ID-0

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ID-0
ジャンル SF、ロボット
アニメ
監督 谷口悟朗
シリーズ構成 黒田洋介
脚本 黒田洋介
キャラクターデザイン 村田蓮爾(原案)
加藤裕美
メカニックデザイン 海老川兼武(キャラクター)
片貝文洋、高倉武史
柳瀬敬之
音楽 服部隆之
アニメーション制作 サンジゲン
製作 ID-0 Project
放送局 TOKYO MXほか
放送期間 2017年4月 -
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメ

ID-0』(アイディー・ゼロ)は、サンジゲン制作による日本アニメ作品。テレビアニメシリーズとして、2017年4月より放送中[1]

概要[編集]

バンダイビジュアル世界コスプレサミットの共同プロデュースによるオリジナルアニメ作品として2016年に制作が発表され[2]、2017年2月19日に同年4月から放送のテレビシリーズであることが発表された。

監督に谷口悟朗、メインライターには黒田洋介を起用。両者が共同で新作アニメを手掛けるのは、2001年制作の『スクライド』以来約16年ぶりとなる。アイキャッチの際に流れるタイトルコールは、生前の田中一成によるものである。

アフレコは放送開始前に終了している[3]

キャッチコピーは「全ての記憶-メモリー-は、Iマシンとともにある── There are all memories with the 'I Machine'[4]

本放送時には、本編終了後にその回の本編にちなんだクイズ形式のBD / DVDのCMが流され、YouTubeでも配信される(詳細は#ぷちアニメを参照)。

ストーリー[編集]

オリハルトと呼ばれる特殊な鉱石の発見により、技術革新で人類が飛躍的な進歩を遂げた世界。人々の居住域は太陽系を超え、宇宙各地に広がっていた。また、人間の意識を転送して操縦するIマシンという人型ロボットが開発され、民間・軍事用を問わずにその利用が進んでいた。

ある日、白鳥座アルビレオ二重連星を訪れていた惑星連盟アカデミーの学生・ミクリ・マヤは、Iマシンを使ったオリハルトの採掘作業中の事故に巻き込まれたうえに教授たちに見捨てられ、置き去りにされてしまう。まもなく、その場に現れたオリハルトの民間採掘業者「エスカベイト社」と名乗る者たちにより、マヤは彼らの母船「ストゥルティー号」に救助されて九死に一生を得るが、自分が不正取引の容疑で指名手配されていることを知り、社長のグレイマンの誘いに仕方なく応じてエスカベイト社で働くこととなる。

その後、エスカベイト社が採掘したオリハルト内から謎の少女・アリスが現れるが、何者かに狙われていた彼女を守りながら宇宙を駆ける中、アリスと接する一員にして肉体を持たないエバートランサー・イドの記憶が明らかとなっていく。

登場人物[編集]

主要人物[編集]

ミクリ・マヤ
声 - 津田美波[5][6]
本作の主人公。惑星連盟アカデミーの女学生。宇宙地質学科にて主席になるほど優秀。オリハルト採掘中の事故で置き去りにされ、エスカベイト社に拾われる。キンズバーグの企てで指名手配される身となり、お金を稼ぐという点からもエスカベイト社で正社員として働くことになる。優れた観測の知識と、いざというときの思い切りの良さがある(イドに「イカれている」と言わしめるほど)。そのため、グレイマンたちからも徐々に認められるようになっていく。部屋では下着姿のラフな格好で過ごしている。
アリス
声 - 上田麗奈[6]
ネコミミと尻尾を付けた女の子。第2話で採掘した新天体のオリハルト内から現れる。笑うだけで言葉は喋れないものの、肉体は微量のケイ素を含むことを除けば、人間の4歳児相当。謎の惑星に追われている。当初はエスカベイト社内で「オーア(ore, 「鉱石」を意味する)」と仮に名付けられていたが、イドの記憶から「アリス」と呼ばれていたことが判明する。

エスカベイト社[編集]

イド
声 - 興津和幸[5][6]
社員の1人で、エバートランサー。オリハルトの採掘・入手にこだわっている。戦闘ではクナイ状の武器を使う。他の面々と違い固有IDが存在せず、惑星連盟軍の調査でも素性は不明。本人も昔の記憶(メモリー)を持っていないことから、グレイマンにイド (ID-0) と名付けられた。7年前以前の記憶がなく、記録から20年以上も流刑船にIマシンのまま収監されており、ある際に宇宙を漂っていたIマシン(現在の体)に意識が移り、その後に身元不明でも働けるエスカベイト社に雇われた。
リック・エイヤー
声 - 松風雅也[6]
社員の1人で、エバートランサー。明るく陽気な性格で、チームのムードメーカー的存在。元の素性は事故に遭って全身不随となったトップレーサーであり、アステロイドスピードで3連勝した成績を持つ。アマンザの生身の姿に一目惚れし、たびたびアプローチしているが、相手にされていない。
カーラ・ミラ=フォーデン
声 - 大原さやか[6]
社員の1人で、エバートランサー。情報及び営業を担当する女性。アバターは短髪の美人。元の素性は宇宙資源マーケットのファンドマネージャー。普段はクールに振る舞うが、肉体年齢を明かしていないこともあり、それについて茶化されると手を出したり、激怒する。
グレイマン
声 - 小山力也[6]
エスカベイト社の社長で、エバートランサー。ストゥルティー号の船長。アバターは筋肉質の男。本名は「ジェイク・ホウジョウ」。惑星連盟軍の元大佐で、最新鋭艦と大勢の部下を失った過去を持つ。社長という立場から時には厳しい判断を下し、マヤにもきつく当たったりするが、本心では彼女に気を遣っている。
クレア・ホウジョウ
声 - 金元寿子[6]
社員の1人。グレイマンの娘で、オペレーター担当。眼鏡を掛けている。エバートランサーではないため、社内では常に人間の肉体でいる。マヤとは同性で同じ年頃ということから仲が良い。
ファルザ
声 - 小澤亜李[6]
社員の1人で、エバートランサー。元の素性は鯨座の絶滅危惧種の野生動物で、人間ではない。知能は高く、イドやリックたちの言葉をきちんと理解しており、採掘作業も手伝う。

惑星連盟軍[編集]

アマンザ・ボルチコワ
声 - 皆川純子[6]
惑星連盟軍第12派遣艦隊海兵連隊第8強攻偵察中隊中隊長。階級は中尉。オリハルトを違法採掘していたフジマ組を摘発した後、エスカベイト社の面々を拘束するが、ミゲルジャンプに巻き込まれて自身だけがストゥルティー号に取り残される。
脱出を試みるも窮地に際したエスカベイト社の面々との共闘で彼らの人となりに触れたことから、マヤの罪状やイドのエバートランスの経緯に不審を持つようになる。軍では脱走兵扱いとなっている。

オブザーバー[編集]

サム・テイラー
声 - 千葉一伸
条約順守機構保障処置委員会第3査察グループ統括官。表向きはエスカベイト社に親しげに交渉しつつ、アリスを拉致しようと動く。イドについて何らかの情報を知っていたようだが、ミゲルジャンプ中に新天体の攻撃で脱出シャトルごと潰されて圧死する。

惑星連盟アカデミー[編集]

アットミー・キンズバーグ
声 - 宝亀克寿
アカデミーの教授で、宇宙地質学の権威。穏やかそうな顔をしながらも、本質は冷酷非情。マヤを見捨ててオリハルトの情報をフジマ組に横流ししたうえ、後にその罪を彼女になすりつける。
ロマノフ
声 - 羽多野渉
キンズバーグの助手。キンズバーグに同調してマヤを見捨てる。

情報屋[編集]

ゼファ
声 - 村田太志
カーラに情報を流している若い情報屋。

その他[編集]

仮面の男
声 - 子安武人
金色のマスクを付けた謎の男性。裏から惑星連盟軍を動かしたり、エスカベイト社の面々を監視するなどして暗躍する。仮面を外したその素顔は、ケイン・アリスガワやサム・テイラーと同じ顔である。
白眉 有楽翁(はくび うらくおう)
声 - 麦人
仮面の男の通信相手である老人。落語の寄席のような場所におり、義眼かどうかは不明だが、左目が黒い。
ケイン・アリスガワ
声 - 緑川光
Iマシンの開発者。MTラボラトリーCEO。現在からすれば過去の人物で、仮面の男が見た白昼夢に登場した。

登場メカニック[編集]

Iマシン[編集]

汎用型[編集]

最初期型[7]
ケイン・アリスガワが開発したIマシンの基礎となる機体。楕円形の頭部と骨格のような胴体を持つ。カラーリングはさまざま。
鉱石採掘用[7]
フジマ組で使用されているIマシン。頭部はヘルメットタイプを採用。胸部周辺に視覚認識用ライトを6本装備する。
アカデミー用[7]
フィールドワークを主目的とする汎用型。研究者や学生用にバランスが重視されている。マヤが操縦する機体のカラーリングはオレンジ系統。
軍用[7]
惑星連盟軍正式採用軍用Iマシン。高運動性を重視し、対物理衝撃用の追加装甲が施されており、武装としてライフルを所持する。カラーリングは一般機が白系統、隊長機であるアマンザ機は紫系統。

カスタム機[編集]

イド機
イド専用機。首の赤マフラーが特徴。カラーリングは青系統。腰部にビームクナイを内蔵。腕部はエネルギーを集中させることによりジュール熱を発生させ岩盤等を流体化・気化させる。
リック機
リック専用機。スピード重視のカスタマイズがされており、変形機構を持つ。カラーリングは赤系統。
カーラ機
カーラ専用機。女性的なフォルムの機体。カラーリングは薄紫系統。情報収集に特化したチューニングで、各種センサーや通信装置、拡張推論機能を搭載、機密情報のハッキングもできる。
グレイマン機
グレイマン専用機。軍用ベースにカスタマイザされ、上腕部に4本のサブアームを搭載(6本のアームの同時使用も可能)。カラーリングは緑系統。
ファルザ機
ファルザ専用機。ドーム状の頭部に四足歩行する特注ワンオフ機。カラーリングはピンク系統。

艦船[編集]

ストゥルティー号
エスカベイト社の掘削作業専用航宙船で、社屋そのもの。4対の巨大アームから傘状に広がるバンパーを展開可能。
航宙艦マリトー
惑星連盟軍のインターステラシップ。ストゥルティー号よりはるかに巨大。同型艦が何隻も就役している。

その他のメカニック[編集]

まっつん
ストゥルティー号に搭載されている大型掘削機。操縦を担当する者がバイクのように座って動かし、目的地へ移動する。
自動整備マシン
ストゥルティー号で運用されている正立方体型の自動整備マシン。人間サイズの機体内に、触手のようなコードを収納している。Iマシンとしての機能も備えているが、記憶容量が少ないことから完全なマインドトランスはできない。第5話では素粒子サイズと化してストゥルティー号内へ侵入した衛星の一部による危機に際し、イドたちが自動整備マシンに1/5だけマインドトランスを行なうことで、マヤたちのもとへ駆けつけている。

用語[編集]

組織・企業[編集]

惑星連盟
宇宙に進出した人類が住む惑星群による国家・政府機構。惑星連盟軍や惑星連盟アカデミーなどが存在する。
惑星連盟軍
惑星連盟における軍事組織。軍用Iマシンや巨大な航宙艦などを配備し、治安維持にあたっている。
オブザーバー
惑星連盟軍とは異なる独立機関である条約順守機構。組織独自のIマシンや航宙艦を所有する。
エスカベイト社
ストゥルティー号を母船として海賊紛いの違法性スレスレの作業もいとわない、オリハルト鉱石専門の掘削業者。クレアを除く全員が、人間の体を持たないエバートランサーである。グレイマンは自分たちを「エスカベイター」と呼称している。

技術・兵器[編集]

Iマシン
正式名、ヒト意識制御型作業プラットフォーム。人間の意識データを転送させ、人体のように動作する全高約18メートル前後の人型作業マシン。非武装の作業機や惑星連盟軍が運用している軍用機など、種類は多岐にわたる。開発者はケイン・アリスガワ。
デザイナーの海老川兼武によれば、通常のロボットアニメなら主役機からデザインするものであるが、本作では最初に汎用のIマシンをデザインしてから、他の機体をデザインしているという[8]
MTシステム(マインドトランスシステム)
声 - 木村珠莉(システム音声)
オリハルトを利用し、人間の意識データをIマシンのアーカイブに転送させるシステム。意識データとリンクしたIマシンの機体反応は、通常肉体時と同等になる。Iマシンを失っても、事前に取られたバックアップからの「マインドリロード」が行なわれるため、意識データを消失することはなく肉体へ復帰でき、生命維持システムも不要となる。
ミゲルジャンプ
オリハルトを使用した任意空間に移動する超光速航行技術(いわゆるワープに相当)。19万光年を36秒で転移可能。強制ミゲルアウト(ミゲルライン内でのミゲルアウト)は危険であり、空間情報システムにエラーを生じさせる。
拡張空間
アバターを使用するバーチャル空間。データ次第でさまざまな光景を投影できる。通常、アバターは本人の肉体の姿であるが、Iマシンの姿にしている者もいる。
TTS
オリハルト転移弾頭のこと。オリハルトを対象に用いることで強制的に転移させる兵器。転移先を太陽や高重力源などの付近に設定すれば対象はそれらによる破壊から逃れられないため、きわめて高い戦果を得られるが、オリハルトそのものを用いることから費用もきわめて高い。

その他の用語[編集]

オリハルト
特異空間を介して時空転移を実現させる物質。解明されていない未知の部分が多いものの、人類が宇宙全域に進出する社会的基盤ネットワーク「ミゲルネット」に必要不可欠なものになっている。超光速移動法を可能にする恒常領域の「ミゲルライン(位相幾何学的特異空間)」と宇宙をつなぐ性質を持つが、空間変動現象「ミゲルストーム」を起こす危険性もある。
エバートランサー
肉体を捨て、意識データを完全にIマシンに移した者。そのため、Iマシンを破棄してマインドリロードすることはできず、Iマシンの全壊は死を意味する。エバートランス(エバートランサーになること)は惑星連盟法では重犯罪行為であり、生命倫理的にもタブーとされている。
移動天体ラジーブ
アリスを捕獲しようと追跡する謎の天体。仮面の男や白眉有楽翁には「天津甕星」と呼称される。オリハルトに酷似する未知の結晶体が含まれており、結晶体(小岩石群など)や粒子群を制御している。未知の文明が作ったオリハルトの回収装置だと推測されているが、世間には公表されていない。
オリリアン
アリスガワが提唱していた何らかのもので、アリスが関係しているとされている。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「ID-0」[5]
作詞・歌 - 佐咲紗花 / 作曲・編曲 - AstroNoteS
エンディングテーマ「Stellar Compass」[5]
作詞 - 影山ヒロノブ、Serena Lee / 作曲 - 影山ヒロノブ、服部隆之 / 編曲 - 服部隆之 / 歌 - 影山ヒロノブ
特報楽曲「ソーラン節[5]
歌 - 佐咲紗花

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 絵コンテ 演出 2D作画監督
DIG 01 魂魄遷移
MIND TRANCE
谷口悟朗 のがみかずお 茶之原拓也
DIG 02 時空結節
FORMLESS MINERALS
須永司 久保田雄大
DIG 03 空漠回廊
MIGUEL LINE
松下周平
DIG 04 転移奇襲
SINGULAR TACTICS
のがみかずお
DIG 05 結晶幼女
ORE WITH FREE WILL
林直孝
DIG 06 世界攪乱
THE OBSERVER
大橋誉志光 平井義通 -
DIG 07 生存宙域
OVERSTEPPING
須永司 久保田雄大 茶之原拓也
DIG 08 荷電噴流
CRACKING THE FOUR
松下周平 菅野千愛

放送局[編集]

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間[9]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [10] 備考
2017年4月9日 - 日曜 23:00 - 23:30 TOKYO MX 東京都
日曜 23:30 - 月曜 0:00 KBS京都 京都府
2017年4月10日 - 月曜 1:00 - 1:30(日曜深夜) サンテレビ 兵庫県
2017年4月12日 - 水曜 0:30 - 1:00(火曜深夜) BS11 日本全域 BS放送 / 『ANIME+』枠
日本国内 インターネット / 放送期間および放送時間
配信期間 配信時間 配信サイト
2017年4月9日- 日曜 23:00 更新 Netflix

BD / DVD[編集]

2017年8月29日にBlu-ray BOX特装限定版 (BCXA-1250) およびDVD-BOX特装限定版 (BCBA-4841) が発売予定[11]

公式ノベライズ[編集]

菅浩江による公式ノベライズ化が決定しており、ハヤカワ文庫JAより全2巻、2か月連続で刊行予定[12]

ぷちアニメ[編集]

ぷちアニメ劇場『クイズ!! ID-0』はYouTubeで配信のミニアニメ。監督・演出・脚本は芦名みのる、ぷちキャラクター原案はCHANxCO、ぷちキャラクターデザイン・作画監督はたけはらみのる、アニメーション制作はスタジオぷYUKAIが担当。通常放送でも本編終了後に放送される。

話数 作画 配信日
第一問 エスカベイト社が探し求める
赤い鉱石は何ハルト?
たけはらみのる
みやひこ
2017年
4月9日
第二問 オリハルトを活用した人の意識を移し、
ロボットを操縦する技術、M・T・S。
これは何の略称でしょうか?
4月16日
第三問 マインドトランス・システム利用後に元の身体を失い、
Iマシンに意識を移したままの存在のことをエバー何と呼ぶ?
4月23日
第四問 意識や感覚を移すことが出来る
身長約18mのロボットの総称は何?
4月30日
第五問 オリハルトを利用した
ワープ的移動手段は?
5月7日
第六問 敵軍の中心にオリハルトを発射し
周辺を強制的にミゲル・ジャンプさせて
敵を一掃する弾頭を何と呼ぶ?
5月14日
第七問 私たちをピンチに陥れる
逃げても逃げてもおいかけてくるものは?
5月21日
第七問その2 5月28日

脚注[編集]

  1. ^ オリジナルアニメーション「ID-0」公式サイト”. 2017年2月19日閲覧。
  2. ^ “オリジナルアニメ「ID-0」、制作決定! 谷口悟朗×サンジゲン、世界コスプレサミットプロデュース”. アキバ総研 (カカクコム). (2016年8月8日). https://akiba-souken.com/article/27576/ 2016年8月17日閲覧。 
  3. ^ “『ID-0』興津和幸さん×津田美波さんの対談インタビュー公開”. アニメイトタイムズ (アニメイトラボ). (2017年4月7日). http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1491553126 2017年4月17日閲覧。 
  4. ^ 「萌えアニメじゃなくてごめん!」!? 谷口吾朗×黒田洋介のオリジナルアニメ『ID-0』の気になる方向性は”. サイゾー (2017年3月25日). 2017年4月11日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa “『ID-0(アイディー ゼロ)』出演声優&イベントなど新情報解禁”. アニメイトタイムズ (アニメイトラボ). (2017年1月27日). http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1485488145 2017年1月27日閲覧。 
  6. ^ a b c d e f g h i STAFF&CAST”. オリジナルアニメーション「ID-0」公式サイト. 2017年2月19日閲覧。
  7. ^ a b c d Iマシンカタログ公式サイト 2017年5月14日
  8. ^ KANETAKEの2017年5月7日のツイート2017年5月8日閲覧。
  9. ^ ON AIR”. オリジナルアニメーション「ID-0」公式サイト. 2017年2月19日閲覧。
  10. ^ テレビ放送対象地域の出典: 放送分野の動向及び規制・制度(資料2)”. 政府規制等と競争政策に関する研究会通信・放送の融合の進展下における放送分野の競争政策の在り方. 公正取引委員会. p. 2 (2009年10月9日). 2016年8月12日閲覧。 基幹放送普及計画”. 郵政省告示第六百六十号 (1988年10月1日). 2016年8月12日閲覧。 地デジ放送局情報”. 一般社団法人デジタル放送推進協会. 2016年8月12日閲覧。
  11. ^ BD/DVD”. オリジナルアニメーション「ID-0」公式サイト. 2017年4月11日閲覧。
  12. ^ 「ID-0」公式ノベライズ刊行決定 - 「ID-0」公式サイト. 2017年4月18日閲覧。

外部リンク[編集]