名越稔洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

名越 稔洋(なごし としひろ、1965年6月17日 - )は、日本のゲームクリエイター2017年現在、株式会社セガゲームス取締役兼開発統括本部統括本部長並びに株式会社セガ・インタラクティブ取締役CPO兼開発生産統括本部統括本部長。

略歴[編集]

山口県下関市出身。東京造形大学映画学科卒業後、1989年セガ(後のセガゲームス)に入社。AM2研の鈴木裕が手がける『バーチャレーシング』、『バーチャファイター』などの作品にCGデザイナーとして参加する。

1994年発売の『デイトナUSA』を初プロデュース作品として、ディレクターとしてゲーム制作を手掛ける立場に回る。この作品はドライブゲーム史上に残る大ヒットとなり、一躍トップクリエイターの仲間入りを果たす。

1998年にAM11研部長就任、2000年7月1日にはセガ開発チームの分社化・子会社化に伴い設立された株式会社アミューズメントヴィジョンの代表取締役に就任。 2004年7月1日に同社がセガに再統合されるに伴い、セガR&Dクリエイティブオフィサーを肩書きとした[1]2011年8月31日に セガ第一CS研究開発部(後のセガゲームス第一CS研究開発部)内に制作チーム「龍が如くスタジオ」を設立。セガ取締役 CCO(Chief Creative Officer)開発統括本部長[2]、セガの子会社である株式会社インデックス(後の株式会社アトラス)取締役[3]を経て、2015年4月1日に実施されたセガグループ再編に伴い、株式会社セガゲームス取締役兼開発統括本部統括本部長並びに株式会社セガ・インタラクティブ取締役CPO兼開発生産統括本部統括本部長に就任し、セガゲームス並びにセガ・インタラクティブの研究開発部門を統括している[4]

大型の筐体を用いた「体感ゲーム」の制作のほか、セガがサードパーティ体制に移行した際にもいち早く積極的な動きを見せ、各社とのコラボレーションなどを行っている。自身が深く関わった家庭用作品『龍が如く』シリーズが国内を中心に全世界900万本以上の出荷本数を達成[5]、また『モンキーボール』シリーズが全世界出荷400万本を突破[6]するなど、多岐にわたる手腕を見せている。

関連作品[編集]

アーケード作品[編集]

コンシューマ作品[編集]

著作[編集]

  • 名越武芸帖 - マイクロデザイン社「ゲーム批評」誌上コラムの単行本化

備考[編集]

  • 東京造形大学映画学科卒業後は映画業界への就職を目指していたが、当時は日本映画界が不振で映画業界の就職先が全くなく、「クリエイティブな仕事がしたい」との一心でセガに入社した。入社当初はコンピュータは未経験でかつゲーム用語が全くと言っていいほど理解できず、ゲームの表現手法が3DCGが主流になる前には何度も退社を考えていたが、『バーチャレーシング』発売と同時期に、ゲームの表現手法が名越が大学で学んだ映像の知識が生かせる3DCGが主流となったことから、セガに残留することを決意したという[4]
  • 映画『龍が如く 劇場版』や、テレビドラマ『クロヒョウ 龍が如く新章』、『クロヒョウ2 龍が如く 阿修羅編』にカメオ出演している。
  • ゲームクリエイターらしからぬ風貌で、褐色の肌に、センター街を闊歩する若者のようなファッションをしている[7]。その風体は、『龍が如く』の取材で実際に夜の歓楽街を見て周り、その時出来た呑み仲間に影響を受けているとのこと。最近では『龍が如く 見参!』の発表会に着流しで登場、また「日焼けサロンは週に1度」[8]等の発言をしている。
  • 酒類の中では焼酎が好みらしい[9]

関連項目[編集]

[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]