マリオ&ソニック AT バンクーバーオリンピック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリオ&ソニック AT バンクーバーオリンピック
Mario and Sonic at the Olympic Winter Games
ジャンル スポーツ
対応機種 Wii
ニンテンドーDS
開発元 任天堂
セガ
発売元 任天堂(日本)
セガ(海外)
人数 1 - 4人
メディア WiiWii用12cm光ディスク
DS: DSカード
発売日 Wii
アメリカ合衆国の旗 2009年10月13日
日本の旗 2009年11月5日
DS
アメリカ合衆国の旗 2009年10月13日
日本の旗 2009年11月19日
対象年齢 CERO:A(全年齢対象)
ESRB: E(Everyone)
PEGI: 3+
OFLC
デバイス WiiヌンチャクバランスWiiボード対応
売上本数 日本の旗
Wii:約23万本
DS:約25万本
(2010年7月)
世界 800万本(Wii・DS合計)[1]
その他 Wii
Mii対応
ニンテンドーWi-Fiコネクション対応
DS
ニンテンドーWi-Fiコネクション対応
テンプレートを表示
ソニック AT バンクーバーオリンピック
ジャンル スポーツ
対応機種 iPhone / iPod touch
開発元 セガ
発売元 セガ
人数 1人
発売日 2010年1月29日
テンプレートを表示

マリオ&ソニック AT バンクーバーオリンピック』(マリオアンドソニック アット バンクーバーオリンピック、Mario and Sonic at the Olympic Winter Games)は、2009年11月に発売した任天堂セガが開発したWiiニンテンドーDS専用ゲームソフト

2010年1月29日にはセガよりiPhone / iPod touch用ソフト『ソニック AT バンクーバーオリンピック』が発売された。こちらはソニック側のみ登場。

概要[編集]

前作の『マリオ&ソニック AT 北京オリンピック』の続編であり、2010年にカナダバンクーバーで開催された冬季オリンピックバンクーバーオリンピック)を舞台としている。

Wii版では、いくつかの競技でバランスWiiボードに対応している予定。発売は前作同様、日本は任天堂が、海外はセガ[2]が担当する。

今作でマリオとソニックが共演するのは三度目になる。登場人物には、新たにマリオ側からはドンキーコングとクッパJr. 、ソニック側からはシルバーとメタルソニックが追加されたため、今回は合計20人となる(フェスティバルモード・アドベンチャーツアーズに出てくるライバルキャラを除いて)。

Wii版とDS版の相違点[編集]

前作と同様にWii版ではWiiリモコンとヌンチャクを使った直感的な操作が出来、似顔絵チャンネルで作ったMiiをプレイヤーキャラとして使うことが出来る。DS版ではボタンとタッチペンとマイクを使った操作でプレイする。収録されているオリンピック競技とドリーム競技はWii版とDS版の共通で収録されている競技に加えて、Wii版のみの競技とDS版のみの競技が収録されており、ハードに異なった競技でプレイできる。また、前作の参加する人数はWii版のみは一部を除いて専用COM4人を含めて8人まででDS版では4人までであったが、本作ではどちらも4人までの参加人数に変更されている(ただし、2人1組で最大8人の参加の競技は除く)。また、WII版やDS版には、キャラクターのボイスが一部異なっており、DS版は過去の作品のボイスを使用することが多く、ルージュやオメガなど一部のライバルの勝利台詞などもWII版と異なっている。WII版では、国によってはソニック側のライバルキャラの敗北ボイスが聞くことができる。

本作では新たにWii版のみとDS版のみで遊べるモードなどの異なる要素が収録されており、Wii版では実際の冬季オリンピックを再現して開会式から閉会式までプレイする「フェスティバル」と獲得したスターポイントで様々な隠し要素を出す「ショッピング」が収録され、DS版ではストーリーに沿ってクッパとエッグマンの野望を阻止するために仲間を集めながら様々なミッションと競技を挑んでいく「アドベンチャーツアーズ」が収録されている。その他、バラエティモードで遊べるミニゲームやプレイできるミッションなどが異なっている。

参加選手(操作キャラクター)[編集]

MiiはWii版のみ。マリオ側は英語で喋り、ソニック側は日本語で喋る(海外版はソニック側も英語で喋る)。なお、ピーチ、エッグマン、デイジー、ワルイージの4人はフィギュアスケートでイナバウワーができる。

マリオシリーズ[編集]

バランスタイプ

専用アクション:ドカンに入る・マメキノコで小さくなる。

バランスタイプ

ミニゲーム:カギを手に入れろ!

テクニックタイプ

ミニゲーム:ドッスンのきげんを直せ!

スピードタイプ

ミニゲーム:キキを追いはらえ!

スピードタイプ

ミニゲーム:5つのランプをつけろ!

テクニックタイプ

ミニゲーム:ボムフラッパーをたおせ!

パワータイプ

ミニゲーム:ワンワンをふっとばせ!

パワータイプ

ミニゲーム:柱のてっぺんまで登れ!

バランスタイプ
パワータイプ

ソニックシリーズ[編集]

スピードタイプ

専用アクション:スプリングで跳ぶ・スピンダッシュでヒビ割れた壁を壊す

テクニックタイプ

ミニゲーム:正しい部品をえらべ!

パワータイプ

ミニゲーム:氷をたたきこわせ!

バランスタイプ

ミニゲーム:てっぺんのボタンをおせ!

スピードタイプ

ミニゲーム:マークを正しくそろえろ!

  • ブレイズ
バランスタイプ

ミニゲーム:ブロックを正しく動かせ!

  • ベクター
パワータイプ

ミニゲーム:クイズに答えろ!

  • シルバー・ザ・ヘッジホッグ
テクニックタイプ

ミニゲーム:メカボールを止めろ!

  • メタルソニック
スピードタイプ
テクニックタイプ

その他の登場キャラクター[編集]

前作と同じく主に競技の審査員や観客などの役割などで登場している。また、Wii版・DS版のアドベンチャーツアーズのみ登場するキャラクターもいる。

マリオシリーズ[編集]

審査員、観客、アドベンチャーツアーズ。
フェスティバルモード、アドベンチャーツアーズ。
観客、アドベンチャーツアーズ、フィーバーホッケー。
観客。
観客、アドベンチャーツアーズ。
障害物(ドリームフィギュアスケート)、アドベンチャーツアーズ。
  • キラー
ドリーム雪合戦(Wii)、フェスティバルモード、アドベンチャーツアーズ。
  • ホネクッパ
フェスティバルモード、アドベンチャーツアーズ。
  • カロン
フェスティバルモード、アドベンチャーツアーズ。
  • キャサリン
ゲストとして遊びに来る、アドベンチャーツアーズ。
  • モンテ
ゲストとして遊びに来る。
  • ペンギン
ドリームカーリング(観客)、アドベンチャーツアーズ、ゲストとして遊びに来る。
障害物(ドリームアルペン)、(スノーボードエクストリーム)、アドベンチャーツアーズ。

ソニックシリーズ[編集]

モード解説、アドベンチャーツアーズ。ゲストとして遊びに来る。
フェスティバルモード、アドベンチャーツアーズ。
  • オメガ
フェスティバルモード、アドベンチャーツアーズ。
  • ジェット
フェスティバルモード、アドベンチャーツアーズ。
  • エッグマンネガ
フェスティバルモード(一部除いてエッグマンと同じボイス)、アドベンチャーツアーズ(完全新規の専用ボイス)。
  • ビッグ
アドベンチャーツアーズ。WIIでは、ゲストとして遊びに来る。
  • エスピオ
審査員、アドベンチャーツアーズ。
  • チャーミー
審査員(アイスホッケー)、アドベンチャーツアーズ。
観客、アドベンチャーツアーズ、カーリングボウリング(DS)。
観客、アドベンチャーツアーズ。
  • キキ
障害物(ドリームアルペン)、アドベンチャーツアーズ。
  • フラッパー
ドリームグライダー(Wii)、ドリームスキー、クライマックスフィギュア(DS)、アドベンチャーツアーズ(任天堂のボム兵を落とすボムフラッパーというコラボキャラも登場する)。
  • カオス
ドリームフィギュアスケート(Wii)、様々な形態でゲストとして遊びに来る。

競技種目[編集]

Wii版[編集]

オリンピック競技は全16種類。★はバランスWiiボードに対応。

ドリーム競技は全11種類。

Wii版オリジナルモード

  • フェスティバルモード

パーティゲームは全3種類。

  • バルーンアタック
  • ルーレットチャレンジ
  • パネルフリップ

ニンテンドーDS版[編集]

オリンピック競技は全15種類。

ドリーム競技は全12種類。

  • スキークロスレーシング
  • スキーエアダイブ
  • 音速スーパー滑降
  • エキサイトショートトラック
  • クライマックスフィギュア
  • ヒートアップボブスレー
  • デラックスハーフパイプ
  • スノーボードエクストリーム
  • スノーマシンファイト
  • フィーバーホッケー
  • カーリングボウリング
  • シューティングスキー

DS版オリジナルモード

  • アドベンチャーツアーズ

iPhone版[編集]

  • スケルトン
  • スノーボードクロス
  • カーリング
  • フィギュアスケート

脚注[編集]

  1. ^ 社長が訊く『マリオ&ソニック AT ロンドンオリンピック™』”. 任天堂株式会社 (2011年12月6日). 2011年12月14日閲覧。
  2. ^ そのため、日本版と海外版では、微妙にパッケージが異なる

関連項目[編集]

外部リンク[編集]