SCARLET KNIGHT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
水樹奈々 > 水樹奈々の作品 > SCARLET KNIGHT
SCARLET KNIGHT
水樹奈々シングル
初出アルバム『THE MUSEUM II
B面 HIGH-STEPPER
リリース
規格 マキシシングル
録音 2010年[1]-2011年[2]
日本の旗 日本
ジャンル J-POPアニメソング
時間
レーベル キングレコード(KICM-1335)
作詞・作曲 水樹奈々(作詞 #1)
藤間仁(作曲 #1)
SAYURI(作詞 #2)
齋藤真也(作曲 #2)
プロデュース 三嶋章夫
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間2位オリコン
  • 2011年4月度月間7位(オリコン)
  • 2011年5月度月間50位(オリコン)
  • 2011年度上半期46位(オリコン)
  • 2011年度年間89位(オリコン)
  • 登場回数18回(オリコン)
  • 3位CDTV
  • 登場回数7回(CDTV)
  • 2011年度年間1位(着うた・アニメロミックス[3]
  • 2011年度年間1位(着うた・アニメロ★うた)[4]
  • 2011年度年間3位(着うたフル・超!アニメロ)[5]
  • 水樹奈々 シングル 年表
    Silent Bible
    2010年
    SCARLET KNIGHT
    (2011年)
    POP MASTER
    (2011年)
    THE MUSEUM II 収録曲
    Silent Bible
    (8)
    SCARLET KNIGHT
    (9)
    POP MASTER
    (10)
    テンプレートを表示

    SCARLET KNIGHT」(スカーレット・ナイト)は、水樹奈々の23枚目のシングル2011年4月13日キングレコードから発売された。

    概要[編集]

    24thシングル「POP MASTER」と同時リリース。表題曲「SCARLET KNIGHT」は、テレビアニメDOG DAYS』のオープニングテーマとして起用され、後にテレビ朝日『お願い!ランキング』4月度エンディングテーマにも起用された。初回プレス盤のみ特製カラーケース仕様となっている。なお、価格は「POP MASTER」と同じで、奈々に因んだ777円となっている[6]。 『MUSIC JAPAN』(2011年5月1日放送)において、「SCARLET KNIGHT」の歌唱がテレビで初めて披露された。

    チャート成績[編集]

    2011年4月25日オリコン・週間シングルチャートで2位を獲得し、3位を獲得した「POP MASTER」と共に、声優史上初となるシングル2作同時オリコントップ3入りを果たした[7]。なお、女性ソロアーティストのシングル2作同時TOP3入りは、浜崎あゆみ1999年に「A」と「Boys & Girls」で1位と3位を獲得して以来11年8ヶ月ぶり[7]。また、2011年度年間シングルチャートでは89位を獲得した。

    ドワンゴが運営している2011年度の年間ランキングでは、「アニメロミックス 着うた」、「アニメロ★うた 着うた」で首位[3][4]、「超!アニメロ 着うたフル」で3位を獲得した[5]

    収録曲[編集]

    1. SCARLET KNIGHT [4:10]
      作詞:水樹奈々、作曲・編曲:藤間仁Elements Garden
      タイアップとなる『DOG DAYS』は、水樹が携わった『魔法少女リリカルなのはシリーズ』に続く都築真紀原作、草川啓造監督、セブン・アークス製作のアニメである。同作に声優としても出演している水樹が自ら本曲の歌詞も手掛けており、同作の脚本を最終回まで読み込んだ上で感じた内容が反映されている[8]。曲名の「SCARLET」は、「飾らない」を意味する赤から採られている[9]。また、鐘の音や杉並少年少女合唱団がコーラスが入っておりアニメ本編とリンクする幻想的な雰囲気が醸し出されている[10]
      PVは、楽曲にリンクする「鐘」が製作されている[10]。また、武器を持っている姫と祈り続けるシスターの2人の想いが重なるという物語性があるPVになっているが、この内容にも『DOG DAYS』の登場人物のイメージが投影されており、真紅のドレスを着込んだ水樹と、修道服を着たシスターがそれぞれKNIGHT(レオ)と女神(ミルヒ)を表現している[8]。PV内では、ストリングス隊やコーラス隊がシスターの衣装を着装している[10]
    2. HIGH-STEPPER [4:00]
      作詞:SAYURI、作曲・編曲:齋藤真也
      水樹の印象は、かっこいいロックテイストであり、ガーリーな雰囲気が出ているサイバーダンスナンバーであると感じたという[10]

    収録作品[編集]

    曲名 アルバム 発売日 備考
    SCARLET KNIGHT THE MUSEUM II 2011年11月23日 2ndベストアルバム

    DVD、Blu-ray Disc[編集]

    発売日 タイトル 備考
    SCARLET KNIGHT
    2012年5月2日 NANA MIZUKI LIVE CASTLE×JOURNEY 11作目のライブ・ビデオ。
    2013年5月1日 NANA MIZUKI LIVE GRACE -OPUS II-×UNION 12作目のライブ・ビデオ。
    2013年12月11日 NANA CLIPS 6 6作目のミュージッククリップ
    2014年5月28日 NANA MIZUKI LIVE CIRCUS×CIRCUS+×WINTER FESTA 13作目のライブ・ビデオ。
    2015年6月17日 NANA MIZUKI LIVE THEATER -ACOUSTIC- 15作目のライブ・ビデオ。
    2017年3月8日 NANA MIZUKI LIVE PARK×MTV Unplugged: Nana Mizuki 18作目のライブ・ビデオ。
    2017年11月15日 NANA MIZUKI LIVE ZIPANGU×出雲大社御奉納公演 〜月花之宴〜 19作目のライブ・ビデオ。
    HIGH-STEPPER
    2012年5月2日 NANA MIZUKI LIVE CASTLE×JOURNEY 11作目のライブ・ビデオ。

    出典[編集]

    1. ^ music UP's-水樹奈々インタビュー-”. 2011年12月22日閲覧。
    2. ^ 水樹奈々公式ブログ「思わず体が...♪」” (2011年2月27日). 2011年12月22日閲覧。
    3. ^ a b 着うた/2011年/年間ダウンロードランキング/アニメロミックス”. アニメロミックス (2011年12月9日). 2011年12月11日15:39閲覧。
    4. ^ a b 着うた/2011年/年間ダウンロードランキング/アニメロ★うた”. アニメロ★うた (2011年12月9日). 2011年12月11日15:38閲覧。
    5. ^ a b 着うたフル/2011年/年間ダウンロードランキング/超!アニメロ”. 超!アニメロ (2011年12月9日). 2011年12月11日15:39閲覧。
    6. ^ オリコン (2011年1月25日 19:00). “新曲は“奈々”並び!? 水樹奈々1年2カ月ぶりのニューシングルが発売!”. The ORICON STYLE. 2011年3月11日閲覧。
    7. ^ a b “水樹奈々、声優史上初のシングル2作同時TOP3入り”. オリコン. (2011年4月19日). http://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/86783/full/ 2011年4月20日閲覧。 
    8. ^ a b “水樹奈々『心を裸にしたい!テーマは“自分を解放しよう!”』”. ORICON STYLE (オリコン). (2011年4月13日). http://www.oricon.co.jp/music/interview/2011/mizukinana0413/index2.html 2011年4月20日閲覧。 
    9. ^ 水樹奈々インタビュー 2”. アニカン (2011年5月18日). 2011年6月2日閲覧。
    10. ^ a b c d 文化放送『水樹奈々スマイルギャング』第468回放送分より

    外部リンク[編集]