横山昌義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

横山 昌義(よこやま まさよし、1976年6月30日 - )は、株式会社セガゲームス所属のゲームクリエイターゲームシナリオライター神奈川県出身[1]

略歴[編集]

1999年セガ入社。『JSRF』のチーフプランナーとして活躍した後、『OLLIE KING』のディレクターを経て、2004年から『龍が如く』シリーズでシナリオ、脚本、音楽監督、CGシーン演出、制作進行まで幅広く手がけるマルチクリエイター[2]。2015年4月のセガグループ再編に伴い、セガゲームス コンシューマ・オンラインカンパニー第一CS開発部副部長兼プロデューサーに就任[3]

関連作品[編集]

アーケード作品[編集]

  • OLLIE KING:ディレクター

コンシューマ作品[編集]

備考[編集]

  • 父はデパートで玩具売り場のマネージャーを務めていた。広告代理店のプランナーを目指していたが、当時は就職氷河期であったこともあり、120社も採用試験を受け、特にプランナーの名前が付く仕事は職種問わずに受けたという。セガの採用試験では「麻雀は出来るのか」という質問もあったという[3]
  • 龍が如くシリーズは、当初は別のプロジェクトに参加する予定であった所を、名越稔洋の推薦でシリーズに携わる事になった。1作目からシナリオを担当し、人物相関図は午前10時から午後3時までの間の5時間で書き上げた。1作目のキャッチコピーである「伝説の男と100億の少女」は横山が作ったものであるが、「伝説の男と100億の少女」にした理由を問いただされたときには苦慮したという[3]。『龍が如く 見参!』では音声収録、モーションキャプチャー現場監督[4]
  • 「龍が如く.com」で配信されている「神室町ラジオステーション」の初回にゲスト出演[5]。続く2回目にゲスト出演後、3回目以降レギュラー化。自らの風俗体験談を披露するなど、ゲーム開発者らしからぬトークを展開する。
  • ラジオのMCを務める桐生一馬役の黒田崇矢と、真島吾朗役の宇垣秀成と共に、2008年東京ゲームショウ、セガイベントブースにてラジオの公開収録にも出演[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「【ゲームの大晩餐】」第15回
  2. ^ KING」2008年3月号
  3. ^ a b c 【ファミキャリ!会社探訪(27)】極上のエンターテインメント作品『龍が如く』シリーズを手がけるセガゲームス コンシューマ・オンラインカンパニーを訪問”. ファミ通.com (2015年7月30日). 2015年7月30日閲覧。
  4. ^ 電撃PlayStation」2008年5月9日号
  5. ^ 龍が如くPRESENTS『神室町 RADIO STATION』第1回”. 龍が如く.com (2008年9月12日). 2018年8月30日閲覧。
  6. ^ 龍が如く3 発表イベント TGS2008レポート 4日目”. 龍が如く.com. 2018年8月30日閲覧。

外部リンク[編集]