Every Little Thing

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Every Little Thing
Mochida Kaori & Ito Ichiro (Every Little Thing) "Go! Princess Pretty Cure the Movie" at Opening Ceremony of the 28th Tokyo International Film Festival (22416421902).jpg
基本情報
別名 ELT
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POPポップ・ロックソフトロック
活動期間 1995年 -
レーベル avex trax
事務所 エイベックス・エンタテインメント( - 2009年
エイベックス・マネジメント(2009年 - )
公式サイト Every Little Thing OFFICIAL WEB SITE
メンバー 持田香織ボーカル
伊藤一朗ギター
旧メンバー 五十嵐充キーボード

Every Little Thing(エヴリ・リトル・シング、略称:ELT)は、日本の音楽グループ(バンド)。1996年8月7日にデビュー。エイベックス・マネジメント所属。

表記の仕方に関しては作品によって異なる事もあり、EVERY LITTLE THINGGraceful Worldなど)、every little thing恋文/good nightなど)、エヴリ リトル シングまた あしたなど)とする場合もある。

概要[編集]

1996年にヴォーカル・作詞担当の持田香織ギター・作曲・編曲担当の伊藤一朗リーダー・サウンドプロデュース・キーボード・作詞・作曲・編曲担当の五十嵐充の3人で、1stシングル「Feel My Heart」でavex traxエイベックス・ディー・ディー)からCDデビューした。同シングルはオリコンで最高位24位を記録し、約10万枚を売り上げた。

1997年に3rdシングル「Dear My Friend」でブレイクを果たす。1998年には8thシングル「Time goes by」がシングルで初めてミリオンヒットし、2ndアルバム『Time to Destination』が350万枚を超える大ヒットを記録した。 五十嵐の楽曲の世界観、シンセサイザーを駆使したサウンドと持田の歌声、ファッションが10代・20代を中心に支持を受けるようになり、1990年代後半を代表するグループに成長していった。

デビュー以来ハイペースでシングルリリースを続けてきたが、1999年はプロデュースのための十分な時間を確保したいという五十嵐の思いで、3月の11thシングル「Over and Over」、12thシングル「Someday, Someplace」とベストアルバム『Every Best Single +3』のリリース後はリリースやツアーのない期間を過ごした。

2000年、13thシングル「Pray/Get Into A Groove」、14thシングル「sure」と3rdアルバム『eternity』のリリース後、3月をもって五十嵐がプロデュース活動に専念するために脱退し、メンバーは持田と伊藤の2人になった。「五十嵐はフロントメンバーから脱退し、サウンドプロデューサーになる」と発表されたことから、テレビやライブ出演はせずに楽曲提供を続けるものと思われたが、3rdアルバム『eternity』からシングルカットされた15thシングル「Rescue me (Single Mix)」で携わっただけで、以降はELTの楽曲に直接的に五十嵐が長らく関与することは無かった。五十嵐の脱退から約9年後の2009年9月23日発売の36thシングル「DREAM GOES ON」、同年11月18日発売の37thシングル「冷たい雨」、2010年2月24日発売の38thシングル「Change」の3枚のシングルで、五十嵐がサウンドプロデューサーとして作曲・編曲を担当した。また、2010年3月24日発売の10thアルバム『CHANGE』でも、上記の3枚のシングル以外の収録曲で作詞、作曲、編曲を担当した。

代表曲のひとつである「fragile」は2001年オリコン年間カラオケチャートで1位を獲得。その後も3年連続年間TOP10入りを果たした。

音楽番組のみならずバラエティー番組の出演も多く、幅広い世代に親しまれており、NHK紅白歌合戦には過去8回連続出場している(1997年 - 2004年)。

2016年8月7日にデビュー20周年を迎え、同日には代々木第二体育館で記念コンサートを行った。


楽曲制作[編集]

デビュー当初はインスト等の例外を除き、作詞、作曲、編曲のほぼ全てを五十嵐が行っていた。しかし、2000年の14thシングル「sure」以降からは持田や伊藤も楽曲製作に加わるようになった。五十嵐脱退後は、楽曲の作詞は原則持田が行っているが、他のアーティストから作詞提供を受ける事もある。作曲は菊池一仁多胡邦夫HIKARIなどの作曲家からの楽曲提供が主だが、持田、伊藤が作曲を手がける場合もある。Every Little Thing名義で編曲にも携わることも多い。

サウンド面も五十嵐の脱退を境に変わっており、五十嵐が在籍していた当初は、シンセサイザープログラミングの楽曲が多く制作され、五十嵐脱退後も2000年の16thシングル「愛のカケラ」から、翌2001年3月の4thアルバム『4 FORCE』までは五十嵐在籍時の曲風を踏襲した楽曲が作られていたが、2001年10月の19thシングル「jump」以降からはバンドサウンド志向、2003年の25thシングル「また あした」以降からはアコースティック志向の楽曲を発表する事が多く[1]、楽器の生演奏を多用するようになった。また、五十嵐在籍時に製作された楽曲をアコースティックにアレンジしたものも、何曲か発表するようにもなった。2007年頃からは生音を主体にしつつ、ギター以外の伴奏をメインにする楽曲(33rdシングル「恋をしている」等)も作られている。

2009年の36thシングル「DREAM GOES ON」から2010年の10thアルバム『CHANGE』にかけて再び五十嵐と楽曲製作を行ってからは、それまでのアコースティック、バンドサウンド志向の楽曲に加え、シンセサイザーやプログラミングを主体にした楽曲も再び作られるようになる。2014年頃からは前述の作曲家に加えて海外のアーティストからの楽曲提供もされるようになった。この他、カントリー調[2]ブラック・コンテンポラリー調、ディスコ調、ジャズ調といった楽曲も作られている[3][4]

メンバー[編集]

現メンバー[編集]

持田香織(もちだ かおり)
1978年3月24日生まれ。東京都江東区出身。ボーカル、作詞、作曲担当。血液型はA型。愛称はもっちー。幼い頃から芸能活動をしていた。イラストが得意。
伊藤一朗(いとう いちろう)
1967年11月10日生まれ。神奈川県横須賀市出身。リーダー、ギター、作曲、編曲担当。血液型はA型。愛称はいっくん。

元メンバー[編集]

五十嵐充(いがらし みつる)
1969年5月17日生まれ。神奈川県横浜市出身。リーダー、サウンドプロデューサー、キーボード作詞作曲編曲を担当。
血液型はA型。愛称はイガちゃん。2000年3月リリースの3rdアルバム『eternity』の発表後に脱退。脱退後は15thシングル「Rescue me (Single Mix)」のサウンドプロデュースをしていたのみで、その後はELTの楽曲制作に一切関わっていなかったが、2009年9月リリースの36thシングル「DREAM GOES ON」で9年振りにサウンドプロデュースを行い、また2010年発売の9thアルバム『CHANGE』の制作に10年振りに参加した。また、2009年夏のa-nationと、2010年3月27、28日のMEETツアーにゲストミュージシャン(キーボード)としてサプライズ参加。
2002年 - 2005年までバンドday after tomorrowのサウンドプロデューサーを務め、その後は男性4人組バンドRUSHMORE(活動休止)のリーダー兼サウンドプロデューサーを務める。
2012年 - 2013年までgirl next doorのサウンドプロデューサーを務める。

サポートメンバー[編集]

  • キーボード・ギター - 岩崎太整(2015年夏 - )*ライブバンドマスター
  • キーボード - タナカマコト(2015年秋 - )
  • ベース - 笠原直樹(2005年夏 - )
  • ドラムス - 髭白健(2015年秋 - )
  • コーラス - 山口めぐみ(2015年夏 - )
  • 管楽器 - FIRE HORNS(2015年秋 - )

元サポートメンバー[編集]

ギター
加藤薫(1996年デビュー当時 - 2007年12月まで)
サイドギターとして、ELTメンバー伊藤とのツインギターを構成。彼が脱退後、8年間は伊藤が1人でギターを担当した。
ベース
  • 浅田孟(1996年デビュー当時 - 2001年秋頃前まで)
  • 工藤録矢(2001-2002カウントダウンライブのみ)
  • 山田サトシ(2003年-2005年夏前まで)
  • 福本カツジ
キーボード (*印はライブバンドマスター)
  • 桑島幻矢(1996年デビュー当時 - 2001年秋頃前まで)*
  • 矢代恒彦(2001年FORCEツアーのみ)
  • 林真史(2001年秋頃 - 2014年12月まで)
  • 棚橋信仁(2001年秋頃 - 2004年夏頃前まで)*
  • 中村康就(2004年夏頃 - 2011年初め頃まで)*
  • 十川ともじ(2011年夏 - 2014年夏頃まで)*
ドラム
  • 古道圭一(デビュー当時 - 2001年秋頃前まで)
  • 山口鷹(2001年秋 - 2012年「a-nation」頃まで)
  • 松川恒二(2012年冬 - 2014年「a-nation」頃まで)

作品[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル 販売生産番号 規格(販売/レンタル) 最高順位
1st 1996年8月7日 Feel My Heart AVDD-20144 CD-DA 24位
2nd 1996年10月23日 Future World AVDD-20157 CD-DA 20位
3rd 1997年1月22日 Dear My Friend AVDD-20168 CD-DA 9位
4th 1997年6月4日 For the moment AVDD-20182 CD-DA 1位
5th 1997年8月6日 出逢った頃のように AVDD-20198 CD-DA 3位
6th 1997年10月22日 Shapes Of Love/Never Stop! AVDD-20206 CD-DA 3位
7th 1998年1月7日 Face the change AVDD-20223 CD-DA 1位
8th 1998年2月11日 Time goes by AVDD-20218 CD-DA 2位
9th 1998年6月17日 FOREVER YOURS AVDD-20244 CD-DA 1位
10th 1998年9月30日 NECESSARY AVDD-20260 CD-DA 2位
11th 1999年1月27日 Over and Over AVDD-20284 CD-DA 4位
12th 1999年3月3日 Someday, Someplace AVDD-20293 CD-DA 4位
13th 2000年1月1日 Pray/Get Into A Groove AVCD-30078 CD-DA 2位
14th 2000年2月16日 sure AVCD-30094 CD-DA 3位
15th 2000年6月14日 Rescue me/Smile Again AVCD-30115 CD-DA 2位
16th 2000年10月18日 愛のカケラ AVCD-30145 CD-DA 2位
17th 2001年1月1日 fragile/JIRENMA AVCD-30165 CD-DA 1位
18th 2001年2月21日 Graceful World AVCD-30189 CD-DA 5位
19th 2001年10月17日 jump AVCD-30223 CD-DA 7位
20th 2002年5月15日 キヲク AVCD-30349 CCCD 4位
21st 2002年8月16日 ささやかな祈り AVCD-30375 CCCD 5位
22nd 2002年12月18日 UNTITLED 4 ballads AVCD-30429 CCCD 1位
23rd 2003年3月12日 Grip! AVCD-30420 CD-DA (CD-EXTRA) 7位
24th 2003年7月30日 ファンダメンタル・ラブ AVCD-30501 CCCD 9位
25th 2003年11月12日 また あした AVCD-30505 CCCD 3位
26th 2004年2月25日 ソラアイ AVCD-30541 CCCD 8位
27th 2004年12月15日 恋文/good night AVCD-30631 CD-DA/CCCD 1位
28th 2005年10月26日 きみの て AVCD-30850 CD-DA/CCCD 2位
29th 2006年3月15日 azure moon AVCD-30905 CD-DA/CCCD 12位
30th 2006年6月14日 ハイファイ メッセージ AVCD-30940 CD-DA/CCCD 9位
31st 2006年8月30日 スイミー AVCD-31122 CD-DA 16位
32nd 2007年8月8日 キラメキアワー AVCD-31251 CD-DA 14位
33rd 2007年10月31日 恋をしている/冬がはじまるよ feat.槇原敬之 AVCD-31350 CD-DA 7位
34th 2008年2月13日 サクラビト AVCD-31356
AVCD-31357
CD-DA 9位
35th 2008年8月27日 あたらしい日々/黄金の月 AVCD-31463
AVCD-31464
CD-DA 10位
36th 2009年9月23日 DREAM GOES ON AVCD-31711
AVCD-31712
CD-DA 6位
37th 2009年11月18日 冷たい雨 AVCD-31746
AVCD-31747
CD-DA 15位
38th 2010年2月24日 Change AVCD-31795/B CD-DA 16位
39th 2011年2月23日 STAR AVCD-31981/B
AVCD-31982
CD-DA 6位
40th 2011年2月23日 MOON AVCD-31983/B
AVCD-31984
CD-DA 7位
41st 2011年7月13日 宙 -そら-/響 -こえ- AVCD-48093/B
AVCD-48094
AVCD-48095
CD-DA 12位
42nd 2011年8月24日 アイガアル AVCD-48162/B
AVCD-48163
CD-DA 17位
43rd 2011年12月7日 Landscape AVCD-48265/B
AVCD-48266
CD-DA 30位
44th 2013年2月20日 ON AND ON AVCD-48681/B
AVCD-48682
CD-DA 18位
45th 2013年4月10日 ハリネズミの恋 AVCD-48683/B
AVCD-48684
CD-DA 16位
46th 2015年4月22日 ANATA TO AVCD-83226/B
AVCD-83227
CD-DA 43位
47th 2015年11月4日 KIRA KIRA/AKARI AVCD-83389/B
AVCD-83390
CD-DA 41位
48th 2016年9月21日 まいにち。 AVCD-83697 CD-DA 63位
  • Over and Over / ELT Songs from L.A.(1999年10月20日発売)
  • every little thing commonplace tour 2004〜2005 パンフレット特典CD
    「stray cat」、「water(s)」、「鮮やかなもの」のアコースティックバージョンが収録されている。コンサート会場限定特典のため、ネット通販分には付いていない。なお、このうち、「water(s)」、「鮮やかなもの」は2005年発売のアコースティックアルバム『ACOUSTIC:LATTE』に収録された。

シングルBOX[編集]

  • Every Little Thing Limited Special Box(2009年3月31日発売)
    8cm CDとして発売されたシングルをマキシ化し、ボックスセットで再発売。ファンクラブ会員限定販売となっており、一般での販売は無い。

SACD[編集]

  • 恋文/good night(2004年12月15日)

配信限定[編集]

アルバム[編集]

オリジナルアルバム[編集]

発売日 タイトル 販売生産番号 最高順位
1st 1997年4月9日 everlasting AVCD-11544 1位
2nd 1998年4月15日 Time to Destination AVCD-11643 1位
3rd 2000年3月15日 eternity AVCD-11757 1位
4th 2001年3月22日 4 FORCE AVCD-11908 2位
5th 2003年3月19日 Many Pieces AVCD-17240 1位
6th 2004年3月10日 commonplace AVCD-17439(初回盤)
AVCD-17440(通常盤)
1位
7th 2006年8月9日 Crispy Park AVCD-17988(初回盤)
AVCD-17989(通常盤)
1位
8th 2008年3月5日 Door AVCD-23478(初回盤)
AVCD-23479(通常盤)
2位
9th 2010年3月24日 CHANGE AVCD-38037/B(初回盤)
AVCD-38038(通常盤)
8位
10th 2011年9月21日 ORDINARY AVZD-38367/B(数量限定生産盤)
AVCD-38368(初回盤)
AVCD-38369(通常盤)
2位
11th 2014年2月19日 FUN-FARE AVCD-38798/B(初回盤)
AVCD-38799(通常盤)
7位
12th 2015年9月23日 Tabitabi AVCD-93229(NEWアルバムのみ)
AVCD-93217 - 22(NEWアルバム+ベストアルバム)
AVCD-93211 - 6/B-C(NEWアルバム+ベストアルバム+BD)
AVCD-93205 - 10/B-C(NEWアルバム+ベストアルバム+DVD)
AVCD-93199 - 204/B-E(NEWアルバム+ベストアルバム+BD+DVD)
4位

ベストアルバム[編集]

発売日 タイトル 販売生産番号 最高順位
1999年3月31日 Every Best Single +3 AVCD-11714 1位
2003年9月10日 Every Best Single 2 AVCD-17364(初回盤)
AVCD-17365(通常盤)
1位
2009年12月23日
2010年3月3日
Every Best Single 〜COMPLETE〜 AVCD-38000-3(初回盤)
AVCD-38004-7(通常盤)
AVCD-38008-9(リクエスト盤)
AVCD-38085-8(アンコールプレス盤)
4位
2015年9月23日 Every Best Single 2 〜MORE COMPLETE〜 AVCD-93217 - 22(NEWアルバム+ベストアルバム)
AVCD-93211 - 6/B-C(NEWアルバム+ベストアルバム+BD)
AVCD-93205 - 10/B-C(NEWアルバム+ベストアルバム+DVD)
AVCD-93199 - 204/B-E(NEWアルバム+ベストアルバム+BD+DVD)
4位

バラードベストアルバム[編集]

発売日 タイトル 販売生産番号 最高順位
2001年12月5日 Every Ballad Songs AVCD-17055 2位
2007年2月14日 14 message 〜every ballad songs 2〜 AVCD-23205(初回盤)
AVCD-23206(通常盤)
2位

アコースティックアルバム[編集]

発売日 タイトル 販売生産番号 最高順位
2005年2月16日 ACOUSTIC:LATTE AVCD-17612(初回盤)
AVCD-17613(通常盤)
4位

企画アルバム[編集]

発売日 タイトル 販売生産番号 最高順位
2015年1月14日 Every Cheering Songs AVCD-93076 27位

リミックスアルバム[編集]

発売日 タイトル 販売生産番号 最高順位
1st 1997年9月17日 THE REMIXES AVCD-11590 2位
2nd 1998年11月18日 THE REMIXES II AVCD-11680 5位
3rd 2001年9月5日 SUPER EUROBEAT presents Euro Every Little Thing AVCD-11980 3位
4th 2002年2月27日 The Remixes III 〜Mix Rice Plantation〜 AVCD-17081 19位
5th 2002年2月27日 Cyber TRANCE presents ELT TRANCE AVCD-17083 16位

配信限定アルバム[編集]

その他[編集]

  • ELT Songs from L.A.(1999.8.25)
  • J-POPハリケーン 〜ELTだけ60分本気MIX〜 / MIX-J(2011.4.20)

アナログ盤(LPレコード)[編集]

DVD-Audio[編集]

  • Every Best Single +3(2004.1.28)
  • 恋文 / good night(2004.12.15)

映像作品[編集]

発売日 タイトル 規格
1998年3月11日
2000年3月29日
THE VIDEO COMPILATION (8 Clips) VHS
DVD
1998年10月28日
2000年3月29日
Every Little Thing Concert Tour'98 VHS
DVD
2000年8月2日 Rescue me VHS
2000年8月30日 Every Little Thing Concert Tour Spirit 2000 VHS
DVD
2001年1月31日 愛のカケラ VHS
DVD
2001年3月7日 The Video Compilation II (7 clips) VHS
DVD
2001年3月28日 fragile〜Graceful World VHS
DVD
2001年9月27日 Concert Tour 2001 4 FORCE VHS
DVD
2002年3月13日 The Video Compilation I & II DVD
2002年12月11日 BEST CLIPS DVD
2003年1月29日 nostalgia DVD
2003年4月16日 THE VIDEO COMPILATION III DVD
2003年12月3日 every little thing :2003 tour MANY PIECES 2DVD
2005年3月24日 every little thing commonplace tour 2004〜2005 DVD
2006年9月27日 THE VIDEO COMPILATION IV DVD
2007年3月7日 every little thing concert tour 2006-2007 〜Crispy Park〜 DVD
2007年8月8日 10th Anniversary Special Live At Nippon Budokan DVD
2008年9月17日 Every Little Thing concert tour 2008 "Door" 2DVD
2009年3月11日 Every Little Thing X'mas Concert 2008 DVD
2010年8月25日 Every Little Thing Concert tour 2009〜2010 "MEET" 2DVD
2012年8月1日 EVERY LITTLE THING 15th Anniversary Concert Tour 2011〜2012 "ORDINARY" 2DVD
Blu-ray
2013年9月25日 Every Little Thing Concert Tour 2013 -ON AND ON- 2DVD
Blu-ray
2014年12月17日 Every Little Thing Concert Tour 2014 ~FUN-FARE~ DVD
Blu-ray
2016年12月14日 Every Little Thing 20th Anniversary Best Hit Tour 2015-2016 ~Tabitabi~ 2DVD
Blu-ray
  • Every Little Thing Concert tour 2009〜2010 "MEET" バックステージムービー集「裏MEET」(2011年3月)
    ライブDVD『Every Little Thing Concert tour 2009〜2010 "MEET"』に収録されなかったオフショットムービー集。Vol.1〜3の全3巻。ファンクラブ会員限定販売となっており、一般での販売は無い。3巻同時購入特典は、『Every Little Thing Concert tour 2009〜2010 "MEET"』との4枚収納が可能なスリーブケース。
  • Every Little Thing Concert tour 2014 - FUN-FARE〜 バックステージムービー集「裏FUN-FARE」(2014年12月)
    Vol.1-3の全3巻。ファンクラブ会員限定商品。

参加作品[編集]

CD
配信限定
  • THX A LOT / a-nation's party
DVD
  • a-nation '03 avex summer festa / Various Artists: 「fragile」、「ファンダメンタル・ラブ」、「Shapes Of Love」、All Castによる「WORLD GROOVE 3rd.chapter (main message)」(TRF)収録。
  • a-nation '04 BEST HIT SUMMER LIVE!! / Various Artists: 「出逢った頃のように (Acoustic Version)」、「Free Walkin'」収録。
  • a-nation '05 BEST HIT LIVE / Various Artists: 「FOREVER YOURS」収録。
  • ap bank fes '05 / Bank Band with Great Artists & Mr.Children: 「water(s)」収録。
  • a-nation '06 BEST HIT LIVE / Various Artists: 「ハイファイ メッセージ」収録。
  • a-nation '07 BEST HIT LIVE / Various Artists: 「キラメキアワー」収録。
  • a-nation '08 〜avex ALL CAST SPECIAL LIVE〜 / Various Artists: 「Dear My Friend」、「Shapes Of Love」収録。
  • a-nation '09 BEST HIT LIVE / Various Artists: 「Dear My Friend」収録。
  • a-nation '10 BEST HIT LIVE / Various Artists: 「Time goes by」、a-nation's party「THX A LOT」収録。
  • a-nation for Life BEST HIT LIVE / Various Artists: 「Medley(出逢った頃のように 〜 Dear My Friend 〜 Shapes Of Love)」、「アイガアル」収録。
  • a-nation 2012 stadium fes. / Various Artists: 「Time goes by」、「出逢った頃のように 〜 Shapes Of Love 〜 Dear My Friend (Medley)」収録。
書籍
  • navigated by dream! a-nation '03 インビテーションDVDマガジン: DVDに「Future World」収録。
  • a-nation '03 メモリアルパーフェクトDVDマガジン: DVDに「Shapes Of Love」、All Castによる「WORLD GROOVE 3rd.chapter (main message)」(TRF)収録。
  • サンケイスポーツ特別版 a-nation '05 powered by Weider 完全速報

持田単独名義での参加は持田香織のディスコグラフィを参照のこと。

ツアー・コンサート[編集]

セカンド・アルバム以降は、アルバムを引っ提げたツアーやベストヒットツアーを行っており、数千人規模のホールで行うことが多い。これはメンバーがファンとの距離を大切にしており、アリーナよりもホールの方がファンとの距離が近いからだと取材で答えている。そのためか、満席になり、当日立ち見席を用意することが恒例になっている。ツアー以外にも多くのイベントや単発コンサート、ファンミーティングを行っている。

演出[編集]

ツアーによって、ノスタルジックなものからモダンなものまで様々なコンセプトでステージがデザインされる。

ダンサーを置いたり、レーザーや火炎といった派手な演出をしたりすることはほとんどない。また、サイリウム等光るグッズは使わず、観客とは手振りで一体となる。

MCはゆったりとほのぼのとした、心地のよいELTワールドをつくりだしている。持田が客席のファンからの声を拾いながら進行することが多く、予定よりも大幅に延びることもしばしば。2009-2010年に行われたMEETツアーから、伊藤のマイクが有線からワイヤレスに変わった。デビュー当初は伊藤の喋る機会は少なかったが、現在はファンの「いっくん」コールや持田からの振りで、話す機会が増えており、20周年記念コンサートではほぼ1曲ごとに喋っている。持田が日常のことや楽曲のことを多く話すのに対し、伊藤は仕事の思い出や裏話をすることが多い。振りに全く関係ないことを話す、業界用語を多用する、外人訛りになるなどの伊藤のボケに、持田がツッコミを入れる下りが多く、観客の笑いが絶えない。

コンサートの流れ[編集]

前半はMCを挟みつつロウテンポの楽曲を中心に進む。持田が一旦退場すると伊藤のソロコーナーがあり、高度なギターテクニックが披露される。ここで観客のボルテージは最高潮に達し、そこに持田が衣装替えをして再登場し、激しいロック調の曲で会場を盛り上げる。歌い終わると持田が「アホになる気はあんのか、お前ら」「愛を謳う気はあるのか」「イエイ!イエイ!イエイ!」と客席を煽り(伊藤が前振りで行うこともある)、その後アップテンポの楽曲を持田と観客が1〜2フレーズずつ掛け合いながら歌っていく。本編最後はバラードで締めくくられることが多い。

アンコールがある場合、ツアーの表題曲や新曲を披露したあと、再びアップテンポの楽曲を観客と合唱する。挨拶の後、最後はバラードでしっとりと締めくくられる。

楽曲[編集]

オリジナルツアーではツアータイトルになっているアルバムから中心に、往年のヒットナンバーと最新リリースを織り交ぜて披露されている。また、過去のオリジナルアルバム収録曲もセットリストに組み込むため、ファンには嬉しいサプライズとなっている。往年の曲をアコースティックやジャズアレンジに変えて演奏することもあり、ライブならではの楽しみが演出されている。

グッズ[編集]

ツアーグッズにはTシャツやタオルなどに加え、持田のイラストをモチーフにするなど、メンバーの意見が取り入れられたオリジナル商品が年々増えてきている。

その他[編集]

ツアー公演本編終盤に会場に撒布されるアルミテープには2人の直筆のメッセージの印刷(Concert Tour 2001 4 FORCEのときは金色・銀色の2種類のテープにツアーのロゴマークだけが印刷されていた)が書かれている。ファンの多くはこれらを持ち帰るため、会場の清掃が簡単になるという効果もある。

ツアー[編集]

タイトル 解説 規模・月日・会場
1998年 Concert Tour '98 Time to Destination アルバム『Time to Destination』による最初のツアー。五十嵐が参加した唯一のツアーである。全27公演。
2000年 concert tour spirit 2000 アルバム『eternity』によるツアー。ツアー直前に五十嵐が脱退したため、パンフレットなどには彼の写真が使われている。五十嵐が抜けたキーボードの代替サポートはなく、キーボードの演奏はサポートメンバー(バンマス)桑島のみ。このツアーの成功が、後の2人の活動の精神的支柱になっていると言われる。全25公演。なお、ELTで唯一のアリーナクラスでのライブツアー。
2001年 Concert Tour 2001 4 FORCE アルバム『4 FORCE』によるツアー。持田がギターを披露した。全31公演。デビュー当時からELTを支えてきたサポートメンバー(Key:桑島、Dr:古道、Ba:浅田)が参加した最後のツアーである。このツアーのみ、キーボードに矢代恒彦が参加。
2003年 2003 tour MANY PIECES ギター以外のサポートメンバーが変わった後の最初のツアー。アルバム『Many Pieces』によるツアーであり、このツアーからアコースティックコーナーが設けられ、以後のツアーでも定着化する事になる。全27公演。
2004年-2005年 commonplace tour 2004-2005 ELT史上最大のツアー。全44公演。これは、各地域をくまなく周りたいという2人の希望によるものだったが、ツアーの序盤から声に異変が起こり始め、さらに終盤は年末年始の歌番組の収録が重なるというタイトなスケジュールもあってか、持田が急性気管支炎を発症、熊本公演では「fragile」のところで声が出ずに、持田が泣き出す事態になった。これにより、1月28日に予定された帯広、及び30日に予定された旭川に於ける公演がそれぞれ4月8日および4月3日に延期されてしまう。しかし、ライブDVDが当初の予定通り、全公演を終える前の3月24日にリリースされた。
2006年-2007年 concert tour 2006-2007 Crispy Park アルバム『Crispy Park』によるツアー。デビュー10周年を迎えてのツアーだが、2011年の15周年、2015-2016年の20周年のようにアニバーサリーツアーと位置づけてはなく、通常のアルバムコンセプトツアーであった。(このツアー後の2007年3月に日本武道館で10周年記念ライブを行っている。)全30公演。なお、サイドギターでデビュー初期からのサポートメンバーである加藤薫が参加した最後のツアーでもある。
2008年 concert tour 2008 Door アルバム『Door』による全国ツアー。ギターのサポートメンバーがいなくなり、このツアーのみストリングス3人が加わった。全25公演。ツアー後半から伊藤がものもらいを発症したため、黒い眼帯をつけてステージに立った。また、このツアーからバンドメンバーの立ち位置(ドラムとベース)が変更となった。
2009年-2010年 concert tour 2009-2010 MEET 2009年10月から2010年3月にかけて行なわれた全国ツアー。全33公演。本人達曰く「ELTとしては初めてアルバムを引っ提げていないツアー」と公言(いわゆる「ベスト・ヒット・ツアー」)。ツアー期間中にベスト・アルバムEvery Best Single 〜COMPLETE〜』、ツアーファイナルの東京公演前(2010年3月27・28日)に、オリジナル・アルバム『CHANGE』が発売された。また、2010年3月27・28日の東京公演には12年ぶりに五十嵐充がサプライズ・ゲストとして登場し、ELTツアー史上初のキーボード3名での演奏が実現。3月28日の最終公演では、登場時に持田のバースデーケーキを持ち込んで登場。(サポートメンバーの林の演奏を合図に登場。)さらに、サプライズはもう一つあり、伊藤の合図で5,000人の観客が人文字で持田のバースデーを祝い、持田は嬉しさのあまり号泣した(持田の誕生日はこの公演の4日前)。五十嵐がケーキを持って登場したとき、持田はサポート・キーボーディストの林真史がこの日誕生日だったので、林のバースデーケーキと思い込んでいた。(林のバースデーケーキはその日の本番前リハーサルで渡されていた。)なお、このサプライズ演出は持田以外のメンバー・スタッフおよび会場内の観客全員知っていた。(観客は、サプライズについての用紙と紅白ボードを配布され、開演前にマネージャーからサプライズの説明と練習が行われた)。
このツアーで、長らくライブで演奏されていなかった「Over and Over」が最終曲として演奏された(通常のツアーではこの曲のインストがエンディングで使われているが、このツアーでは、バックモニターのメッセージの後、ピアノのオリジナルエンディングに合わせてクレジットコールが流れた)。
また、2010年3月7日の沖縄コンベンション劇場公演では、持田が終演後の場内アナウンスコールをサプライズで行い、会場内に残っていた観客を驚かせた。(「裏MEET Vol.3」に収録)
2010年 Premium Christmas Concert Tour 2010 2010年12月07日から同月23日にかけて行われたツアー。全9公演。ツアー中のMEETの舞台セットをほぼそのまま使用し、ストリングス4名が加わった。
2011年-2012年 Every Little Thing 15th Anniversary Concert Tour 2011〜2012 "ORDINARY" 2011年10月から2012年3月にかけて行なわれていた全国ツアー。全31公演。デビュー15周年を記念したツアーで、アルバム『ORDINARY』を中心としたコンセプトツアーとなっている。なお、このツアーで当時サポートメンバーの林真史(キーボード)と山口鷹(ドラムス)が2001年秋からELTサポート10年と、ELTデビュー15周年と合わせて記念のツアーとなった。
2013年 Every Little Thing Concert Tour 2013 - ON AND ON - 2013年1月から6月にかけて行なわれた全国ツアー。全39公演(追加公演5公演を含む)。デビュー16周年を迎え、15年分の感謝をこめたスーパー・グレイテスト・ヒッツ・ツアーを実施。2009-2010年に行われたMEET同様、アルバムは特に引っさげない(ぶっちぎりのベストツアー)と公言。MEETツアー中同様に新曲(シングル)の発売はあったが、オリジナルアルバムの制作・発売はなかった。東京公演では、ソフトバンクのCMで共演した白戸家のお父さん(カイくん)がステージに登場した。このツアー前から、伊藤の右手首に黒いサポーターを巻いて演奏するようになった(しない場合もある)。ツアー後半から、持田がアコースティックギターの演奏(新曲の「Lien」)を披露。このツアーでは、2001年から10年以上ELTのドラムのサポートをしていた山口鷹に代わり、松川恒二がドラマーとして参加(強肩の持ち主で、アンコール時のタオル投げで通常届かない2階席まで遠投するなど、伊藤からは「アイアンマン」と呼ばれた)。最終公演は、例年より早く夏になった沖縄市民会館。(6月の沖縄公演は初であり、公演前日に例年より早く梅雨明けし、冬から夏にかけて行ったツアーとなった。)
2014年 Every Little Thing Concert Tour 2014 - FUN FARE - 2014年2月22日から7月6日(当初7月11日)にかけて行なわれた全国ツアー。全33公演(当初34公演)。アルバム『FUN-FARE』を中心としたコンセプトツアー。前回ツアー(ON AND ON)に続き、冬から夏にかけて行われるツアー日程となった。このツアーの大きな特徴として、持田がヘッドセットマイクを着用し踊りながら歌う、ELT史上初の演出を行った。最終公演は、当初7月11日に那覇市民会館で開催する予定だったが、東京公演終了後の7月7日・8日に沖縄に接近し、暴風・波浪特別警報が発表された台風8号の影響で舞台セットおよび機材を乗せた11トントラック4台の船便輸送ができず、必要最小限の機材を空輸し、演出を大幅に縮小・変更した上での実施も検討されたが、安全面や機材等の事情により中止となった。なお、この公演の振替予定はなく、ELTでは初めて最終公演を果たすことなく終了したツアーとなった。(実質上の最終公演は7月6日の東京国際フォーラムA。)
2015年-2016年 住宅情報館 presents Every Little Thing 20th Anniversary Best Hit Tour 2015-2016 〜Tabitabi〜 2015年10月17日から2016年4月2日にかけて行われている全国ツアー。全28公演。デビュー20周年を記念したベストツアーとなっているが、ツアータイトル「Tabitabi」のオリジナルアルバムがツアー前に発売されている。15周年ツアー「ORDINARY」以来の秋から翌年春にかけて行うツアー。このツアーからベース以外のサポートメンバーが入れ替わり、2001年末のカウンドダウンライブ以来のサポート大改編となった。また、ELTのツアーでは初めてコーラスと管楽器のサポートメンバーが加入した。最終公演は、2008年クリスマスライブ以来、改装してから初となる大阪:フェスティバルホール。

単発公演[編集]

Count Down Live 2001-2002 HORSE
ELT唯一のカウントダウン公演。12月30日・31日の2回公演が行われた(カウントダウンは31日のみ)。大晦日の公演は、有料でインターネットからのストリーミング配信が行われた。
2002 Christmas Special Concert(12月19日
キリスト教品川教会にて開催。カップル50組を抽選で招待。
X'mas Acoustic Live 2003(12月23日24日
横浜大さん橋ホールにて開催。有料公演。
X'mas Acoustic Live at 浦上天主堂〜愛の謳〜(2005年12月11日
長崎の浦上天主堂にて開催。浦上天主堂でポップスのライブが行われるのは歴史的に初めてであり、ELTと教会側の両者の想いから開催される事になった。
Every Little Thing 10th Anniversary Special Live at Nippon Budokan(2007年3月6日7日
2006年8月に10周年を迎えたことを記念してのライブ。大ヒット曲を中心に披露した。日本武道館にて開催。
Every Little Thing X'mas Concert 2008(2008年12月7日8日12月11日
フェスティバルホールで2回、NHKホールで1回開催。フェスティバルホールは2008年限りで建て替えとなる為、『4 FORCE』のツアー以来使用してきたこのホールでの開催も、これが最後となった。
Every Little Thing Premium Christmas Concert 2009(2009年12月23日24日
12月23日、24日に神奈川県民ホールで開催された。
Every Little Thing 20th Anniversary LIVE "THE PREMIUM NIGHT" ARIGATŌ(2016年8月5日8月7日
2016年8月にデビュー満20年を迎えることを記念してのプレミアムライブ。会場は10周年記念ライブと異なり、国立代々木競技場第二体育館で開催。因みに代々木会場でのライブは2000年に開催されたSpiritツアー以来、約16年ぶりとなる。

イベント・ミュージックフェスティバル[編集]

  • POP HILL'97(1997年、石川県森林公園)
  • Midsummer Marine Live(1997年、1998年千葉マリンスタジアム
  • channel a Special Live(2000年、国立代々木競技場第一体育館)
  • JAM JAM MARINA2001(2001年、山口きらら博会場隣特設会場)
  • Summer Breezeスーパーライブ(2001年、島根YASUGI SEASIDE野外特設ステージ)
  • 美浜海遊祭2001 STARLIGHT GIG(2001年、愛知美浜町総合公園グランド内特設会場)
  • サンマリーナイリュージョン2001(2001年、沖縄サンマリーナホテル野外ステージ)
  • MUSIC EXIPO INASAYAMA Girls Girls Girl(2001年、長崎稲佐山公園野外ステージ)
  • a-nation - 2002年より毎年参加。
  • ap bank fes '05
  • SOUND MARINA 2006(広島港出島野外特設会場)
  • MUSIC FESTIVAL 2006 ユメウタ
  • WALKER presents SNOW LIGHT LIVE in IKSPIARI(2007年11月3日、舞浜イクスピアリ)
  • MTV 告白宣言(2008年)
  • LIVE SDD 2008(大阪城ホール)
  • excite music Festival '08(2008年9月21日、さいたまスーパーアリーナ)
  • 沖縄セルラー auジョイプロジェクト ELTライブイベント(2008年9月28日、沖縄コンベンションセンター展示棟)
  • Tales of festival2010(2010年6月6日、パシフィコ横浜)
  • FM大阪40周年記念Live E∞Tracks Live(2010年9月28日、大阪城ホール)
  • 早稲田祭2010記念会堂LIVE Age×Every Little Thing(2010年11月7日)
  • 第68回国民体育大会総合開会式(2013年6月10日)
  • ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014(2014年8月2日、国営ひたち海浜公園
  • BEAT PHOENIX 2014 (2014年9月13日、福井フェニックスプラザ)
  • イナズマロックフェス(2014年9月14日、滋賀県草津市烏丸半島芝生広場)

タイアップ[編集]

楽曲 タイアップ
1996年
Feel My Heart ヴァーナル」CMソング
TBS系「COUNT DOWN TV」1996年8月度エンディングテーマ
Future World TDK」CMソング
1997年
Dear My Friend スリムビューティハウス」CMソング
For the moment 森永製菓ICE BOX」CMソング
TBS系「COUNT DOWN TV」1998年6月度エンディングテーマ
出逢った頃のように 森永製菓「ICE BOX」CMソング
メナード企業CMソング(2015年)
Shapes Of Love テレビ朝日系列ドラマ研修医なな子」主題歌
Never Stop! テレビ朝日系列27時間テレビ「熱血チャレンジ宣言'97」テーマソング
1998年
Face the change TOYOTA「HILUX SURF SSR-V」CFソング
テレビ朝日系列27時間テレビ 「熱血チャレンジ宣言'97」オープニングテーマ
Time goes by フジテレビ系列 木曜10時ドラマ『甘い結婚』主題歌
TOYOTA「HILUX SURF SSR-V」CFソング
ソフトバンクモバイルCFソング(2012年)
エヌ・シー・ソフト ハートフルプライス(リネージュII・タワー オブ アイオン)CFソング(2012年)
All along 森永製菓「ICE BOX」CMソング
FOREVER YOURS シーブリーズ 」1998年度CMソング
NECESSARY TOYOTA「HILUX SURF」CFソング
1999年
Over and Over 読売テレビ日本テレビ系列月曜10時ドラマ「ボーダー 犯罪心理捜査ファイル」エンディング・テーマ
Someday, Someplace TOYOTA「HILUX SURF」CFソング
キモチ 資生堂「ヌーヴネールカラー」CMソング
2000年
Pray DyDo「Ti-Ha」CFソング
Get Into A Groove TOYOTA「HILUX SURF」CFソング
sure 日本テレビ系列ドラマ「バーチャルガール」主題歌
The One Thing 映画「クロスファイア」主題歌
Rescue me 日本ゲートウェイノートパソコン「Gateway Solo」CMソング
Smile Again DyDo「Ti-Ha」CMソング
愛のカケラ 資生堂「マシェリ」CMソング
2001年
fragile フジテレビ系列「あいのり」主題歌(2000年10月 - 2001年9月)
JIRENMA 劇場版「頭文字D Third Stage」エンディングテーマ
Graceful World TBS系列ドラマ「ビッグウイング」主題歌
jump カネボウ「プロスタイル」TV-CFソング
2002年
キヲク TBS系カネボウ木曜劇場『しあわせのシッポ』主題歌
time trip 〜僕が僕であるために〜 カネボウ「プロスタイル」TV-CFソング
ささやかな祈り テレビ朝日系列「やじうまプラス」テーマソング
AMBIVALENCE 日本テレビ系列「トヨタプリンセス2002」大会イメージソング
UNSPEAKABLE キヤノン「ピクサス」CMソング
TBS系「恋愛Master 7メモリーズ」テーマソング
愛の謳 映画『犬夜叉 鏡の中の夢幻城』挿入歌
ルーム ノーベル製菓「はちみつきんかんのど飴」CMソング
nostalgia フジテレビ系ドラマ『お義母さんといっしょ』主題歌
2003年
Grip! 読売テレビ・日本テレビ系列アニメ『犬夜叉』オープニングテーマ
ゆらゆら 映画『犬夜叉 鏡の中の夢幻城』主題歌
stray cat NHK-BS2「真夜中の王国」オープニングテーマ
self reliance フジテレビ系「ベルリンマラソン2002」イメージソング
ファンダメンタル・ラブ 森永乳業「ラクトフェリンヨーグルト」TV-CFソング
また あした MBS・TBS系列 ドラマ30ピュア・ラブIII」主題歌
ノーベル製菓「はちみつきんかんのど飴」CMソング
一日の始まりに... ニベア花王「アトリックス」CMソング
しあわせの風景 キリンビール「氷結アップルヌーヴォー」CMソング
2004年
ソラアイ スズキ自動車「MR wagon」CMソング
うらうらら NHK総合月曜ドラマシリーズ農家のヨメになりたい」主題歌
五月雨 JR北海道「春の海峡物語」「夏の札幌物語」CMソング
恋文 映画『天国からのラブレター』主題歌
ノーベル製菓「はちみつきんかんのど飴」CMソング
good night ナムコテイルズ オブ リバース』主題歌
2005年
きみの て ニベア花王「アトリックス うるおいパッククリーム」CMソング
日本テレビ系「音楽戦士 MUSIC FIGHTER」11月オープニングテーマ
鮮やかなもの(Acoustic Version) アニメ「BUZZER BEATER」エンディングテーマ
2006年
azure moon 日本テレビ系「クイズ発見バラエティー イッテQ!」3月エンディングテーマ
日本テレビ系「音楽戦士 MUSIC FIGHTER」3月POWER PLAY
ハイファイ メッセージ TBS系「王様のブランチ」2006年6月,7月エンディングテーマ
スイミー 関西テレビ・フジテレビ系火曜22時ドラマ「結婚できない男」主題歌
2007年
キラメキアワー ECCジュニア」CMソング
日本テレビ系「いただきマッスル!」8月エンディングテーマ
日本テレビ系「ミラクル☆シェイプ」8月エンディングテーマ
夏色夏夢 日本テレビ系「THE・サンデー」6月,7月エンディングテーマ
恋をしている サッポロ 冬物語」CMソング
2008年
サクラビト 日本テレビ系「スッキリ!!」2008年2月エンディングテーマ
日本テレビ系「音楽戦士 MUSIC FIGHTER」2008年2月POWER PLAY
music.jp TV-CMソング
まさかのTelepathy NTTドコモ東北「FOMAエリア拡大 春」篇CMソング
あたらしい日々 フジテレビ系ドラマ「シバトラ〜童顔刑事・柴田竹虎〜」主題歌
NTTコミュニケーションズ"CreativE-Life" CMソング
黄金の月 「チーム・インテリジェンス」応援ソング
2009年
DREAM GOES ON NHK総合金曜ドラマ派遣のオスカル〜少女漫画に愛をこめて」主題歌
冷たい雨 日本テレビ系「音楽戦士 MUSIC FIGHTER」11月オープニングテーマ
2010年
Change 「英会話イーオン企業」CMソング
2011年
宙 -そら- 劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ ビクティニと黒き英雄 ゼクロム』主題歌
響 -こえ- 『劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ ビクティニと白き英雄 レシラム』主題歌
アイガアル フジテレビ系ドラマ「全開ガール」主題歌
tomorrow H.I.S.「ウエディング」CMソング
wonder love H.I.S.「ハネムーン」CMソング
ORDINARY Kracieカンポウ専科かぜ薬」タイアップソング
BEGIN 「日本ジュエリー協会」キャンペーンテーマソング
Landscape TOYOTA『アイシス』CMソング
2013年
ON AND ON ニッセン」春,夏CMソング
ハリネズミの恋 メナード化粧品「フェアルーセント」CM曲
Lien 映画「映画はなかっぱ 花さけ!パッカ〜ん♪ 蝶の国の大冒険」主題歌
アクアマリンのままでいて フジテレビ系スペシャルドラマ「抱きしめたい! Forever」主題歌
2014年
BFF AOKI」CMソング
START テレビ東京系列ソチ五輪テーマソング
Sympathy 千葉銀行イメージソング
キミト 日本テレビ系「PON!」2月度テーマソング
Take me Tell me メナード「フェアルーセント」CMソング
2015年
RUN FOR JALホノルルマラソン2014オフィシャルテーマソング
ANATA TO メナード「フェアルーセント」CMソング
KIRA KIRA 映画 Go!プリンセスプリキュア Go!Go!!豪華3本立て!!! パンプキン王国のたからもの』主題歌
AKARI ホシザキ電機」CMソング
2016年
MY LIFE 住宅情報館」CMソング
まいにち。 フジテレビ系応援ドキュメントバラエティー番組「ライオンのグータッチ」テーマソング
ブルースター キットカット ショコラトリー プレミアムシアター タイアップ曲

NHK紅白歌合戦[編集]

年/放送回 曲目 対戦相手
1997年(平成9年)/第48回 Shapes Of Love 山川豊
1998年(平成10年)/第49回 2 Time goes by 西城秀樹
1999年(平成11年)/第50回 3 Over and Over 加山雄三
2000年(平成12年)/第51回 4 愛のカケラ 西城秀樹
2001年(平成13年)/第52回 5 fragile TOKIO
2002年(平成14年)/第53回 6 UNSPEAKABLE アルフレッド・カセーロ&THE BOOM
2003年(平成15年)/第54回 7 また あした はなわ&テツandトモ
2004年(平成16年)/第55回 8 恋文 美川憲一

CM[編集]

  • ソフトバンクモバイル 白戸家(2012年 - 2013年) - LTE開始を記念し、白戸彩が、父(白戸次郎)の一言でLTE(Little Thing Every)への改名をお願いし、最初は「私たち、ELTだから。」(持田)と断るが、その後、改名する。再び上戸が田舎中心の全国ツアーをお願いするが、「人います?」(持田)と断られるが何故かやってくれる設定になっている。ツアー(主に、青森県ならりんご畑など田舎の野外ライヴ)では「Time goes by」を歌うという設定となっている。さらに、同曲の歌詞中にある「信じ合える」から転じて「シンジ会える」となり、白戸次郎香川真司が登場することになった。ちなみにこのCM放送後に開催された全国ツアーの告知ポスターには父と共に3人並んで映っていた。ポスター上記の項目には「お父さんは来ません。」との注意書きが明記してある。尚、実際に東京公演にはお父さん犬(カイくん)もステージに初めて出演し共演を果たした。
  • 住宅情報館(2015年 - 2016年)- 2015年から2016年に掛けて開催されたデェビュー20周年記念ツアーの公式スポンサーで縁があることでも分かる通り、本ツアーの11月8日の神奈川公演終了後にCM撮影の為、観客並びにメンバーが再び登壇[5]し、「Grip!」を披露後、持田が「住宅ー!」と叫び、観客らが「情報館ー!」と掛け合わせている模様[6]となっている[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]