スター・ウォーズ: ビジョンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スター・ウォーズ:ビジョンズ
Star Wars: Visions
Star Wars Visions Japanese Logo.jpg
日本版ロゴタイトル。
ジャンル アクションアドベンチャー
SFスペースオペラ
アニメ
原作 ジョージ・ルーカス
スター・ウォーズ
監督 #エピソード参照
脚本 #エピソード参照
音楽 #エピソード参照
アニメーション制作 #エピソード参照
製作 ルーカスフィルム
ルーカスフィルム・アニメーション
配信サイト Disney+
配信期間 2021年9月22日 -
話数 全9話
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメディズニー

スター・ウォーズ:ビジョンズは、スター・ウォーズシリーズをもとにした、日本のアニメアンソロジーシリーズ。

ルーカスフィルム・アニメーションが製作を担当し、日本のアニメ制作会社である神風動画Studio COLORIDOGENO STUDIOTRIGGERKinema CitrusProduction I.GサイエンスSARUの7つのスタジオが、スター・ウォーズの世界観をベースにそれぞれのオリジナルストーリーで制作した9本の短編作品で構成されている。2021年9月22日、ストリーミングサービス「Disney+」にて全9話が一挙独占配信を開始した。

キャラクター[編集]

キャラクター 声優[1]
日本語 英語
The Duel
ローニン てらそままさき ブライアン・ティー
野盗のボス 渡辺明乃 ルーシー・リュー
少年村長 三瓶由布子 ジェイデン・ウォルドマン
タトゥイーン・ラプソディ
ジェイ 吉野裕行 ジョセフ・ゴードン=レヴィット
ギーザー 後藤光祐 ボビー・モイニハン
ラン 勝杏里 マーク・トンプソン
K-344 藤田昌代 シェルビー・ヤング
ボバ・フェット 金田明夫 テムエラ・モリソン
THE TWINS
Karre/カレ 榎木淳弥 ニール・パトリック・ハリス
Am/アム 白石涼子 アリソン・ブリー
B-2ON 川島得愛 ジョナサン・リポフ
村の花嫁
エフ 瀬戸麻沙美 福原かれん
ヴァン

英吹替名:ヴァルコ

上川隆也 ケイリー=ヒロユキ・タガワ
ハル 潘めぐみ ニコール・サクラ
アス 内田雄馬 クリストファー・シーン
イズマ 下山吉光 アンドリュー・キシノ
サク 伊瀬茉莉也 ステファニー・シェー
九人目のジェダイ
カーラ 赤崎千夏 キミコ・グレン
ジーマ 三木眞一郎 シム・リウ
ジューロ 金尾哲夫 アンドリュー・キシノ
イーサン 峯田大夢 マシ・オカ
ローデン 中井和哉 グレッグ・チャン
ヘン・ジン 平川大輔 マイケル・シンターニクラス
ナレーション 大塚明夫 ニール・キャプラン
T0-B1
T0-B1(ティーオービーワン) 野沢雅子 ジェイデン・ウォルドマン
ミタカ博士 磯部勉 カイル・チャンドラー
The Elder
タジン 土師孝也 デヴィッド・ハーバー
ダン 中村悠一 ジョーダン・フィッシャー
老人 緒方賢一 ジェームズ・ホン
のらうさロップと緋桜お蝶
ロップ 小林星蘭 アンナ・カスカート
お蝶 清水理沙 ロミ・デイムス
弥三郎 藤村忠寿 ポール・ナカウチ
帝国将校 中野泰佑 カイル・マカフリー
赤霧
ツバキ 宮崎遊 ヘンリー・ゴールディング
ミサ Lynn ジェイミー・チャン
センシュウ チョー ジョージ・タケイ
カマハチ 高木渉 キーオン・ヤング
マサゴ 野沢由香里 ロレイン・トゥーサント

エピソード[編集]

話数サブタイトル脚本監督[2]音楽アニメーション制作配信日[3]
1The Duel 堺三保水野貴信井内啓二神風動画2021年
9月22日
2タトゥイーン・ラプソディ 新八角木村拓出羽良彰スタジオコロリド
3The Twins 若林広海今石洋之大島ミチルトリガー
4村の花嫁 大西雄仁垪和等垪和等ケビン・ペンキンキネマシトラス
5九人目のジェダイ 神山健治戸田信子、陣内一真Production I.G
6T0-B1 木戸雄一郎アベル・ゴンゴラ英語版渋谷慶一郎、A-beeサイエンスSARU
7The Elder 大塚雅彦大島ミチルトリガー
8のらうさロップと緋桜お蝶 さやわか五十嵐祐貴出羽良彰ジェノスタジオ
9赤霧 木戸雄一郎チェ・ウニョンU-zhannサイエンスSARU

製作[編集]

開発[編集]

2020年12月10日、「スター・ウォーズ:ヴィジョンズ」は、「スター・ウォーズ」の世界を舞台に、異なるクリエイターによる10本の短編作品を収録したアニメアンソロジーシリーズであることが発表された[4]

スター・ウォーズ:ヴィジョンズ」のストーリーは、スター・ウォーズの時間軸に準拠する必要はなかった[5]

私たちは、アニメというユニークなレンズを通して、「スター・ウォーズ」の銀河系のあらゆる想像力の可能性を追求するために、クリエイターたちに広い創造の余地を与えたいと考えた。私たちは、これらの作品を、制作しているスタジオやクリエイターにとって可能な限り本物であり、彼らが得意とするメディアで、彼ら独自のプロセスを経て作られたものにしたいと考えた。このアイデアは、彼らがインスピレーションを受けた「スター・ウォーズ」銀河のあらゆる要素を取り入れた彼らのビジョンであり、「スター・ウォーズ」銀河でこれまでに見たことのない、本当に素晴らしいアンソロジーシリーズを作ることを目指している。
ジェームズ・ウォー

『The Duel』のストーリーは、「日本の伝承から引き出された別の歴史」と具体的に謳われた[6]

『のらうさロップと緋桜お蝶』は、『シスの復讐』と『新たなる希望』の間の銀河帝国の統治時代が舞台[7]


公開[編集]

9本の短編映画の全シリーズが2021年9月22日にDisney +で公開された。[3]

脚注[編集]

  1. ^ Stunning New Star Wars: Visions Trailer Debuts”. StarWars.com (2021年8月17日). 2021年8月17日閲覧。
  2. ^ STAR WARS: VISIONS | SPECIAL LOOK | DISNEY+. Star Wars. 3 July 2021. 2021年8月22日時点のオリジナルよりアーカイブYouTubeより2021年8月22日閲覧
  3. ^ a b Anime Expo Lite: 20 Things We Learned from the Star Wars: Visions Panel” (英語). StarWars.com (2021年7月3日). 2021年7月3日閲覧。
  4. ^ Collura (2020年12月10日). “Star Wars: Visions Anime Is Coming to Disney Plus” (英語). IGN.com. 2021年3月28日閲覧。
  5. ^ Explore Star Wars: Visions at Anime Expo Lite” (英語). StarWars.com. 2021年9月1日閲覧。
  6. ^ A Mysterious Former Sith Wanders the Galaxy in Ronin, the Upcoming Star Wars: Visions Novel - Exclusive Reveal” (英語). StarWars.com (2021年7月8日). 2021年7月11日閲覧。
  7. ^ Robson. “Anime Star Wars: Visions Will Include What Became of the Jedi, a Rock Opera, and More”. IGN. 2021年7月17日閲覧。

 

外部リンク[編集]