電波新聞社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社電波新聞社
THE DEMPA SHIMBUN Corporation
Dempa.jpg
電波新聞本社
種類 株式会社
略称 電波新聞
本社所在地 日本の旗 日本
141-8715
東京都品川区東五反田1-11-15
設立 1950年(昭和25年)5月5日
業種 情報・通信業
法人番号 8010701006411
事業内容 日刊新聞・雑誌・書籍の発行
代表者 代表取締役社長 平山 勉[1]
資本金 9331万円
関係する人物 平山 秀雄(創業者)
外部リンク http://www.dempa.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社電波新聞社(でんぱしんぶんしゃ)は、電子部品家電などエレクトロニクス全般に視点を当てた新聞メディアを主体とする会社。東京都品川区東五反田に本社を置く。

電気新聞を発行する日本電気協会や、電波タイムズを発行する電波タイムス社とは別会社で、資本や来歴の上でも一切関係ない。

概要[編集]

家電量販店や地域家電店、携帯電話ショップなど流通部門を扱うことも特徴。かつては米国『ビルボード』誌と提携していた。電気関連プロダクツと電子産業情報をメインとした主力媒体の日刊電波新聞は、朝日新聞社の販売網と提携しており、容易に宅配購読することが可能である。

コンピュータ関連事業[編集]

1977年10月から1995年4月まで、当初「マイコン」と呼ばれていた家庭用コンピュータを扱う雑誌『月刊マイコン』を刊行。1982年には、趣味(ホビー)としての「マイコン」「パソコン」プログラム初心者に重きを置いた雑誌『マイコンBASICマガジン』(ベーマガ)を刊行。この2誌(特に後者)は、コンピュータ愛好者たちに有形無形の影響を与えた。また、月刊マイコン/ベーマガを核とした出版部では、月刊誌の掲載プログラムを記録したメディアや、持ち込まれたオリジナルソフトウェアを発売した。

1983年には、コンピュータ出版以外の業務を「マイコンソフトウェア開発室」として分離、Microsoft Windows登場以前の1980年代に普及していた各社国産パソコン向けソフトウェア(テレビゲーム)を開発するようになる。一時期は著名なゲームソフト会社のゲームを、各機種に多く移植・販売していた。一例として、ナムコ(後のバンダイナムコエンターテインメント)より『マッピー』『ゼビウス』『ドルアーガの塔』など、データイーストより『バーガータイム』『バーニン'ラバー』、セガより『スペースハリアー』など。

マイコンソフトウェア開発室は1991年にマイコンソフトとして分社し、ソフトウェア事業を終息させて以降もパソコン・テレビゲーム機器の映像関連周辺機器を長く作り続けていたが、2018年10月に電波新聞社に吸収合併。以後は「株式会社電波新聞社マイコンソフト事業部」として事業を継続している(一部を除き従来扱っていた商品も概ね引き続き販売している)。

刊行物[編集]

現在[編集]

過去[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 電波新聞社 社長に平山勉氏”. 日本新聞協会 (2017年12月1日). 2018年1月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]