北斗が如く

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
北斗が如く
ジャンル アクションアドベンチャー
対応機種 PlayStation 4
開発元 セガゲームス第一CS研究開発部(龍が如くスタジオ)
発売元 セガゲームス
シリーズ 龍が如くシリーズ
北斗の拳
人数 1人
メディア BD-ROM
ダウンロード販売
発売日 日本の旗香港の旗台湾の旗大韓民国の旗 2018年3月8日
アメリカ合衆国の旗欧州連合の旗 2018年10月2日[1]
対象年齢 CEROD(17才以上対象)
GRB:18(青少年利用不可)
ESRBM(17歳以上)[2]
PEGI18(仮)[2]
USK:Einstufung ausstehend(審査予定)[2]
コンテンツ
アイコン
犯罪、暴力[3]
テンプレートを表示

北斗が如く』(ほくとがごとく、中題:人中北斗/英題:Fist of the North Star: Lost Paradise)は、セガゲームスより2018年3月8日に発売されたPlayStation 4用ゲームソフト。

キャッチコピーは「「北斗」の常識を、ぶち壊す。」。

概要[編集]

北斗の拳』の世界観をモチーフとして『龍が如く』のシステムを融合させた両作品のコラボレーション作品であり、冒頭のケンシロウとシンの戦い以降は原作のパラレルワールドとなるオリジナルストーリーが展開される[4][5][6]

龍が如く6 命の詩。』の開発時に企画が始まっており、本作の開発時にはドラゴンエンジンが完成前だったため、本作では『龍が如く0 誓いの場所』および『龍が如く 極』で使用されたエンジンを本作に合わせて調整したものが使用されている[5]

ノース・スターズ・ピクチャーズ側から、「ケンシロウは歌わない」、「ユリア以外の女性は口説かない」といった要望があったため、本作には龍が如くシリーズで恒例のカラオケは登場せず、ナイトクラブにも客としては行けない[4][6]。一方、龍が如くシリーズ恒例のDLCは本作にも登場する[7]

日本国外では日本語音声に加え英語音声が追加された北米・欧州版が2018年10月2日に発売された[1]

ストーリー[編集]

シンとの決戦後、死んだとされたユリアの手がかりを求めてエデンを訪れたケンシロウは、その門前で無法者を倒していたところを衛兵隊長のジャグレに捕らえられ、地下牢に投獄される。そこから脱獄する際、出会ったエデンの住民の女に人を探すためであることを伝えると、エデンのコロセウムで月に一度行われる罪人たちによる殺し合いのショー・囚人闘技で優勝するように言われ、ケンシロウは地下牢へ戻る。

その翌日、囚人闘技にて圧倒的な力で罪人たちを始末していくケンシロウは、最後の相手として現れたデビルリバースを倒す。その後、脱獄の際に出会った指導者の女に何を望むのか問われたケンシロウは、エデンにいるというユリアに会いたいことを伝えた[8]

登場人物[編集]

龍が如くシリーズのスタッフが制作していることもあり、原作キャラクターを含めた登場人物の多くは龍が如くシリーズに参加したことがある声優がキャスティングされている(参考として、その声優が龍が如くシリーズで演じている人物名も右に記載)[9][10][11]

原作キャラクター[編集]

ケンシロウ
声 - 黒田崇矢桐生一馬
本作の主人公。北斗神拳伝承者。
ユリアを取り戻す為、シンと戦い勝利するが、ユリアが死んだ事を聞かされ、その後は当てのない放浪を続けていたが、ある街でユリアが生きている事を聞かされ救い出す為、エデンへと乗り込む。タルーガに勝利した後は核ミサイルの発射を阻止する為にユリアと共に死ぬ事を決意するが寸前でナダイがシェルターに二人を押し込み助けた事で生存する。全てが終わった後はユリアと共にバギーで旅に出る。
世紀末プレミアムエディションの特典で外見を桐生一馬に変更することができる[12]
ユリア
声 - 久川綾(吉野太夫、狭山薫(『極2』))
シン
声 - 中谷一博(錦山彰、春日一番)
南斗孤鷲拳の伝承者。
ケンシロウの胸に七つの傷を付け、ユリアを奪った男[注 1]。サザンクロスに乗り込んだに敗北し、ユリアはこの世にいないと言い残して命を落とした。
トキ
声 - 咲野俊介(柏木修)
北斗4兄弟の次男。ケンシロウとの接触を恐れたラオウによりカサンドラ監獄へ幽閉されていた。ケンシロウにより解放された後は時間を稼ぐために敢えてカサンドラに残り、ケンシロウに拳の極意を伝授してくれる。
レイ
声 - 森川智之(品田辰雄)
南斗水鳥拳の伝承者。
両親の仇を討ち妹アイリを助け出す為、旅を続けてエデンに辿り着いた。誤解などから一度はケンシロウと決闘に至ってしまうが、真実を知りアイリの視力を回復させてもらって以降はケンシロウと協力するようになる。仇敵ジャギと対峙するもののアイリを盾にされ攻撃もできず自身も捕らえられて人質にされてしまうが、ナダイの手で解放され自らの手でジャギを倒して仇を討った。全ての目的を果たした後は再会を約束してエデンから去っていった。
アイリ
声 - 白石涼子(真田まい、沙耶(『極』))
レイの妹。両親を殺害され、自身も誘拐され、絶望したことから目を薬でつぶしたが、ケンシロウの北斗神拳により、視力が戻った。
ラオウ
声 - 岩崎征実郷田龍司
北斗4兄弟の長男。スフィア・シティを発見しその管理を配下であるナダイに任せておりまたユリアから南斗の奥義を聞き出すために飛び降りた際に重傷を負った彼女を奇跡の間で回復させる様に指示した。エデンの秘密に気付いており核ミサイルの発射を阻止する為にユリアを殺害しようとするがケンシロウからナダイが生きていること、その場所を知りたければ戦うよう言われ拳を交えるが、格下と侮っていたケンシロウに一度膝を付かされる。余力はあったが、ケンシロウが最強の北斗になり北斗究極奥義を得ることを期待して勝負を預け去っていった。彼の目的は全ての拳を知り超えることで頂点に立つことであり、南斗と北斗の究極奥義すらも己の拳で粉砕する野望を秘めている。
リハク
声 - 山路和弘(伊達真)
南斗五車星の一人。エデンで診療所を営業している。ジャグレが凶王の拳で変調した際はカサンドラに医者(トキ)が幽閉されていることを教え、自身も同行する。
また、同じ南斗五車星のヒューイやシュレンに指示してレイの妹アイリを探させる一方で、レイに「エデンに胸に七つの傷を持つ男がいる」とリークしてケンシロウと戦うよう仕向ける。その真意は、ケンシロウが一度シンに敗れユリアを奪われたことから同じ南斗聖拳の使い手であるレイと戦わせ、真にユリアを託すに値する男かを見極めるためであった。レイとの戦いぶりからユリアを託すに値すると考え、レイにアイリを引き合わせて戦いを止める。その後はケンシロウ達に真意を明かしエデンを去っていった。
サウザー
声 - 東地宏樹(森永悠)
聖帝と称する南斗鳳凰拳の伝承者。
軍を率いてエデンを制圧しようと侵攻して来た。ケンシロウに北斗神拳が通用しない秘密を見破られた事で敗北し兵隊も壊滅状態となり、これ以上の争いは無意味とリハク達に促され捨て台詞を吐いてエデンから去っていった。
ジャギ
声 - 宇垣秀成真島吾朗
北斗4兄弟の三男。
ケンシロウが伝承者に選ばれた事に納得がいかず彼を殺そうとするが、逆に返り討ちとなって顔を破壊されてしまう。それ以降ケンシロウの名を騙って悪行を繰り返すようになる。レイの家族を殺害して彼の妹アイリを誘拐した張本人でもある。
復讐の為エデンに乗り込みタルーガと手を組んでケンシロウを抹殺しようとした。身代わりを用意する、レイ兄妹を人質に取ると言った卑劣な手段でケンシロウを苦戦させるが、ナダイの手で人質を解放されると一気に追い詰められ手を組んだはずのタルーガにも見限られて、最後はレイの手で切り裂かれて命を落とす。
ウイグル
声 - 楠見尚己(嶋野太、中嶋洋太郎)
トキが幽閉されていたカサンドラ監獄の獄長。ケンシロウに倒され死亡した。
バット
声 - 宮坂俊蔵(太一)
ケンシロウを慕う少年。
シンとの決闘前に別れた後、紆余曲折[注 2]を経てエデンに辿り着きケンシロウと再会する。ある事情から移動手段が必要になったケンシロウ達に協力する為、車の調達に奮闘する。
機械の知識があり[注 3]バギーを入手した後は、バットに話しかければ荒野への出発やカスタマイズ等ができるようになる。
リン
声 - 釘宮理恵澤村遥
ケンシロウを慕う少女。
住んでいた村の再興を手助けする為、エデンのプーリエが運営する「探し物屋」[注 4]と呼ばれる店で働いていた。店番をしていた所でケンシロウと再会し、事情を知った事からケンシロウが「探し物屋」を手伝う事となる。
デビルリバース
エデンの監獄の最下層にある地獄房と呼ばれる牢獄に幽閉されている囚人。囚人闘技の参加者に最後に立ちはだかる処刑人でもある。
サウザー襲撃後の復興作業ではその巨体と怪力を活かして作業に協力した。
マミヤ
声 - 川庄美雪(浮世)
女戦士。
野党から村を守る為、協力してくれる戦士を集めにエデン近くの鬼憑き村で、ユリア目撃情報を聞きつけたレイとアイリと共にケンシロウに出会った。鬼憑き村を自分たちのモノにしようと企んだ野党達を退治した2人を見て用心棒を懇願した。ケンシロウは固辞したが、レイは自分たちの村に向かう途中にあることから、アイリの休息も兼ねて用心棒を引き受けることとなった。
サイドミッションでのみ登場し、本編には絡まない。

オリジナルキャラクター[編集]

キサナ
声 - 沢城みゆき(マキムラマコト)
エデンのリーダー。才色兼備の女性であり、ケンシロウを一目見ただけで資質を見抜いた慧眼を持つ。常に周囲の人間を考えて行動する人柄の持ち主で、周りからは厚い信頼を寄せられている。信頼しているケンシロウだけを贔屓せず、(ケンシロウに関することで)訳ありと判断したレイの話にも耳を傾けるなど、公正な面もある。普段は教会を改築したカテドラルで政務を行い住民の問題解決に努めている。後述の父、ナダイを誤解から剣で突き刺し訣別した過去[注 5]を持つ。彼女もまた父同様にラオウの配下である。酒に弱い上にかなりの酒乱。
ジャグレ
声 - 三宅健太(ユウヤ)
エデン衛兵隊長。両親は既に亡くなっている。三年前に衛兵となり現在の地位に至った。悪漢のような風貌で口調も粗野だが、街の人々を常に気に掛けており部下への面倒見も良い為、誰からも慕われている。キサナとはエデン創設時からの付き合いで、彼女に対して恋心を抱いている模様。
ケンシロウがエデンに来た当初、北斗神拳を使う拳士だった事から警戒しており、彼が囚人闘技で優勝してエデンの中で自由を勝ち取ったあとも近くで監視を続けるほどだった。しかし街の人々の為に力を尽くし、凶王の技に倒れ命の危機に陥った自身を救ってからは考えを改めるようになり、自身が衛兵隊長を務める兵舎に招き入れて、指名手配されている賞金首の退治を依頼したり、個人的な相談を持ちかけたり等、ケンシロウに対して信頼感を強め、相棒と呼ぶほどの親しい仲になった。
実はタルーガの仲間であり、タルーガやライラと共に、親を殺したナダイに復讐するため行方不明のナダイを探していてその情報を得るため衛兵隊長をやっていた。ナダイへの復讐のために彼の目の前でキサナをも殺そうとするが彼女を本心から愛していて殺せなかったためタルーガに見限られ撃たれてしまうが生存、全てが終わった後は再び衛兵隊長に戻る。
ライラ
声 - 久川綾(吉野太夫、狭山薫(『極2』))
キサナの親友でもあり、ナイトクラブの支配人を務めるエデンの夜の仕切り役。勝ち気な性格だが聡明さと判断力を合わせ持ち、女性陣からの信頼は厚い。しかしジャグレと同様にタルーガの仲間であり彼女もまたナダイに家族を殺されている。最終的にはジャグレと共にタルーガに撃たれてしまったが生死は不明。
タルーガ
声 - 中村悠一(ハン・ジュンギ)
凶王軍のナンバー2で拳銃使い。その真の目的は家族を殺したナダイへの復讐を果たした上で核の炎で人類を滅ぼし新しい世界の神となる事である。ナダイの居場所を探る目的で凶王軍に入り従っていたがナダイがジャギからアイリを助けた際にその凶王の正体がナダイである事に気付いた。最終戦争に参加しておりその際に体の半分を失っており体の半分が機械になっていて秘孔は効かないがそれ故に電撃が弱点であり生命力を電撃に変換出来るナダイにスフィア・シティの扉を開かせたうえで彼とケンシロウと戦わせ共倒れさせる事を目論んでいる。スフィア・シティへの扉が開かれナダイがケンシロウと激突した事で本性を表し更にはキサナを殺せなかったジャグレとライラを撃ち自身は部下達と共にスフィア・シティに入る。そして奇跡の間にてケンシロウと激突するも死闘の末に敗北し最期は秘孔を突かれた事で死亡する。
凶王 / ナダイ
声 - 小原雅人(刑務官・斉藤、クリスティーナ、須藤純一(『極』))
凶王軍のリーダーで拳法使い。顔を仮面で隠しているが、その正体は死んだと思われていたキサナの父で、エデンの創設者でもあるナダイである。冥斗鬼影拳という生命力を電撃に変換する拳法の使い手であり自身の秘孔を冥斗鬼影拳で突く事で鬼の様な姿に変貌し自身の力を強化する事が出来る。またラオウの配下であり生命力を電撃に変換する事が出来る自身のみがスフィア・シティの扉を開く事が出来る為彼からエデンの管理を任されていた。軍を率いてエデンを襲撃しているが、その目的はスフィア・シティの様子を定期的に確認するためで、凶王として軍を組織したのはエデンを狙う野盗を自身の支配下に置くことで襲撃をコントロールするためであった。その目的は核ミサイルの発射を阻止する為にユリアを殺す事である。また過去にはキサナの母を殺しており更にミサイルの発射装置を隠す為にジャグレとライラとタルーガの家族を殺害[注 6]している。核ミサイル発射直前にケンシロウとユリアの命を救う為に二人をシェルターに匿い命を落としたかと思われたが、クリア後のサイドミッションで生きていたことが判明、これからは1人の拳士として拳を極めていくことをケンシロウに伝える。
チョグレ
ジャグレの弟子と名乗るモヒカン少年。将来の夢は衛兵隊長。シナリオを進行させアジトが利用可能になるとアジトの眼の前に出現。龍が如くシリーズおなじみの「ボブ宇都宮」の役目を果たしており、ダウンロード特典等はここから受け取る。
イスカ
エデン衛兵副隊長。隊長のジャグレとは同期であり、親友でもある。賞金首の情報を管理し、ケンシロウに賞金首討伐を依頼する。
恋人フィオを殺した殺人鬼「リッパー」討伐に執念を燃やすが、実は彼こそがリッパーで、賞金首のシステムを作ったのも衛兵隊に入るリッパーの情報を操作するためであった。ケンシロウに賞金首討伐を依頼した真の目的も北斗神拳を盗むことでより美しい殺しを実現するためであり、廃ビルにケンシロウを呼び出し激突するも敗れる。駆けつけたジャグレに恋人を殺した時の真相を打ち明け[注 7]、引導を渡される。

その他[編集]

コマキ(古牧宗太郎)
古牧流古武術の継承者。北斗神拳の噂を聞き、ケンシロウに挑戦する。撃破後は闘技場にて再戦が可能。
アモン(亜門丈)
条件を満たす(サイドミッションを完了する)と登場するシリーズ恒例の隠しボス。今作についてはデビルリバースの巨大化を使いこなしたり、バギーレースが展開される。
ナレーション
声 - 山寺宏一秋山駿

ゲームシステム[編集]

バトルシステムは龍が如くに似たアクション性になっており[13]、アドベンチャーに関しても龍が如くの世界観が色濃く反映されている[14]

バトル[編集]

秘孔アクション
龍が如くシリーズにおける「ヒートアクション」に変わるシステム。敵の秘孔を突くことで奥義が発動可能になり、本作オリジナル奥義を含む様々な北斗神拳を繰り出して敵に大ダメージを与える。また、タイミング良く秘孔を突くことで「ジャスト秘孔」となり、成功させると断末魔の叫び(「あべし」や「ひでぶ」など)の文字が浮き上がり、ゲージを回復させるアイテムに変化したり、文字自体を拾って武器(ひで武器)にしたりすることができる。
バースト
北斗七星を象った七星ゲージを最大まで溜めることでバースト状態が発動可能になり、バースト状態になると一時的に能力が上がり、ジャンプで攻撃を回避したり闘気を敵に向かって放つといったアクションが可能になる。七星ゲージは敵を倒していくことで溜まっていくが、奥義やジャスト秘孔によってより効率的に溜めることができる。
宿星護符
ケンシロウが様々なキャラクターの力を使えるアイテム的存在のシステム。キャラクターによって能力や発動条件が異なり、バトル以外にも荒野やバギーレースで効果を発揮する護符もある。

アドベンチャー[編集]

ヒャッハーラリー
バギーを改造して荒野を探索したりレースに参加できる。
バーテンダー・ケン
ケンシロウがバーテンダーになり、酒場を訪れる客に酒を提供する。
客の中には店を運営する住民も含まれており「馴染み度」が上昇すると、売り出される商品、提供される料理が増えていく。
デス・バッティング
バイクで突っ込んでくる無法者を鉄柱で吹っ飛ばしていく。
ケンシロウ・クリニック
リハクが不在となった診療所の医師を任されたケンシロウが、訪れる患者を様々な楽曲に乗せて秘孔で治療したり無法者を倒していく。
黒服ケンシロウ
ある事情から莫大な借金を背負ったケンシロウが返済の為ナイトクラブの黒服になる。
スタート時はキャストが4人しかいないが、ミッションを進めたりエデンや荒野でスカウトする事でキャストが増えていく。
レトロゲーム
荒野ではセガ・マークIII版北斗の拳アウトランスーパーハングオンスペースハリアーと言ったゲームを発見することがあり、発見したゲームはエデン内のゲームセンターでプレイできる[注 8]
商売人ケン
エデン内の店を手伝っているリンの元へ頼まれた品物の仕入れを行う。
カジノ
チップを用いて3種類のトランプゲームとルーレットがプレイでき、集めたチップでアイテムと交換できる。
コロセウム
異なるルールで複数の敵を相手にする囚人闘技と、敵と1対1で戦う決闘がある。

舞台[編集]

エデン
水や電気といった旧文明の恵みがもたらされている街[15]。イディアルという通貨を用いた取引が行われている。ナダイによって襲撃を防ぐための防壁が築かれており、入るには通行証が必要。
街はバザール通り、カジノ通り、ジャンク街、カテドラル、ナイトクラブ、コロセウムといったスポットがあり、昼と夜で別の顔を見せる。
スフィア・シティ
ナダイによって発見された、エデンに恩恵をもたらしてると言われているドーム型の巨大建築物。秘密を知る事は最大のタブーとなっている。その正体は旧文明の軍事施設で「奇跡の間」と呼ばれる場所には核ミサイルの発射装置が隠されており、そこにあるあらゆる傷を治療するポッドに人が眠りに入る事で発射する為のエネルギーがチャージされ、入っている人物が眠りから目覚めるとミサイルが発射される仕組みになっている。また台座の近くにある赤いボタンを押すと扉が閉まり防衛システムが作動する事で、ミサイルが発射されても外部は被害を免れるが、内部にいる人間は助からない。
鬼憑き村
スフィア・シティを見降ろせる山の上に存在する集落。村の中は霧に包まれ、鬼憑きと呼ばれる凶暴化した住人の巣窟と化している。
鬼憑きの正体は、凶王の冥斗鬼影拳を受け精神を破壊された人間のなれの果ての姿。

楽曲[編集]

  • エンディング:Pete Klassen「Receive You 〜North Star〜」

世紀末プレミアムエディション追加BGM[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 原作同様ジャギに唆されたのかは不明。
  2. ^ 本人曰く、車が壊れ奴隷商人に捕まり売られそうになったところを凶王軍に襲われ、自身も危うく殺されそうになったが、どうにか逃げ延びたとのこと
  3. ^ アニメ版独自の設定。本編でも自作の車両を後半に破壊されるまで移動手段にしていた。
  4. ^ 頼まれた様々な品物を見つけ出して客に届ける店。
  5. ^ 自身はこの時に父は命を落としたと思い込んでいた。
  6. ^ ジャグレの父は核兵器を利用しようとしていた為に直接殺害し、ライラとタルーガの父は秘密を知った為、冥斗鬼影拳で精神を破壊され後述の鬼憑き村の住人となってしまう。
  7. ^ ジャグレ自身もフィオが殺害された時の様々な不可解さ等からイスカを犯人ではないかと睨んでいた。
  8. ^ ただし、そこでプレイできるミニゲームはアーケードゲームを原作としている作品のみで家庭用ゲーム機を原作としている作品はケンシロウのアジトにてプレイが可能。

出典[編集]

  1. ^ a b E3 2018: SEGA BRINGING FIST OF THE NORTH STAR: LOST PARADISE TO NORTH AMERICA, EUROPE THIS OCTOBER”. IGN (2018年6月11日). 2018年6月13日閲覧。
  2. ^ a b c 北米・欧州版公式サイトより
  3. ^ 北斗が如く”. ソニー・インタラクティブエンタテインメント. 2018年3月8日閲覧。
  4. ^ a b 【電撃PS】『新・龍が如く』プロジェクトのキーマン、横山さんと佐藤さんのインタビューを全文掲載”. 電撃オンライン (2017年9月21日). 2018年3月14日閲覧。
  5. ^ a b [TGS 2017]龍が如くスタジオが生み出す新しい“世紀末救世主伝説”。「北斗が如く」開発キーマンの横山昌義氏と佐藤大輔氏にインタビュー”. 4Gamer.net (2017年9月24日). 2018年3月11日閲覧。
  6. ^ a b 『北斗が如く』プロデューサーインタビュー 誰も見たことがない『北斗の拳』はいかにして誕生した!?”. ゲーム★マニアックス (2018年2月22日). 2018年3月14日閲覧。
  7. ^ 北斗の常識をぶち壊す『北斗が如く』、本日発売!!”. 龍が如く.com (2018年3月8日). 2018年3月14日閲覧。
  8. ^ STORY”. 北斗が如く 公式サイト. セガゲームス. 2018年2月7日閲覧。
  9. ^ CHARACTER”. 北斗が如く 公式サイト. セガゲームス. 2018年2月7日閲覧。
  10. ^ ヒャッハーラリー”. 北斗が如く 公式サイト. セガゲームス. 2018年2月25日閲覧。
  11. ^ 商売人ケン”. 北斗が如く 公式サイト. セガゲームス. 2018年2月25日閲覧。
  12. ^ 『北斗が如く』DLCが付属した『世紀末プレミアムエディション』の詳細が明らかに ケンシロウの外見を桐生一馬にチェンジ!”. ファミ通.com (2017年9月19日17時40分0秒). 2018年3月21日閲覧。
  13. ^ BATTLE”. 北斗が如く 公式サイト. セガゲームス. 2018年2月26日閲覧。
  14. ^ ADVENTURE”. 北斗が如く 公式サイト. セガゲームス. 2018年2月25日閲覧。一部情報は2018年3月8日閲覧。
  15. ^ STORY”. 北斗が如く 公式サイト. セガゲームス. 2018年2月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]