中国のアニメーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中国のアニメーションとは、中国で制作されたアニメのことを指すが、広義には台湾香港などの中国語圏で制作されたアニメを含むこともある。

歴史[編集]

初期から1960年代[編集]

1941年上海で制作された『西遊記 鉄扇公主の巻』はアジア初の長編アニメーション映画であり、1942年に戦時下の日本にも輸出され、手塚治虫[1]や国産アニメ『桃太郎の海鷲』(1943年)に影響を与えた。監督の万籟鳴英語版中華人民共和国建国後に上海美術映画製作所(『桃太郎の海鷲』の技術構成と撮影を担当した持永只仁が設立した上海電影製片廠美術片組が母体となった)で精力的に活動し、アニメーション映画『大暴れ孫悟空』(1961年)で世界的にも評価されるも、1966年からの文化大革命で中国のアニメ制作は停滞する。

1980年代から1990年代[編集]

1978年改革開放が始まり、1979年には上海美術映画製作所も『ナーザの大暴れ』で再び国際的に評価される。

1980年から1981年にかけて手塚治虫原作の『鉄腕アトム』が海外アニメ第1号として中国で放送され、これを機に日本や欧米から大量の海外アニメが中国に流入した[2]

1980年代後半から1990年代にかけてはアニメ制作の国際分業化で中国は日本や欧米のアニメ制作の下請けをするようになり[3][4]1985年から深センで翡翠動画を立ち上げたショウ・ブラザーズなどの香港企業の珠江デルタでのアニメ制作拠点設置に続いて1988年の朝陽動画の上海進出を皮切りに年代動画・遠東動画・宏広動画・鴻鷹動画のような台湾の制作会社も制作拠点を中国に置き始め[5][6]、この流れに乗じて日本企業も1988年から杭州に飛龍動画などを設立して全盛期は日本の70%超[7][8]のアニメに中国が制作作業で関わった。日本のアニメを加工する中国企業は深セン・上海・杭州・無錫などに集中し、日本やディズニーのアニメのキャラクターグッズ制作も行ったとされる[9]

2000年代[編集]

2006年に海外アニメの輸入・放送に関して、国産アニメの放送がアニメの放送全体の7割を下回ってはならない、国産アニメを制作した機関は国産アニメを制作した時間と同じ分まで海外アニメを輸入できる、17時から20時まで外国アニメーションの放送を禁止などいくつかの規定を定められた[10]2009年には国務院総理温家宝も「孫と見るのは海外のアニメばかり」と発言し[11]、日本や韓国のアニメ制作の下請けをしている無錫のアニメ制作会社を視察した際もオリジナルアニメの制作を奨励し[12]、日中合作アニメ『チベット犬物語』の制作も支援した[13]

現在の動向[編集]

近年では中国企業による日本のアニメスタジオの買収[14]や日本人アニメーターの爆買いも起きている[15]

市場規模[編集]

2009年の中国のアニメ産業の市場規模は約2300億円[16]で、日本の2164億円を追い越している[17]。中国には世界最大のアニメ視聴者が存在している[18]。また、アニメの年間の制作分数は日本が2006年を境に減少傾向にあるのに対し、中国では毎年増加している。[19]2010年には世界最大のアニメ生産国となっている[20]

脚注[編集]

  1. ^ 手塚治虫氏と『孫悟空』”. 中国網. 2017年11月30日閲覧。
  2. ^ “ゴールデンタイムの国外アニメ放送禁止、中国で新規定 共同制作作品は許可必要”. 中国新聞社. (2006年8月14日). http://www.china-news.co.jp/node/1271 2018年3月5日閲覧。 
  3. ^ 山口康男『日本のアニメ全史 世界を制した日本アニメの奇跡』テン・ブックス、2004年、pp.145-146.
  4. ^ フレッド・ラッド、ハーヴィー・デネロフ著、久美薫訳『アニメが「ANIME」になるまで 鉄腕アトム、アメリカを行く』NTT出版、2010年、p.224
  5. ^ 台湾アニメ産業の最新事情レポートおよび日台コラボレーションの可能性
  6. ^ 中国アニメ産業の展望 無錫編アニメ!アニメ!ビズ
  7. ^ 杭产动画《莫麟传奇》独霸央视春节档”. 浙江省文化庁 (2011年2月20日). 2017年12月20日閲覧。
  8. ^ “中国动漫外包流变:全球最重要动画加工基地”. 广州市服务外包公共服务平台. (2017年12月20日). http://www.gzoutsourcing.cn/Article/20130603/1841.html 2017年12月20日閲覧。 
  9. ^ “脱・下請けに動きはじめた中国のアニメ会社”. 日経BP. (2008年1月23日). http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20080122/144966/ 2017年12月28日閲覧。 
  10. ^ 「中国コンテンツ市場調査(6分野) 2009年版(2009年10月)」http://www.jetro.go.jp/industry/contents/reports/07000133
  11. ^ 大人は反感?子供に人気の日本アニメ=支持多い、首相の「国産奨励」発言―中国レコードチャイナ 2009年4月4日
  12. ^ 温总理关心无锡爱睿芯世界首创数字射频产品”. 中国教育装备采购网 (2008年12月10日). 2018年3月2日閲覧。
  13. ^ 中日アニメウィーク 温総理が「チベット犬物語」を視察”. 人民網 (2011年6月17日). 2018年3月2日閲覧。
  14. ^ 絵梦、子会社アニメーションスタジオ・アートランドの全株式譲渡 連結対象から外す”. アニメーションビジネス・ジャーナル (2017年9月1日). 2018年3月5日閲覧。
  15. ^ 中国企業が日本のアニメーターを爆買い!?=「つまり金ですべてを解決できる」「でも素晴らしいストーリーがなければ人気は出ない」―中国ネット”. Record China (2016年12月28日). 2018年3月5日閲覧。
  16. ^ http://www.daimokuroku.com/?index=sikumi
  17. ^ http://www.mdri.co.jp/review/index.html
  18. ^ People's Daily Online. "People's Daily Online." "China Opens Cartoon Industry to Private Investors." Retrieved on 20 December 2006.
  19. ^ http://animeanime.jp/review/archives/2009/07/post_44.html
  20. ^ De Masi, Vincenzo (2013). “Discovering Miss Puff: a new method of communication in China”. KOME − An International Journal of Pure Communication Inquiry (Hungarian Communication Studies Association) 1 (2): 44, 46. ISSN 2063-7330. http://komejournal.com/files/4miss%20puff.pdf 2015年2月8日閲覧。.