サクラ大戦物語 〜ミステリアス巴里〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
サクラ大戦物語 〜ミステリアス巴里〜
対応機種 PlayStation 2
開発元 セガ(後のセガゲームス)
レッド・エンタテインメント
セガワウ(制作協力)
発売元 セガ
ジャンル アドベンチャー
発売日 2004年3月18日
価格 6,980(税抜)
レイティング CEROA(全年齢対象)
キャラクター名設定 不可
エンディング数 12
メディア DVD-ROM
キャラクターボイス 大部分
CGモード あり
音楽モード あり
回想モード なし
メッセージスキップ なし
オートモード あり

サクラ大戦物語 〜ミステリアス巴里〜』(サクラたいせんものがたり ミステリアスパリ)は、セガ(後のセガゲームス)によって2004年3月18日に発売されたPlayStation 2用ゲームソフト。『サクラ大戦シリーズ』の外伝である『サクラ大戦物語』シリーズ第1弾となる「巴里編」である。脚本は田村純一

内容[編集]

サクラ大戦3 〜巴里は燃えているか〜』から1年後のフランス巴里を舞台に、劇場シャノワールの踊り子の連続失踪事件を発端とする一連の事件を描く。プレイヤーはオリジナルキャラクターである日本人の探偵・明智小次郎、または小次郎の妹・明智ミキとなり、巴里花組のメンバーと共に事件の謎を追う。

ゲーム内容が殺人事件を取り扱っているに関わらず、CEROのレーティングが「対象は全年齢」「このゲームには暴力シーン及びグロテスクな表現がある」マークがないという作品でもある。

小次郎でゲームをプレイする場合はライフの表示があり、選択肢などによりライフが減り、ライフが0になるとゲームオーバー。ただしミキでのプレイにはライフの表示がない。また、シリーズでおなじみのLIPS (Live & Interactive Picture System)をはじめ、ジョイスティックを使用し発言の強弱を付けるなど本ゲームでは変り種LIPSが多数登場する。

本編シリーズの主人公である大神一郎は登場せず、名前のみが語られる。

登場キャラクター[編集]

明智小次郎(あけち こじろう)
- 浪川大輔
主人公。私立探偵。千葉助の紙芝居や花組の舞台に登場する同名の探偵のモデルとされている。少々毒舌な所があるものの、探偵としての腕は確かである。元海軍の軍人で、エリートだった大神一郎の事は一方的に知っている。両親は既になく、数年前までミキと二人暮しだった。
明智ミキ(あけち みき)
声 - 川澄綾子
明智小次郎の妹。兄に対して、兄妹以上の感情を抱いている節がある。このゲームのもう一人の主人公であり、ストーリーの約半分は彼女の視点で物語が進む。シャノワールの見習いダンサー。エルザと共に前座に抜擢され、小次郎をシャノワールに呼ぶ所からストーリーが始まる。
エルザ・フローベール
声 - 笠原留美
ミキの親友でルームメイト。シャノワールの見習いダンサー。舞台初日に失踪する。
モルガン・カミュ
声 - 石川英郎
自称フリージャーナリスト。自分は政府組織筋に顔が割れているとして、小次郎にさまざまな取引を持ちかける。
ベルナデッド・シモンズ
声 - 折笠富美子
モンマルトルで手製の詩集を販売している謎の少女。無口だが口を開けば物騒な台詞が飛び出す事が多い。
グエン・テュ・アイン
声 - 沢海陽子
理化学研究所研究員。コクリコと同じベトナム出身。両親はおらず、フォンという祖母がいるが研究に没頭するあまり疎遠となっている。
ハインツ・シュペングラー
声 - 増谷康紀
シャノワールに資金提供を持ちかけてくるドイツの青年実業家。女好き。小次郎が巴里に向かう汽車の中で何者かに殺害される。
ヴァレリー・スタンダール
声 - 石波義人
元孤児院の院長。かつては社交的な人物でルネ神父とも親交があったが、現在は自宅にこもり、外部との接触を断っているように見える。
フレデリック・ドレフィス
声 - 斉藤志郎
元陸軍大佐。強硬派の愛国者だが、それが災いしてパリシィ怪人による巴里襲撃事件(『サクラ大戦3』)におけるシテ島攻防戦での責任を取らされ、軍を去ったとの経緯を持つ。
赤城三郎(あかぎさぶろう)
本編を一度クリアすると出現する特典シナリオの主人公。大神一郎の遠縁にあたる。特典シナリオでの彼の目的は「巴里の住人たちと仲良くなってツボを買ってもらう」というものである。

巴里華撃団[編集]

続編について[編集]

2002年に「サクラ大戦ワールドプロジェクト」の発売予定ソフトとして発表された際には、本作と共に『サクラ大戦物語 帝都編』の発売も告知されていたが、以後続報が一切無い状況が続いていた。そして雑誌「週刊ファミ通2008年10月3日号の誌上にて、正式に発売中止と掲載された。

外部リンク[編集]