となって開催している。

出演[編集]

ラジオ[編集]

放送局 番組名 放送開始 放送終了 備考
FM FUJI HOT NIGHT GONG 1999年3月 1999年10月
bayfm 限界ポルノラジオ 1999年7月7日 2002年3月25日
AIR-G' SOUND OF NUDE 1999年10月2日 1999年12月25日
TOKYO-FM ラジオ黄金時代 PART2 MIDNIGHT BEAT 1999年10月4日 2000年3月27日
FM愛媛 ポルノグラフィティ ミカン果汁1% 1999年10月9日 2000年9月
ニッポン放送 ポルノグラフィティのR317 2000年3月28日 2000年12月26日 加藤晴彦の@llnightnippon.com」内で放送されていたミニ番組で、「ポルノグラフィティのallnightnippon SUPER!」の前身番組。
ニッポン放送 ポルノグラフィティのallnightnippon SUPER! 2001年1月10日 2003年3月 レギュラー放送終了後も「ポルノグラフィティのオールナイトニッポン」として、2003年11月7日・2006年11月21日・2012年3月28日・2013年5月27日・2016年7月27日に復活放送。

音楽番組[編集]

NHK紅白歌合戦[編集]

  • 出場回数:13回 ※バンドとしてはTOKIO(24回)に次ぐ歴代2位(2020年時点)

ミュージックステーション[編集]

日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト[編集]

  • 出演回数:17回 ※(19回)に次ぐ歴代2位
放送年 出演回数 演奏披露曲 備考
2001年 アゲハ蝶 初回放送のトップバッターを務めた。
2002年 2 Mugen
2004年 3 黄昏ロマンス
2005年 4 ジョバイロ
2006年 5 ハネウマライダー
2008年 6 今宵、月が見えずとも
2009年 7 サウダージメリッサミュージック・アワーアニマロッサ
2010年 8 アポロ君は100%
2011年 9 ハネウマライダー/アゲハ蝶/ゆきのいろ
2012年 10 カゲボウシ/メリッサ/ミュージック・アワー
2013年 11 アポロ/サウダージ
2014年 12 ハネウマライダー/俺たちのセレブレーション
2015年 13 オー!リバル
2016年 14 LiAR
2017年 15 キング&クイーン
2018年 16 フラワー
2021年 17 テーマソング 850日ぶりの音楽番組出演。

その他[編集]

FNS歌謡祭[編集]
出演 放送日時 出演回数 演奏披露曲 備考
2000年 12月7日 サウダージ
2001年 12月6日 2 ヴォイス
2014年 12月3日 3 サウダージ
ワン・ウーマン・ショー 〜甘い幻〜
2015年 12月2日(第一夜) 4 オー!リバル
アポロ 高見沢俊彦THE ALFEE)とのコラボ
2016年 12月14日(第二夜) 5 サウダージ
LiAR
SONGS[編集]
  • 2010年3月17日(第128回)「ポルノグラフィティ」[87]
  • 2013年11月30日(第281回)「ポルノグラフィティ」[88]
  • 2018年9月22日(第469回)「ポルノグラフィティ ポルノグラフィティ×密着・20年目のふるさとライブ[89]
HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP[編集]
  • 出演回数:30回(レギュラー放送終了後含む) ※歴代8位[90]
    • メジャーデビュー後初めて出演した音楽番組[91]
COUNT DOWN TV[編集]
  • 出演回数:38回 ※歴代1位(2018年3月時点) [92]
    • 番組10周年・15周年・20周年・25周年の各特番に出演し、25周年特番では大トリを務めた[92]

CM[編集]

その他の音楽活動[編集]

バンド[編集]

罪と罰
  • ボーカル兼ベース・新藤ガナリ(新藤晴一)、ギター・キャノンボール(Tama)、ドラムス・桂三枝(岡野昭仁)からなるパートチェンジバンド。
  • 2002年9月24日の『5thライヴサーキット "BITTER SWEET MUSIC BIZ"』Special Live House公演と、2002年12月30日の年末スペシャルライヴ『 "BITTER SWEET MUSIC BIZ"』で前座を務めた。
  • 再結成については「キャノンボールがやるっていえば(また)やる」とのことだが、2004年にTama(キャノンボール)が脱退したため、もう1度見るのは難しいと思われる。
サトイモトイモ
  • 2005年11月8日、ESAKA MUSEで行われた『スピニング・トー・江坂』に出演した際のバンド名。
  • メンバーの希望によりライブハウスでの演奏が実現したが、ライブハウス等に迷惑をかけてしまう可能性を考慮し、事前発表はされず事後報告となった。また、メンバー自らがチケットの販売や機材の持ち込みなども行った。オープニングナンバーの「Jazz up」や「ライオン」「ジレンマ」などインディーズ時代からの楽曲を中心に披露した。
  • 「サトイモトイモ」の名付け親はnang-changだが、命名時は「ヤマイモマイモ」であり、いつのまにか「サトイモトイモ」に変わってしまったという。

参加作品[編集]

シングル[編集]

リリース タイトル 規格 備考
2011年 4月20日 Let's try again デジタル・ダウンロード チーム・アミューズ!!の東日本大震災チャリティーソング。
5月26日 CD+DVD

アルバム[編集]

コンピレーションアルバム
リリース タイトル 収録曲 規格 備考
2001年10月24日 PROJECT 2002 The Monsters サウダージ CD(日本版) 韓国版ではスペルが間違っており、「Pornograffitty」となっている。
Disc2は日本人アーティストを紹介するVCDで、MVが収録されている。
Saudade
「Saudade」 Video Clip(Disc2)
CD+DVD(韓国版)
2002年5月29日 2002 FIFA WORLD CUP OFFICIAL ALBUM
〜SONGS OF KOREA / JAPAN〜
Go Steady Go! CD
2008年3月26日 Anime×Music Collaboration 39 '02-'07 メリッサ
Winding Road
CD
オムニバスアルバム
リリース タイトル 収録曲 規格
2004年10月14日 鋼の錬金術師 COMPLETE BEST メリッサ CD+DVD(期間限定生産盤)
2005年2月23日 CD
2012年2月29日 鋼の錬金術師 THE BEST メリッサ CD
2017年3月22日 劇場版 名探偵コナン 主題歌集 〜“20”All Songs〜 オー!リバル CD
トリビュートアルバム
リリース タイトル 収録曲 規格 備考
2006年4月26日 Words of 雪之丞 POISON布袋寅泰 CD 森雪之丞とはアミューズの先輩後輩の間柄で、かねてから親交があった。
2017年6月7日 今日までもそして明日からも、吉田拓郎
tribute to TAKURO YOSHIDA
永遠の嘘をついてくれ吉田拓郎 CD 吉田拓郎とは同郷の先輩後輩の間柄で、かねてから親交があった。
アレンジをtasukuが手掛けている。

映像作品[編集]

リリース タイトル 規格 備考
2005年12月21日 ap bank fes '05 DVD 2005年に参加した『ap bank fes '05』のライヴ映像。
「アゲハ蝶」が収録されている。
2006年12月20日 ap bank fes '06 DVD 2006年に参加した『ap bank fes '06』のライヴ映像。
「メリッサ」が収録されている。
2013年5月1日 ap bank fes '12 Fund for Japan DVD/Blu-ray 2012年に参加した『ap bank fes '12 Fund for Japan』のライヴ映像。
「2012Spark」が収録されている。
2018年11月28日 スガフェス!20th ANNIVERSARY LIMITED EDITION DVD/Blu-ray 2017年に参加した『スガフェス!~20年に一度のミラクルフェス~』のライヴ映像。
スガシカオと共に披露した「黄金の月〜SWEET BABY〜コノユビトマレ」のメドレーがそれぞれ収録されている。
スガフェス!~20年に一度のミラクルフェス~ DVD/Blu-ray

エピソード[編集]

[編集]

自他共に認める雨バンドであり、野外・屋内問わずライヴの天候に恵まれないことが多い[93]

特に横浜スタジアムでは、これまでに2006年・08年・14年・16年に各2公演(計8公演)を開催しているが、2006年7月23日・2008年9月7日・2014年9月20日・2016年9月3日の計4公演で雨が降っている。この内、開演直後から雷を伴うゲリラ豪雨が直撃した2008年9月7日公演(『横浜・淡路ロマンスポルノ'08 〜10イヤーズ ギフト〜』)は、メンバー・ファンから「伝説の豪雨ライヴ[注 75]」と呼ばれており、“雨バンド”と呼ばれるポルノグラフィティの逸話となっている[94]

『13thライヴサーキット “ラヴ・E・メール・フロム・1999”』では、ツアー初日・最終日を含む大半の公演で雨が降り、名古屋・徳島公演では雪が降っている。また、『しまなみロマンスポルノ’18 〜Deep Breath〜』では、歌詞に"雨"が登場する「サボテン」披露中に雨脚が更に強まり、その後演出で使用したスモークが雨の影響で会場内に籠ってしまい、会場をフロートで移動しながら歌唱する岡野がスモークで見えなくなる。『ap bank fes’12』でのMCでリハーサル中に土砂降りになった話をした直後に小雨が降り始めるといった数々のエピソードがある。また、雨対策グッズとして2014年にてるてる坊主、2015年に折りたたみ傘、2018年に背中に「#雨など降らぬ」とプリントされたポンチョをライヴグッズとして販売している。

これらのエピソードを受け、新藤は「雨男は(岡野)昭仁のほう」と主張しているが、それに対し岡野は「プライベートで野球をやろうと8回企画して、8回とも中止になった(新藤)晴一のほうが雨男」と反論している[95]

チャレンジグッズ[編集]

Tシャツやタオルといった定番のグッズの他に、チャレンジグッズと呼ばれる変わりダネのグッズが定番となっている。

2007年に『8thライヴサーキット "OPEN MUSIC CABINET"』のライヴグッズとしてギターストラップを販売した際に、メンバーが「そんなもの売れる!?」「すごくチャレンジングで面白い!」と感じたことがきっかけで誕生したグッズの枠で、担当スタッフは「メンバーの想像を超えるものを提案することに必死になってきました」とコメントしている[96]。近年では「ぬか漬けキット」「デ・ウス(臼と杵)」「グリーンバックセット」といったチャレンジグッズを販売しており、度々SNSで話題を呼んでいる[97]

関連人物[編集]

  • aiko
    • インディーズ時代からの仲で、ラジオでのメンバーとの共演をきっかけに岡野・新藤・Tama・aikoの4人でじゃけん4兄妹を結成した。
    • お互いのライヴに行くこともあり、お互いのアルバムのスペシャルサンクス欄には「aiko」「porno graffitti」とそれぞれ記載されている。
  • 東ちづる
    • 因島出身の芸能界の先輩。岡野と新藤にとっては因島高校の先輩でもある。
    • 『ポルノグラフィティ ライブ in 因島』(2005年11月)にメッセージを寄せており、『HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP』(2007年7月23日放送回)にポルノグラフィティが出演した際には東がゲストとして登場している。
  • 井口理King Gnu
    • 中学時代に同級生から借りた『PORNO GRAFFITTI BEST BLUE'S』『PORNO GRAFFITTI BEST RED'S』がきっかけでポルノグラフィティを敬愛しており、自身のラジオ番組ではポルノの楽曲を度々流していた。
    • 2019年6月にはポルノグラフィティの20周年を記念したカラオケ企画『King Gnu 井口理 presents 勝手にポルノグラフィティ20th Anniversary Radio』を開催。井口は「ミュージック・アワー」「Winding Road」を歌唱し、岡野から番組にリクエストメールが送られ、リクエストに応え「サボテン」を歌唱した。翌年3月にもカラオケ企画『King Gnu 井口理 presents 勝手にポルノグラフィティ21st Anniversary Radio』を開催。「アポロ」「Zombies are standing out」を歌唱後、前回に引き続き岡野からリクエストメールと音声コメントが送られ、リクエストに応え『ミュージック・アワー』を歌唱している途中、岡野がサプライズで登場した。その後、岡野と井口のツインボーカルで『アゲハ蝶』を歌唱した。
    • 岡野は2021年4月に開催した配信ソロライヴ『DISPATCHERS』にて、カバー返しとしてKing Gnuの楽曲「白日」を披露。MCでは先述のラジオでの共演をきっかけに、井口と連絡を取り合っていることを明かした。
  • 今井隆文
    • アミューズの後輩。
    • 公式YouTubeチャンネルの配信番組「ポルノグラフィティの“しまなみテレビ”」公式キャラクター兼MCはっさくメガネとしてファンにはお馴染みの人物。はっさくメガネとしてライヴ内の演出にも度々登場している[注 76]
  • official髭男dism
  • 亀田誠治
  • かもめんたる
    • WAGE時代からの付き合いで、公私ともに仲が良い。
    • 2020年12月に『ポルノグラフィティ初のオンラインライブ前夜祭』(AbemaTV)にも出演した。
  • 杏子
  • KinKi Kids
  • 黒田倫弘
  • GLAY
    • GLAY EXPO 2001』にポルノグラフィティが応援メッセージを寄せ、『THE 夢人島 Fes.2006』『テレビ朝日ドリームフェスティバル 2011』で共演を果たした。
    • 2012年にはTAKUROTERUが『別冊カドカワ 総力特集 ポルノグラフィティ 「挑戦」』にコメントを寄せた。
    • 2019年10月の『幕張メッセ×bayfm 30th ANNIVERSARY SPECIAL THANKS PARTY』(台風の影響で中止)では、新藤がGLAYのステージに参加する予定であった[98]
  • 小島よしお
    • 『東京ロマンスポルノ'09 〜愛と青春の日々〜』に映像出演した。
  • 桜井和寿Mr.Children
  • サザンオールスターズ
    • アミューズの大先輩で、所属事務所を決める際には「サザンと同じ事務所に入りたい」と言ったとされている。
    • 2006年には桑田佳祐の呼びかけで『THE 夢人島 Fes.2006』に参加し、2010年の年末には療養中だった桑田に代わり、横浜アリーナでカウントダウンライヴを開催した。
  • スガシカオ
    • 岡野と公私共に親交が深い[注 77]岡野のラジオには3度ゲスト出演しており、岡野のソロライヴへのゲスト出演、ソロ楽曲「その先の光へ」の作詞を手掛けるなどしている。
    • ポルノグラフィティとしても『僕らの音楽』で「黄金の月」をセッションしたことがあり、『スガフェス!〜20年に一度のミラクルフェス〜』(2017年)にも出演している。
  • 関本賢太郎(元阪神タイガース
    • 『5th Anniversary Special Live "PURPLE'S"』大阪公演(2004年12月)に同僚の福原忍と共に参加したことがきっかけで親交があり、2005年から現役引退まで使用していた登場曲「Everybody Say!」はポルノグラフィティが提供したものである。
  • 高橋優
  • 田辺哲男
    • 岡野の趣味であるバス釣りの第一人者で、岡野のバス釣りの師匠。
    • 共に釣行することもあり、田辺曰く「やはりアーティストの突っ込み度合いは尋常ではなく、どんどん上手くなっている」とのこと。
  • Perfume
    • アミューズの後輩で、同じ広島県出身。岡野と新藤のラジオにもそれぞれゲスト出演している。
    • 新藤の意向で「痛い立ち位置」のMVに出演し、MVでのみ楽曲の一部を歌唱している。
  • 平岡祐太
  • 福田麻由子
    • 芸能界きってのポルノファンとして知られている[99]
    • 岡野のラジオにゲスト出演したこともあり、2020年12月には『ポルノグラフィティ初のオンラインライブ前夜祭』(AbemaTV)に出演した。
  • 福山雅治
    • アミューズの大先輩。
  • Flumpool
    • アミューズの後輩。
  • 松村沙友理(元乃木坂46
    • 鋼の錬金術師』の主題歌であった「メリッサ」でファンになり、ポルノグラフィティとの出会いがその後自身がアイドルになるきっかけになったという[注 78]
    • 現在もファンクラブに入っており、ライヴにも参加している。実際に『14thライヴサーキット "The dice are cast"』大阪城ホール公演(2015年12月)の生中継・ライヴDVD/Blu-rayの映像には観客席にいる松村の姿が映り込んでいる。
    • 2020年12月には『ポルノグラフィティ初のオンラインライブ前夜祭』(AbemaTV)に出演し、15分に渡ってポルノグラフィティ愛を語った。
  • 湊かなえ
    • 因島高校の先輩[100] で、岡野にとって中高の先輩でもある。後に『カフェイン11』にもゲスト出演している。
    • 2012年には『別冊カドカワ 総力特集 ポルノグラフィティ 「挑戦」』にイマジナリー・ノベル「Aokage」を寄稿した(同作は後に自身のエッセイ集『山猫珈琲』にも収録)。
  • 森ハヤシ
    • ライヴの前説の企画・演出を手掛けたことがあり、『FANCLUB UNDERWORLD 3』では司会も務めた。
  • 米津玄師
    • 岡野は自身のソロライヴで二度「アイネクライネ」を歌唱しており、スガシカオと共にライヴに足を運んだこともあるという[101]
    • 米津も自身のTwitterで「ポルノは小学生の頃から好きで、個人的にはメリッサが思い入れも深く今なお大切な曲」「大きな影響を受けていると思う」とツイートしている[102]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ イタリア語の graffito の複数形「graffiti」は t が一つでそれとは異なる。
  2. ^ 所属レーベル「SME Records」が属するレコード会社の変遷は以下の通り(詳細は所属レーベルの記述を参照。)。
  3. ^ 当時の大阪には女子高生尿道結石餃子大王、膀胱チョップといった名称のバンドがいた。
  4. ^ 位置付けとしては田村充義がディレクター、本間昭光がプロデューサー兼アレンジャーである。
  5. ^ 小畑"PUMP"隆彦はデビュー前から、NAOTOは2001年11月から、ただすけは2003年7月から、野崎森男は2004年7月からそれぞれサポートを務めていた。
  6. ^ 2009年11月までの期間、ドラムスは松永以外にも野崎真助村石雅行がサポートを務めることがあった。NAOTOは引き続きサポートを務めていたが、『9thライヴサーキット "ポルノグラフィティがやってきた"』『FANCLUB UNDERWORLD 3』のみサポートから外れている。
  7. ^ 2007年から2009年にかけてのライヴでサポートを務めた松永・村石・根岸・本間といったベテランミュージシャンたちの演奏に不満があったわけではなく、世代やスキルの違いから「音楽的な会話」でついていけないことがあったことから、ライヴにおいて「俺たちの声で会話したい」というメンバーを求めたという。そのため松永・村石・根岸らはサポートを離れた現在でも度々レコーディングに参加している。
  8. ^ 基本的には4人+1人の5人編成が多く、+1人はNAOTO(Vn./2010年-14年)→藤井洋(Key./2013年-14年)→くわG(Per./2015年-16年)→tasuku(Gt./2017年-)と入れ替わっている。4人編成は2013年頃から2016年頃にかけての参加イベントで頻繁に見られた。
  9. ^ 歌詞中では「It's so easy!!」となっている。
  10. ^ その他にも15thシングル『シスター』収録の「Human Being」の楽曲名は、ガンズ・アンド・ローゼズのカバーアルバム『ザ・スパゲッティ・インシデント?』収録の「Human Being」の引用である。
  11. ^ 杏子役の女の子も立てたツインボーカルのバンドで、岡野もコーラスとして参加していた(後述)。
  12. ^ エクストリームはバンド名の由来になっている他、新藤とヌーノ・ベッテンコートは同じ9月20日生まれでもある。
  13. ^ 7thシングル『ヴォイス』より現名義で活動している。
  14. ^ 稲妻サンダー99」「俺たちのセレブレーション」「REUNION」のように共同で作詞を手掛けることもある。2人以外が作詞を手掛けたオリジナル曲は以下の3曲のみ。
  15. ^ それまで色々なアーティストのアレンジ等を手掛けていたことから、「先入観がないように」という理由で、ポルノグラフィティの楽曲制作においてはak.homma名義で活動していた(7thシングル『ヴォイス』のみ本間昭光名義)。
  16. ^ アポロ」「ヒトリノ夜」「ミュージック・アワー」「サウダージ」「アゲハ蝶」「ヴォイス」「Mugen」「メリッサ」「愛が呼ぶほうへ」「シスター」「ネオメロドラマティック」「ジョバイロ」「ハネウマライダー」「あなたがここにいたら」といったシングル表題曲はいずれもこの組み合わせによるもので、黄金コンビと呼ばれている。また、この組み合わせで他アーティストに楽曲を提供することもある。
  17. ^ 岡野は11thシングル『音のない森』(2003年)、新藤は16thシングル『黄昏ロマンス』(2004年)で初めてシングル表題曲の作曲を担当した。
  18. ^ EXIT」のみ新藤晴一・ak.hommaの共同作曲。
  19. ^ 同作から2004年7月のベストアルバム2作までは「ak.homma, ポルノグラフィティ」、2004年9月の15thシングルより「ak.homma, Porno Graffitti」とクレジットに表記された。
  20. ^ 「愛が呼ぶほうへ」は中止となった公演2日目でも因島高校の生徒たちと披露する予定であった。
  21. ^ この二人は「my 80's」でも歌詞に登場している(山本→浩二、衣笠→鉄人)。また、山本浩二は『しまなみロマンスポルノ'18 〜Deep Breath〜』の開演時に「それ行けカープ」をBGMに開催宣言を行っている(事前収録)。
  22. ^ バンド名の由来は、当時のドラマーが「わしはスコア見なくても叩けるで」と言ったことから。
  23. ^ 岡野がバンドに加わったのは1991年(高校2年)頃。新藤と一緒に行ったカラオケで歌の上手さを買われ、「秋の文化祭でコーラスとして参加してくれないか」と誘われたという。
  24. ^ Tamaはベースのメンバーが受験勉強の為に抜けてしまったことから新藤の従兄弟に誘われ、「面白そうだから」と1992年(高校3年)頃に加入。
  25. ^ ギター担当になったのは、新藤がボーカルを担当した高校2年の文化祭後にドラムスの従兄弟から「おまえ、ギターやらん?」と言われたため。
  26. ^ デモテープには3曲が入っており、その内の1曲は「ジレンマ」である。
  27. ^ 心斎橋筋2丁目劇場はダウンタウン今田耕司ナインティナイン雨上がり決死隊などを輩出した若手芸人の登竜門で、当時は中川家千原兄弟海原やすよ・ともこ二丁拳銃らが出演していた。
  28. ^ アミューズと契約した理由については岡野曰く「どうしても憧れであったサザンオールスターズと同じ事務所に入りたかったから」だという。
  29. ^ 後に岡野と新藤は「買い戻せるならあの時間をお金で買い戻したい」と語っている。
  30. ^ 彼らの出身地である広島県因島市(現・尾道市)ではかなり話題だったようで、因島を擁する広島県のチャートでは1位だったという。
  31. ^ その後計13回、2004年からは11年連続で出場。
  32. ^ メンバーが2人になったことで、メディアからは「2人組ユニット」として紹介されることもあるが、本人達は「2人組バンド」と主張している。実際に「2人組バンド」としてB'zLOVE PSYCHEDELICODo As Infinityが存在する。
  33. ^ 単独ライヴだけでなく、参加イベントもカウントに含まれている。(『"ロイヤル ストレート フラッシュ" LIVE IN YOYOGI DAIICHI TAIIKUKAN 2009』)
  34. ^ シングル・アルバム通じて自身初のオリコンチャート1位を獲得し、出荷枚数で初のミリオンセラーとなる。
  35. ^ ライヴ名は『ポルノ学園祭』。3日は京都ノートルダム女子大学の学園祭、12日はノートルダム清心女子大学の学園祭に出演。
  36. ^ 新藤曰く「城天は誰でも自由にやれる場所であって、"お休みしていた城天に久しぶりに出た"という感じ」であり、ゲリラライヴとは捉えていないという。(「ワイラノクロニクル」P.95)
  37. ^ 自身最高の初動売上を記録し、アルバムでは初のミリオンセラーとなる。
  38. ^ 出荷枚数でシングル2作目のミリオンセラーとなる。
  39. ^ 31日公演は初の単独カウントダウンライヴとなる。
  40. ^ 同作品よりCCCDでの発売へ移行(『シスター』まで)
  41. ^ 販売元はソニー・ミュージックエンタテインメント→後にソニー・ミュージックディストリビューション
  42. ^ 翌月にTamaが脱退を発表したため、結果として3人体制ラストライヴとなった。また、大阪城公園内の城天ストリートではインディーズ時代に数多くのライヴを行っており、ポルノグラフィティの原点とも言える場所で3人体制ラストライヴを行ったことになった。
  43. ^ この作品以降はCCCDではなくCD-DA規格での発売に戻る。
  44. ^ オリジナルアルバムでは初のオリコン1位を獲得。
  45. ^ リリース当時は8cmシングルでリリース。
  46. ^ 同ツアーでは史上初(当時)となる全国6ヶ所のZeppでの4Days公演を実施し、ツアー最終日にライヴ公演全47都道府県制覇を達成。
  47. ^ 6日・7日に横浜スタジアム、14日・15日に淡路島国営明石海峡公園芝生広場で開催。
  48. ^ 第7000回目の放送。
  49. ^ love up!10周年記念公演と銘打ったlove up!会員限定ライヴで、31日公演は6年ぶりのカウントダウン公演となった。元々、桑田佳祐が年末恒例の横浜アリーナ公演を行う予定だったが、食道がんの療養中だったため事務所の後輩であるポルノグラフィティが横浜アリーナを借り受けた。
  50. ^ その後5月25日にCDリリース。
  51. ^ 東日本大震災にて被害を受けた東北沿岸部の漁港に船(まるぽ丸)を贈るため、ライヴ会場に設置した義援金箱の義援金とチャリティグッズの収益を船の購入資金とし、漁船を寄贈した。
  52. ^ Blu-ray盤がリリースされた6作品は以下の通り。*『横浜ロマンスポルノ'06 〜キャッチ ザ ハネウマ〜 IN YOKOHAMA STADIUM
  53. ^ 「ミュージック・アワー」「メリッサ」「愛が呼ぶほうへ」「ハネウマライダー」「今宵、月が見えずとも」「君は100%」「EXIT」「ワンモアタイム」「ゆきのいろ」と、新曲「2012Spark」のビデオクリップ10作品が同年4月25日までフルサイズで期間限定公開された。
  54. ^ この放送回ではポルノグラフィティの出演直後に翌年3月での番組終了が発表された。
  55. ^ 日本語字幕版、吹き替え版は別作品として配信。
  56. ^ 広島東洋カープの25年ぶりのリーグ優勝を記念し、カープファンのアーティストが集結した。
  57. ^ 2013年〜15年にヤマハリゾートつま恋で開催した『Amuse Fes BBQ in つま恋 〜僕らのビートを喰らえコラ!〜』を1年の休止を経て、季節も場所もリニューアルしての開催。
  58. ^
  59. ^ 同日予定されていたライヴビューイングも中止され、WOWOWによる生中継は同年3月に放送された『15thライヴサーキット "BUTTERFLY EFFECT"』に差し替えられた。
  60. ^ 11月9日には10月20日の収録上映を行った。
  61. ^ ただすけが約11年半ぶりにサポートメンバーとして演奏参加した。
  62. ^ 広島パルコで10月4日-14日、hmv museum 心斎橋で10月25日-11月4日の期間で開催。
  63. ^ 6日は9月7日公演、7日は9月8日公演の模様を上映。
  64. ^ 当初は2021年3月に公開予定だったが、新型コロナウイルスの感染状況を鑑みて延期されていた。
  65. ^ レーベルはTHE FIRST TAKE MUSIC
  66. ^ 「Before Century」の後は「Century Lovers」を披露するのが通例だが、『「Before Century」のあとに「Century Lovers」に行かなくても盛り上がるのではないか』というアイデアから、近年では「ミュージック・アワー」「ハネウマライダー」などのライヴ定番曲を披露することもある。
  67. ^ この他「ネガポジ」「Mugen」でもコールアンドレスポンスが行われることがある。
  68. ^ ミュージック・アワー」の変な踊り、「マシンガントーク」のモンキーダンスなど。
  69. ^ ハネウマライダー」「Ohhh!!! HANABI」
  70. ^ アゲハ蝶」「ジョバイロ」「Love,too Death,too」「オー!リバル」といったラテン調の楽曲や「Please say yes, yes, yes」など。
  71. ^ 合いの手は「Hard Days, Holy Night」「A New Day」など。コーラス参加は「アゲハ蝶」「オー!リバル」「キング&クイーン」「ブレス」や、「パレット」「Mugen」「ワンモアタイム」など。
  72. ^ メジャーデビュー前後に数回開催されて以降、長らく陽の目を見ることはなかったが2006年に復活。その後はスタジアム級の『スペシャルライヴ』の一つとして定着し、2年間隔で開催されている(2018年から2020年にかけては3年連続で開催された)
  73. ^ 2001年頃までは"DJ SOUTH"名義で活動していたが、本項では"nang-chang"で統一。
  74. ^ 以降、セットリストは「20th ANNIVERSARY SPECIAL BOOK」、新旧公式ホームページStaffReport等から引用。
    • 長期ツアーのセットリストは記載がない公演でも一部異なる場合あり。
    • 当時未発表曲として披露した楽曲の表記は発表後の楽曲名に統一。
  75. ^ 同公演はライヴDVD/Blu-rayにも特典映像として一部模様が収録された。エピソードは以下の通り。
    • MCで岡野が「わしらがポルノグラフィティじゃ」と言った途端に雷が鳴り、同時に機材が壊れて音が飛ぶ。
    • センターステージに向かおうとした途端、メインステージ後方に雷が落ちる。
    • 「アゲハ蝶」披露中、NAOTOが1フレーズ弾くごとにヴァイオリンの弓を交換する(最終的に用意していたヴァイオリンの弓6本が雨水を含んでダメになったという)。
    • 「ヴォイス」披露中に岡野のマイクが故障し、マイク交換をする間、代わりに観客がコーラスで歌を繋ぐ。
    • 「メリッサ」披露中、新藤のギターソロで音が飛ぶ。
  76. ^ 『15thライヴサーキット "BUTTERFLY EFFECT"』(2017ー18年)、『しまなみロマンスポルノ'18 〜Deep Breath〜』(2018年)、『"NIPPONロマンスポルノ'19 〜神vs神〜"』(2019年)
  77. ^ 岡野は『限界ポルノラジオ』時代から「スガさんは僕のアイドル」と話し、ギターで弾き語りなどを行っていた。
  78. ^ 当時ポルノグラフィティが好きすぎる余り毎日ホームページを見ており、乃木坂46のオーディション開催を知ったのも、ポルノグラフィティのホームページを見ていた際だという(共に所属レーベルがソニー・ミュージックだったため)。オーディションに応募したのは「このグループに入ればポルノと同じ会社(ソニー・ミュージック)に入れるのでは?」と考えから。

出典[編集]

  1. ^ ポルノグラフィティが最新作で挑んだ“らしさ”と“新しさ”――「オー!リバル」等から検証”. Real Sound. blueprint (2015年8月21日). 2020年10月12日閲覧。
  2. ^ ポルノグラフィティ(ポルノグラフィティ)の情報まとめ”. OKMusic. ジャパンミュージックネットワーク株式会社. 2020年2月3日閲覧。
  3. ^ a b ポルノグラフィティ全アルバム解説!「BUTTERFLY EFFECT」、「RHINOCEROS」など全作品をご紹介”. DIGLE MAGAZINE. CotoLab (2019年11月5日). 2020年5月20日閲覧。
  4. ^ ポルノグラフィティ”. 音楽ナタリー. 2018年7月26日閲覧。
  5. ^ JOYSOUND平成カラオケランキング” (日本語). JOYSOUND.com. 2021年6月7日閲覧。
  6. ^ a b はじめての ポルノグラフィティ” (日本語). Apple Music. 2021年8月6日閲覧。
  7. ^ 【エンタがビタミン♪】ポルノグラフィティが語る“メンバーの脱退”と“分岐点”に、SMAP・中居も共感。Techinsight、2013年11月28日掲載)2015年4月15日閲覧。
  8. ^ ポルノグラフィティの名前の由来に成宮寛貴と三池崇史が大盛り上がり!三池監督、大人のための試写会開催(シネマトゥデイ、2012年2月8日掲載)2015年4月15日閲覧。
  9. ^ "ロイヤル ストレート フラッシュ" LIVE IN YOYOGI DAIICHI TAIIKUKAN 2009
  10. ^ 『ポルノグラフィティ ワイラノクロニクル―B.PASS SPECIAL EDITION』シンコーミュージック、2001年3月1日、75頁。ISBN 4-4016-1674-X
  11. ^ ASMART | 15th Anniversary グッズ アポログラフィティ(3箱セット/ビニールポーチ入り)”. www.asmart.jp. 2021年9月13日閲覧。
  12. ^ メジャーデビュー21周年!”. 2021年11月13日閲覧。
  13. ^ 望木綾子 (2016年12月26日). “ポルノグラフィティ YOSHIKIとの初対談で緊張「僕たちもファンの気持ちでここにいるんです」”. 2018年9月10日閲覧。
  14. ^ 天皇盃 第25回 全国男子駅伝 [ひろしま男子駅伝]” (日本語). https://www.hiroshima-ekiden.com/. 2021年2月15日閲覧。
  15. ^ MUSIC(エムオンミュージック), 音楽WEBメディア M.-ON!. “ポルノグラフィティ、母校の卒業式にサプライズ登場。「あのときの君か! ずいぶん大きくなったなあ!」” (日本語). 音楽WEBメディア M-ON! MUSIC(エムオンミュージック). 2021年2月14日閲覧。
  16. ^ Inc, Natasha. “ポルノグラフィティ、故郷開催「ロマンスポルノ」収益を全額寄付へ” (日本語). 音楽ナタリー. 2021年4月30日閲覧。
  17. ^ FOOD AREAへの出店ブースが決定!!”. 2021年10月14日閲覧。
  18. ^ ポルノグラフィティ、故郷・因島ライブで母校後輩と合唱 全国100館に生中継”. ORICON NEWS. 2021年3月13日閲覧。
  19. ^ 「平成30年7月豪雨」復興支援のための 寄付に関するご報告”. 2021年10月14日閲覧。
  20. ^ ポルノ岡野、絶叫「来年はカープに黒田が帰ってきます!」/紅白” (日本語). サンスポ (2015年1月1日). 2021年2月16日閲覧。
  21. ^ ポルノグラフィティ、特別番組で「これだという濃いアルバムをつくれた」” (日本語). BARKS. 2021年2月16日閲覧。
  22. ^ Inc, Natasha. “「応援してよかった」カープ優勝ライブ初日でポルノ、サンフジンズが熱演” (日本語). 音楽ナタリー. 2021年2月16日閲覧。
  23. ^ ポルノ凱旋完結 中止の尾道ライブ故郷で仕切り直し カープもリベンジお願い/デイリースポーツ online” (日本語). デイリースポーツ online. 2021年2月16日閲覧。
  24. ^ ASMART | 広島東洋カープ&ポルノグラフィティ コラボグッズ”. www.asmart.jp. 2021年2月15日閲覧。
  25. ^ ASMART | しまなみロマンスポルノ'18~Deep Breath~ スカイジェットバルーン”. www.asmart.jp. 2021年2月15日閲覧。
  26. ^ Inc, Natasha. “ポルノグラフィティ、カープ戦の始球式に登板” (日本語). 音楽ナタリー. 2021年2月15日閲覧。
  27. ^ ポルノ新藤晴一が始球式 熱烈鯉党が興奮「神聖なプレートは外して投げた」/デイリースポーツ online” (日本語). デイリースポーツ online. 2021年2月15日閲覧。
  28. ^ 日本テレビ放送網株式会社. “ポルノグラフィティ・新藤晴一が昨季の覇者・広島を語る!キャンプにも足を運んだファン歴40年・新藤の注目は?” (日本語). 日本テレビ. 2021年2月16日閲覧。
  29. ^ 2020新春恒例!カープ選手会ゴルフ”. www.htv.jp. 2021年2月16日閲覧。
  30. ^ テレビ朝日ミュージックステーション』2009年9月11日放送分(メジャーデビュー10周年 ポルノグラフィティ)
  31. ^ Inc, Natasha. “ポルノ初海外ライブはアメリカ、韓国、台湾の3カ国行脚” (日本語). 音楽ナタリー. 2021年2月16日閲覧。
  32. ^ ポルノグラフィティ、初の海外ライブ盛況”. ORICON NEWS. 2021年2月16日閲覧。
  33. ^ ポルノグラフィティが新たに本格始動 シングルリリース&2年半ぶり全国ツアーも開催” (日本語). Real Sound|リアルサウンド. 2021年9月4日閲覧。
  34. ^ ポルノグラフィティ|PornoGraffitti Official Site” (日本語). sp.pornograffitti.jp. 2021年2月22日閲覧。
  35. ^ “ポルノ2カ月連続シングル1発目「青春花道」で80年代風に”. ナタリー. (2013年8月20日). http://natalie.mu/music/news/97593 2013年8月20日閲覧。 
  36. ^ ポルノグラフィティ、新橋SL広場でサプライズライブ。働く人たちへのブルースを熱唱-rockinon.com|https://rockinon.com/news/detail/168747” (日本語). rockinon.com. 2021年2月22日閲覧。
  37. ^ Inc, Natasha. “ポルノグラフィティ、故郷開催「ロマンスポルノ」収益を全額寄付へ” (日本語). 音楽ナタリー. 2021年3月17日閲覧。
  38. ^ ポルノグラフィティ、広島公演2日目が大雨で中止 会場周辺に避難勧告・警報発令”. ORICON NEWS. 2021年3月17日閲覧。
  39. ^ ポルノグラフィティ、「平成30年7月豪雨」被災3県に義援金4555万円を寄付”. ORICON NEWS. 2021年3月17日閲覧。
  40. ^ love up! スタッフ (2012年7月3日). “9/19(水)36thシングル「カゲボウシ」リリース決定!!”. Information. SONY MUSIC. SME Records, AMUSE. 2012年7月3日閲覧。
  41. ^ マネージャーK (2013年8月28日). “「エピキュリアン」音源解禁しました!!!”. StaffReport. SONY MUSIC. SME Records, AMUSE. 2013年9月16日閲覧。
  42. ^ 劇場版「ポケモン」第21作、主題歌はポルノグラフィティ!新曲「ブレス」を書き下ろし”. 映画.com (2018年6月7日). 2018年6月7日閲覧。
  43. ^ https://natalie.mu/music/news/301037
  44. ^ https://natalie.mu/music/news/306750
  45. ^ https://natalie.mu/music/news/335200
  46. ^ https://hananowa2020.com/news/2019/12/1235/
  47. ^ ポルノグラフィティの“新たな道”へと進む決意!横浜スタジアムライブをWOWOWで全曲オンエア”. ORICON NEWS. 2021年9月6日閲覧。
  48. ^ ポルノグラフィティ、キャリア初期の楽曲から最新曲まで披露した横浜アリーナ公演をWOWOWで放送 | OKMusic”. okmusic.jp. 2021年9月6日閲覧。
  49. ^ Tour 08452 〜Welcome to my heart〜
  50. ^ "BITTER SWEET MUSIC BIZ" LIVE IN BUDOKAN 2002
  51. ^ "74ers" LIVE IN OSAKA-JO HALL 2003
  52. ^ 5th Anniversary Special Live "PURPLE'S" IN TOKYO TAIIKUKAN 2004
  53. ^ 7th LIVE CIRCUIT "SWITCH" 2005
  54. ^ 横浜ロマンスポルノ'06 〜キャッチ ザ ハネウマ〜 IN YOKOHAMA STADIUM
  55. ^ "OPEN MUSIC CABINET" LIVE IN SAITAMA SUPER ARENA 2007
  56. ^ "ポルノグラフィティがやってきた" LIVE IN ZEPP TOKYO 2008
  57. ^ 横浜・淡路ロマンスポルノ'08 〜10イヤーズ ギフト〜 LIVE IN AWAJISHIMA
  58. ^ "ロイヤル ストレート フラッシュ" LIVE IN YOYOGI DAIICHI TAIIKUKAN 2009
  59. ^ 8thアルバム『∠TRIGGER』※「うたかた」のみ収録。
  60. ^ "∠TARGET" LIVE IN JCB HALL 2010
  61. ^ つま恋ロマンスポルノ'11 〜ポルノ丸〜
  62. ^ 幕張ロマンスポルノ'11 〜DAYS OF WONDER〜
  63. ^ 12th LIVE CIRCUIT "PANORAMA×42" SPECIAL LIVE PACKAGE
  64. ^ 13thライヴサーキット “ラヴ・E・メール・フロム・1999” Live in MARINE MESSE FUKUOKA
  65. ^ 神戸・横浜ロマンスポルノ'14 〜惑ワ不ノ森〜 Live at YOKOHAMA STADIUM
  66. ^ 14thライヴサーキット “The dice are cast” Live in OSAKA-JO HALL 2015
  67. ^ FANCLUB UNDERWORLD 5 Live in Zepp DiverCity 2016
  68. ^ 横浜ロマンスポルノ'16 〜THE WAY〜 Live in YOKOHAMA STADIUM
  69. ^ 11thアルバム『BUTTERFLY EFFECT』※26日公演のライヴ音源とドキュメント映像を収録
  70. ^ PORNOGRAFFITTI 色情塗鴉 Special Live in Taiwan
  71. ^ 15thライヴサーキット “BUTTERFLY EFFECT” Live in KOBE KOKUSAI HALL 2018
  72. ^ 16thライヴサーキット“UNFADED” Live in YOKOHAMA ARENA 2019
  73. ^ ポルノグラフィティ20th Anniversary Special Live Box
  74. ^ ポルノグラフィティ20th Anniversary Special Live Box
  75. ^ 51stシングル『テーマソング
  76. ^ ap bank fes '05』 ※「アゲハ蝶」のみ収録
  77. ^ ap bank fes '06』※「メリッサ」のみ収録
  78. ^ ap bank fes '12 Fund for Japan』 ※「2012Spark」のみ収録
  79. ^ a b 38thシングル『青春花道』※ドキュメント・ダイジェスト映像を収録
  80. ^ a b 39thシングル『東京デスティニー』※ドキュメント・ダイジェスト映像を収録
  81. ^ 14thライヴサーキット “The dice are cast” Live in OSAKA-JO HALL 2015』※初回生産限定盤のみ
  82. ^ 横浜ロマンスポルノ'16 〜THE WAY〜 Live in YOKOHAMA STADIUM』※「THE DAY」を除く7曲を収録
  83. ^ 44thシングル『LiAR/真っ白な灰になるまで、燃やし尽くせ』※「THE DAY」のみ収録
  84. ^ 『スガフェス!20th ANNIVERSARY LIMITED EDITION』※「スガシカオ メドレー」のみ収録
  85. ^ 『スガフェス!~20年に一度のミラクルフェス~』※「スガシカオ メドレー」のみ収録
  86. ^ 47thシングル『ブレス
  87. ^ 日本放送協会. “SONGS Archives | 第128回 ポルノグラフィティ” (日本語). NHK SONGS. 2021年2月27日閲覧。
  88. ^ 日本放送協会. “SONGS Archives | 第281回 ポルノグラフィティ” (日本語). NHK SONGS. 2021年2月27日閲覧。
  89. ^ 日本放送協会. “SONGS Archives | 第469回 ポルノグラフィティ ポルノグラフィティ×密着・20年目のふるさとライブ” (日本語). NHK SONGS. 2021年2月27日閲覧。
  90. ^ HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP : ON AIR LIST”. www.fujitv.co.jp. 2021年11月25日閲覧。
  91. ^ WEBザテレビジョン. “「HEY!HEY!HEY!」が18年の放送に幕!” (日本語). WEBザテレビジョン. 2021年11月25日閲覧。
  92. ^ a b 「CDTV祝25周年SP」に出演しました!!”. 2021年9月8日閲覧。
  93. ^ ポルノグラフィティ、東京ドーム2デイズ公演は5万人の観衆と乾杯で終幕! | OKMusic”. okmusic.jp. 2021年11月18日閲覧。
  94. ^ MUSIC(エムオンミュージック), 音楽WEBメディア M.-ON!. “ポルノグラフィティ、“聖地”横浜スタジアム公演で新曲初披露” (日本語). 音楽WEBメディア M-ON! MUSIC(エムオンミュージック). 2021年11月18日閲覧。
  95. ^ ポルノ岡野昭仁、雨男説に反論「8回とも中止になった晴一のほうが…」”. ORICON NEWS. 2021年11月18日閲覧。
  96. ^ 「斜め上をいったwww」 ポルノグラフィティ、ライブグッズの「臼ときね」が話題に なぜ作ったのか聞いてみた” (日本語). ねとらぼ. 2021年11月19日閲覧。
  97. ^ ポルノグラフィティ、今回のライブ恒例「謎グッズ」は... 過去には「臼と杵」「ぬか漬け用ツボ」「賽銭箱」” (日本語). J-CAST ニュース (2020年10月27日). 2021年11月19日閲覧。
  98. ^ ポルノグラフィティ・新藤晴一、bayfm イベント中止にTERUとの共演ならず 「チャンスはきっとまた訪れます!」と励ましの声!” (日本語). WWSチャンネル. 2021年9月8日閲覧。
  99. ^ Inc, Natasha. “福田麻由子が語るポルノグラフィティ | 私と音楽 第17回” (日本語). 音楽ナタリー. 2021年3月29日閲覧。
  100. ^ 湊かなえ氏 因島の後輩ポルノグラフィティの活躍がモチベーションに/デイリースポーツ online” (日本語). デイリースポーツ online. 2021年9月8日閲覧。
  101. ^ author (2021年1月3日). “友達が少な過ぎるポルノ・岡野昭仁が米津玄師のライブに行った結果…スガシカオに打ち明けた苦悩と後悔 | | COCONUTS” (日本語). coconutsjapan.com. 2021年3月29日閲覧。
  102. ^ https://twitter.com/hachi_08/status/545949597982408707” (日本語). Twitter. 2021年3月29日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]