新サクラ大戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サクラ大戦シリーズ > 新サクラ大戦
新サクラ大戦
ジャンル ドラマチック3Dアクションアドベンチャー
対応機種 PlayStation 4
開発元 セガゲームス[注 1]
発売元 セガゲームス
プロデューサー 片野徹
ディレクター 寺田貴治
大坪鉄弥
シナリオ イシイジロウ(ストーリー構成)
鈴木貴昭(脚本)
音楽 田中公平
美術 久保帯人(メインキャラクターデザイン)
シリーズ サクラ大戦シリーズ
人数 1人
発売日 日本の旗 2019年12月12日
アメリカ合衆国の旗欧州連合の旗 2020年
Template:Country alias AUの旗 2020年秋
テンプレートを表示

新サクラ大戦』(しんサクラたいせん、英語: Project Sakura Wars)は、セガゲームスから2019年12月12日発売予定のPlayStation 4用ドラマチック3Dアクションアドベンチャー[2]サクラ大戦シリーズのナンバリングタイトル第6作目[3]

概要[編集]

ナンバリングタイトルとしては『サクラ大戦V 〜さらば愛しき人よ〜』以来14年ぶり、外伝を含むと『ドラマチックダンジョン サクラ大戦 〜君あるがため〜』以来11年ぶりとなる新作家庭用ゲーム。

ストーリーは降魔大戦によって帝国華撃団巴里華撃団紐育華撃団が消滅し10年の月日が流れた太正二十九年を舞台とし、神山誠十郎率いる新生「帝国華撃団・花組」の活躍を描く[4]

初の16:9画面かつフルHDを採用、グラフィックはすべて3Dで表現される。アニメムービーはサンジゲンが製作[5]

製作の経緯[編集]

新作の企画は毎年のようにセガ社内で提出されつつも不採用という結果が続いていたが、セガフェス2016にて行われた総選挙において『サクラ大戦』が「作品部門」と「復活期待部門」で1位を獲得したことで風向きが変わり、本作のプロジェクトが立ち上がった[5]

キャラクターデザインはこれまでの藤島康介松原秀典のコンビに代わり、漫画『BLEACH』の作者である久保帯人を初起用。起用の理由については、「『サクラ大戦』のメインヒロインと言えば“和装と刀”であり、その組み合わせで真っ先に名前が挙がった」とのこと[5]。ほかにも、ストーリー構成があかほりさとるから『428 〜封鎖された渋谷で〜』を手掛けたイシイジロウになるなど、メインスタッフの大幅な入れ替えが敢行されており、旧作で企画原案や世界設定などを担当したレッド・エンタテインメントも本作には参加していない[6][注 2]。なお、あかほりは本作の正式発表の際に、「初めて『サクラ大戦』をファン目線で楽しめる! うれしい!」という声明を発表している[9]。また、イシイはストーリーについて、「シリーズファンを決して裏切ることのないよう、サプライズもいろいろ用意しています」と述べている[4]

ソニックシリーズのヘッジホッグエンジンを使用し、イベントシーンでは『龍が如く』で培ったノウハウが用いられるなど、セガ社内の総力を結集して開発されている[10]

ストーリー[編集]

太正十九年、帝都・東京では「降魔大戦」と呼ばれる戦いが勃発。この戦いに参加した帝都、巴里、紐育の華撃団は、自分たちの消滅と引き換えに世界を救う。

その後、降魔大戦での功績から華撃団による都市防衛構想が世界中に認められ、「世界華撃団連盟(WLOF)」が設立。世界の各都市で華撃団が誕生する。各国の華撃団は2年に1度開催されるWLOFが開催する「華撃団競技会」で歌劇と戦闘の技術を競い合い、人々はこれを「世界華撃団大戦」と呼び熱狂していった。

降魔大戦から10年後の太正二十九年。帝都では新たなる帝国華撃団が結成され、世界華撃団大戦での勝利を目指し活動を開始する。しかし、再び世界中に降魔、さらに正体不明の敵も現れ、「平和の祭典」から「世界の命運をかけた戦い」へと変遷していく[11]

用語[編集]

降魔大戦(こうまたいせん)
『V』から2年後(『君あるがため』から1年後)に起こった大戦。かつての帝都、巴里、紐育の華撃団はこの戦いによって消滅したとされている[9]
世界華撃団連盟(せかいかげきだんれんめい) / WLOF
降魔大戦での各華撃団の功績が世界に認められ、設立された連盟。この連盟のもとで、世界の各都市で華撃団が結成されていった[11]。これにより、かつては「秘密部隊」だった華撃団は民衆に広く知られた存在となっている[5]
世界華撃団大戦
正式名称は「華撃団競技会」。2年に一度、各国の華撃団が集結して戦闘と歌劇の実力を競い合う大会。本作ではその第3回大会が帝都で開催される。
霊子戦闘機(りょうしせんとうき)
霊子甲冑を踏まえてWLOFによって対妖術戦用に開発された人型の霊子兵器。従来の霊子甲冑よりも小型・高出力化され、霊力変換効率が劇的に向上したことから、操縦に必要な霊力の要求値も低減されている。降魔大戦以降は、各国でフレームワークの標準フォーマットとして採用されている[11]

登場人物[編集]

帝国華撃団[編集]

キャラクターデザインは後述する大帝国ゲキゾウを除き、久保帯人が担当。

神山 誠十郎(かみやま せいじゅうろう)
声 - 阿座上洋平
本作の主人公。花組隊長。海軍特務艦艦長から帝国華撃団へと転属した[注 3][9]。20歳。
武器は打刀脇差大小拵え。右手には鍔に「峰に二ツ鳶」の意匠の打刀を、左手には鍔に「峰に雷」の意匠の脇差の二刀を用いる[13]。この二刀はさくらの刀との対比として、極力装飾を削ぎ落とした正統派の刀としてデザインされている[13]
天宮 さくら(あまみや さくら)
声 - 佐倉綾音
花組隊員。帝都を護り、市民の心の支えである帝国華撃団・歌劇団を立て直すことを願っている。17歳。花組トップスタァであった真宮寺さくらに憧れて入隊した[9]
黒髪(黒茶)で背中のなかほどまでのロングストレート、左側頭部に大きなさくら色リボンをつけている[14]和服の女袴で、着物は空色に雲のような透かしで桜の花が施され、元禄袖には満開の桜があしらわれている[9]。左胸には綿入れ刺し子で作られた桜の花を飾る[14]。袴はえんじ色[9]
武器は刀。太刀をイメージしてデザインされている[13]。刀身側面には3分の1程度まで鍵をイメージした意匠がに施される[13]。その先には柄側から切っ先にかけて「一」から「五」までの数字が順に刻まれ、霊力が伝わる順もこのとおりになる[13]。柄頭には紐が結ばれている[14]久保帯人の設定画では「天宮國定」の銘をもつ[13]
東雲 初穂(しののめ はつほ)
声 - 内田真礼
花組隊員。帝都にて古くから続いている東雲神社の看板娘兼巫女。17歳。下町生まれの生粋の江戸っ子で、普段はがさつだが、人望の高さから花組のまとめ役を務める。[9]
赤髪(赤茶)でポニーテールの位置を右側に寄せたサイドポニー。巫女とモンクをイメージしてデザインされており、巫女装束を基本として、真っ赤な下駄緋袴に胴部および前腕から手の甲にかけてを巻き、裾合わせを腰元まで下げた状態でたすき掛けをしている[13]
武器は人の身丈もある柄と胴ほどの頭をもつ大鎚錫杖[13]
望月 あざみ(もちづき あざみ)
声 - 山村響
花組隊員。望月流忍一族の末裔。13歳。物心つくまえから厳しい修行を積んでおり、武芸や戦術、武器のあつかいに対して天賦の才を発揮する。故郷の里に古くから伝わる「108の掟」を強く信じ、それを守ることを大切にしている[9]
黒髪(黒藍)のショートカットで、黄色を基調とした服は袖が末広がりになっており、袖口には大きめのフリルが施され、手が隠れている。薄黄色のエプロンドレスは肩幅がないためしっかりとはかからない感じで留められており、胴部同色の大型蝶結び、胸部に紫の小型蝶結びが意匠されている。膝丈ほどの紫の女袴を履き、首元から脚にかけてのインナーには穴を大きく編まれた鎖帷子[注 4]を着用し、足袋を履く[13]。育ちから無意識に足音を立てずに歩いてしまうため、音の鳴りやすい分厚く重い黄色のぽっくり下駄を着用している[13]
武器は袖に隠した苦無など[9]
アナスタシア・パルマ
声 - 福原綾香
花組隊員。ギリシャ出身で、かつては欧州で多くの劇団を渡り歩いてきたスタァ。19歳。歌唱・演技ともにトップクラスで、男役から女役まで幅広くこなす[9]
銀色のセミロングヘアーで、肌の色は褐色[14]。ヒール部分を金属にしたハイヒールを着用している[13]
クラリス
声 - 早見沙織
花組隊員。ルクセンブルクの貴族スノーフレイク家の出身で、本名は「クラリッサ・スノーフレイク」。16歳。実家に伝わる魔導書をもちいた魔術「重魔導」の継承者で、好奇心旺盛な文学少女[9]
金髪で腿までのロングへアを腰辺りから先の方だけ三つ編みにしている[14]
魔法に用いる魔導書を鞄に入れており、一際危険な魔導書は鎖を用いて鞄に繋いでいる[13]
神崎 すみれ(かんざき すみれ)
声 - 富沢美智恵
総司令。『サクラ大戦4 〜恋せよ乙女〜』の事件解決後に花組を引退した元帝劇のトップスタァ。
若いころの高飛車な性格はなりを潜めたが、依然として圧倒的な存在感を放つ。神山の能力を見出し、花組の新隊長として招聘した[15]
竜胆 カオル(りんどう カオル)
声 - 石川由依
風組隊員。明晰な頭脳を買われ、すみれの秘書を務める。
帝劇では、事務、経理、財務を担当。戦闘時は同僚のこまちとともに司令の補佐をおこなう[15]
大葉 こまち(おおば こまち)
声 - 白石涼子
風組隊員。大阪出身の商人で、非常に明るい性格。「勉強しまっせ」が口癖。
帝劇では、売店を担当。資材調達も務め、どんなものでも仕入れてくる[15]
司馬 令士(しば れいじ)
声 - 杉田智和
技師長。神山とは兵学校時代からの付き合いであり、親友かつライバルという間柄。
各種兵装の開発やメンテナンスを担当。大帝国劇場の大道具係も兼任している[15]
大帝国ゲキゾウ
「特命宣伝部長」に任命された神山が扮するからくり宣伝人形。通称「ゲキゾウくん」。帝劇の集客を「激増」させることを目的とし、帝劇のマスコットとして宣伝活動と情報収集に従事する[16]。キャラクターデザインは杉森健が担当。

上海華撃団[編集]

WLOF設立後に上海で結成された華撃団。実戦部隊は「五神龍(ウーシェンロン)」。帝撃が再結成されるまでは、帝都防衛も兼任していた[17]。帝都駐在時は、銀座横丁にある中華料理店「神龍軒」を拠点とする[18]。キャラクターデザインは堀口悠紀子が担当。

ヤン・シャオロン
声 - 梅原裕一郎
五神龍の隊長。18歳。曲がったことがきらいな熱血漢。思ったことをストレートに口に出す性分だが、裏表のないさっぱりした口調のため相手に悪意を抱かれることはない。平時は「炎の飯使い」と呼ばれる凄腕の料理人で、神龍軒の料理長として絶品の炒飯をふるまっている。
戦闘では格闘術を駆使する[19]
ホワン・ユイ
声 - 上坂すみれ
五神龍隊員。素直で勝ち気な少女。16歳。上海華撃団随一の身のこなしを誇る軽業師。華撃団に対する愛は深く、不甲斐ない帝撃メンバーに辛辣だが、努力家のさくらに対しては少し認めており、よき先輩として友好的に接する[20]

倫敦華撃団[編集]

WLOF設立後に倫敦で結成された華撃団。実戦部隊は「円卓の騎士」。その名のとおり華撃団というよりは「騎士団」としての特色が強く、隊長は「団長」、隊員は「団員」と呼ばれる。帝都駐在時は、帝都中央駅に隣接する高級ホテル「大帝国ホテル」を拠点とする[21]。キャラクターデザインはBUNBUNが担当。

アーサー
声 - 島﨑信長
円卓の騎士団長。18歳。騎士の貴族家系に生まれ、家伝の「神剣エクスカリバー」を継承する。「アーサー」とはエクスカリバーとともに代々受け継がれてきた称号であり、本名ではない。騎士道精神を重んじ正々堂々を常とする英国紳士だが、戦闘中は尊大で攻撃的な性格に豹変する[22]
ランスロット
声 - 沼倉愛美
円卓の騎士団員。17歳。倫敦華撃団の切り込み隊長。黒い衣装とまとった姿から「黒騎士」と称され、二刀流による苛烈な剣技を駆使する。野性味と無邪気さをあわせもつ朗らかな人物で、考えるよりも先に行動を起こす主義[23]

登場兵器[編集]

無限(むげん)
神崎重工初の量産型霊子戦闘機。帝都・花組ではさくら以外の5人が搭乗する。くせが少なくあつかいやすい機体特性をもつ[24]
三式光武(さんしきこうぶ)
神崎重工が霊子甲冑から霊子戦闘機へフレームワークの移行を考慮して開発した機体で、のちの無限の基礎となった。帝都・花組ではさくらが搭乗する。先代の帝都・花組の主力機「光武二式」をベースに、アンシャール鋼の採用による軽量化がなされている。ただし、フレームの基礎構造はほとんど変化しておらず、霊子過給機も搭載していないため、出力や霊力効率は次世代の霊子戦闘機に劣る[24]
王龍(ワンロン)
上海華撃団の霊子戦闘機。龍を彷彿とさせる攻撃的な外装をしており、軽快な動きによる炎をまとった武術攻撃が特徴[24]
ブリドヴェン
倫敦華撃団の霊子戦闘機。高貴さを備えた西洋甲冑のような外装が特徴で、各機体は剣を主武装とする[24]
翔鯨丸(しょうげいまる)
過去作の時代から帝撃で運用されている飛空輸送艇。風組のクルーによって操船され、花組や乗機である霊子戦闘機および各種装備を空輸する[24]

スタッフ[編集]

漫画[編集]

新サクラ大戦 the Comic
週刊ヤングジャンプ』2019年41号より連載。漫画:野口こゆり[26]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 担当部署はエンタテインメントコンテンツ事業本部・第2事業部[1]
  2. ^ サクラ大戦シリーズの著作権表示もかつてはSEGAとREDの複数名義だったが[7]、2017年にはSEGAの単独名義となっている[8]
  3. ^ 艦を沈めてしまったため転属となった[12]
  4. ^ いわゆる網タイツ模様。

出典[編集]

  1. ^ “セガはやっぱりおもしろい!”そんな声を目指して進むセガゲームスの社長インタビューを公開【電撃PS】”. 電撃オンライン (2019年5月3日). 2019年5月7日閲覧。
  2. ^ 新サクラ大戦(PlayStation®4専用ソフトウェア)”. サクラ大戦.com (2019年3月30日). 2019年4月7日閲覧。
  3. ^ ABOUT サクラ大戦とは?”. サクラ大戦.com. 2019年4月17日閲覧。
  4. ^ a b PS4®『新サクラ大戦』今冬発売! キャラデザは久保帯人氏! 「セガフェス2019」発表の新作ゲーム情報も!”. PlayStation.Blog. ソニー・インタラクティブエンタテインメント (2019年4月1日). 2019年4月2日閲覧。
  5. ^ a b c d 『新サクラ大戦』最速スタッフインタビュー! ゲームシステムは? 恋愛要素は? などなど気になる情報が続々明らかに”. ファミ通.com (2019年3月30日). 2019年4月2日閲覧。
  6. ^ 森田直樹(RED)” (2018年4月13日). 2019年4月2日閲覧。
  7. ^ サクラ大戦ドットコム”. サクラ大戦.com (2016年11月28日). 2016年11月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月7日閲覧。
  8. ^ サクラ大戦ドットコム”. サクラ大戦.com (2017年3月18日). 2017年3月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月7日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g h i j k 【詳報】シリーズ最新作『新サクラ大戦』PS4で今冬発売決定! 久保帯人氏デザインのメインキャラクターや基本システムなど詳細情報が判明!”. ファミ通.com (2019年3月30日). 2019年4月2日閲覧。
  10. ^ “『新サクラ大戦』開発者に徹底的に訊く! 「シリーズのキャラは?」「主人公の神山はどんな男?」 など疑問に答えまくるロングインタビュー!(2/2)”. ファミ通.com (2019年5月3日). 2019年5月7日閲覧。
  11. ^ a b c 「新作スクープ 新サクラ大戦」『週刊ファミ通 2019年4月18日号』、KADOKAWA、2019年4月4日、 12-27頁。
  12. ^ PS4『新サクラ大戦』のお風呂イベント公開? 公式生放送で発表された新情報を総まとめ”. ファミ通.com (2019年6月26日). 2019年7月2日閲覧。
  13. ^ a b c d e f g h i j k l 「久保帯人描き下ろし「新サクラ大戦」ポスター」及び「久保帯人先生熱筆!!「新サクラ大戦」設定画大公開!!!」『週刊少年ジャンプ Vol.19 2019年4月22日号』第52巻第17号、集英社、2019年4月8日、 245-250頁。
  14. ^ a b c d e 『新サクラ大戦』“帝国華撃団・花組”のキャラクタービジュアル&阿座上洋平さんや佐倉綾音さんら、出演声優からのコメントが公開!”. ファミ通.com (2019年4月12日). 2019年4月14日閲覧。
  15. ^ a b c d 『新サクラ大戦』“総司令&支配人・神崎すみれ”や杉田智和演じる“帝国華撃団技師長”など4人のキャラクターが明らかに”. ファミ通.com (2019年6月26日). 2019年6月26日閲覧。
  16. ^ 大帝国劇場(帝劇)のからくり宣伝人形 大帝国ゲキゾウ”. サクラ大戦.com (2019年8月21日). 2019年8月21日閲覧。
  17. ^ 世界観:華撃団紹介 世界の華撃団”. サクラ大戦.com (2019年7月25日). 2019年7月26日閲覧。
  18. ^ 世界観:ロケーション紹介 神龍軒”. サクラ大戦.com (2019年7月25日). 2019年7月26日閲覧。
  19. ^ 「上海華撃団・五神龍」隊長 ヤン・シャオロン”. サクラ大戦.com (2019年7月25日). 2019年7月26日閲覧。
  20. ^ 「上海華撃団・五神龍」隊員 ホワン・ユイ”. サクラ大戦.com (2019年7月25日). 2019年7月26日閲覧。
  21. ^ 世界観:ロケーション紹介 大帝国ホテル”. サクラ大戦.com (2019年8月21日). 2019年8月21日閲覧。
  22. ^ 「倫敦華撃団・円卓の騎士」団長 アーサー”. サクラ大戦.com (2019年8月21日). 2019年8月21日閲覧。
  23. ^ 「倫敦華撃団・円卓の騎士」団員 ランスロット”. サクラ大戦.com (2019年8月21日). 2019年8月21日閲覧。
  24. ^ a b c d e 世界観:メカニック紹介 霊子兵器・装備”. サクラ大戦.com (2019年8月21日). 2019年8月21日閲覧。
  25. ^ a b c 「セガフェス2019」のステージイベント「SEGA Fan Meet-Up 2019」をレポート。「メガドライブ ミニ」や「新サクラ大戦」の情報が明らかに”. 4Gamer.net (2019年4月1日). 2019年4月2日閲覧。
  26. ^ 「新サクラ大戦」、週刊ヤングジャンプにてコミカライズが決定!”. GAME Watch (2019年8月21日). 2019年8月22日閲覧。

外部リンク[編集]