Portal:ファッション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ファッション ポータル - The Fashion Portal Red and Green Tie.jpgDior-Szmurlo.jpgHamster lining and silverfox.jpgKimono backshot by sth.jpg


特集の画像

特集

[ 編集]
マリー・アメリー・ド・ブルボン(1782-1866)
フランス王ルイ・フィリップの妻
ブロンド・レースの衣装とショールを身につけている

ニードルポイントレースとは、狭義では、針を用いて糸だけで作られたレースのことをさす。しかし、広義には布地に刺繍して作成されるレースも「ニードルポイントレース」であるため、これを区別する為に前者をニードルレースと呼び区別する。

15世紀から16世紀頃に隆盛したドロンワーク(drawn threadwork)、カットワーク(cutwork)、レティセラ(reticella)は、ニードルポイント(布地に刺繍したもの)であるため、ニードル・ポイント・レースとよばれるが、厳密にはニードルレースには含めない。以下、ニードルレースの主な種類を挙げる。

イタリア語で「空中ステッチ」の意味。生地なしで糸だけで作られた、最初の正規のニードルレースである。幾何学模様を特徴とする。
  • ポワン・プラ・ド・ヴニーズ(point plate de Venise)(1630年頃から1650年頃)
完全に幾何学模様ではないニードルレース。グロ・ポワン・ド・ヴニーズとは異なり、模様に浮き上がった部分がない。
  • グロ・ポワン・ド・ヴニーズ(gros point de Venise)(1650年頃から1670年頃)
彫刻的な美しい外観をもち、男子服に良く似合う重厚なニードルレース。50本の糸の束をモチーフの輪郭につけ、モチーフはピコットステッチのブリッドで自由につながれた。
  • ポアン・ア・ラ・ローズ(point a la rose)
グロ・ポワン・ド・ヴニーズに似ているがブロッドが非常に細かい。モチーフは非常に小さいポワン・プラ・ド・ヴニーズの変形。19世紀になってからこの名称が使われるようになり、17世紀レースのテキストで用いられる。……
(…ニードルレースの項目より)
人物の画像

人物

[ 編集]
イヴ・サンローランのブティック(アメリカビバリーヒルズ店)

イヴ・サン=ローランYves Saint-Laurent1936年8月1日 - 2008年6月1日)はアルジェリア出身のファッションデザイナーである。パリ「モードの帝王」と呼ばれる。または、彼の名を冠したファッションブランドフランスが誇る世界的ブランドとなっている。

保険会社で働く中産階級の両親の家庭で育ったイヴはオラン(アルジェリア)で1936年8月1日11時15分に生まれた。

家族はイヴが子供の頃にパリに引越し1953年17歳の時にパリのChambre Syndicale de la Haute Couture ファッションデザイン学校に入学。IWS主催のデザインコンクールにおいてカクテルドレスを発表し最優秀賞を受賞。同期にはシャネルのデザイナーであるカール・ラガーフェルドも作品発表をしていた。

この時の審査員であったVOGUEディレクターミッシェル・デブリュノフは無名の若い少年のポートフォリオを初めて見た時、新作として発表している友人のクリスチャン・ディオールと同じA-ラインの線を描くイヴに驚き、すぐにディオールに紹介した。そして、独創的かつ想像力に富んだ彼のデザインはディオールに非常に強い感銘を与えることになる。

1957年10月、ディオールは自身のスタッフに「ここにある30のデザインはイヴの仕事に基づく私の最新のデザインであります。彼は特別な才能です。私は彼に認められたい」と言い、次のコレクションでイヴを連れ出すと言い出したという。彼のスタッフはイヴがまだ若かったので、もう「少し待たなければならない」と言った。

だが、それが同年のディオールの死によって現実のものとなる。イヴは21歳でディオールブランドを財政的な破滅から救うために主任デザイナーとなり、大きな力で仕事を始める……
お知らせの画像

お知らせ

[ 編集]

ファッションポータルへようこそ! ここはファッションに関連した項目への入口です。このページはどなたでも編集できます。項目へのリンクや表の構成などお互いに追加したり修正したりしていきましょう。

  • 2008年8月29日 : ポータルのデザインを一新しました。
  • 2013年12月15日 : 正式リリースしました。
協力依頼の画像

協力依頼

[ 編集]

執筆依頼


Template:洋服の歴史内の赤リンク
Template:民族服内の赤リンク
  • 素材
ヘリンボーン (生地)((en)、杉綾織りとも。)、タイダイ(絞り染めの一種。en)、en:Hem(裁縫における布の縁)、en:Template:Embroidery(刺繍の一覧)、経糸と横糸(en)、タブレット織(カード織を転送ページに。en)、甲州印伝、、パターン (裁縫)(en)。パターンに追記を。)、金刺繍(金銀糸に追記でもいいかも。en)、トワル・ド・ジュイ(ジュイ布ジョイ布西洋更紗フランス更紗を転送ページに。fr)、トリム (裁縫)(en機械刺繍en)、ブティ(fr)、ステッチ (刺繍)en)、刺繍枠(en)、文化刺繍(en)、カロチャ刺繍(hu)、ニット生地(en:Knitted fabric)、マンチュア(en)、スレッド (糸)(en) 、糸くず(綿くずを転送に。en:Lint (material))、捺染かがり (裁縫)(かがり物ダーニング・ステッチを転送ページに。en)、掛け接ぎ(かけつぎかけはぎ掛け矧ぎを転送ページに。en)、en:Ease (sewing)(服の各部位のサイズのゆとりや余裕について)、裏地(en)、ダウンフェザー(en:Down feather)、仮縫い(en)、ハウンドトゥース (千鳥格子を転送に。en)、オーガンザ(en)、オーガンジー(en)、
  • アクセサリー
ブリストルグラス(en)、ギメルリング(en)、グラニュレーション (宝飾)(en)、18世紀のヨーロッパの扇子(en)、洋扇(en:Hand fanfr:Éventailを参考に。)、フラベルム(en)、カット (宝石)(en)、en:Reticule (handbag)(巾着形のハンドバッグ)、ジーファー(琉球)、緒締め(en)、
  • スカーフ
領巾(古代中国の高位の女性の服装の一部。zh:領巾ネッカチーフの項目になっている。)、ru:Пионерский галстук(共産主義の象徴としての赤いスカーフ)、
  • 服飾
アングロサクソンの服飾(en)、ツーピース(一般服)、女性スーツ(現在曖昧さ回避)、パギンス(現在リダイレクト)、スウィンキーキャットスーツen)、シャトレーンen:Chatelaine (chain))、ストマッカー (装身具)en:Stomacher)、佩玉玉佩とも。)、パワーネット[1])、ダーツ (衣服)en)、腹巻(現在は鎧の腹巻についてのみの記事。下着としての腹巻の執筆をお願いします。ついでに腹巻の画像も募集中です。)、(ちぢみをリダイレクトに。現在はどちらも無関係の記事です。)カプリパンツ(en)、シンクチャー英語版メスドレス(en)、ニカブ(en)、ラペルピン(en)、麦稈真田琉装(琉球の伝統衣装。zh)、ダスターコート(en)、ティーガウン(en)、キテンゲ(チテンゲをリダイレクトに。西アフリカの布地。en)、マクラメ(deen)、イカット(en,への転送)、クラバット(現在はネクタイへのリダイレクト。en)、コープ (衣服)(en:cope)、絽刺しTemplate:被服の部位と素材の赤リンク、en:Swaddling(子供をおくるみにする行為。)、襦裙(zh)、官服(zh)、补子(補子をリダイレクトに。zh)、公服(zh)、ワンシー (ジャンプスーツ)(en)、ブランケットスリーパー(en)、インファントボディスーツ(en)、幼児服(en)、ナイトガウン(en)、ペニョワール(en)、ナイトシャツ(en)、ナイトウェア(en)、レッドシーリグ(en)、サンドレス(en)、ジムスリップ(en)、シースドレス(en)、シャツドレス(en)、ラップドレス(en)、フィールドジャケットカグール(en)、レザージャケット(en)、ヘンリーシャツ(en)、クロップトップ(en)、セーターベスト(en)、ツインニット(en)、パラシュートパンツ(en)、ファットパンツ(en)、ボンデージパンツ(en)、ペンシルスカート(en)、マイクロミニスカート(en)、オフショルダーケミカルウォッシュ水泳トランクス(en,水着へのリダイレクト)、ワンピース (水着)(en,水着へのリダイレクト)、バンヤン (被服)(en)、ブランズウィック (衣装)(en)、フロック (衣類)(en)、ポエットシャツ(en)、ベッドガウン(en)、ブラッカエ(en)、ブリーチズ(en)、乗馬パンツ(en)、ハーレムパンツ(en)、バレリーナスカート(en)、プードルスカート(en)、トレイン (衣類)(enトレーンは曖昧さ回避ページ)、ローブ・ア・ラングレーズ(en)、マントヴァ (衣類)(en)、ポロネーズ (衣装)(en)、ティーガウン(en)、カラコ(en)、クラミュス(en)、ドルマン (衣装)(en)、ダスター (服飾)(en)、エクソミス(en)、グレートコート(en)、アルスターコート(en)、ハブロック (服装)(de)、ジャーキン(en)、バフコート(en)、ジァストコール(en)、パラ (衣装)(en)、パリウム (衣装)(en)、ペリース(en)、ルダンゴト(en)、コースレット(en)、ワスピー(en)、フープスカート(en)、ファーシンゲール(en)、パンタレット(en)、リバティ・ボディス(en)、ユニオンスーツ(en)、チョハ(en)、アルハリグ(en)、ポップオーバー (ドレス)(en)、シャルヴァルtr)、箱迫ラッシュガード(en)、バンズ (服飾)(en)、ノリゲ(ko/en)、お仕着せ(en:Livery)、ポジャギ(en)、衣被ぎ (衣装)(衣被 (衣装)を転送に。)、ちゃんちゃんこ(現在は羽織への転送。当該記事にちゃんちゃんこの記述無し。)、タバード(en)、ブレストラン(en)、ブルターニュの衣装(fr)、アランジャケット(アランセーターを転送に。en)、カンドゥーラ(他言語によるさまざまの呼称あり。en)、イスラム教と衣装(en)、カウチンニット(カウチンセーターを転送に。en)、en:Drawstring(服などに使う引き紐)、グァジャベーラ(en)、防染(en)、ゲートル(現在は脚絆への転送。en)、縮充(縮絨を転送に。en/de/es)、プラケット(en)、プリーツ (衣服)(ひだに補足を。en)
  • 履物
ヌーサンサドルシューズ(en)、カリガ(en)、チョピン(en)、クラクフ靴(クラコー (靴)プーレーヌを転送に。en)、司祭靴(en)、ヘッセンブーツ(en)、ダービーシューズ(en)、ブローグシューズ(en)、パッテン (靴)(en)、
  • 帽子
頭飾り(en:Headgear)、ベイジングキャップ水泳帽)、マンティラ(en)、シャルロット (帽子)(fr)、ガレルム(ガレロをリダイレクトに。en)、鳥帽(zh)、翼善冠(zh)、巾幘(zh:巾幘)、冠巾(道士が被る巾)、網巾(zh)、ブリム・ハットアペックス (帽子)(en)、アティフェ(en)、カポテン(en)、シュヴァリエ帽(en)、コイフ(en)、コルネット (帽子)(en)、ダンス帽(en)、フィレ (服飾)(en)、フォンタージ(en)、ピレウス帽(en)、オチポック(en)、ウクライニアンリース(en)、エナン帽(ヘニン (帽子)を転送に。en)、ユダヤ帽(en)、カウシャ(en)、ココシニク/ココシュニク(en)、ウォーボンネット(en)、ディアデム(en)、ブーニーハット(en)、チューヨen)、カルパック(en)、コルピク(en)、エレチェク(キルギスの女性の伝統的な帽子。ky)、ヘッドスカーフ(en)、ターキーヤ(en)、タイニア (服飾)(en)、en:Wreath (attire)(頭にかぶる花環)、en:Corolla (chaplet)(生花以外で作られた花冠)、ベアスキン(en)、ハックル(羽飾り。en(スタブ)) - プルーム (羽根)(en)、キャップ (帽子)(en,帽子へのリダイレクト)、

人物・組織・書籍

※注:際限なく依頼されても困るので、Wikipedia:特筆性 (人物)Wikipedia:特筆性 (組織)の条件を満たしてから依頼してください[2]。)

翻訳依頼

加筆依頼

画像提供依頼

出典

  1. ^ 女性下着の他にフィギュアスケート新体操で『肌襦袢』と呼ばれる衣類の素材になっている物。襦袢の記事に曖昧さ回避の設置も要望。
  2. ^ 特筆性のある出典と共に依頼するようにしてください
新着項目の画像

新着項目

[ 編集]

新規記事作成後は索引にも追加してください(新着を探す

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

過去ログ:2007
トピックの画像

トピック

[ 編集]
ファッションの歴史 ファッションと文化

様々なスタイル-画像

ブランド デザイナー
民族衣装 ファッションモデル

世界の民族衣装-画像

姉妹プロジェクトの画像

姉妹プロジェクト

[ 編集]

ウィキメディア姉妹プロジェクトで「ファッション」を調べることができます:

コモンズ
メディア

ウィキニュース 
ニュース

ウィキクォート 
引用句

ウィキソース 
原文献

ウィキボヤージュ 
旅行ガイド

ウィキデータ 
データベース

このページのキャッシュをクリア