動画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

動画(どうが)には次の2つの意味がある。

  • (歴史の長い用法)アニメーション[1]。動画はもともとは、あくまでアニメーション(animation)の日本語訳である[2]。日本語の「動画」は、アニメーター・映像作家の政岡憲三(1898年-1988年)が英語の「animation アニメーション」の訳語として考案・提唱したものが最初とされ、東映動画など「〜動画」という社名のアニメ会社も複数設立されるなど、あくまでアニメーションという意味だけで長らく使われてきた。
  • (近年の、特に(200X年以降の)用法)コンピュータなどの画像の中でも、特に動きのあるもの[3]。英語のビデオ(Video)の日本語訳として使われる。静止画と対極の語であり、狭い定義では「動く画像」[4]、広い定義では時間軸に同期させた音声・音楽と共に提供されるメディアパッケージを指す場合もある。選択した静止画を順次切り替える「スライドショー」「紙芝居」とは異なり、連続して変化する静止画像を高速に切り替え続けると人間の視覚の錯覚として静止画が動いているように見えるベータ運動英語版を利用した表現様式(メディア)である。あくまで、2000年代以降になって使われるようになった意味。

アニメーション[編集]

コンピュータの動画[編集]

動画圧縮[編集]

コンピュータで動画像を扱う際に、編集により再生時間を減じる事無く、必要な記憶容量を減じる事を圧縮と言う。

圧縮には、元のデータに完全に復元できる可逆圧縮(Losslessとも呼ばれる)と、圧縮の段階で元のデータには復元できない処理を施す代わりに高い圧縮を行う非可逆圧縮(Lossyとも呼ばれる)がある。その中でも、特に動画に対しては動画(あるいはそれを視聴する人間)の持つさまざまな性質・特性を踏まえた特別なアルゴリズムによる圧縮が行われる場合が多い。その際に用いられる圧縮・展開(エンコード/デコード)を行うアルゴリズムプログラムのことを、特にコーデックと呼ぶ。

動画は多くの枚数の画像を連続的に扱わなければならず、ほとんどの動画は静止画と比べ、処理しなければならない情報量が圧倒的に大きい。また同時に、再生時においては多数の情報を(その本来の時間軸を損なう事なく)高速かつ連続的に処理を行うことも要求される。そのため、動画の圧縮アルゴリズムの多くは静止画のそれとは異なる圧縮技術、あるいは既存の圧縮技術にさらに他の圧縮技術を組み合わせた形で構成されている。

一般に静止画の圧縮は空間方向のみを考慮すれば良いが、動画圧縮の場合はそこに加え時間方向の情報も考慮した圧縮が行なわれる場合が多い(MPEGなど)。但し、これらのアルゴリズムはラスタ画像を扱うことを前提としており、Flashムービー(.SWF)などで用いられるベクタ画像などには当てはまらない。

ファイルフォーマット[編集]

動画を格納するファイルフォーマットとしては以下のものがある(括弧内は、Windowsにおけるファイル拡張子)。

デジタル化[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 精選版 日本国語大辞典 【動画】
  2. ^ 三省堂ウェブディクショナリー国語・和英「動画」
  3. ^ 精選版 日本国語大辞典 【動画】
  4. ^ 動画とは”. 朝日新聞社. 2018年1月9日閲覧。