セルアニメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
How Animated Cartoons Are Made (1919)

セルアニメCel animationセルアニメーション)は、セル画を用いて製作されるアニメーション。セル画に使用される透明なシートの素材がセルロイドであった事に由来する。

概要[編集]

かつて多くのアニメーション映画テレビアニメで使用され、商業用アニメーションの制作技法として普及した伝統的手法のひとつ。アニメといえばセルアニメで製作された作品を想像する人も多い。

材質がセルロイドからアセテートに移行するも、現場では「セル」の名称が使用され、1997年頃からコンピュータによるデジタルアニメに移行後も、制作工程でこの用語が用いられている。

背景の上に、キャラクター別に作成されたセル画を重ねて撮影する。キャラクターを描いたセル画の組み合わせを変えて、別のシーンの撮影ができるなど、ストップモーション・アニメーション切り絵他)等の手法に比べ、大人数による分業に向いているため広く普及した。

2007年時において、セル画で製作されるテレビアニメは『サザエさん』のみである[1]。 しかし2013年10月、サザエさんもデジタル制作に完全移行したため、セル画製作でのテレビアニメは消滅した。

制作工程[編集]

映像の設計図である絵コンテを作成し、それを元に動きの要所となる開始・中間・終了の画(原画も参照)を描き、その間をつなぐ連続する画(中割りも参照)を描きおこし、紙に描かれた線画の動くパラパラマンガが完成する。

これを、「セル」と呼ばれる透明なシートに転写(トレース、トレス)し、裏面に彩色しセル画は完成する。セル画と背景を組み合わせ撮影され動画は完成する。

詳細は、アニメ#制作工程も参照。

手法[編集]

連続して変化する静止画を素早く入れ替える事により発生するファイ現象を利用した映像手法。動いて見えるのは残像効果によるもので、目と脳は瞬間の画像を記憶し自動的に平滑化している。

自然に動く映像と錯覚させるには、最小で毎秒12コマフレームレート)で描画する必要がある。また毎秒70コマ以上になると、知覚限界に達し、動きのスムーズさは向上しなくなる。

自然に動く映像と見せるには、毎秒24コマ程度が必要で、映画は毎秒24コマで撮影される。毎秒12コマ未満では、画像の切り替わりに気づいてしまうが、日本のテレビアニメは毎秒8コマが主流である。これはアニメという様式化した手法だから可能なこといえる。

詳細は「コンピュータアニメーション#錯覚と残像」も参照

フル・アニメーション[編集]

人物等の自然な動作を追求した表現手法で、1秒あたり24枚のセル画で撮影される

詳細は「フル・アニメーション」を参照

リミテッド・アニメーション[編集]

フル・アニメーションより簡略化された抽象的な動作を表現する手法として考案され、1秒あたり12枚のセル画、2コマ/1枚のセル画で撮影される。

アメリカのアニメーション制作会社UPAで導入された。後にセル画の作成枚数を減らす省力化のためにハンナ・バーベラなどで採用される。

詳細は「リミテッド・アニメーション」を参照

アニメ[編集]

日本では、1秒あたり8枚のセル画、3コマ/1枚のセル画で撮影される。また、キャラクターの目や口の部分的セル画作成や、多数登場するキャラクターのうち、1,2名のみが動く等、独自のスタイルで表現される。

テレビアニメ鉄腕アトム』制作を指揮した手塚治虫が、制作費や制作時間を削減するために採用した。低価格で販売され、世界的に普及した日本製セルアニメーションは、アニメと呼ばれる日本独自の表現様式として、日本以外の国で製作されるアニメーション作品とは違うもとの認知されるようになる。

詳細は「アニメ」を参照

歴史[編集]

1914年1月、アメリカジョン・ランドルフ・ブレイがセルに背景画を描き、動くキャラクターを紙に描く技法を考案した。セルの用いられたアニメーションの技法としては、世界初とされる。

同年12月、アメリカのアール・ハードが、セルに動くキャラクターを描き、背景画を紙に描く技法を考案。この技法はセルを使用するアニメーション技術として普及することになる。

1927年、日本初のセルアニメとしては、大藤信郎の「影絵アニメ」『鯨』一部で使用された。

1930年代、日本では個人工房で小規模に行なわれており「切り絵アニメ」が主流であった。非常に高価なセルの導入は遅れ、使用される場合も全編ではなく、部分的な使用に留まった。切り絵より表現が優れていても高価で使用できなかった。

1943年、日本初のフルセルアニメーション『くもとちゅうりっぷ』が政岡憲三により制作される。第二次世界大戦時、軍部が国威発揚の為にアニメーション制作の予算を出したことによりセルアニメメーションが普及する。戦時色の強い内容ながら、瀬尾光世の『桃太郎の海鷲』(1942年)、『桃太郎 海の神兵』(1944年)等の作品が制作された。

詳細は、セル画#歴史アニメーション映画#歴史を参照。

脚注[編集]