セルロイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

セルロイド (celluloid) は、ニトロセルロース(硝化綿)と可塑剤となる樟脳を主原料とする合成樹脂[1]。世界初の高分子プラスチックである[1]象牙の代替品として開発され、20世紀前半には生活用品等に多く使われた[1]

歴史[編集]

ニトロセルロース(硝化綿)と樟脳を主原料とする合成樹脂の発明者については諸説あるが、セルロイドという名称はジョン・ウェズリー・ハイアットによって商標登録されたものである[1]

最初は象牙の代替品としてビリヤードの球が開発されたが、コルセットや義手義足などにも利用されるようになった[1]。その後、20世紀の半ばまで、食器の取っ手や万年筆の筒や眼鏡のフレーム、洋服の襟(カラー)やおもちゃ、飾り物などに広く利用された。

1880年代後半からセルロイドは乾板に代わって写真フィルムとして使われるようになった。それらの製造技術を開発したハンニバル・グッドウィンの会社が現在のイーストマン・コダック社の前身である。

日本では1877年頃に輸入が開始され、1908年には国産化されるようになった[1]

1889年、昇光舎が、セルロイドの生産をはじめた[2]

1910年、堺セルロイド(株)が、アメリカ式で生産をはじめた[3]

1911年7月、日本セルロイド人造絹糸(株)がドイツ方式でセルロイドの量産をはじめた[4]

1919年9月8日、大日本セルロイド(株)設立(堺セルロイド(株)・日本セルロイド人造絹糸(株)など8社の合併による。本社大阪。資本金1250万円。社長森田茂吉)[5]

1955年、セルロイド製品の火災事故が多発していた事を受けアメリカで可燃物質規制法が成立。これにより日本製のセルロイド玩具などは全てアメリカへ輸出できなくなった。またアメリカから広まったセルロイド製品の市場からの排除運動は世界へ広まり、世界的にセルロイドの製造や消費が落ち込むこととなった。

セルロイド最大の欠点は燃えやすいという性質で、業界では他の可塑剤も研究されたが見つからないままポリ塩化ビニルなどの後発の合成樹脂素材に取って代わられた[1]。1996年以降、日本国内では生産されていない[1]

用途[編集]

セルロイド製のピンポン玉

セルロイドは1930年代には文房具、工芸品、生活用品、玩具、映画フィルム、レコードなど25,000種類以上の製品に使用された[1]。しかし、燃えやすく、新しい樹脂の開発によって次第に用いられることはなくなった[1]

パチンコの装飾板やピンポン玉などセルロイドの使用が規制された製品もある[1]。ピンポン玉はオリンピックでは2012年ロンドンオリンピックで非セルロイド材質のものに切り替えられ[6]、2014年に非セルロイドの材質で製造することがルールで義務化された[7]

現代ではわずかにギターピック、高級眼鏡のフレーム、万年筆のペン軸の材料などに使われているにすぎない[1]

セル画[編集]

セルアニメの製作に使われるセルは当初セルロイドのシートを使用していたため、1950年代にトリアセチルセルロース製の製品が使われるようになってからも「セル画」と呼ばれている。

セルロイド人形[編集]

日本では東京府本田村(現・葛飾区)で1914年(大正3年)、人形などセルロイド製おもちゃの生産が始まり、多数が輸出された。発火しやすいことを問題視したアメリカ政府の輸入禁止により、産業としては衰退。2002年に製造を再開した葛飾区の平井玩具製作所(外部リンク参照)が2018年時点で国内唯一の生産会社である[8]

特徴[編集]

加工[編集]

加熱(大体90℃)で軟化し、成形が簡単であることからかつて大量に使われた。

欠点[編集]

極めて燃え易く、摩擦熱などによって発火し易い。さらに光などで劣化し、耐久性が低いという欠点がある。

劣化が進んでいるセルロイド製の9.5mmフィルム

前者の欠点は取り扱いやすさという点では致命的であり、セルロイド工場では素材の自己反応性による発火が、しばしば火災の原因となった。映画の初期作品(1950年代まで)はセルロイドをベースとしたフィルムで記録されており、映画館ではフィルム照明のアーク灯や電球の高温や摩擦によりセルロイドフィルムが発火するなどの事故も起きた。可燃性でフィルム自体が劣化しやすいセルロイドの特性は、フィルム原本の保管を基本とするフィルム保管施設の作品の長期アーカイブ上の課題となっている。また実際に日本では火災事故が起きている(フィルムセンター火災)。日本ではセルロイドは消防法の可燃性の規制対象物(第5類危険物)に指定され製造、貯蔵、取扱方法が厳しく定められている。

またセルロイド製品は長期にわたる光や酸素などの影響を受けると、元のセルロースと硝酸に分解・劣化して、ベトついたり、亀裂を生じたりしやすい。このため長期保存に向かず、無傷で現存しているアンティーク製品は多くはない。また分解過程で強酸性ガスを発生させ、セルロイド自身や周辺の金属などを、腐食させる可能性がある。

博物館[編集]

横浜市港北区にセルロイド産業文化の研究・広報拠点となるセルロイドライブラリ・メモワールハウス(セルロイドハウス横濱館)があり世界有数のセルロイド博物館となっている[1]

関連項目[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 岩井薫生. “伝えたい、セルロイドのこと”. 塩化ビニル環境対策協議会. 2020年1月15日閲覧。
  2. ^ 明治工業史化学工業篇 日本工学編
  3. ^ 明治工業史化学工業篇 日本工学編
  4. ^ 明治工業史化学工業篇 日本工学編
  5. ^ 大日本セルロイド株式会社史
  6. ^ プラスチックの材質分析例~ピンポン球の材質”. プラスチックス・ジャパン・ドットコム. 2020年1月15日閲覧。
  7. ^ 危険です!「セルロイド」の卓球ボール”. 公益財団法人日本卓球協会、日本卓球公認工業会. 2020年1月15日閲覧。
  8. ^ セルロイド人形の技 守る/「最後の職人」に葛飾のたこ焼店主 弟子入り/71歳の匠・平井さんが伝授『朝日新聞』朝刊2018年4月2日(東京面)

外部リンク[編集]