第64回NHK紅白歌合戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第64回NHK紅白歌合戦
NHK-Hall.jpg
会場のNHKホール
ジャンル 大型音楽番組
放送時間 19:15 - 20:55、21:00 - 23:45 (JST)(265分)
放送期間 2013年12月31日
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
【放送媒体:総合テレビジョン
製作総指揮 山田良介[1]
演出 一坊寺剛(総合演出)[2]
出演者 #司会者#出場歌手を参照
音声 音声多重放送
紅白サブトークチャンネル
字幕 文字放送
データ放送 実施
オープニング 「64回だョ! 紅白歌合戦!」[3]
エンディング 蛍の光
テンプレートを表示
第64回NHK紅白歌合戦
ジャンル 大型音楽番組
放送方式 生放送
放送局 NHKラジオ第1
特記事項:
その他の項目は媒体固有のものを除きテレビと共通
テンプレートを表示

第64回NHK紅白歌合戦』(だいろくじゅうよんかいエヌエイチケイこうはくうたがっせん)は、2013年平成25年)12月31日JST、以下同じ)に放送された通算64回目のNHK紅白歌合戦である。

放送まで[編集]

日付はいずれも2013年。

9月5日
NHKの松本正之会長の定例記者会見の席にて放送日時が公表された[4]
10月18日
この日行われた記者会見で、今回の司会者とテーマが発表された。司会者として、紅組司会を綾瀬はるか、白組司会を、総合司会を有働由美子が務めることがそれぞれ発表された。また、テーマは「歌がここにある」と発表された[5]。司会発表はNHKホール前の屋外特設会場で行われ、両軍司会の綾瀬・嵐がリムジンに乗って登場する演出が行われた。
11月20日
紅白PR大使に能年玲奈を起用することを発表した[6]
11月25日
今回の出場歌手(51組)が正式発表された[7]
12月5日
当日のテレビ副音声『紅白ウラトークチャンネル』にテリー伊藤橋本奈穂子アナウンサー。ラジオ中継実況担当に吉田一貴アナウンサーと久保田祐佳アナウンサーが決定したことが発表された[8]
12月17日
当日年越しライブを行うパシフィコ横浜からの中継出演となる福山雅治の出演部分を中華民国の旗 中華民国台湾)・台北市にて行われる番組『跨年晚會(台北ニューイヤーズパーティ)』との3元中継を行うことを発表。同番組は台湾に限らず中華人民共和国の旗 中国香港の旗 香港全土への生中継が行われる[9][10]
12月18日
公式サイトで出場歌手が当日披露する曲目を発表。水樹奈々とT.M.Revolution、松田聖子とクリス・ハートがそれぞれ同一メドレーでの「共演」の形になることが明らかになった[11]。また、メドレー形式での歌唱が過去最多の11組になることも明らかになった[12]
また、DREAMS COME TRUEは岩手県陸前高田市からの中継参加となることも同日発表された[13]
12月23日
この年上期の連続テレビ小説あまちゃん』の出演者による企画コーナーを実施することが発表された[14]。当日は能年を始めとするドラマ出演者が登場、宮藤官九郎が脚本を書き下ろし、音楽は大友良英が担当するなど、ドラマ制作チームがそのまま当日の演出を担当する[15]。以後第66回2015年)まで紅白内で同年の朝ドラの特別編が行われた。
12月24日
ゲスト審査員・ゲストが発表された[16]
12月26日
曲順が発表され、最終審査の際、麻布大学野鳥研究部による会場審査員の集計が第53回2002年)以来11年ぶりに復活することが発表された。

当日のステージ[編集]

前半[編集]

大友良英作曲のアヴァンBGM「地元スカ[注 1]」が流れる中、プロジェクションマッピングにより生きているように映し出されたNHKホールの外観を背景にした両軍司会の綾瀬はるかによるオープニングトークに続いて、あまちゃんスペシャルビッグバンドによる「64回だョ!紅白歌合戦!」[注 2]の生演奏からスタート。天野アキ(能年玲奈)が銅鑼を鳴らし開会を宣言した[17]

伍代夏子は、夫の杉良太郎と20回目にして「初共演」。AKBメンバーをバックに着物姿でしっとり歌い上げ、審査員席の杉が「きょうは特に良かったです」とのろける場面も見られた[18]

伍代の歌唱後、岩手県北三陸市からの“生中継”[注 3]として『あまちゃん』メンバーによる寸劇を披露。「スナック梨明日」での忘年会に集う北三陸の面々と、NHKホールの天野アキ(能年玲奈)とのやりとりを展開した。

藤あや子のステージには同郷の壇蜜が登場した。花魁姿で得意(坂東流師範の腕前)の日本舞踊をテレビ初披露した[20]

サカナクションは歌唱前に、NHKサッカー中継のテーマ曲「Aoi」をBGMにサッカーのVTRが流れる紹介があった。

天童よしみの歌唱前に、ステージ脇の通路でくまモンふなっしーが乱闘状態になった[21]

Linked Horizonは、合唱団64人、ダンサー12人ら100人超の楽団を引き連れてのパフォーマンス。アニメ『進撃の巨人』(MBS制作)の映像も紹介され、和田アキ子が作中の「和田アキ子似の巨人」に苦笑する場面もあった[22]。また、歌詞中に出てくる主人公「(エレン・)イェーガー」に合わせて、ファンやNHK紅白歌合戦の公式Twitterが「イェーガー」と一斉にツイート[23]、これが17万ツイートを超え、同日のツイート数で1位となる現象が生じた[24]

坂本冬美の歌唱の際には、鼓童と共に、テレビ朝日系列『関ジャニの仕分け∞』の太鼓の達人仕分けで圧倒した大倉忠義関ジャニ∞)も和太鼓演奏に参加した[25]

前半終了前の特別企画「花は咲く」の歌唱前、曲紹介をしていた綾瀬が涙を流してしまい、言葉を詰まらせる場面があった[26]。その後、中間審査の間に鉄拳フリップを用いた漫談「こんな紅白はイヤだ!」を披露する予定になっていたが、時間の都合でネタが全編カットになってしまい、そのままニュース(武田真一担当)に繋がった[27]

後半[編集]

後半冒頭での登場となったEXILEは、本ステージを以ってHIROがパフォーマーを引退。「本当に沢山の人たちに支えられて幸せです。来年はさらに進化させたEXILEをお見せしたい」と挨拶した[28]

ももいろクローバーZは、田中将大がメンバーを意識した5色のグローブを手にして曲紹介。金閣寺をイメージした金色の衣装でメドレーを披露した[29]

aikoの曲紹介時、綾瀬が曲名を間違える場面があった。なお、aikoは本紅白直後に生出演したTBS系列『CDTVスペシャル 年越しプレミアライブ 2013→2014』で綾瀬のこのミスをネタにした[30]

TOKIOの曲紹介時、第45回1994年)に初出場した当時の映像が紹介され、国分太一は「この時の長瀬を見ると、今の長瀬はゴリラになりましたね」とコメントした[31]

『あまちゃん』“特別編”の本編ステージがどのタイミングで挿入されるかは事前に明らかにされていなかったが、和田アキ子DREAMS COME TRUEの間で披露された。

DREAMS COME TRUEは岩手・宮城の4高校の音楽部・合唱部のコーラスをバックにステージを披露[32]東日本大震災から5ヶ月後の2011年8月19日に陸前高田市で行った無料ライブ時の「絶対また来るね!」という約束を果たすステージとなった[13]

きゃりーぱみゅぱみゅは「にんじゃりばんばん」の歌唱後、衣装の中から黒人男性が現れる仕掛けがあった[33]

水森かおりは、前回から引き続いて巨大衣装で登場、今回は桂由美デザインの高さ約6mにもなる緑の巨大ドレスだった[34]

AKB48は後半での登場となり、18歳以上のメンバー[注 4]総勢110人が世界各国の110種の衣装を身にまとってパフォーマンス[35]。「恋するフォーチュンクッキー」歌唱後、「ヘビーローテーション」との曲間に大島優子がAKB48からの卒業を発表した[36]。この卒業発表は、大島から秋元康プロデューサーを通じて事前にNHK側に許諾を得た上での発表だったといい、AKBメンバーには誰にも知らせていなかったという[37]。なお、今回紅白内でサプライズ的に卒業発表を行ったことに関しては賛否両論の意見が見られる[38]

泉谷しげるは間奏で手拍子をする観客に対し「手拍子してんじゃねぇ!」と毒づき、曲の終盤では「今日ですべてが終わる。今日ですべてが変わる。自分だけの今日に向かえ!」と視聴者へのエールを送った[39]

白組司会のの曲紹介は綾瀬と滝川クリステル(ゲスト審査員)が行った。

紅白の勝負を超えた存在として「究極の大トリ」の名目で史上初の50回出場を花道に出場勇退を宣言した北島三郎は「まつり」を歌い、花道を飾った[40][41]。北島は曲中で5度も「ありがとうございました」と頭を下げ、五木ひろしにマイクを向け一節彼に歌唱させる場面もあった[42]。歌唱後、他の出場歌手らと次々と握手を交わし、挨拶を求められ、「ありがとうございました」とまた頭を下げて、「歌の仲間たちがこんなに熱く応援して頂き、北島はこれで紅白を卒業させてもらいます。ありがとうございました!」と感謝の言葉を並べた[43][42]

今回も例年通り、審査中にダイジェストが流されたが、この演出は今回で一旦終了となった。なお、第66回2015年)以降ではこの演出が再び行われている。

北島は最後まで感謝の言葉を交わし、「蛍の光」大合唱終了後、もう一度、カメラの前で「ありがとうございました」の挨拶で本紅白を締めた[42]

結果[編集]

上述の通り麻布大学野鳥研究部による会場審査員の得点集計を11年ぶりに復活。加えてボールによる最終判定を第57回2006年)以来7年ぶりに復活させ、ゲスト審査員の票に重きを置く形となった。

審査方法は中間審査でデジタルTV・ケータイワンセグスマートフォンによる各視聴者審査員の総得票数で優勢と判断された方に1点。加えて最終審査で会場審査員と各視聴者審査員の総得票数で優勢と判断された方に各1点、ゲスト審査員各人1点の合計13点が割り当てられた。

結果白組が優勝し、対戦成績も白組35勝、紅組29勝となった。嵐の5人を代表してリーダーの大野が杉良太郎から優勝旗を授与された。

  • 紅組:4点 - 白組:9点
  • 中間審査
    • デジタルTV・ケータイ・ワンセグ・スマートフォン審査の投票数(1点)紅組:209,239票 - 白組:266,887票
  • 最終審査
    • 会場審査の投票数(1点)紅組:864票 - 白組:1,836票
    • デジタルTV・ケータイ・ワンセグ・スマートフォン審査の投票数(1点)紅組:235,669票: - 白組:431,783票
    • ゲスト審査員の投票(10点)紅組:4票 - 白組:6票

出場歌手[編集]

曲名表記は公式サイトの表記[44]に準拠する。歌手名の太字は初出場もしくは返り咲き。

紅組 白組
曲順 歌手・ユニット名 楽曲 曲順 歌手・ユニット名 楽曲
前半
1 浜崎あゆみ 15 INSPIRE 2 Sexy Zone Sexy平和Zone組曲[※ 1]
3 NMB48 カモネギックス 4 細川たかし 37 浪花節だよ人生は 2013
6 香西かおり 17 酒のやど 5 德永英明 8 夢を信じて
8 E-girls E-girls 紅白スペシャルメドレー2013[※ 2] 7 郷ひろみ 26 Bang Bang
10 伍代夏子 20 金木犀 9 三代目J Soul Brothers 2 冬物語
11 AAA 4 恋音と雨空 12 福田こうへい 南部蝉しぐれ
13 藤あや子 19 紅い糸 14 サカナクション ミュージック
15 miwa ヒカリヘ 16 ポルノグラフィティ 12 青春花道
17 天童よしみ 18 ふるさと銀河 18 Linked Horizon 紅蓮の弓矢 [紅白スペシャルver.]
19 水樹奈々(5)×T.M.Revolution(4)/-革命2013- 紅白スペシャルコラボレーション[※ 3]
20 SKE48 2 賛成カワイイ! 21 森進一 46 襟裳岬
22 坂本冬美 25 男の火祭り 23 コブクロ 8 今、咲き誇る花たちよ
「歌がここにある」特別企画 〜東日本大震災復興支援ソング「花は咲く」〜[※ 4]
後半
25 ももいろクローバーZ 2 ももいろ紅白2013だZ!![※ 5] 24 EXILE 9 EXILE PRIDE 〜こんな世界を愛するため〜
27 aiko 12 Loveletter 26 ゴールデンボンバー 2 女々しくて
29 西野カナ 4 さよなら 28 氷川きよし 14 満天の瞳
31 和田アキ子 37 今でもあなた 30 TOKIO 20 AMBITIOUS JAPAN!
「歌がここにある」特別企画〜連続テレビ小説「あまちゃん」“特別編”[※ 6]
32 DREAMS COME TRUE 15 さぁ鐘を鳴らせ[※ 7] -
34 きゃりーぱみゅぱみゅ 2 紅白2013きゃりーぱみゅぱみゅメドレー[※ 8] 33 関ジャニ∞ 2 紅白2度目! 呼ばれて飛び出てじぇじぇじぇじぇ!![※ 9]
36 Perfume 6 Magic of Love 35 五木ひろし 43 博多ア・ラ・モード
38 水森かおり 11 伊勢めぐり 37 ゆず 5 雨のち晴レルヤ
「歌がここにある」特別企画〜ニッポンの ふるさと」〜[※ 10]
39 石川さゆり 36 津軽海峡・冬景色 40 美輪明宏 2 ふるさとの空の下に[45]
41 AKB48 6 紅白2013SP〜AKB48フェスティバル[※ 11] 42 福山雅治 6 2013スペシャルメドレー[※ 12][46]
44 いきものがかり 6 笑顔 43 泉谷しげる 春夏秋冬2014
46 松田聖子&クリス・ハート 17/初 New Year's Eve Special Song Medley 2013[※ 13] 45 5 New Year's Eve Medley 2013[※ 14]
47 髙橋真梨子 2 for you… 48 SMAP 21 Joymap!![※ 15]
- 49 北島三郎 50 まつり
  1. ^ Sexy Zone」「Lady ダイヤモンド」「Sexy Summerに雪が降る」「Real Sexy!」「バィバィDuバィ〜See you again〜」の計5曲披露。
  2. ^ Follow Me」「ごめんなさいのKissing You」の順に披露。
  3. ^ Preserved Roses」「革命デュアリズム」を順に披露。
  4. ^ 綾瀬はるかと紅白歌手有志による「花は咲く」の合唱。
  5. ^ GOUNN」「走れ!」を順に披露。
  6. ^ 暦の上ではディセンバー」「潮騒のメモリー」「地元に帰ろう」のメドレーを交えた寸劇。
  7. ^ 岩手県陸前高田市高田小学校体育館からの中継出場[13][32]
  8. ^ にんじゃりばんばん」「もったいないとらんど」を順に披露。
  9. ^ へそ曲がり」「T.W.L」を順に披露。
  10. ^ 嵐が南大東村立南大東小中学校(沖縄県)を訪ねて交流した様子のVTRの後、全国の小学生が歌う動画とともに嵐が「ふるさと」を歌唱。
  11. ^ 恋するフォーチュンクッキー」「ヘビーローテーション」を順に披露。
  12. ^ 神奈川県横浜市・パシフィコ横浜展示ホールより「vs.2013 〜知覚と快楽の螺旋〜」と「誕生日には真白な百合を」を披露。
  13. ^ 東京都港区グランドプリンスホテル新高輪大宴会場「飛天」より「あなたに逢いたくて〜Missing You〜」(聖子のみ)「夢がさめて」(デュエット)を順に披露。
  14. ^ Endless Game」「Breathless」を順に披露。
  15. ^ Mistake!」「Joy!!」を順に披露。

選考を巡って[編集]

選考に際して「歌がここにある」というテーマの元、「大晦日の夜、視聴者と同じ瞬間に歌で、喜びや感動を共有したい」との意図を重視し、この年の活躍や世論の支持を加味して選考したとしている[47]

選出[編集]

初出場は9組。

  • NMB48はAKB48グループとしてはAKB48、SKE48に続く3組目の出場となった。NHKは「3グループとも純粋にCDが売れており、今年の活躍が選考の理由」としている[48]
  • 泉谷しげるは以前から各地を襲った震災の被災地支援や、口蹄疫で被害が大きかった宮崎県の応援を続けているなど、日本中でチャリティー活動をしており、「今年のテーマに合致している」と評価されての選出となった。会見で泉谷は「この違和感…何のドッキリかと思ったら、ホントなんだな」「出たい人いくらでもいるだろうに。やめとけよ、NHK。31日は40年間、仕事してないんだよ、すき焼きパーティーやるんだよ、どうしてくれるんだよ」「(出場は)最初で最後だから、さよなら」などと語った[47][49]。本番直後にも「2度と出るもんか。出ませんよ!!」と言い放っている[50]ほか、リハーサル時にはドラマーのミスに激怒する場面があった[51]。泉谷は本番での歌唱終了後、NHKホールを離れ自宅ですき焼きパーティーをしながら本紅白のエンディングを視聴したという[52]
  • サカナクションは『SONGS』などに出演、「ロックバンドとしての表現はすばらしいものがある」との評価が選考理由となった[53]
  • クリス・ハートは日本テレビ系列の外国人を対象としたのど自慢番組『のどじまん ザ!ワールド』で活躍、注目を集めてデビューした。また所属レコード会社のユニバーサル・ミュージック・ジャパン創設10周年記念で松田聖子とデュエットした「夢がさめて」も注目を浴びた。当日は同曲による2人のデュエットでの出場が見込まれ[47][54]、実際に「New Year's Eve Special Love Song Medley 2013」として2人で共演することが発表された。なお、当初は白組から出場予定だったが、演出の関係上聖子メインによる紅組からの出場に変更された。
  • Linked Horizonはこの年放送された民放のアニメ『進撃の巨人』の主題歌が大ヒットし、「今年のアニメソングで最も売れた楽曲。アニメソングも1つの音楽のジャンルになっているので評価するべき」として選ばれている[47][55]

この他、初出場組では民謡界から転身し「南部蝉しぐれ」が大ヒットした福田こうへい、EXILEの妹分であるE-girls、ジャニーズ事務所からはSexy Zone、アルバムリリースや全国ツアーを重ねて知名度を上げたmiwaが選出されている[56][57]

返り咲き組では松田聖子に加え、この年下期の連続テレビ小説『ごちそうさん』の主題歌「雨のち晴レルヤ」とNHK全国学校音楽コンクールの中学校の部の課題曲「友 〜旅立ちの時〜」を担当しているゆず、40周年記念アルバムが大ヒットしソロでは29年ぶりの最長ブランクタイ出場となる髙橋真梨子[注 5][56]、水樹奈々とのコラボレーションシングルをリリースしたT.M.Revolution、スケジュール等の都合で2年連続で辞退していたが3年ぶりの出場となるDREAMS COME TRUEが選ばれている。

また、過去3回白組から出場していたAAAが紅組から出場。同一のグループおよびメンバーの組替え出場はこれが初となる。エンターテインメント番組部長の古谷太郎は「パワーのあるグループ。最近は紅組は劣勢なので、パワーアップを目指し、紅組で出場して頂くことになった」と説明した[58]。AAAのメンバーは12月29日のリハーサル時にインタビューを受けた際、組替え・紅組移籍について女性メンバーの宇野実彩子は「毎年出させてもらえるかでドキドキしてるので、参加させてもらうだけで十分。でも、びっくりしました。AAAだけでしかできない経験」「女性が周りにいるので心強い」と語ったが、直後男性メンバーの西島隆弘から「大好きな木村さんに会えなくなるね。敵同士になる」とからかわれた。一方、同じく男性メンバーの與真司郎は紅組での出場に「アクセル全開です」と意気込んだ[59]。以後、AAAは紅白両組入れ替え出場を繰り返すこととなる。

不選出[編集]

  • 8年連続出場(初出場以来)の倖田來未、4年連続出場(初出場以来)のNYC、2年連続出場(通算6回)の絢香、並びに前回返り咲き出場(通算9回)を果たした中島美嘉は落選[60]
  • AKB48グループのうち、SKE48とNMB48は選出されたものの、HKT48は落選[注 6]。落選に対しメンバーの指原莉乃は「焦らずに声をかけて頂けるまで待つのみです」とコメントした[61]。また一部で初出場が有力視されていたAKB48の公式ライバルグループ・乃木坂46も落選した。
  • 小林幸子(この年芸能生活50周年且つ翌年歌手デビュー50周年)は返り咲き出場を目指していたが、「今年の活躍、世論の支持、企画・演出の3点を中心に総合的に選考し、1歩及ばなかった」と2年連続で落選となった[62]
  • 11年ぶりにシングル3作連続首位を記録するなど再ブレークを果たし、第58回2007年)以来6年ぶりの紅白出場が期待されていたモーニング娘。も落選[63][64]
  • SEKAI NO OWARIは出場内定まで漕ぎ付けたが、最終的には落選となったとされる[65]
  • 華原朋美家入レオKARAも落選[66]
  • 『あまちゃん』の出演者である小泉今日子(前回出場を辞退)や薬師丸ひろ子(翌年正式枠出場)、劇中歌「暦の上ではディセンバー」を歌ったベイビーレイズなどは出場歌手としては選ばれなかったが、「『何かしたい』とは考えていますが、まだ動けていないので、これから考えていきたいですし、ご期待応えていきたい」として企画枠での出演を検討していた[47][67]。その後12月23日に企画コーナーという形で出演することが発表された[15]

前回の出場歌手の中より、不選出となったのは計13組(紅:7、白:6)。※印は選考時点で既に解散または活動休止していた歌手・グループ。

その他[編集]

北島三郎は史上初の50回出場を達成[68]、そしてこれを機に紅白勇退をした[69](先述)。50回目、自身の喜寿という節目であることや、年々減少する紅白の「演歌枠」など演歌界の危機的な状況を受け、自ら引くことで世代交代を進めたいとの意向もあるとされた[70]。北島本人は「50回目の出場を区切りに1本の線を引きたい」とし、その理由について「先輩がいつまでも壁になっているのもよくない。歩いてきた道を譲るのも先輩の役目かもしれない」と語るとともに、「多くの人の支えがあって50回もやってこられた。心からありがとうと伝えたい」とファンへの感謝を述べた[71]。今回を最後に北島は紅白出演を一切行っていない(この時点で以後は打診があっても辞退すると発表。特別枠での出演もしないとしている[72])が、この後もNHKは毎年北島に出演(正式出場歌手としてのみならず、ゲスト審査員や特別枠、白組司会としての出演を打診しているとも報じられている)を打診しているとされる。NHKに北島の紅白復帰を望む声も多く寄せられているという[73]

和田アキ子石川さゆりは紅組歌手として36回目(前者は紅白両組通算では37回目)の出場となり、紅組歌手の最多出場記録となった。

TOKIOはグループで史上初の20年連続出場を達成。

満78歳の美輪明宏藤山一郎の持つ最年長出場記録に並んだ。

森進一は『週刊新潮』(2014年1月16日号)によると、選考時には当落線上で最後の最後で滑り込む形で出場が決定したという。

和田の歌唱曲について、当初「あの鐘を鳴らすのはあなた」と予想するメディアもあった[74]

番組側はこの年亡くなった島倉千代子への追悼として、島倉の葬儀で弔辞を読んだ石川さゆりに島倉の持ち歌である「東京だョおっ母さん」や「人生いろいろ」の歌唱を要請していたが、石川が「島倉さんとは親しいですが、都はるみさんや五木ひろしさんなど、自分よりも仲の良かった先輩歌手がいるのに、そんな出しゃばった真似はできない」とその打診を断ったとされる[75]

曲順を巡って[編集]

浜崎あゆみが6年連続で紅組トップバッターおよび先行トップバッターを務めた。自身の持つトップバッター担当の通算・連続記録を更新した。

紅組トリに高橋真梨子、白組トリおよび大トリに4年連続でSMAPが起用され、正規大トリであるSMAPの歌唱後に「究極の大トリ」として北島三郎が歌唱するという史上初の試みが実施された[41]

紅組トリを務めた高橋はソロ2回目(ペドロ&カプリシャス時代を入れても3回目)の出場での異例のトリ選出[41][76]。高橋以外で紅組トリの候補として各メディアで報じられたのは、この年デビュー45周年を迎えた和田アキ子[77]、この年デビュー40周年を迎えた石川さゆり[78]、また番組終盤での出演が報じられていたDREAMS COME TRUEAKB48いきものがかりも有力候補に挙げられていた[79]

SMAPは史上初の4年連続での白組トリ担当となった[80]。いわゆる若手から中堅の年代では最多の21回出場となり、スポーツニッポンが「有力」と報じていた[79]

北島は13回目の白組トリ並びに11回目の大トリとなった。トリ13回は美空ひばり五木ひろしに並び最多、大トリ11回はひばりと並び最多(白組歌手に限れば単独で最多)[81]。また、今回の北島(当時77歳)のトリはトリ担当者の最年長記録となっている。

北島を「究極の大トリ」との形をとる演出についてはSMAPが属するジャニーズ事務所の意向があったとの説もあるが、同事務所社長のジャニー喜多川は「(紅白の中で)もう少し北島さんを立てていただきたかった。もっと暖かく対応しないと。それだけが残念ですね」と語っている[82]

北島の大トリ起用については、曲順発表前より各メディアで有力視されていた[83][84][85]。高橋・SMAPを正規トリ、北島を「究極の大トリ」とする演出についても曲順発表前にマスコミでスクープされていた[86]

第56回2005年)以降、9年連続で白組歌手が大トリを務めていたが、これは今回でストップ。翌年の第65回、第66回2015年)は紅組歌手(松田聖子)が大トリを務めた。

司会者[編集]

綾瀬は初の紅組司会。前回では、ゲスト審査員を務めた綾瀬が紅組司会の堀北真希と共に嵐の歌手出番の曲紹介を行う場面があった[88]

嵐は4年連続での白組司会、これは佐良直美黒柳徹子中居正広SMAP)に並びNHKアナウンサー以外における連続での組司会担当の最長記録となる[89]。また、NHKアナウンサー以外が白組司会を4年連続で担当するのは嵐が史上初。前回まではほぼ全編5人全員で進行する形だったが、今回並びに第65回2014年)はメンバーがパートごとに分かれて進行する形が取られた。

有働は2年連続での総合司会。女性が単独で複数回総合司会を担当するケースは初めて。

司会陣にNHKの男性アナウンサーが2年以上起用されなかった事例は今回も今回が初めて。

司会発表日、松本が『あさイチ』(有働司会)にゲスト出演、番組終盤では嵐全員が登場する一幕があった。

スポーツ報知がこの年8月8日付で綾瀬と嵐の両軍司会が内定したと報道。

実際選出者以外で組司会の候補と報じられた人物としては、紅組では仲間由紀恵[90][91]鈴木奈穂子(東京アナウンス室)[92]小泉今日子[93][94]滝川クリステル[95]能年玲奈[96][97]、白組ではSMAP[98][99]、中居正広[100]井ノ原快彦V6[101]がいる。

綾瀬は本番終了後、報道陣の取材に対し、自身の司会ぶりについて「60点」と語った。「来年も司会やりたい?」との質問には、やや考えた後に「そうですね」と笑顔で意欲を見せた[102]。さらに後日、イベント出席時にマスコミから本紅白の感想を聞かれた綾瀬は本番中にミスを連発したことを反省し「もし何か司会をすることがあれば、次は歌手の方が気持ちよく歌えるように、もっと練習してやりたいなと思います」と述べた[103][104]

審査員[編集]

  • ゲスト審査員(別記
  • 会場審査員(NHKホールの観客全員)
  • デジタルTV審査員(総合テレビジョンの視聴者 定員なし)
  • ケータイ審査員(携帯電話による審査 事前登録が必要・定員に達し次第しめ切り)
  • ワンセグ審査員(ワンセグ搭載型の携帯電話による審査 定員なし)
  • スマートフォン審査員(スマートフォンによる審査 事前登録が必要・定員に達し次第しめ切り)

ゲスト出演者[編集]

ゲスト審査員[編集]

ゲスト審査員の発表前、『スポーツニッポン』(2013年12月9日)が「宮本の起用が決定、滝川・杏・岡田の起用が内定、田中が候補に挙がっている」と報じた[105]

あまちゃん特別編[編集]

企画・応援ゲスト[編集]

演奏ゲストなど[編集]

  • あまちゃんスペシャルビッグバンド:オープニングテーマ「64回だョ!紅白歌合戦!」および企画コーナー「歌がここにある 特別企画・あまちゃん特別編」での演奏担当[3]
    • 大友良英(ギター)/ 江藤直子(ピアノ、ストリングスアレンジ)/ 近藤達郎(キーボード、パーカッション)/ 斉藤寛(フルート、ピッコロ)/ 井上梨江(クラリネット)/ 鈴木広志(サックス)/ 江川良子(サックス)/ 東涼太(サックス)/ 佐藤秀徳(トランペット)/ 今込治(トロンボーン)/ 木村仁哉(スーザホン)/ 大口俊輔(アコーディオン)/ 高井康生(ギター)/ かわいしのぶ(ベース)/ 芳垣安洋(ドラムス)/ 小林武文(パーカッション)/ 上原なな江(パーカッション)/ 相川瞳(パーカッション)/ Sachiko M(サインウエーブ)/ サンズリバーズ(高瀬“Makoring”麻里子、飯田希和、加藤圭子)(コーラス)
  • 佐々木次彦(指揮)、金原千恵子ストリングス、堀米綾(ハープ):企画コーナー内・鈴鹿ひろ美「潮騒のメモリー」の演奏を担当[3]
  • 鼓童:坂本冬美「男の火祭り」で和太鼓を演奏。
  • 井上麻里奈:TVアニメ『進撃の巨人』アルミン・アルレルト役。Linked Horizon「紅蓮の弓矢 [紅白スペシャルver.]」でのナレーション[注 7]
  • 岩手県立不来方高等学校音楽部、岩手県立釜石高等学校音楽部、岩手県立大船渡高等学校音楽部、宮城県気仙沼高等学校合唱部:DREAMS COME TRUE「さぁ鐘を鳴らせ」でコーラスとして参加[32]
  • 平尾昌晃:エンディング「蛍の光」で指揮担当。

その他の番組担当者[編集]

パブリックビューイング[編集]

今回は以下の箇所において、スーパーハイビジョンを用いたパブリックビューイングが開催された[107][108]

視聴率[編集]

視聴率関東地区では前半36.9%、後半44.5%となり、後半の視聴率が3年連続年間視聴率1位となった[109]関西地区では前半38.8%、後半が43.8%であり、関西地区での年間視聴率が『半沢直樹』最終回の45.5%で破れ、関西地区の紅白の視聴率が民放ドラマに敗れたのは、2004年の『白い巨塔』以来、9年ぶり2度目であった[110]。なお、関東地区についても『半沢直樹』最終回との年間視聴率1位争いが各所で話題となった[111]

関東地区における瞬間最高視聴率は北島三郎歌唱時の50.7%である[112]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 『あまちゃん』の挿入歌「地元に帰ろう」のスカアレンジ[3]
  2. ^ 「あまちゃん オープニングテーマ」「お正月」などを過去の紅白オープニングテーマを参考に作編曲したオリジナルソング。作曲・大友良英、ストリングスアレンジ・江藤直子 (Giulietta Machine)。[3]
  3. ^ 実際には北三陸駅前のシーンはVTRで、「スナック梨明日」のセットを紅白の会場であるNHKホールに隣接したNHK放送センター内のみんなの広場ふれあいホールに組んで生放送に臨んでいたという[19]
  4. ^ 18歳未満のメンバーである松井珠理奈などは出演できなかった。
  5. ^ 織井茂子第11回1960年 - 第40回1989年)の29年間の最長ブランクタイ。
  6. ^ ただしAKB48として登場した指原莉乃はHKT48に属している(これはAKB48の歌唱曲「恋するフォーチュンクッキー」のセンターを勤めている都合上、AKB48側としての出場となるため)。また、五木ひろしとAKB48の曲中にも指原を含む一部のHKT48メンバーが出演している。
  7. ^ 事前収録で、当日出演はなし

出典[編集]

  1. ^ [業界プロジェクトX]第64回NHK紅白歌合戦制作統括・山田良介さん - スポーツ報知、2013年11月12日
  2. ^ とっておきテレビ
  3. ^ a b c d e 大友良英 (2014年1月2日). “紅白「あまちゃん 第157話」”. 大友良英のJAMJAM日記. 2014年1月2日閲覧。
  4. ^ 第64回紅白歌合戦について(会長記者会見要旨 2013/9/5)
  5. ^ “紅白司会の綾瀬はるかさんと「嵐」会見”. NHKニュース (日本放送協会). (2013年10月18日). オリジナル2013年10月18日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2013-1018-1218-12/www3.nhk.or.jp/news/html/20131018/k10015376541000.html 2013年10月18日閲覧。 
  6. ^ “大みそかまで“あまちゃん”! 能年玲奈、紅白PR大使に決定”. ORICON STYLE (オリコン). (2013年11月20日). http://www.oricon.co.jp/news/2031096/full/ 2013年11月20日閲覧。 
  7. ^ “【紅白】出場歌手決定 初出場はE-girlsら9組 高橋真梨子も29年ぶり出場”. ORICON STYLE (オリコン). (2013年11月25日). http://www.oricon.co.jp/news/2031198/full/ 2014年1月4日閲覧。 
  8. ^ 「ラジオ」中継、「紅白ウラトークチャンネル」アナウンサー・キャスター決定について”. 第64回NHK紅白歌合戦公式サイト (2013年12月5日). 2014年1月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月4日閲覧。
  9. ^ “福山雅治、紅白初の世界3元中継!日本と台湾つなぐ”. シネマトゥデイ (シネマトゥデイ). (2013年12月17日). http://www.cinematoday.jp/page/N0059054 2013年12月20日閲覧。 
  10. ^ “跨年晚會 明星球星、百萬人倒數”. 聯合報 (聯合報). (2013年12月17日). http://udn.com/NEWS/DOMESTIC/DOM2/8367575.shtml 2013年12月20日閲覧。 
  11. ^ “『第64回NHK紅白歌合戦』曲目発表 北島三郎は「まつり」で“有終の美””. ORICON STYLE. (2013年12月18日). http://www.oricon.co.jp/news/2032113/full/ 2014年1月4日閲覧。 
  12. ^ “紅白 サブちゃんまつりで大騒ぎ!! メドレーは過去最多11組”. 中日スポーツ. (2013年12月19日). http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2013121902000178.html 2014年1月4日閲覧。 
  13. ^ a b c DREAMS COME TRUE 東北からの中継決定!のお知らせ 〜復興への願いをこめた魂のステージ〜”. 第64回NHK紅白歌合戦公式サイト (2013年12月18日). 2013年12月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月4日閲覧。
  14. ^ 紅白で朝ドラの特別編を放送する事例は第36回1985年)において、同年上期の『澪つくし』の特別編を放送して以来28年ぶりである。
  15. ^ a b “『あまちゃん』紅白で復活! クドカン脚本で歌・ダンス・笑いのステージショー”. マイナビニュース. (2013年12月24日). http://news.mynavi.jp/news/2013/12/24/034/ 214-01-04閲覧。 
  16. ^ 【紅白】審査員に滝川クリステル、マー君ら話題の人ズラリ くまモンも来るモン,ORICON STYLE,2013年12月24日
  17. ^ “【紅白歌合戦ライブ】(1)「あまちゃん」で開幕! 司会・綾瀬さんは不安な船出…”. MSN産経ニュース (産経新聞). (2013年12月31日). http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/131231/ent13123119370010-n1.htm 2014年1月2日閲覧。 
  18. ^ “【紅白】杉良太郎、妻・伍代を絶賛 20回目で初“夫婦共演””. ORICON STYLE (オリコン). (2013年12月31日). http://www.oricon.co.jp/news/2032645/full/ 2014年1月4日閲覧。 
  19. ^ 紅白歌合戦”. 渡辺えりオフィシャルブログ (2013年12月31日). 2014年1月2日閲覧。
  20. ^ “【紅白】壇蜜、花魁姿で藤あや子と秋田美人コラボ”. ORICON STYLE (オリコン). (2013年12月31日). http://www.oricon.co.jp/news/2032631/full/ 2014年1月4日閲覧。 
  21. ^ くまモン&ふなっしー 通路で“乱闘状態” 嵐・二宮にもアタック スポーツニッポン
  22. ^ “リンホラ、テレビ初歌唱!アッコ「進撃の巨人」写真に苦笑/紅白”. サンケイスポーツ. (2014年1月1日). http://www.sanspo.com/geino/news/20140101/oth14010104020023-n1.html 2014年1月1日閲覧。 
  23. ^ “【紅白】リンホラ、TV初パフォーマンス 巨人似のアッコ“襲来””. ORICON STYLE (オリコン). (2013年12月31日). http://www.oricon.co.jp/news/2032633/full/ 2014年1月4日閲覧。 
  24. ^ “Linked Horizon、「紅蓮の弓矢[紅白スペシャルVer.]」1位獲得、イェーガー!”. BARKS. (2014年1月3日). http://www.barks.jp/news/?id=1000098238 2014年1月4日閲覧。 
  25. ^ 関ジャニ∞大倉、セクシーな袴で和太鼓披露 坂本冬美・TOKIOと共演<紅白本番> モデルプレス
  26. ^ 綾瀬はるか、涙の「花は咲く」 出演者から「頑張れ!」のフォロー サンケイスポーツ
  27. ^ “鉄拳悲運ネタ飛ばされニュースに/紅白”. 日刊スポーツ. (2013年12月31日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20140101-1238604.html 2014年1月4日閲覧。 
  28. ^ “EXILE・HIRO、万感ラストダンス”. スポーツ報知. (2014年1月1日). http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20140101-OHT1T00054.htm 2014年1月4日閲覧。 
  29. ^ “ももクロ、金色4000万円!?マー君が曲紹介も/紅白”. サンケイスポーツ. (2014年1月1日). http://www.sanspo.com/geino/news/20140101/ido14010104040000-n1.html 2014年1月1日閲覧。 
  30. ^ 『トピックニュース』2014年1月2日付
  31. ^ “TOKIO初出場時の映像も、国分「今の長瀬はゴリラ」”. サンケイスポーツ. (2014年1月1日). http://www.sanspo.com/geino/news/20140101/joh14010104020003-n1.html 2014年1月4日閲覧。 
  32. ^ a b c あけましておめでとうございます!”. ドリブログ (2014年1月1日). 2014年1月4日閲覧。
  33. ^ “きゃりー巨大衣装からくり、黒人男性に肩車されていた”. サンケイスポーツ. (2014年1月1日). http://www.sanspo.com/geino/news/20140101/oth14010104010011-n1.html 2014年1月4日閲覧。 
  34. ^ ““ポスト幸子”水森かおり巨大衣装で圧倒”. まんたんウェブ (毎日新聞デジタル). (2013年12月31日). http://mantan-web.jp/2013/12/31/20131231dog00m200037000c.html 2014年1月4日閲覧。 
  35. ^ “110人AKBが110カ国の衣装!五木ひろしと夢コラボも/紅白”. サンケイスポーツ. (2013年12月30日). http://www.sanspo.com/geino/news/20131230/akb13123005050000-n1.html 2014年1月1日閲覧。 
  36. ^ “【紅白】大島優子、突然のAKB卒業宣言!3月国立がラストか”. スポーツ報知. (2014年1月1日). http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20140101-OHT1T00053.htm 2014年1月1日閲覧。 
  37. ^ “AKB大島優子、電撃卒業発表に「晴れやかな気持ち」 NHKが発表許可”. ORICON STYLE (オリコン). (2014年1月1日). http://www.oricon.co.jp/news/2032649/full/ 2014年1月4日閲覧。 
  38. ^ “AKB大島の卒業発表に賛否分かれる”. デイリースポーツ. (2013年12月31日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2013/12/31/0006608913.shtml 2014年1月7日閲覧。 
  39. ^ “泉谷しげる熱唱も「もう二度と出ねえよ」”. MSN産経ニュース. (2013年12月31日). http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/131231/ent13123123430023-n1.htm 2014年1月1日閲覧。 
  40. ^ “北島三郎が感謝のフィナーレ”. まんたんウェブ (毎日新聞デジタル). (2013年12月31日). http://mantan-web.jp/2013/12/31/20131231dog00m200041000c.html 2014年1月4日閲覧。 
  41. ^ a b c “サブちゃん ラスト紅白で“究極の大トリ” 紅組トリは高橋真梨子”. スポーツニッポン. (2013年12月26日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/12/26/kiji/K20131226007272920.html 2015年2月21日閲覧。 
  42. ^ a b c “【紅白】北島三郎 歌唱中に5度も「ありがとう」”. 東京スポーツ. (2014年1月1日). http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/220046/ 2015年2月21日閲覧。 
  43. ^ “北島三郎さん 最後の紅白歌合戦 大トリで締めくくり”. 朝日新聞デジタル. (2014年1月1日). http://www.asahi.com/articles/ASF0TKY201312310350.html 2015年2月21日閲覧。 
  44. ^ 出場歌手・曲順”. 第64回NHK紅白歌合戦公式サイト. 2013年12月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月4日閲覧。
  45. ^ 「ヨイトマケの唄」(オリジナル盤)では「ふるさとの空の下で」と表記されている。
  46. ^ 第64回NHK紅白歌合戦曲目発表!!福山雅治公式ウェブサイト
  47. ^ a b c d e 泉谷しげるら9組初出場 「紅白」出場者決まる,東京新聞,2013年11月26日朝刊放送芸能面
  48. ^ 山本彩「これを目標に突っ走ってきた」=NMB48、悲願の紅白初出場,時事ドットコム,2013年11月25日
  49. ^ 65歳・泉谷しげる、初出場で吠えた!「やめとけNHK」…紅白出場51組発表,スポーツ報知,2013年11月26日
  50. ^ 実際、泉谷の出場は今回限りとなっている。
  51. ^ 【紅白】泉谷しげる「帰りたくても帰れないやつに歌った」 初出場で魂の熱唱,ОRICON STYLE,2013年12月31日
  52. ^ [1],スポーツニッポン,2014年1月14日
  53. ^ <紅白歌合戦>サカナクション、紅白初出場に「バンド界にとって勇気になる」,クランクイン!,2013年11月25日
  54. ^ 聖子2年ぶり「本当に幸せ」クリスとハーモニーで魅せる/紅白,サンケイスポーツ,2013年11月26日
  55. ^ なぜ?リンホラ 紅白初出場 NHK「アニソンも音楽の1つ 評価すべき」,スポーツニッポン,2013年11月25日
  56. ^ a b NHK紅白出場者決定 高橋真梨子29年ぶりの出場 小林幸子は…,ZAKZAK,2013年11月25日
  57. ^ サカナクション、miwa……NHK『紅白』内定情報続々 AKB独占状態“アイドル枠”の行方は!?,日刊サイゾー,2013年11月23日
  58. ^ [2],デイリーニュース,2013年11月26日
  59. ^ http://www.oricon.co.jp/news/2032532/full/ ORICON STYLE(2013年12月29日)
  60. ^ [3],トピックニュース,2013年11月26日
  61. ^ HKT48紅白出場ならず…指原莉乃「焦らずに待つのみです」 シネマトゥデイ
  62. ^ 小林幸子また落選、新曲発売も1歩及ばず,日刊スポーツ,2013年11月26日
  63. ^ “モー娘、セカオワ、倖田來未らは「紅白」出場ならず”. 東京スポーツ. (2013年11月25日). http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/207795/ 2016年3月9日閲覧。 
  64. ^ “3作連続1位も紅白落選…モー娘。道重さゆみ「悔しい…ですが」”. スポーツニッポン. (2013年11月26日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/11/26/kiji/K20131126007087120.html 2016年3月9日閲覧。 
  65. ^ 初紅白セカオワ、有働アナからムチャ振り,日刊スポーツ,2014年11月26日
  66. ^ [4],トピックニュース,2013年11月26日
  67. ^ <紅白歌合戦>小泉・薬師丸ら『あまちゃん』出演者ナシ 「企画枠でご期待に応えたい」,クランクイン!,2013年11月25日
  68. ^ 最多出場記録となっている。
  69. ^ “北島三郎 NHKにとっても重要事項だった紅白引退”. Sponichi Annex. (2013年12月5日). オリジナル2013年12月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131212151133/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/12/05/kiji/K20131205007140300.html 2013年12月12日閲覧。 
  70. ^ “北島三郎、2年前にも紅白引退決意していた…東日本大震災で翻意”. Sponichi Annex. (2013年12月5日). オリジナル2014年4月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140416133952/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/12/05/kiji/K20131205007141880.html 2014年4月16日閲覧。 
  71. ^ “北島三郎さん紅白引退へ 心ある歌を”. NHK NEWS WEB. (2013年12月5日). オリジナル2013年12月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131205112955/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131205/k10013606831000.html 2013年12月7日閲覧。 
  72. ^ [5],日刊ゲンダイ,2013年12月7日
  73. ^ 女性自身』2016年10月25日号
  74. ^ “大トリは北島三郎「まつり」が有力 トリは和田アキ子か”. スポーツニッポン. (2013年11月26日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/11/26/kiji/K20131126007085980.html 2015年2月21日閲覧。 
  75. ^ [6],東スポWeb,2013年12月21日付
  76. ^ [7],スポーツニッポン,2013年12月25日
  77. ^ “大トリは北島三郎「まつり」が有力 トリは和田アキ子か”. スポーツニッポン. (2013年11月26日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/11/26/kiji/K20131126007085980.html 2015年2月21日閲覧。 
  78. ^ “石川さゆり赤組トリ有力!北島三郎「まつり」で有終/紅白”. サンケイスポーツ. (2013年12月19日). http://www.sanspo.com/geino/news/20131219/oth13121905040012-n1.html 2015年2月21日閲覧。 
  79. ^ a b “紅白 白組トリはSMAP有力 紅組はドリカムか…AKBも急浮上”. スポーツニッポン. (2013年12月24日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/12/24/kiji/K20131224007260930.html 2015年2月21日閲覧。 
  80. ^ 『日刊スポーツ』2016年8月14日付22面
  81. ^ [8],リアルライブ,2014年12月12日
  82. ^ ジャニー喜多川氏が紅白歌合戦に異例の苦言を呈した“真意”」、『週刊文春』、文藝春秋2014年1月8日
  83. ^ “北島三郎、紅白引退!節目の50回目大トリで幕「今年で身をひく」”. スポーツ報知. (2013年11月25日). オリジナル2013年11月27日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/liiZK 2013年11月27日閲覧。 
  84. ^ 『スポーツニッポン』2013年11月26日付
  85. ^ 『サンケイスポーツ』2013年12月19日付
  86. ^ 『スポーツニッポン』2013年12月25日付
  87. ^ a b c “今年の紅白司会は“八重の桜”綾瀬はるか&“4年連続”嵐に決定”. ORICON STYLE (オリコン). (2013年10月18日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/2029849/full/ 2013年10月18日閲覧。 
  88. ^ nhk_kouhakuのツイート (285737698440916992)
  89. ^ http://www.nikkansports.com/.../p-et-tp0-20131019-1206184.html 日刊スポーツ 2013年10月19日
  90. ^ http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20130111/enn1301110709002-n1.htm ZAKZAK 2013年1月11日
  91. ^ http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/07/05/kiji/K20130705006151660.html スポーツニッポン 2013年7月5日付
  92. ^ http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20130708/enn1307081539012-n1.htm ZAKZAK 2013年7月8日
  93. ^ http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/169440/ 東スポWeb 2013年8月5日付
  94. ^ http://www.asagei.com/15738 アサ芸プラス 2013年9月18日付
  95. ^ http://www.j-cast.com/tv/2013/09/23184232.html J-CASTニュース 2013年9月23日付
  96. ^ 『週刊文春』2013年10月10日号
  97. ^ http://news.livedoor.com/article/detail/8132746/ メンズサイゾー 2013年10月6日付
  98. ^ http://www.cyzowoman.com/2013/04/post_8458.html サイゾーウーマン 2013年4月17日付
  99. ^ http://www.cyzowoman.com/2013/07/post_9274.html サイゾーウーマン 2013年7月18日付
  100. ^ http://www.cyzowoman.com/2013/07/post_9274.html
  101. ^ http://npn.co.jp/article/detail/91928119/ リアルライブ 2014年3月23日付
  102. ^ “【紅白】綾瀬はるか、自身の司会は「60点」 続投にも意欲”. ORICON STYLE (オリコン). (2013年1月1日). http://www.oricon.co.jp/news/2032644/full/ 2015年2月21日閲覧。 
  103. ^ “綾瀬はるか:紅白司会を反省「次はもっと練習して」”. 毎日新聞デジタル. (2014年1月16日). http://mantan-web.jp/2014/01/16/20140116dog00m200025000c.html 2015年2月21日閲覧。 
  104. ^ 第65回での綾瀬の紅組司会続投は実現しなかった(紅組司会は吉高由里子〈同年上期の連続テレビ小説『花子とアン』のヒロイン〉に交代。一方で綾瀬の続投案も報じられた)が、その次年の第66回2015年)で紅組司会再登板を果たしている。なお、第66回ではほぼ安定した仕切りを見せた。
  105. ^ [9]
  106. ^ “ゴールデンボンバー 今年は“エアメンバー”で驚きパフォ”. スポーツニッポン. (2013年12月31日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/12/31/kiji/K20131231007302381.html 2014年1月2日閲覧。 
  107. ^ 第64回NHK紅白歌合戦 「ラジオ」中継、「紅白ウラトークチャンネル」アナウンサー・キャスター決定について (PDF)”. 日本放送協会. 2015年12月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月1日閲覧。
  108. ^ NHK、紅白歌合戦を8K/SHVでライブパブリックビューイング”. AV Watch. 2015年3月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月1日閲覧。
  109. ^ 視聴率の年間1位は紅白歌合戦 裏番組トップは「笑ってはいけない」”. J-CASTニュース (2014年1月2日). 2014年1月2日閲覧。
  110. ^ 日刊スポーツ2014年1月3日版の23面
  111. ^ [10],ScoopieNews,2013年12月30日
  112. ^ “「紅白」 あまちゃん続編で視聴率50%”. デイリースポーツONLINE. (2014年1月6日). オリジナル2014年1月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140107222712/http://daily.co.jp/newsflash/gossip/2014/01/06/0006618346.shtml 2014年1月27日閲覧。