アトラス (ゲーム会社)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社アトラス
ATLUS. CO., LTD.
Atlus logo 2014.png
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
154-0024
東京都世田谷区三軒茶屋2-11-22
サンタワーズセンタービル
本店所在地 140-8583
東京都品川区東品川一丁目39番9号
カナルサイドビル
設立 2013年(平成25年)9月5日
(株式会社セガドリーム)
業種 情報・通信業
事業内容 コンソールゲーム等の企画・開発
代表者 代表取締役社長 野本章
資本金 1,000万円
発行済株式総数 10株
純利益 142億2500万円
(2015年3月期)[1]
純資産 129億5000万円
(2015年3月31日現在)[1]
総資産 157億1700万円
(2015年3月31日現在)[1]
従業員数 121人(2014年4月1日時点)
決算期 3月31日
主要株主 (株)セガゲームス 100%
主要子会社 Atlus U.S.A., Inc.
外部リンク http://www.atlus.co.jp/
特記事項:2013年11月1日に株式会社インデックス(2代)へ商号変更。
2014年4月1日に会社分割により現社名へ商号変更。
テンプレートを表示

株式会社アトラス: ATLUS. CO., LTD.)は、コンソールゲーム等の企画・開発を主な事業内容とするセガサミーグループの企業であり、セガゲームスの100%子会社。

概要[編集]

英語表記は「ATLUS」で、ギリシア神話における巨人の「ATLAS」と異なる。また、8画は末広がりで縁起が良いという理由でカタカナ表記の「アトラス」と英語表記の「ATLUS」と両方とも8画になるようにしたとされる[2]

1986年昭和61年)4月7日に法人設立。2006年平成18年)のインデックスグループ(以下・初代)入りを経て2010年(平成22年)10月にインデックス(初代)本体へ吸収合併され、同社のブランドとして存続していたが、インデックス(初代)の民事再生手続とそれに伴う新旧分離により2013年(平成25年)11月にインデックス(2代)へブランドを譲渡。2014年(平成26年)4月1日付で実施された会社分割に伴い、インデックス(2代)は「株式会社アトラス」に商号変更した。 代表作には、『真・女神転生』シリーズ(『ペルソナ』シリーズ含む)、『世界樹の迷宮』シリーズ、『グローランサー』シリーズ、『』シリーズ、『BUSIN』シリーズ、『九龍妖魔學園紀パブリッシャー)』などがある。

公式サイトのあちこちに登場する雪だるまのようなキャラクターは『真・女神転生』に登場した雪の精「ジャックフロスト」。プリント倶楽部にも登場していたことから一時期は女子高生の間では「プリクラ君」と呼ばれていた。同社のマスコットキャラ的な存在と言える。

コンシューマゲームソーシャルゲームのみを手掛けているが、かつてはプリント倶楽部などの業務用ゲームや、アミューズメント施設も手掛けていた(後述)。

歴史[編集]

旧:株式会社アトラス時代[編集]

当初はコンピュータゲームの開発のみを行い、発売は他社で行っていたが、1989年『パズルボーイ』より発売も自社で行うパブリッシャーとなる。1997年(平成9年)にジャスダックに上場し、1998年(平成10年)にユウビスと業務提携し、1999年(平成11年)にはアメリカ現地法人であるAtlus U.S.A.,Inc.を設立[3]

しかし、1999年(平成11年)3月期から赤字決算が続いた事から、2000年(平成12年)には角川書店(後のKADOKAWA)と資本・業務提携した。その一環として2001年(平成13年)に「新生アトラス経営改革プラン」を発表し、同年6月にアピエスなど連結子会社2社の株式を、アトラス元社員にMBO方式で売却した[4]

2003年(平成15年)には当時コナミ傘下だったタカラ(後のタカラトミー)と資本および業務提携した事に伴い、角川書店との提携を解消し、アトラスはタカラの連結子会社となった。

タカラの連結子会社となったアトラスは、同時にタカラからゲーム事業を譲受する。しかしタカラは、2005年(平成17年)に資本提携先をインデックスに変更し、2006年(平成18年)3月にはトミーと合併したため社名をタカラトミーへ変更した。タカラトミーは同年10月に当時親会社であったインデックス・ホールディングスによるアトラス株の株式公開買い付けを受け入れ、アトラスはインデックス・ホールディングスの連結子会社となった。

インデックスの完全子会社となったアトラスは、2008年(平成20年)8月に策定した中期経営計画により、2009年(平成21年)3月には業務用ビデオゲーム事業から撤退し、同年12月にはアミューズメント施設運営事業をNEWSへ分社化した。2010年(平成22年)5月ににインデックス・ホールディングスによるアトラス株の株式交換を実施した。

初代:株式会社インデックス時代[編集]

法人としてのアトラスは、同年10月に兄弟会社であったインデックスと共にインデックス・ホールディングスに吸収合併されると同時に解散し消滅した。アトラスはインデックスのブランドとして存続する事になった。2012年(平成24年)2月にセガ(後のセガゲームス)とゲームソフトの流通に関する契約を締結した。

初代:インデックスは2013年(平成25年)6月27日に民事再生手続を申請し、同年7月5日に民事再生手続開始決定を受けたものの、セガへアトラスブランドを譲渡して5か月後の2014年(平成26年)4月30日に民事再生手続廃止決定を受け、同年7月31日に破産手続開始決定を受けた。

2代:株式会社インデックス時代[編集]

2013年(平成25年)9月18日にインデックスの民事再生スポンサーの選定先が発表され、アトラスのゲームソフト流通に関する契約を締結しているセガが支援スポンサーになると同時に、インデックスはセガとアトラスブランドを始めとする全事業を、セガが同年9月5日に設立した100%子会社であるセガドリームに同年11月1日付で事業譲渡を行う契約を締結した[5][6][7]

アトラスブランドは予定通り2013年(平成25年)11月1日付で同日にセガドリームから商号変更されたインデックス(2代)へ譲渡された[8][9]。譲渡と同時に、同時に初代:インデックスから譲受したインデックス(2代)の公式サイトからは同年10月31日以前のアトラスに関するプレスリリースは削除されたが[10]、アトラス公式サイト(アトラスネット)における同年10月31日以前のアトラスに関する情報は残されている。アトラスの制作体制は維持される他、セガもIP(知的財産)の相互乗り入れを視野に入れる他、RPGに強みを持つアトラスを傘下にしたことで、これまで弱いとされたRPGも強化していく[11]。セガサミーグループはこれまで行ってきたアトラスブランドのゲームソフト流通やセガ・ロジスティクスサービスが手掛けているアーケードマシンのメンテナンスの他にも、インデックス(初代)が保有していた権利を譲受したことで、アトラスブランドは完全にセガサミーグループが手掛けることになった。

2013年(平成25年)12月1日付で、アトラスブランドの業務用アミューズメントマシンの開発・販売は後述の通りセガ本体(セガのアーケードマシン事業は2015年〈平成27年〉4月1日付でセガ・インタラクティブが承継)へ吸収されたが、コンシューマゲームソーシャルゲームなどのアトラスブランドの開発・販売はこれまで通り継続される。

新:株式会社アトラス時代[編集]

2014年(平成26年)4月1日付で、インデックス(2代)は会社分割を行い、「株式会社インデックス」(2代)をアトラスブランドを手がける「株式会社アトラス」(旧:株式会社インデックス コンシューマソフトウェア局)に商号変更し、コンテンツ&ソリュージョン事業を手がける「株式会社インデックス」(3代)を設立して分割した。これにより、アトラスの商号が3年半ぶりに復活することになった[12][13]。コピーライト表示もインデックスから、アトラスとセガ(後のセガホールディングス)の連名に変更された。また、同時にインデックス(2代)の米国子会社である Index Digital Media,Inc. も Atlus U.S.A., Inc. に再度商号変更された。

過去に手掛けていた事業[編集]

アーケードマシン事業・アミューズメント施設運営事業[編集]

かつては業務用ビデオゲームや業務用アーケードマシンもリリースしていた。アミューズメント施設運営に関しても、首都圏においては「ムー大陸」、「ゲームパニック」を直営で、関西圏でも子会社だったアピエスが展開していた。

自社開発の『豪血寺一族』シリーズ、ケイブ(現在はアーケードゲーム事業から撤退)の開発した『怒首領蜂』などがある。セガ(後のセガ・インタラクティブ)と共同開発したプリントシール機『プリント倶楽部』は「プリクラ」の愛称で親しまれ大ヒットした。業務用の繋がりからか、2006年(平成18年)11月11日よりβテストが開始されたWindows用のMMORPG女神転生IMAGINE』はケイブが開発・運営している。

角川書店と資本・業務提携していた2001年(平成13年)に、「新生アトラス経営改革プラン」に伴い、業務用アミューズメント機器のレンタル・メンテナンスを行っていたムーメンテナンスサービスと、前述のアピエスの2社の全株式をアトラス元社員にMBO方式で売却したと同時に[4]、アミューズメント事業は関西圏からは一時撤退した。

インデックス(初代)傘下時代の2008年(平成20年)8月に、2011年(平成23年)7月期までに不振となっていたアミューズメント事業を縮小し、家庭用ゲームに経営資源を集中させる中期経営計画を発表[14]2009年(平成21年)3月を以って業務用ビデオゲーム事業の販売から撤退した(開発は継続)[15][16]。首都圏で手掛けていたアミューズメント施設事業についても、2009年12月1日に株式会社NEWSへ分社化の上、インデックス(初代)の取引銀行であった日本振興銀行の関連会社である中小企業レジャー機構(後のエフエルワイ)へNEWSの一部株式を44億7200万円で譲渡して撤退。分社化当時はアトラスは同社の株式の14%を保有、残り86%は中小企業レジャー機構が保有していた[17][18]。現在、NEWSは別資本にて運営されている。

業務用アミューズメント事業はインデックス(2代)へブランド譲渡後も継承されたが、最後まで残っていた業務用ビデオゲーム開発、トレーディングカードゲームの開発・販売も、2013年(平成25年)12月1日にインデックス(2代)の親会社であるセガ(後のセガ・インタラクティブ)へ吸収された[19]。アトラスブランドで最後にリリースされたアーケードゲームは『イナズマイレブンGO バトリズム』であった。今後の業務用アミューズメント事業全体はセガ・インタラクティブで手掛けていく。

アーケードマシンにおける事故[編集]

インデックス(初代)傘下時代にはアミューズメント機器の事故も発生し、2007年(平成19年)8月に、同年7月にリリースした腕相撲ゲーム『腕魂』でプレイしていた3人が骨折する事故が発生し、アトラスは『腕魂』150台を自主回収した他[20][21]クレーンゲーム機である「トリプルキャッチャー」シリーズの電源スイッチから出火する事故も発生した[22]。「トリプルキャッチャー」シリーズのサポートは2013年6月に終了したが、電源スイッチの交換に関してはセガ・ロジスティクスサービスにて引き続き行っている[23]

パチスロ事業[編集]

2006年(平成18年)にはパチスロパロットへの進出を発表し[24]、関連会社の株式会社アトムが開発したパチスロ・パロット機の販売を行うとしていたが、実際にはパロットの『CRPカリブの海賊』を市場に投入したのみで巨額の赤字を出す結果に終わり、2007年(平成19年)9月に撤退した[25]。パチスロでは和田アキ子をモチーフとしたパチスロ機の開発を完了しており、保通協の型式試験を通過している。一般発売時の機種名募集も行われた[26]が、お蔵入りとなった。

Atlus U.S.A.[編集]

北米の現地法人である「Atlus U.S.A., Inc.」(2014年3月31日までは「Index Digital Media,Inc.」)は、『Shin Megami Tensei :Nocturne』などのアトラスのゲームだけでなく、他社のゲームのローカライズも行っている。日本一ソフトウェアの『Disgaea』、バンプレストの『Super Robot Taisen』、ガイアの『Monster Kingdom』などが該当する。

かつては北米でオンラインゲーム事業を手掛けていたが、インデックス(初代)傘下時代の2013年3月31日付で、マーベラスの北米の現地法人であるXSEED JKS,Inc.(後にMarvelous Entertainment USA, Inc.へ吸収合併)へ譲渡された[27]

沿革[編集]

  • 1986年(昭和61年)4月 - コンピュータゲームの開発会社として設立。
  • 1987年(昭和62年)
  • 1989年(平成元年)
  • 1992年(平成4年)
  • 1994年(平成6年) - アトラス直営では初の郊外型アミューズメント施設である『ムー大陸 宮原店』開業。
  • 1995年(平成7年)
  • 1996年(平成8年)9月 - シリーズ初のPlayStationソフト『女神異聞録ペルソナ』を発売。
  • 1997年(平成9年)10月7日 - ジャスダック上場(証券コード:7866)
  • 1999年(平成11年)3月 - 米国子会社であるAtlus U.S.A., Inc.設立。
  • 2000年(平成12年)8月 - 角川書店と資本・業務提携。
  • 2001年(平成13年)
    • 4月 - 子会社の株式会社ムーシステムサービス全株式を、アトラス元社員にMBO方式で売却。
    • 6月 - 子会社の株式会社アピエス全株式を、アトラス元社員にMBO方式で売却。
    • 10月 - 角川書店と共同でゲームソフトの直販流通を開始。
  • 2003年(平成15年)
  • 2004年(平成16年)9月 - 株式会社ビービーエムエフと資本提携し、ビービーエムエフ社の約10%株主となる。
  • 2005年(平成17年)2月 - 株式会社アトラスモバイルを設立。
  • 2006年(平成18年)10月30日 - 当時タカラトミーの親会社であったインデックス・ホールディングス社による株式公開買い付けを受け入れる方針を発表。これにより、タカラトミーの連結子会社からインデックス・ホールディングス社の連結子会社となる。
  • 2007年(平成19年)8月21日 - 『腕魂』で骨折事故が発生したことを受け、『腕魂』筐体を自主回収。
  • 2009年(平成21年)
    • 3月 - 業務用ビデオゲーム事業の内、販売から撤退(業務用ビデオゲームの開発並びにその他のアミューズメントマシンの開発・販売は継続)。
    • 12月1日 - アミューズメント施設運営事業を株式会社NEWSへ分社し、NEWS株式の86%を中小企業レジャー機構(後のエフエルワイ)へ譲渡。アトラスはアミューズメント運営事業から撤退。
  • 2010年(平成22年)
    • 2月12日 - 取締役会においてインデックス・ホールディングスによる株式交換によって同年5月10日の株式交換効力発生日から、同社の完全子会社になることが発表された。
    • 3月26日 - 連結子会社だったシーアンドシーメディアの株式をオランダのPerfect World Europe B.V.へ譲渡するための株式譲渡契約を締結したことが発表された[28]。これにより、保有していたシーアンドシーメディアの株式はすべて譲渡され、同年4月1日付で同社との連結子会社関係が解消される[29]
    • 4月30日 - 上場廃止
    • 10月1日 - 兄弟会社であったインデックスと共にインデックス・ホールディングスに吸収合併され解散[30]。同時にインデックス・ホールディングスはインデックスに商号変更し、同社のブランドとなり、コンシューマーゲーム事業はインデックス コンシューマソフトウェア局が、アーケードゲーム事業はインデックス アミューズメントマシン局がそれぞれ継承。
  • 2012年(平成24年)2月17日 - セガ(後のセガゲームス)とゲームソフトの流通に関する契約を締結[31]
  • 2013年(平成25年)
    • 3月31日 - 北米におけるオンラインゲーム事業をマーベラスの北米の現地法人であるXSEED JKS,Inc.(後にMarvelous Entertainment USA, Inc.へ吸収合併)へ譲渡。
    • 6月27日 - インデックスが民事再生手続開始を申し立て(事実上の倒産)。
    • 9月5日 - セガがインデックスの支援スポンサー選考に先んじて、インデックスの事業を譲受する受け皿会社としてセガ100%の子会社のセガドリームを設立。
    • 9月18日 - インデックスの支援スポンサーがセガに決定したと同時に、セガドリームに2013年11月1日付で事業譲渡を行う契約を締結[5][6][7]
    • 11月1日 - インデックスの新旧分離を実施し、セガドリームの商号を株式会社インデックス(2代)へ変更。同時にブランドをインデックス(初代)からインデックス(2代)へ譲渡[8][9]。譲渡後はセガ(後のセガホールディングス)の1ブランドとして継続される[32][33]
    • 12月1日 - 業務用アミューズメント事業を2代目:インデックス(インデックス アミューズメントマシン局)からセガ(後のセガ・インタラクティブ)へ移管[19]。2代目:インデックスは業務用アミューズメント事業からは撤退。
  • 2014年(平成26年)
    • 4月1日 - インデックス(2代)の会社分割を実施。「株式会社インデックス」を「株式会社アトラス」に商号変更し、「株式会社インデックス」(3代)を新設分割設立する。本社を旧:株式会社インデックス コンシューマソフトウェア局が入居していたサンタワーズセンタービルとする。同時にインデックス(2代)の米国子会社である Index Digital Media,Inc. を Atlus U.S.A., Inc. へ商号変更[12][19]
    • 10月31日 - アトラスモバイルコンテンツのサービス終了。

関係人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c アトラス、2015年3月期の最終利益は142億円にSosial Game Info 2015年6月16日
  2. ^ クリエーターワークス”. インデックス (2008年10月10日). 2013年7月8日閲覧。
  3. ^ 子会社設立に関するお知らせアトラス 1999年3月31日(2001年2月8日のキャッシュ)
  4. ^ a b アトラス元社員によるマネジメント・バイアウト(MBO)についてのお知らせアトラス 2001年8月14日(2005年2月26日のキャッシュ)
  5. ^ a b スポンサーの選定及び事業譲渡契約締結のお知らせインデックス(旧法人) 2013年9月18日(2013年12月5日閲覧)
  6. ^ a b 株式会社インデックスの事業譲受けに関する契約締結について セガサミーホールディングス 9月18日、2013年9月29日閲覧。
  7. ^ a b セガサミー、インデックス買収を正式発表・・・「アトラス」ほか事業の大半を取得 INSIDE 2013年9月18日(同日閲覧)。
  8. ^ a b セガドリームがインデックスに社名を変更ファミ通.com 2013年11月1日(同日閲覧)
  9. ^ a b 当社子会社の事業譲受に関するお知らせセガプレスリリース 2013年11月1日
  10. ^ セガドリームのHP上の同社のお知らせインデックス(旧:セガドリーム) 2013年11月1日
  11. ^ “新生”インデックス、アトラスブランドの未来は!? セガ/インデックス社長・鶴見尚也氏にインタビューファミ通.com 2013年12月2日
  12. ^ a b インデックス、アトラスとインデックスに新設分割。アトラスの商号が復活!GAME WATCH(2014年2月18日閲覧)
  13. ^ 連結子会社の分割(新設) 及び商号変更 に関するお知らせセガプレスリリース 2013年2月18日
  14. ^ 会社分割によるアミューズメント施設関連事業の分社化、並びに新設株式会社株式譲渡に関するお知らせ アトラス 2009年9月17日
  15. ^ アトラス (2009年2月6日). “業務用ゲーム関連事業の廃止および特別損失の発生に関するお知らせ”. 2009年2月6日閲覧。[リンク切れ]
  16. ^ 「プリクラ」生んだアトラス、業務用ゲームから撤退ITmediaニュース 2009年2月9日
  17. ^ エフエルワイ株式会社(旧:中小企業レジャー機構株式会社)特別清算開始決定受ける帝国データバンク 2015年5月7日
  18. ^ エフエルワイ(株)~日本振興銀行の関連倒産50社目~東京商工リサーチ 2015年5月7日
  19. ^ a b c 株式会社インデックスのアミューズメント事業のグループ内移管についてセガプレスリリース 2013年12月2日
  20. ^ 腕相撲ゲーム機でけが、アトラスが自主回収へ 日経BPnet2007年8月22日
  21. ^ アトラスの腕相撲ゲーム機で骨折 自主回収へITmediaニュース 2007年8月22日
  22. ^ クレーンゲーム機電源スイッチからの出火事例 印西地区消防組合
  23. ^ 「トリプルキャッチャーメガ/メガダッシュ/ギガ」電源スイッチ周辺部品の点検及び、新仕様部品への交換のお願いセガ・ロジスティクスサービス 2015年1月
  24. ^ アトラス (2006年2月9日). “新遊技機パロット『CRPカリブの海賊G』を発表 (PDF)”. 2008年11月16日閲覧。[リンク切れ]
  25. ^ アトラス (2006年9月7日). “遊技機販売事業からの撤退ならびに特別損失の発生に関するお知らせ (PDF)”. 2008年11月16日閲覧。[リンク切れ]
  26. ^ アトラス (2007年1月29日). “スロットを本格販売開始へ”. 2008年11月16日閲覧。[リンク切れ]
  27. ^ 当社子会社によるIndex Digital Media,Inc.(米国)のオンラインゲーム事業取得に関するお知らせ 株式会社マーベラスAQL 2013年4月1日
  28. ^ アトラス (2010年3月26日). “当社連結子会社の株式譲渡契約締結に関するお知らせ”. 2011年1月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年4月4日閲覧。
  29. ^ シーアンドシーメディア (2010年4月1日). “親会社の異動に関するお知らせ (PDF)”. シーアンドシーメディア. 2010年4月4日閲覧。
  30. ^ インデックス・ホールディングス (2010年8月30日). “連結子会社の吸収合併に関するお知らせ (PDF)”. 2010年8月30日閲覧。[リンク切れ]
  31. ^ セガとインデックス、「アトラス」ブランドのゲームソフトの流通に関する契約を締結セガ・インデックス 2012年2月17日
  32. ^ ITmedia ニュース (2013年6月27日). “インデックスが民事再生申し立て 負債約245億円 (html)”. アイティメディア. 2013年6月27日閲覧。
  33. ^ ITmedia ニュース (2013年6月27日). “「アトラスは永久に不滅クマ!」 人気ブランドの行方にネット騒然、公式アカウントに声援も (html)”. アイティメディア. 2013年6月27日閲覧。

外部リンク[編集]