エインシャント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
株式会社エインシャント
Ancient corporation
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
191-0053
東京都日野市豊田3丁目31番地の39
レ・ジェイド豊田102
北緯35度39分29.5秒 東経139度22分54.4秒 / 北緯35.658194度 東経139.381778度 / 35.658194; 139.381778座標: 北緯35度39分29.5秒 東経139度22分54.4秒 / 北緯35.658194度 東経139.381778度 / 35.658194; 139.381778
設立 1990年4月1日
業種 情報・通信業
法人番号 1013401000095
事業内容 コンピュータソフトウェア、音楽録音物、映像物、各種出版物の企画・制作・販売
代表者 代表取締役社長 古代 祐三
資本金 10,000,000円
外部リンク http://www.ancient.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社エインシャントは、サウンドクリエイター古代祐三1990年4月1日東京都日野市に設立した会社。主にコンピュータソフトウェアの企画・制作・販売や、音楽録音物、映像物の企画・制作・販売などを行う。2006年9月現在、従業員数は15人。なお、実妹でイラストレーター古代彩乃も在籍している。社名は社長の「古代 = ancient」から。

設立の切っ掛けは、もともと古代祐三が『ザ・スーパー忍』のサウンドを担当した縁で、セガから「ゲーム全体をつくれないか」との問い合わせがあり、ゲーム全体の制作を引き受けるには会社としての取引が必要とのことで設立した。当初は、同人PCソフトサークルで知り合いだった林忍(後にセガで『デカスリート』の開発を担当。セガ退社後はツェナワークスに在籍)をプログラマとして招聘し、グラフィック担当の古代彩乃と高校時代の同級生四人で結成した家内制手工業的な体制であった(会社代表は古代兄妹の母)。開発されたゲームギア版(海外ではマスターシステム版)『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』は大きな売り上げとなり、その収益によりエインシャントの社屋が建てられた[1]

主な作品[編集]

この他に、古代祐三が音楽制作に携わった作品が多数存在している。詳しくは古代祐三のリンク先を参照。

脚注[編集]

外部リンク[編集]