ザ・スーパー忍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ザ・スーパー忍
ジャンル 横スクロールアクション
対応機種 メガドライブ (MD)
開発元 セガ第7AM研究開発部
発売元 セガ
プロデューサー 山本圭一
デザイナー 大場規勝
プログラマー 山本圭一
溝口松秀
KOTTSU
音楽 古代祐三
美術 静岡太郎
シリーズ シリーズ
人数 1人
メディア 4メガビットロムカセット[1]
発売日 日本 198912021989年12月2日
アメリカ合衆国 198912021989年12月2日
ヨーロッパ 1990101990年10月
対象年齢 日本 CEROB(12才以上対象)
アメリカ合衆国 ESRBE10+(10歳以上)
ヨーロッパ PEGI12
ニュージーランドの旗OFLC:M
コンテンツ
アイコン
日本 暴力
アメリカ合衆国 Fantasy Violence
ヨーロッパ Violence
その他 型式:日本 G-4019
アメリカ合衆国 1105
ヨーロッパ 1105
テンプレートを表示

ザ・スーパー忍』(ザ・スーパーしのび, The Super Shinobi)は、1989年12月2日にセガ(後のセガゲームス)から発売された、メガドライブ横スクロールアクションゲームである。日本国外版のタイトルは『The Revenge of Shinobi』。

概要[編集]

セガのアーケードゲームである『忍 -SHINOBI-』(1987年)の流れを汲んだ忍者アクションゲーム。音楽担当が古代祐三ということでも話題を集めた[2]。等身の高いリアルなキャラクターによる多彩なアクション表現、忍術を使用する際の演出、背景の和風グラフィックなどもあって、セガ屈指のニンジャアクションゲームとして後世に名を残した[3]

敵の攻撃が当たりやすいなど全体的な難易度は高いが、それ故に却って「どうすればダメージを受けなくて済むか」という戦略性のあるプレイに繋がる[3]

初期版と修正版が存在し、初期版ではよく似た名前とボスキャラクターが多数存在する[3]。主なものを挙げると、

などである。それらを別のキャラクターに差し替えた修正版が4種類作られ[5]、初期版を含めると計5種類のバージョンが存在する[6]。なお、6面ボスのスパイダーマンもどきは当時セガが正式にマーベル側から版権を取得し、家庭用や業務用でスパイダーマンのゲームをリリースする際にまとめて契約が行われた。本作の修正版ではアーケード版のプロモーションの一環として版権元のマーベルから「もっと似せろ」と言われたためわざわざ似せて作られた。このため初期版のように飛行形態には変身せず、ただ去って飛行キャラと交代するなど、本物のスパイダーマンとしての配慮がなされている[7]。この修正版を起動した際にはセガのロゴの後にスパイダーマンとマーベル社のコピーライト表記が映し出される[2]

なお、メガCDの『セガクラシック アーケードコレクション』(1993年)で収録されたものとWiiバーチャルコンソール2009年3月10日に配信開始されたのは修正版である。後者はマーベルとの契約失効のため、スパイダーマンは全身ピンクの別キャラクターとして登場している[8]。またタイトル画面のイラストも千葉真一の服部半蔵に類似していたため目つきが修正されている。2012年5月23日にもPlayStation 3版のセガエイジスオンラインで配信、Xbox360版はセガクラシックコレクションに収録。

ゲーム内容[編集]

システム[編集]

基本的に横スクロールアクションで場面によっては縦にもスクロールする。敵を倒しつつ進み、ラウンド(ステージ)の最後に待ち受けるボスを倒せばラウンドクリアとなる。全8ラウンドで、ラウンド内はさらに3つのステージに分かれている。基本攻撃はであるが、飛び道具として手裏剣も使用可能。しかし手裏剣の所持数は有限であり、アイテムを取ることで道中での補給が可能である[2]。敵の攻撃を受けてライフが無くなったり、穴に落ちると残機を一つ失う。残機は1UPやスコアで増え、残機が全て無くなるとゲームオーバー。制限コンティニュー制。手裏剣の初期装備数はオプションで自由に説定が可能(裏技で無制限にすることもできる)[3]

十字ボタンの左右で移動を行い、下を押す事でしゃがむことができる。ボタンは攻撃、ジャンプ、忍術3つが用意されている。攻撃は通常は手裏剣を投げ、敵が近距離の場合、もしくは手裏剣の残数が0の場合は、刀で斬りかかる。刀で敵の手裏剣をはじき返すことも可能。忍術はポーズをかけゲームを一時中断して、数種類から選択することができる。忍術についても回数制限がある[9]

特殊操作[編集]

八双飛び
ジャンプし、最高地点で再びジャンプボタンを押す事でより高く飛ぶことができる。
八双手裏剣
八双飛び中にBボタンで手裏剣を8方向に放つ。手裏剣を8消費する[9]

忍術[編集]

Aボタンで使用。どの忍術を使うかはポーズ中に選択が可能。

雷の術
電流のようなバリアをまとい、敵の攻撃を数回防ぐ。
火龍の術
画面内の敵全てに大ダメージを与える。
浮身の術
ジャンプ力が飛躍的にアップする。
微塵の術
自爆し、画面内の敵全てに大ダメージを与える。使用後は体力が全快するが、残機を一つ失う[9]

アイテム[編集]

ラウンド内に設置されているものの他、箱を壊すと出現する。

手裏剣
手裏剣の数が増える。
Pow
手裏剣と忍者刀の威力が上がる。但し、ダメージを受けると効果を失ってしまう。
忍術の使用回数が1回増える。
ハート
体力を回復する。
1UP
残機が増える。数は非常に少ない。
爆弾
トラップ。出現すると数秒のカウントの後、爆発するので離れないとダメージを受ける。攻撃を当てるとすぐに爆発させることができる[9]

設定[編集]

ストーリー[編集]

主人公の忍者の名前はジョー・ムサシ。以前に滅ぼした犯罪結社ZEEDの残党が活動を再開し、忍びの里を襲われた挙げ句、許嫁のナオコも連れ去られてしまった。ムサシの復讐の戦いが始まる。

ステージ構成[編集]

ROUND1(からくり屋敷前庭~からくり屋敷内部)
ROUND2(滝~夜の倉庫街)
ROUND3(軍事基地~輸送機内)
ROUND4(スクラップ工場~工場)
ROUND5(高層ビル~道路)
ROUND6(チャイナタウン~地下鉄)
ROUND7(波止場~船内)
ROUND8(秘密基地入口~基地内部)

登場キャラクター[編集]

  • ジョー・ムサシ
    本作の主人公。手裏剣、刀、忍術を駆使する。
  • ナオコ
    ジョー・ムサシの許嫁

敵キャラクター[編集]

  • 面(おもて)
    忍者の姿をしており、手裏剣で攻撃してくる。前半面では緑色だが、後半面では灰色の色違いがおり、攻撃力、耐久力が2倍になっている。
  • 兜(かぶと)
    鎧武者の姿をしており、刀で攻撃してくる。前半面では赤い鎧を纏っているが、後半面では青色の色違いがおり、攻撃力が上がっている。
  • ハチ
    主人公に突進してくる犬。体当たりで攻撃する。
  • 烏(からす)
    面が羽を付けている姿をしており、空中を浮遊し、手裏剣で攻撃してくる。前半面では緑色だが、後半面では灰色の色違いがおり、攻撃力、耐久力が2倍になっている。
  • 霞(かすみ)
    シスターの姿をしているが、主人公が通り過ぎると服を脱ぎすて襲ってくるくノ一。刀で攻撃してくる。
  • 青龍
    主人公に対しとび蹴りを放ってくる。
  • グリーンヘッド
    兵士の姿をしており、自動小銃で攻撃してくる。機関銃で撃ってくるタイプと、手榴弾を投げてくるタイプもある。
  • ロッキー
    映画『ランボー』(1982年)の主人公のような姿をしており、火炎放射器で攻撃してくる。修正版ではスキンヘッドのキャラクターに変更されている。
  • カール
    犬のキャラクター。体当たりで攻撃してくる。
  • ブルーヘッド
    グリーンヘッドの色違いで、攻撃力が強くなっている。
  • 紅龍
    とび蹴りで攻撃してくる。
  • 紫鳳
    三節棍で攻撃してくる。
  • 白鳳
    紫鳳の色違キャラクター。三節棍で攻撃してくる。
  • 桃華
    チャイナドレスを着ており、旋風脚で攻撃してくる。

ボスキャラクター[編集]

  • ブルーロブスター
    1面のボス。巨大な武者の姿をしている。前作にもロブスターというボスキャラクターが存在したが、前作では赤い鎧姿だったのに対し、本作では名前の通り青い鎧姿となっている。大太刀を振り下ろして攻撃してくる。
  • シャドウダンサー
    2面のボス。前作のラストボスであるマスクドニンジャのような姿をしており、分身の術を使用する。
  • 生体コンピュータ
    3面のボス。要塞中枢のメカであり、可動部の中が弱点となっている。
  • ハルクレス
    4面のボス。映画『ターミネーター』(1984年)のターミネーターのような姿をしており、スクラップを投げつけたり高速の体当たりで攻撃してくる。ムサシが攻撃を当てる度に超人ハルクのように体が緑色に染まっていき、一定のダメージを受けると爆発して皮膚が剥がれ落ち、ロボットの姿がむき出しになってこちらに迫ってくるが、途中で上半身が爆発して完全に壊れる。後の修正版でもデザインは一切変更されていない。
    ちなみにアーノルド・シュワルツェネッガーのデビュー作は『SF超人ヘラクレス』(1970年)である。
  • ミサイル輸送車
    5面のボス。巨大なミサイル輸送用の装甲車であり、車体上部の赤い部分が弱点となっている。
  • メタモルフォーマー
    6面のボス。初期段階ではスパイダーマンのような姿をしており、蜘蛛の巣で攻撃してくる。一定のダメージを受けるとバットマンのような姿になり、体当たり攻撃を仕掛けてくる。後の修正版では初期段階は正式にスパイダーマンの姿に変更され、第2段階は下半身が毛むくじゃらの別の姿に変更された。さらに後になり、初期段階の姿もピンク色の別のキャラクターに変更された。
  • モンスターG
    7面のボス。映画『ゴジラ』(1954年)に登場する怪獣ゴジラのような姿をしている。火炎攻撃、尻尾での攻撃を行う。修正版では骨だけの姿に変更されている。
  • マスクド忍者
    8面のボス。前作と同じ名前だが、デザインが一新され歌舞伎の連獅子のような姿になっている。髪を振り回したり、髪を飛ばして攻撃してくる。このボス戦のみ制限時間があり、背後で捕えられているナオコの頭上から下りてくる吊り天井が残りタイムになる。一定時間内(=吊り天井が下りきる前)に倒さないとナオコが犠牲となりバッドエンドになってしまう。

移植版[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 売上本数 備考
1 セガクラシック アーケードコレクション 日本 199304231993年4月23日
アメリカ合衆国 199210151992年10月15日
ヨーロッパ 199304191993年4月19日
メガCD セガ セガ CD-ROM 日本 G-6012
ヨーロッパ 4127
-
2 日本 ザ・スーパー忍
アメリカ合衆国 The Revenge of Shinobi
ヨーロッパ The Revenge of Shinobi
日本 200903102009年3月10日
アメリカ合衆国 200908072009年8月7日
ヨーロッパ 200908172009年8月17日
Wii セガ セガ ダウンロード
バーチャルコンソール
- -
3 The Revenge of Shinobi アメリカ合衆国 201205022012年5月2日
ヨーロッパ 201205022012年5月2日
Windows セガ セガ ダウンロード
(Steam)
- -
4 日本 ザ・スーパー忍
アメリカ合衆国 The Revenge of Shinobi
ヨーロッパ The Revenge of Shinobi
日本 201205232012年5月23日
アメリカ合衆国 201205212012年5月21日
ヨーロッパ 2012年
PlayStation 3
セガエイジスオンライン
Xbox 360
(Xbox Live Arcade)
セガ セガ ダウンロード - -
5 日本 ザ・スーパー忍
アメリカ合衆国 The Revenge of Shinobi
ヨーロッパ The Revenge of Shinobi
INT 201707262017年7月26日
Android
iPhoneiPad
(iOS)
セガ セガ ダウンロード - -

スタッフ[編集]

  • プロデューサー、プログラム・コーディネーター:YAMAICHI(山本圭一)
  • プログラマー:MIZORAN(溝口松秀)、KOTTSU
  • アシスタント・プログラマー:"ORE" ...BAKA、SAT MAN
  • サウンド・コーディネーター、サウンド・プログラマー:BO(上保徳彦)
  • 音楽:古代祐三
  • チーフ・デザイナー:静岡太郎
  • デザイン:THOMAS YUUDA(湯田高志)、ATSUMIYA SEISHI(清宮敦嗣)
  • アシスタント・コーディネーター、コーヒー・メーカー:PAL-KO
  • 企画、コーディネーター:THE ALIVE(大場規勝
  • スペシャル・サンクス:HARISEN F、COMI、EMIRIN(山本恵美子)

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体結果
Dragon星5 / 5 (MD)[10]
ファミ通28/40点 (MD)[11]
IGN8/10点 (MD)[12]
NintendoLife9/10stars (Wii)[13]
メガドライブFAN21.72/30点[1]
MegaTech94% (MD)[14]
Mega91% (MD)[15]
WizardC- (MD)[16]
Raze92% (MD)[12]
Mean Machines94% (MD)[12]
Aktueller Software Markt10.7/12点 (MD)[12]
BEEP!メガドライブ33/40[17]
MegaTech94%[18]
Mega91%[19]
WizardC-[16]
メガドライブ大全肯定的 (MD)[20]
受賞
媒体受賞
MegaTechHyper Game
  • ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では、7・6・8・7の合計28点(満40点)になっており[21][11]、レビュアーの意見としては、「なんつーても音楽がイカス。音楽を聴くためだけに買ってもいいかね、なんて思ったりするほど」、「難易度も高めで難しいのは確かだが、私のように『忍』タイプのゲームを好む人ならきっと納得いくと思う」などと評されている[21]
  • ゲーム誌『メガドライブFAN』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、21.72点(満30点)となっている[1]。また、同雑誌1991年7月号特別付録の「MEGADRIVE ALL CATALOG」では、「美しい背景と古代祐三のサウンドが、見事に融合した不朽の名作」と紹介されている[22]。さらに、同雑誌1993年7月号特別付録の「メガドライブ&ゲームギア オールカタログ'93」では、「メガドライブ初期の傑作」と紹介されている[1]
項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 3.63 3.88 3.49 3.66 3.61 3.45 21.72
  • ゲーム誌『BEEP!メガドライブ』の「BEメガ・ドッグレース」では8、9、9、7の合計33点(満40点)[17]。レビュアーは3ボタンを使いこなしたり序盤は難しいが何度もプレイすればクリアできる決して低くない難易度なのが良くてグラフィック、サウンド、バランスのある佳作であり雑魚ボスなどキャラクターが個性的、古代祐三ファンや今までのアクションゲームに物足りない人向けだとした[17]
  • ドラゴンは5/5の星を与えたが最後のボス戦は難し過ぎると批判した[10]MegaTechは「スマートなゲームプレイ、グラフィック、サウンド」を賞賛した。Megaは史上最高のメガドライブゲームの18番目に本作を選んだ[23]。著作家のグレン・ルーベンスタインは本作の批評で「セガクラシック アーケードコレクション1作目に収録された1つであり今までセガが辿ってきた道程を示している」と述べた[16]
  • ゲーム本『メガドライブ大全』(2004年太田出版)では、「本作はリアル路線で描かれた主人公と、ハジけた敵が絶妙のバランスで溶け合っている」、「敵キャラはリアル路線の主人公とは対照的に『尼僧のふりをしたクノイチ』『カンフー使い』『どっかで見たような怪獣』など、イイ意味でB級テイスト。大らかなオマージュが時代を象徴している」と評している[20]

忍シリーズ一覧[編集]

※…日本国内未発売

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 「7月号特別付録 メガドライブ&ゲームギア オールカタログ'93」、『メガドライブFAN』第5巻第7号、徳間書店、1993年7月15日、 13頁。
  2. ^ a b c 『メガドライブのすべて』p.36
  3. ^ a b c d e f 株式会社QBQ編 『懐かしのメガドライブ 蘇れメガドライバー !!』マイウェイ出版発行、2018年。ISBN 9784865118704 p16
  4. ^ その名前が「ロッキー」となっている状態である。
  5. ^ ターミネーターについては手つかずのまま。バットマンは別の版権キャラであるデビルマンもどきに変更され事態は改善していない。
  6. ^ 日本では2番目と3番目のバージョンは未発売。
  7. ^ セガ名作アルバムインタビュー『ザ・スーパー忍』ディレクター大場規勝”. 2014年7月2日閲覧。
  8. ^ 動きは版権版と同一で、倒されずに去っていく。
  9. ^ a b c d 『メガドライブのすべて』p.37
  10. ^ a b Lesser, Hartley; Lesser, Patricia; Lesser, Kirk (November 1990). “The Role of Computers”. Dragon (163): 47–50. 
  11. ^ a b ザ・スーパー忍 まとめ [メガドライブ]” (日本語). ファミ通.com. KADOKAWA CORPORATION. 2016年1月24日閲覧。
  12. ^ a b c d The Revenge of Shinobi for Genesis (1989)” (英語). MobyGames. Blue Flame Labs. 2018年5月19日閲覧。
  13. ^ The Revenge of Shinobi for Wii (2009)” (英語). MobyGames. Blue Flame Labs. 2018年5月19日閲覧。
  14. ^ MegaTech rating, EMAP, issue 5, page 78, May 1992
  15. ^ Mega rating, issue 9, page 23, Future Publishing, June 1993
  16. ^ a b c Rubenstein, Glenn (January 1993). “At the Controls”. Wizard (Wizard Entertainment) (17): 21-24. 
  17. ^ a b c 「BEメガ・ドックレース」、『BEEP!メガドライブ』、ソフトバンク、1990年2月、 66頁。
  18. ^ MegaTech rating, EMAP, issue 5, page 78, May 1992
  19. ^ Mega rating, issue 9, page 23, Future Publishing, June 1993
  20. ^ a b 「Chapter 02 1989年」『メガドライブ大全(企画・編集:CONTINUE)』 太田出版、2004年9月29日、29頁。ISBN 9784872338805
  21. ^ a b ファミコン通信』第1・2合併号、アスキー、1990年1月5日。
  22. ^ 「7月号特別付録 MEGADRIVE ALL CATALOG」、『メガドライブFAN』第3巻第7号、徳間書店、1991年7月15日、 9頁。
  23. ^ Mega magazine issue 1, page 76, Future Publishing, Oct 1992

参考文献[編集]

関連項目[編集]

  • ベア・ナックル - 本作のスタッフが関わっており、音楽を古代祐三が担当している。

外部リンク[編集]