龍が如くシリーズにおける年表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
龍が如く > 龍が如くシリーズにおける年表

龍が如くシリーズにおける年表(りゅうがごとくシリーズにおけるねんぴょう)では、セガゲームスアクションアドベンチャーゲーム龍が如く』シリーズ(『クロヒョウ』含む)における架空の出来事を年表形式に掲載する。この世界の出来事は現実の時間軸に沿って展開する設定になっており、以下の年代表記は西暦である。

なお、外伝作品『龍が如く 見参!』『龍が如く OF THE END』『龍が如く 維新!』や、携帯電話ゲーム作品などは除外する。

注意事項[編集]

サブストーリーや、重要でない(人物の)出来事は記載しない事。

1940年代[編集]

1960年代[編集]

1964年
1968年

1970年代[編集]

1971年
1975年
1976年
1977年
1978年
1979年

1980年代[編集]

1980年
1981年
  • 6月、瓦次郎と鄭秀淵が同居。後に結婚し二人の間に娘(後の狭山薫)を儲ける。その後、秀淵は真拳派構成員に殺害され、娘は狭山民世の元へ預けられる。(『龍が如く2』)
1984年
1985年
  • 堂島組が東城会の直系組織に昇格する。(『龍が如く』)
  • 4月21日[3]、笹井組を東城会の直系組織とするため笹井組若衆の冴島大河が都内飲食店にて上野誠和会の組員20名を拳銃で襲撃[注 3]。直後に警察に出頭し、殺人容疑で逮捕された後、死刑判決を受ける。同日、真島吾朗、葛城と繋がっていた柴田組に監禁され、構成員に抵抗し左目を刺され隻眼となる。後日、この事件を調査していた谷村大義(谷村正義養父)が真相に辿り着いたため、杉内順次によって殺害される。また、この事件で笹井組は解散となり、柴田組が直系組織に昇格する。(『龍が如く4』)
1986年
  • 真島吾朗、冴島の件で東城会の意向に逆らったとして嶋野によって約1年間拷問を受けた後、近江連合佐川組に引き渡され、キャバレーの支配人として働かされるなど、ほぼ奴隷同然の扱いを受ける。(『龍が如く0』)
1987年
  • 嶋野組が東城会の直系組織に昇格する。(『龍が如く』)
1988年
  • 6月、風間新太郎、自身の賭場が警察によって摘発された影響で逮捕される[注 4]。(『龍が如く0』)
  • 12月[4]、神室町21世紀再開発計画が始まり、この計画に必要な「カラの一坪」を巡って騒動が起こる。同時期、桐生一馬が殺人事件の疑惑をかけられ、容疑を晴らすために堂島組を離れ、立華不動産に勤める。この騒動で阿波野大樹佐川司立華鉄などが死亡し、久瀬大作渋澤啓司も警察に逮捕される。騒動後、世良勝が東城会若頭に就任、桐生は堂島組に、真島も嶋野組に復帰する。(『龍が如く0』メインストーリー)

1990年代[編集]

1992年
  • 真島吾朗と朴美麗が出会い後に結婚する。その後、子供を授かるも当時アイドルだった朴がアイドル活動を続けていく為に独断で子供をおろしたことが原因で離婚する。(『龍が如く5』)
  • 8月15日右京龍也誕生。
1993年
  • 世良勝、東城会三代目会長に就任。(『龍が如く』)
  • 桐生一馬、偽造パスポートの交渉に不服であった蛇華に誘拐され、助けに来た新太郎が蛇華の構成員の攻撃を受け重傷を負う。(『龍が如く』)
  • 品田辰雄プロ野球チーム「名古屋ワイバーンズ」に入団、ライバルであった澤田有希も、「東京ギガンツ」に入団しプロ入りをする。すぐに一軍登録されエースとなった澤田とは対照的に、品田は4年間ファーム生活を送ることになる。(『龍が如く5』)
1995年
  • 右京龍也の母親が、働いていた店の経営者らとともに放火により死亡。この事件で同じく経営者の父を失った娘(後の右京冴子)が右京家の養子となり二人は義理の姉弟になる。(『クロヒョウ』)
  • 10月1日[5]、錦山彰による堂島宗兵殺害事件発生。桐生は錦山をかばって警察に逮捕され殺人罪で10年間服役、堂島組から破門を言い渡される。この事件を担当した伊達真は、事件に固執し過ぎたため一課から四課異動、事実上の左遷となる。(『龍が如く』)
1996年
  • 堂島組が解散となり風間組に吸収され、風間組が東城会の直系組織に昇格する。同時期、錦山彰が風間の許可を得て錦山組を旗揚する。(『龍が如く』)
  • 澤村由美、神宮京平と事実婚の関係になり、澤村遥を授かる。(『龍が如く』)
1997年

2000年代[編集]

2000年
  • 桐生一馬、服役中に東城会の刺客によって襲われるも返り討ちにする。(『龍が如く』)
  • 神宮京平が由美とのスキャンダルを嗅ぎつけたフリー記者を殺害、世良と共に証拠隠蔽を図る。直後に由美と遥の抹殺を図るも風間により阻止される。(『龍が如く』)
  • 澤村由美が「澤村美月」を名乗って麗奈が経営するスナック「セレナ」で4年間働く。
  • 錦山組、風間組から独立し東城会の直系組織に昇格する。(『龍が如く』)
2001年
  • 堂島大吾、近江連合の罠により警察に銃刀法違反で逮捕され、5年間服役する。(『龍が如く2』)
  • 狭山薫、国家公務員II種試験をパスし、その約1年後、人事院からの推薦を受けて大阪府警察準キャリア(階級は巡査部長)として採用される。(『龍が如く2』)
  • 1月1日、東城会系荒川組の若衆として活動していた春日一番は、荒川組組長・荒川真澄の申し出を受けてカタギとなった後、殺人を犯した若頭の罪を被り警察に出頭する[2]。(『龍が如く ONLINE』)
2004年
  • 澤村美月(澤村由美)がセレナをやめ、スナック「アレス」を開店する。(『龍が如く』)
2005年
  • 神田強強姦罪で警察に逮捕される。(『龍が如く3』)
  • 秋山駿、上司によって横領の罪を被せられ東都銀行をクビになる。その後、潔白を証明するため再起を図るも失敗続きで全てを失い、ホームレスにまで身を落とす。(『龍が如く4』)
  • 新井弘明、東城会の内情調査と乗っ取りを画策する宗像征四郎の命を受けて潜入捜査官として金村興業に入る。(『龍が如く4』)
  • 12月5日[7]、東城会100億円盗難事件発生。この事件が発端となり、現(三代目)東城会会長・世良勝は錦山彰に暗殺(命じたのは神宮京平)され、100億円を巡る跡目争いが勃発。風間新太郎、嶋野太、田中シンジなどが死亡し、澤村由美も愛娘・遥を庇い命を落とす。錦山彰はケジメとしてミレニアムタワーを爆破させ、神宮京平と100億円とともに散る。事件終結後、桐生一馬、世良勝の遺言及び風間新太郎の推薦を受け東城会四代目会長を襲名し義理を果たす。同時に引退し、澤村遥と共に神室町を離れ堅気の道へ進む。東城会五代目会長は、桐生自身の推薦もあり、寺田行雄が就任。(『龍が如く』メインストーリー)
  • 12月、秋山駿、ミレニアムタワー爆破により空に舞った100億円の一部(約100万円)を拾う。一時、そのお金を街のゴロツキに盗まれるが、金村興業の新井弘明に助けられ、以来、彼に一方的に肩入れするようになる。その後、拾ったお金を元手に増額し消費者金融「スカイファイナンス」を起業。(『龍が如く4』)
  • 12月、100億円事件後、伊達真は警察を辞職し、一人娘・沙耶と共に暮らす道を選ぶ(後に京浜新聞社に就職)。伊達の後輩刑事・須藤純一は上層部に逆らい伊達に協力したことにより一課から四課への異動を命じられる。(『龍が如く2』)
2006年
  • 先代を失った東城会の直系組織は、風間組柏木修、錦山組を新藤浩二がそれぞれ二代目組長を襲名。跡目のいなかった嶋野組は錦山組に吸収された。(『龍が如く2』)
  • 2月、真島吾朗、自身や柏木ら古参の者を排斥し、周りにイエスマンしか置かない寺田の東城会と袂を分かち、真島組を建設会社に変える[注 5]。(『龍が如く2』)
  • 4月、狭山薫が警部補に昇進と同時に四課の主任となる。(『龍が如く2』)
  • 6月、一輝がジングォン派に誘拐され監禁される(『龍が如く2』)。
  • 12月15日[8][9]、真拳派と近江連合による神室町侵略事件発生、東城会との抗争が勃発する。この事件により、郷田仁、寺田行雄、高島遼などが死亡。(『龍が如く2』メインストーリー)
2007年
  • 神田強、刑務所から出所し、その後、三代目錦山組組長を襲名する。同時期、峯義孝、神田からの紹介で東城会に足を踏み入れ、後に白峯会を旗揚し、直系組織となる。(『龍が如く3』)
  • 1月[10]、抗争事件終結後、桐生は養護施設アサガオ」の運営の為、遥と共に沖縄へ移住し、真島は桐生からの要請で東城会六代目会長に就任した大吾を支えるために東城会に復帰する。また、桐生と行動を共にしていた女刑事・狭山薫は新設部署の教育係として米国へ転勤、四課に左遷されていた須藤は一課へ復帰など、今回の事件の内情を知りすぎた二人はそれぞれの希望部署に配属され口封じ的な昇進を受ける。(『龍が如く3』)
  • 7月、桐生と琉道一家が立ち退きをめぐって対立。(『龍が如く3』)
2008年
2009年
  • 右京龍也、他校の生徒に重症を負わせ、傷害罪少年院に入所。(『クロヒョウ』)
  • 3月、ブラックマンデーによる名嘉原茂、堂島大吾銃撃事件発生。この事件により錦山組や白峯会などが桐生によってほぼ壊滅。柏木修、峯義孝、島袋力也などが死亡。事件終結後、浜崎豪、今回の事件で全てを失い、その腹いせに桐生をナイフで刺し警察に逮捕される。(『龍が如く3』メインストーリー)

2010年代[編集]

2010年
  • 鶴見正の息子が賄賂によって順番を操作された生体肝移植を受ける。同時に、野崎亮の恋人・市川静香は本来受けられる筈だった治療を受けられず死去。(『クロヒョウ2』)
  • 野崎亮が阿修羅に接触。阿修羅の急激な拡大と犯罪組織化が始まる。(『クロヒョウ2』)
  • 3月1日、新井弘明による伊原勝射殺事件発生。この事件を巡って上野誠和会と東城会が対立し、警察上層部を巻き込む一大事件となる。葛城勲、冴島靖子、杉内順次、宗像征四郎などが死亡。事件終結後、伊達真、捜査一課の刑事に復職、谷村も生活安全課から捜査一課へ異動となる。冴島大河、桐生と真島の推薦を受けて東城会直系冴島組を旗揚する。(『龍が如く4』メインストーリー)
  • 9月、右京龍也、闇金を裏稼業としている中華料理店「趙楽」を襲撃。この襲撃後、趙楽オーナーの所属している九鬼組に捕まり、ドラゴンヒートで10連勝をかけて戦うことになる。龍也は、ドラゴンヒートでの戦いを通じてその裏で起こっていた自身にも関わる事件の真相に辿りつき、全てに決着をつける。(『クロヒョウ』メインストーリー)
  • 12月、冴島大河、かつて自分の犯した傷害罪の贖罪として、自ら網走刑務所に収監される。(『龍が如く5』)
2011年
  • 鶴見正、都知事選に当選し東京都知事になる。(『クロヒョウ2』)
  • 3月、右京龍也、武者修行のため渡米し地下闘技場で戦いの日々に明け暮れる。後に日本の大手ボクシングジム「剛拳ジム」に目をかけられプロボクサーデビューを約束される。(『クロヒョウ2』)
  • 6月、自身の夢を託せる逸材を求め各地を奔走していた、大阪の芸能事務所「ダイナチェア」の社長・朴美麗は、沖縄で澤村遥と運命的な出会いを果たし彼女に目を掛ける。その後、その夢を叶えるため東京に向かい、スカイファイナンスのテストをクリアして3億円の融資を受ける。(『龍が如く5』)
  • 12月、馬場茂樹、網走刑務所に移送される[11]。(『龍が如く5』)
2012年
  • 3月、阿修羅による東京制圧作戦開始。帰国しプロボクサーデビューを控えていた右京龍也は、ドラゴンヒートを守るためプロボクサーデビューを捨て、阿修羅との戦いに身を投じる。龍也は、阿修羅との戦いを通じてその裏で起こっていた事件の真相に辿りつき、全てに決着をつける。鶴見正、この事件を裏で操っていたことが明るみに出た影響で飛び降り自殺する。(『クロヒョウ2』メインストーリー)
  • 4月、朴美麗に見出された澤村遥は、アイドルを目指し上阪し、ダイナチェアに所属するとともに大阪の高校へ進学。同時期、遥の夢の妨げとなるため、自らアサガオを去り、福岡に移住していた桐生は、「永洲タクシー」の社長・中嶋洋太郎に目を掛けられ、永洲タクシーの社員となる(正体を隠すため「鈴木太一」の偽名を使用)。(『龍が如く5』)
  • 6月、黒澤翼、末期の肺癌と宣告される。(『龍が如く5』)
  • 6月、桐生とまゆみが出会い[12]、半ば強引に桐生のアパートに押しかけて世話を焼くようになる。(『龍が如く5』)
  • 12月[13]、七代目近江連合会長・黒澤翼の危篤の凶報により、東城会と近江連合との均衡が崩壊、五大都市を巻き込んだ「東西全面戦争」へと発展する。森永悠青山稔などが死亡し、朴美麗も近江連合の跡目争いの鍵となる真島(元旦那)からの手紙を狙われ殺害される(警察は自殺と判断)。事件終結後、馬場茂樹、罪を償う為に網走刑務所に再収監、冴島も贖罪の為に網走刑務所に再収監となる。澤村遥、全てを打ち明けて芸能界を引退し、黒澤の息子・相沢聖人との死闘で負傷していた桐生一馬の元へ駈け付ける。(『龍が如く5』メインストーリー)
2013年
  • 6月、桐生一馬、一命は取り留めたものの東西全面戦争の責任を負わされる形で逮捕され、遥やアサガオの子供たちのために過去の清算としてこれを受け入れて自ら刑務所に収監される。(『龍が如く6』)
  • 12月、アサガオに戻り元の暮らしに戻っていた澤村遥は、「元極道に育てられた娘」と知られたことで日に日に増えていく誹謗中傷から、アサガオに迷惑がかかることを悟ってアサガオを離れて広島に向かう。(『龍が如く6』)
2015年
  • 12月、神室町の亜細亜街一帯で火事が発生、そこに中国系マフィア「祭汪会」がなだれ込み、東城会と勢力争いを始める。秋山駿、祭汪会に目を付けられた影響で事業を休業しホームレスに戻る決断をする。(『龍が如く6』)
2016年
  • 6月、東城会は、祭汪会との抗争で一般人にも犠牲者が出た事で警察から責任を負わされる形になり、上層部の大吾と真島が逮捕される。(『龍が如く6』)
  • 12月、桐生一馬、出所してアサガオに戻った際に遥の失踪を聞き、探し求めてやってきた神室町で遥の事故と遥の息子だという澤村ハルトの存在を知り、その謎を探るために遥が失踪中にいたとされる広島へと足を踏み入れる[14]。この騒動で広瀬徹来栖猛染谷巧菅井克己などが死亡し、騒動の黒幕である巌見恒雄も警察に逮捕される。その後、桐生は自ら死を偽装し今回の騒動を収束させる。(『龍が如く6』メインストーリー)
2018年
  • 春日一番、出所後に荒川組が神室町を破壊したことを知る[2]。(『龍が如く ONLINE』メインストーリー)

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 龍が如く3の第9章で田宮が譲二が警察を辞めたのが30年前というセリフから。
  2. ^ 龍が如く4公式サイトの杉内順次で「現場一筋30年」という設定から。
  3. ^ 使われた弾はゴムスタン弾で実際は気絶していただけで、防弾チョッキを着ていた葛城勲が後から気絶していた組長以外の組員18名を射殺した。
  4. ^ 龍が如く0公式サイトの風間新太郎で「半年前」という設定から。
  5. ^ 真相は自身の部下である川村涼太が近江連合の幹部を殺害したことへの責任として、近江連合との戦争を避けるために真島組を解散したというものである。(『龍が如く 極2』)

出典[編集]

参考文献[編集]