大向一輝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大向 一輝
(おおむかい いっき)
生誕 1977年
日本の旗 京都府京都市
教育 総合研究大学院大学
大学院複合科学研究科修了
業績
専門分野 情報学
勤務先 東京大学大学院人文社会研究系
プロジェクト CiNiiの運営
glucoseの開発
受賞歴 情報処理推進機構未踏ソフトウェア
創造事業スーパークリエータ
2004年

大向 一輝(おおむかい いっき、1977年 - )は、日本情報学者(セマンティックWeb情報・知識共有コミュニティ支援)。学位博士(情報学)ハンドルネームi2k東京大学大学院人文社会系研究科准教授[1]株式会社グルコース取締役

国立情報学研究所コンテンツ科学研究系准教授総合研究大学院大学准教授などを歴任した。

概要[編集]

京都府京都市出身の情報学者である。国立情報学研究所准教授であり、グルコースの取締役を兼務する。セマンティック・ウェブや参加型ウェブサービスに関する研究に従事し、国立情報学研究所の日本語論文データベースCiNii」も担当する。なお、ハンドルネームとして「i2k」を名乗ることもある[2]

来歴[編集]

生い立ち[編集]

1977年に生まれ、京都府京都市にて育った。1996年同志社大学に入学し、工学部の知識工学科にて学んだ[3][4]2000年に同志社大学を卒業すると、同大学の大学院に進み、工学研究科の知識工学専攻に在籍した[3][4]2002年に同志社大学の大学院を修了すると、総合研究大学院大学の大学院に移り、複合科学研究科の情報学専攻にて学んだ[3][4]2005年、総合研究大学院大学を修了した[3][4]。総合研究大学院情報学博士。博士論文は「パーソナルネットワークに基づく情報流通支援」[5] [6]

情報学者として[編集]

大学院を修了した2005年、国立情報学研究所に採用され、助教として勤務した[3][4]2009年には国立情報学研究所の准教授に昇任するとともに、専門員を兼務することになった[3][4]。また、2006年から2010年まで、母校である総合研究大学院大学にて、助教に併任されていた[3][4]。2010年からは、総合研究大学院大学の准教授に併任されている[3][4]。総合研究大学院大学では、「知的ウェブシステム」などを講じた[7][8]。なお、2008年には、グルコースの取締役に就任している[3][4]

研究・業績[編集]

博士は情報学であるが、工学分野を研究している。具体的な研究領域としては、セマンティック・ウェブやナレッジの共有などに取り組んでいる。自身の研究に対して、大向は「『パーソナルネットワーク』を使って、情報のやり取りの無限の可能性を引き出していきたい」[9]と抱負を語るとともに、「さまざまな形のコミュニケーションを支援するツールを開発していきたい」[9]と述べている。

国立情報学研究所では、論文情報データベースCiNii」の開発、運営に携わっている[10]。また、研究の一環としてRSSフィードリーダー「glucose」を開発し、一般に公開している[9]。glucoseはダウンロード回数が70万回に達するなど[9]、多くのユーザに利用されている。

略歴[編集]

賞歴[編集]

著作[編集]

単著[編集]

共著[編集]

  • 宮川達彦伊藤直也著『Blog Hacks――プロが教えるテクニック&ツール100』オライリー・ジャパン2004年ISBN 9784873111742
  • 大向一輝、池谷瑠絵『ウェブらしさを考える本: つながり社会のゆくえ』丸善出版、2012年3月。ISBN 9784621053812OCLC 816919053

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ スタッフ - 次世代人文学開発センター 人文情報学拠点 (東京大学大学院人文社会系研究科 次世代人文学開発センター 創世部門)”. 2019年9月20日閲覧。
  2. ^ 「大向一輝」『大向一輝 - 研究者 - Researchmap国立情報学研究所社会共有知研究センター2010年12月7日
  3. ^ a b c d e f g h i 「経歴」『大向 一輝 - 国立情報学研究所/National Institute of Informatics国立情報学研究所
  4. ^ a b c d e f g h i 「経歴」『大向一輝 - 研究者 - Researchmap国立情報学研究所社会共有知研究センター2010年12月7日
  5. ^ 博士論文書誌データベース
  6. ^ 大向一輝『パーソナルネットワークに基づく情報流通支援』博士 (情報学)論文、甲第858号総合研究大学院大学 (複合科学研究科 情報学専攻)、2005年。
  7. ^ 「担当経験のある科目」『大向 一輝 - 国立情報学研究所/National Institute of Informatics国立情報学研究所
  8. ^ 「担当経験のある科目」『大向一輝 - 研究者 - Researchmap国立情報学研究所社会共有知研究センター2010年12月7日
  9. ^ a b c d 村上朝子取材・構成『大向一輝コンテンツ科学研究系准教授――次世代Webを活用し、よりよいコミュニケーションを築く』。
  10. ^ 「プロフィール」『大向一輝 - 研究者 - Researchmap国立情報学研究所社会共有知研究センター2010年12月7日

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 大向一輝 (2007). ウェブがわかる本. 東京: 岩波書店. pp. 222p.. ISBN 978-4-00-500562-8. 

外部リンク[編集]