メディア芸術データベース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
メディア芸術データベース
URL mediaarts-db.bunka.go.jp
言語 日本語、英語、中国語、韓国語
タイプ データベース
ジャンル 漫画アニメコンピュータゲームメディアアート
運営者 文化庁
設立者 文化庁
広告 なし
営利性 非営利
登録 不要
開始 2015年3月17日 (7年前) (2015-03-17)
現在の状態 運営中

メディア芸術データベース(メディアげいじゅつデータベース、Media Arts Database)は、文化庁が開設・運営する、漫画アニメコンピュータゲームメディアアートを扱ったデータベースウェブサイト[1]

概要[編集]

文化芸術基本法第3章の第9条に基づき、文化庁によって開設された。漫画アニメコンピュータゲームメディアアートの4分野を扱っており、漫画の場合は明治初期から現在に至るまでの作品が収録されている[2]。情報学者の大向一輝がプロデューサーを務める。2015年時点で、漫画分野は単行本約25万冊と雑誌約8万冊、アニメ分野は9000タイトル、ゲーム分野は3万5000タイトル、メディアアート分野は約1万件の情報が登録されている[3]

ID番号[編集]

コンテンツにISBNなどの既存のID番号とは別に独自のID番号を割り振っており、作品毎ではなく作品のパッケージ毎に絶対的に不変のID番号を付けることを目的の一つとしている。大向は将来的に、メディア芸術データベースのID番号が世の中のスタンダードとなり、これを基準に情報の整理が行われるようになることに意欲を示している[4]

歴史[編集]

国立メディア芸術総合センターの撤回後に、本プロジェクトの構想が立ち上がる。2015年3月17日にメディア芸術データベースの「開発版」が公開された[5]

2019年11月29日に「ベータ版」が公開された。本サイトの開発に協力する立命館大学先端総合学術研究科の福田一史によると、「完成版」の公開は2020年度中を視野に入れている[6]

2021年に「メディア芸術データベース活用コンテスト」を開催した[7]。同コンテストは2022年にも開催される。

出典[編集]

  1. ^ 文化庁が『メディア芸術データベース』開設、33万冊の漫画、9千本のアニメなどを登録”. CINRA (2015年3月18日). 2022年1月3日閲覧。
  2. ^ 文化庁、過去の漫画・アニメ・ゲーム網羅した「メディア芸術データベース」公開”. ITmedia (2015年3月17日). 2022年1月3日閲覧。
  3. ^ 明治初期からのマンガも検索可!文化庁がメディア芸術データベースを公開”. ナタリー (2015年3月17日). 2022年1月3日閲覧。
  4. ^ 「台帳」なくして文化なし!? マンガ・アニメ・ゲーム・メディアアート文化を次の1000年に残す「メディア芸術データベース」の意義を「電ファミニコゲーマー」が訊く”. 文化庁 (2020年6月19日). 2022年1月3日閲覧。
  5. ^ 文化庁が過去の漫画/アニメ/ゲーム情報を網羅した「メディア芸術データベース」を公開。メディア芸術デジタルアーカイブ事業の成果物の一つ”. 4Gamer.net (2015年3月19日). 2022年1月3日閲覧。
  6. ^ 「ポケモン」関連作品は1504タイトル ゲームやアニメ、マンガを網羅したデータベースの狙い”. Yahoo!ニュース (2019年12月25日). 2022年1月3日閲覧。
  7. ^ 文化庁、「メディア芸術データベース活用コンテスト2021:データのバリューアップ↑で世界をもっと面白くしよう」を開催”. gamebiz. ゲームビズ (2021年1月21日). 2022年1月3日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]