筆箱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
筆箱
筆箱の外観
様々な筆箱
閉じた状態の筆箱

筆箱(ふでばこ)とは、鉛筆シャープペンシル消しゴム定規修正テープハサミ付箋などを入れる物である。筆入れ(ふでいれ)、ペンケースめがね・とも称される。

主に学校筆記用具を持っていくために使用する。

歴史[編集]

明治時代に日本は西洋の良いものを取り入れようとした。その時に鉛筆も日本に入り、家から学校に運ぶ時には木箱を使っていた。その後、アルミ缶と併用されるようになっていった。戦後の1970年前後には、小学生向きに「電子ロック」(実際は磁石を用いた開閉ロック機構)を付けた製品が登場し、その後裏表に開閉扉が付くもの、扉にシャッター機構を採用し一瞬に開くもの、さらに収納面を増やすなどのギミックを組み込んだ「マチック」タイプの筆箱が流行した[1]。しかし子供の価値観が変化する時代の推移に伴い、1980年前後を境に衰退した[1]

構造[編集]

かつてはセルロイドによるものが多かったが、引火しやすいという欠点があった[1]ブリキ製のものも伝統的で現在も一定数の金属製のものがある(カンペンと呼ぶ)。現在はプラスチック製の箱や製の物がほとんどである。他にポリ塩化ビニル製や皮革人造皮革もある。

形式も様々で、伝統的なものは弁当箱のような入れ子式の蓋を持つもので、中には鉛筆を入れるしきりなどがある。布製のものは横に長い財布のような構造で入れ口はファスナーで開閉する。

鉛筆削りを内蔵したもの、キャラクターイラストブランド名の入ったものもある。

材質[編集]

閉じ口[編集]

  • 金属製やポリ塩化ビニル
    • 蝶番 
    • 磁石
  • 革・布
    • ファスナー
    • ベルト

小学校は鉛筆キャップを禁止しているところが多く、箱型でホルダー付きの筆箱が指定されている。授業中の鉛筆削り(携帯用も含む)も禁止されているので、5本ぐらい用意して自宅で削るように指示されている。教室には卓上の鉛筆削りが用意されているが、休み時間は遊びに夢中で削り忘れる子が多いためである。[要出典]

著名なメーカー[編集]

  • サンスター文具 -「象が踏んでも壊れない」というキャッチフレーズのCMを流したアーム筆入が有名。
  • P O R T E Rペンケース- ブランドペンケースの中で1位の人気を誇る。素材に拘っており、高校の入学祝いに有名。

脚注[編集]

  1. ^ a b c ニッポン・ロングセラー考vol.73 アーム筆入”. COMZINE 2009年6月号. NTTコムウェア. 2021年8月9日閲覧。

関連項目[編集]