スーパーモンキーボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スーパーモンキーボール
ジャンル アクション
対応機種 ニンテンドーゲームキューブ [GC]
iPhone / iPod touch [IP]
ニンテンドー3DS [3DS]
開発元 アミューズメントヴィジョン
発売元 セガ
人数 [GC] 1~4人
[IP] 1人
[3DS] 1~4人
メディア [GC] 光ディスク
[IP] App Store配信アプリ
[3DS] 3DSカード
発売日 [GC] 2001年9月14日
[IP] 2008年7月10日
[3DS] 2011年3月3日
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
その他 ニンテンドーゲームキューブ用サードパーティー製初のソフト
テンプレートを表示

スーパーモンキーボール』は、ニンテンドーゲームキューブ用のゲームソフト。ローンチタイトルの一つ[1]であり、またその中で唯一のサードパーティー製ソフトである。

なお、本作の元となっているのはアーケード版のモンキーボールで、続編や移植作としては『スーパーモンキーボール2』、PlayStation 2用の『スーパーモンキーボール デラックス』、ニンテンドーDS用の『スーパーモンキーボールDS』、Wii用の『スーパーモンキーボール ウキウキパーティー大集合』、『スーパーモンキーボール アスレチック』が発売されている。また、iアプリ等の携帯電話用アプリ・iPhoneiPod touch用アプリケーションも配信されている。2011年3月3日には、ニンテンドー3DS用の『スーパーモンキーボール3D』が発売された。

概要[編集]

メインゲームコントローラのスティックを倒しフィールドを傾けることでボールを動かし、ゴールを目指していくもの。初級、中級、上級と実力ごとにステージが用意されている。また、EXTRAステージ、MASTERステージが隠されており、特定の条件を満たすことでプレイすることができる。

パーティーゲームではモンキーレース、モンキーファイト、モンキーターゲットの3つのゲームがあり最大4人までプレイできる。

ミニゲームではボウリングパターゴルフビリヤードなどがプレイでき、ゲームポイントを溜めるとさらに新しいゲームが追加される。

モンキーボールシリーズ[編集]

家庭用ではタイトルにスーパーが付き、公式では『スーパーモンキーボールシリーズ』と紹介される。

登場キャラクター[編集]

アイアイミーミーベイビーゴンゴン、の4キャラから選択が可能だが、性能はどれを選んでも変わらない。ただし身体の大きさは異なり、ベイビーだと足元が見やすく、ゴンゴンだと逆に見にくくなる。

『スーパーモンキーボール ウキウキパーティー大集合』からデザインが現在のイメージに変わった。

キャラクターの詳しい特徴はモンキーボールのキャラクターの項を参照。

後に『スーパーモンキーボール ウキウキパーティー大集合』からヤンヤンドクター、『スーパーモンキーボール アスレチック』からジャム、『スーパーモンキーボール3D』からジェットが登場。

他にも敵キャラクターとして『スーパーモンキーボール2』に登場したマッドヒヒ博士などがいる。

“スーパーモンキーボール | ニンテンドーゲームキューブ | 家庭用ゲーム | セガ 製品情報”. 2015年5月1日閲覧。”

関連作品[編集]

サムライ&ドラゴンズ』(2012年、PS Vitaオンライン専用)
[2]アイアイとミーミーが登場[3]
ソニック&オールスターレーシング トランスフォームド』(2014年PlayStation 3Wii U[4]
アイアイとミーミーがレースに参戦する。『ソニックシリーズ』のソニック・ザ・ヘッジホッグを始め、多くのセガのゲームキャラクターと共演する。
龍が如く0 誓いの場所
関連ソフトの『龍が如く0 基本無料アプリ for PlayStation Vita』にてダウンロードコンテンツを購入すると「スーパーモンキーボール スペシャル」がプレイ可能になる。

脚注[編集]

  1. ^ スーパーモンキーボール | ニンテンドーゲームキューブ | 家庭用ゲーム | セガ 製品情報”. 2015年5月1日閲覧。
  2. ^ YouTube”. www.youtube.com. 2020年7月13日閲覧。
  3. ^ ただし期間限定であり、既に終了している。
  4. ^ 海外ではXbox 360・PlayStation Vita用ソフトも発売されたが、日本ではPS3とWii U用ソフトのみ。

外部リンク[編集]