桃太郎の海鷲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
桃太郎の海鷲
監督 瀬尾光世
脚本 栗原有茂
製作 藝術映画社
音楽 伊藤昇
撮影 瀬尾光世
配給 映画配給社
公開 日本の旗 1943年3月25日
上映時間 37分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
次作 桃太郎 海の神兵
テンプレートを表示

桃太郎の海鷲』(ももたろうのうみわし)は、日本政府より国策アニメ映画製作の命を受け、1942年藝術映画社で製作され、戦時下の1943年3月25日に公開されたアニメ映画。日本初の長編映画といわれることがある[1][2]

海軍省が製作協力とテロップ表記があるが実際は「軍事機密」を理由に、この作品ではほぼ協力は得られていない。

日本海軍がハワイを奇襲した真珠湾攻撃をモデルにしており、桃太郎を隊長とする機動部隊が鬼ヶ島へ「鬼退治(空襲)」を敢行し、多大な戦果を挙げるという内容である。

撮影では当時、国内では先駆けて藝術映画社が導入した四段マルチプレーン撮影台が駆使され[3]、雲の中を軍用機が飛ぶシーンなど立体的な構図を可能にした。

当時の子供たちである少国民を対象に戦意高揚目的に制作された映画ではあるものの、随所に平和への願いが暗示されている箇所がある。また、この時の興行収入は64万円であった。(当時の米一升が公定価0.5円)

姉妹編に『桃太郎 海の神兵』(1945年)がある。

制作前、瀬尾は海軍将校から制作の参考のためとして(日本軍が占領地で接収した)ディズニー映画を鑑賞する機会を持ったが、生き生きとしたキャラクターの動きやカラー製作、当時の日本とは比べようもない制作技術の高さに衝撃を受け「これは勝てない」と考えたという[4][5]。 スタッフであった持永只仁は、『桃太郎の海鷲』完成後に、瀬尾より海軍省の試写室で『ファンタジア』などを見た旨の話を聞いたと記している[3]

スタッフ[編集]

外部リンク[編集]

出典[編集]

  1. ^ 豊田有恒著『日本SFアニメ創世記』(TSBブリタニカ、2000年)には『桃太郎 海の神兵』が日本初のアニメ映画と記載されている。
  2. ^ 伴野孝志、望月信夫著『世界アニメーション映画史』 ぱるぷ、昭和61年(1986年)
  3. ^ a b c 持永只仁『アニメーション日中交流記 持永只仁自伝』東方書店、2006年
  4. ^ 手塚治虫『観たり撮ったり映したり』キネマ旬報社、1987年
  5. ^ その時歴史が動いた』第十三回[出典無効]