おきあがりこぼし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
木製のおきあがりこぼし

おきあがりこぼし丸底人形roly-poly toytilting dollタンブラー、またはwobbly manは一般的には卵の形をした丸底の玩具であり、斜めにされても重力に逆らうかのように勝手に起き上がる。一般に中は空洞で、底の半球部分の中におもりがはいっていて重心が半球の中心より下にある。おもちゃを傾けると重心が上がる。また押し倒すと重力位置エネルギーが最小となる平衡である直立方向に戻ろうとして少しのあいだぐらつく。

日本起き上がり小法師・一部のだるまおきあがりポロンちゃん[1]ロシアのневаляшка nevalyashka ("倒れないもの")やванька-встанька van'ka-vstan'ka ("起き上がるイヴァン")、Playskool製のWeebleのように、色々な外見のおきあがりこぼしが複数の玩具メーカーやさまざま文化でつくられてきた。日本語の起き上がりは起きて(get up)立ち上がる(arise)という意味である。玩具の勝手に起きあがるという特徴から、成功する、不幸なできごとを乗り越える、不運から逃れることになぞらえている。[2]

中国の伝統的なおきあがりこぼしは中が空洞の陶器製の太った子供の人形である。また「中国の民芸品には、舞台上で見られるような滑稽な官吏の形のおきあがりこぼしもたくさんある。官僚の非効率さや愚かさを揶揄したものである」。[3]

運動スキルが発達するころの小さな子供のためにおきあがりこぼしを勧める玩具メーカーもある。子供がたたいてもおきあがりこぼしは転がっていってしまうことがない。[4]

「Monsieur Culbuto」とよばれる公演がDynamogene劇場によって行われ、観客はおきあがりこぼしに扮した人とふれあえる。[5][6]

イーニッド・ブライトンノディシリーズにはこの種類の玩具をもとにしたMr. Wobblymanというキャラクターが登場する。[要出典]

Playbus(後にPlaydays)というテレビショーにはパペット/人間以外の司会者としてWobbleというおきあがりこぼしの道化師がいた。[要出典]

この人形は中がほとんど空洞で底の部分におもりがあるため(的で示した)重心が低くなっている。 人形が押されると重心が緑の線から橙色の線に高くなり、地面と接する点の上から重心が外れてしまう。
この人形は中がほとんど空洞で底の部分におもりがあるため(的で示した)重心が低くなっている。
人形が押されると重心が緑の線から橙色の線に高くなり、地面と接する点の上から重心が外れてしまう。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ 真似できない職人技「おきあがりこぼし」ミツワ”. 産経ニュース. 2019年11月7日閲覧。
  2. ^ Kyburz, Josef A. (1994). “Omocha: Things to Play (or not to Play) With”. Asian Folklore Studies 53 (1): 15. 
  3. ^ Lang Shaojun (1997). “Traditional Chinese Painting in the Twentieth Century”. Three Thousand Years of Chinese Painting (New Haven: Yale University Press): 312. ISBN 0-300-07013-6. 
  4. ^ Fisher-Price - All About Play ... stages, toys & tips: Roly-poly bat-at toys”. 2004年3月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年12月30日閲覧。
  5. ^ Monsieur Culbuto | Mimos - Festival international des Arts du Mime et du Geste de Périgueux” (フランス語). Mimos Festival (2017年). 2018年9月3日閲覧。
  6. ^ Mr Culbuto english - Dynamogène”. Dynamogène. 2018年9月3日閲覧。